プロミスの全額返済はネット返済がおすすめ!返済方法と解約手順を紹介

この記事を読んでいるのは、プロミスの全額返済の方法を知りたい人だと思います。

一時的な資金不足には、プロミスのカードローンが便利ですが、金利が低くはないので早めに返済した方がお得です。

「そうだよね!利息はできるだけ払いたくないもんね!」

そうですよね!
必要のない出費はできるだけ抑えたいですよね。

それに「お金を借りている」という状況から早く抜け出したいとも思いますよね!

資金に余裕があるなら、プロミスに早めに一括返済をして、少しでも利息の支払いを減らしましょう。

この記事では、プロミスに全額返済する方法解約の方法を詳しく紹介しますので、是非参考にしてください。

プロミスに一括返済するときは最初に連絡しよう

プロミスに一括返済するときは、事前に連絡が必要です

多めに返済する追加返済や繰上返済は、プロミスへ連絡する必要はありませんが、一括返済は返済金額と返済方法の確認のために電話連絡が必要になります。

「一括返済しよう!」と思ったら、まずプロミスコール(電話:0120-24-0365)に連絡してください。

プロミスへの一括返済はどこからできる?

プロミスに一括返済をする方法は、「インターネット」「店頭窓口」「プロミスATM」「提携ATM」「コンビニマルチメディア端末」「銀行振込」の6つがあります。

数多くの方法が用意されているので、自分が利用しやすいものを選んで返済してください。

「どの方法がおすすめとかってあるの?」

う~ん、そうですね・・・。
その人によっておすすめなのは異なりますが、一般的に便利なのはインターネットでの返済ですね。

ただし、返済方法によっては、手数料が無料になるなどの違いがあります。

また、一円単位の返済ができるかなども考える必要があるので、自分に適した方法を選びましょう。

一例として、インターネットでの全額返済の手続きについて簡単に説明します。

インターネットでの全額返済の手順を紹介

ここでは、インターネットで一括返済を行う手順を紹介しますが、他の返済方法に関しても大まかな流れは似ているので、参考にしてください。

まずは一括返済日を決めることから始めましょう。

返済金額は会員ページにアクセスすれば、簡単にわかります。

会員ページにアクセスするためには、カード番号と暗所番号の組合せか、WebIDとパスワードの組合せのどちらかが必要になるので、間違いのないように入力してください。

3回から5回間違えると、セキュリティロックがかかってしまい、カードの再発行が必要になるので注意が必要です。

後は、会員ページの「インターネット返済のお手続き」から、返済金額を入力して金融機関のページから振込の手続きを行うだけで簡単に一括返済できます。

インターネットでの一括返済は自宅で手続きができる手軽さがあり、複雑な操作も必要ないのでおすすめの返済方法です。

では次章では一括返済の返済額で気を付けることについて紹介していきます。

一括返済の返済額で気を付ける点を3つ紹介

一括返済の返済額で気を付けることは次の3点です。

  1. 1. ATMで完済すると端数が生じることもある
  2. 2.多めに返済すると返金を受け取る必要がある
  3. 3.返済日によって利息が変わるので調べる必要がある

千円未満の支払いなど、知らなければ困ってしまうポイントなどがありますので、しっかり確認しておきましょう。

1. ATMで完済すると端数が生じることもある

ATMは硬貨の入金ができないものが多くあります。

設置場所も多く、探しやすい場所にあって利用しやすいコンビニATMは、硬貨の取扱いをしていません。

残高を0にするためには、銀行振込やネットからの入金などで返済する必要があります。

なお、1,000円未満の借入残高がある場合は、利息も遅延損害金も発生しない状態になります(無利息残高と言います)。

「残高っていうことは、返済の催促をされるの?」

うんうん、ちょっと心配になりますよね!

でも大丈夫ですよ!返済しなくても特に請求はされません。

ただし、残高がある限り解約することができませんので、今後プロミスを利用する予定がない場合には、完済して解約を行っておくことをおすすめします。

2.多めに返済すると返金を受け取る必要がある

コンビニATMなど1,000円未満の返済ができない方法で返済する場合、残高を0にするためには借入残高以上の金額を入金することになります。

例えば、返済額が27,800円なら、28,000円を入金すれば完済できます。

では、多く支払った分はどうなるかと言うと、後で返金してもらうことが可能です。

プロミスの店舗で返金してもらうか、指定した銀行口座に入金してもらうかを選べます。

多めに入金しても、損をするわけではありませんので安心して返済してください。

3.返済日によって利息が変わるので調べる必要がある

全額返済をするときは、最初に返済日を決めることが必要と説明しました。

それはなぜかと言うと、利息は1日ごとに発生しているため、返済日によって返済金額が変わってしまうからです。

もし、返済予定日に返済できなかった場合には、別な日に完済することになり返済金額が増えます。

改めて返済日を決めて、返済金額を確認し直す必要があるので注意しましょう。

なお、一括返済の金額は、会員ページだけでなく

プロミスコール(電話番号:0120-24-0365)

でも確認できます。

一括返済の振込が反映されるタイミングを確認

プロミスで全額返済するときは、振込可能時間についても気を付けなくてはなりません。

一括返済が完了するのは、プロミスが返済に指定している口座に入金された時点となります。

入金の手続きを行っただけでは一括返済を行ったことになりません

金融機関の振込可能時間を過ぎてから手続きを行うと、プロミスに入金されるのは翌日になってしまいます。

1日分の利息が発生してしまい、完済することができなくなってしまうので注意が必要です。

なお、振込可能時間は金融機関ごとに違いますので、全額返済を行う前に、金融機関に電話などで確認することをおすすめします。

完済して解約するまでの手順を確認しよう

プロミスを完済してしまったら、それ以降はカードローンを利用する予定がないという人もいると思います。

「うん、持っているとつい借りちゃいそうだから、解約しておこうかな。」

うんうん、そうですよね!
借り癖が付いてしまうと大変なので、解約するのもひとつの方法ですよね。

また、カードローンを解約した方が、以後のローン審査で有利になることも見逃せない点です。

ところで、「完済=解約」と思っている人もいますが、完済と解約は全く別物だということを知っておいてください。

それはどういうことなのか、説明していきますね。

完済しても解約とはならない

フリーローンのように、追加融資を受けられないようなローンは完済した時点で自動的に解約となります。

しかし、カードローンは限度額まで何度も借入ができるという特性から、完済しただけでは解約になりません

クレジットカードのキャッシング枠が借入残高0のままで、ずっと附帯しているのと同じだと考えるとよいでしょう。

したがって、プロミスからお金を借りる予定がない人は、解約手続きを行う必要があります。

ただし、完済したら全員が解約した方がよいわけではありません。

すぐに大きな出費があるとわかっている場合には、解約せずにいた方が再審査を受ける必要がないので便利です。

また、無利息期間が残っている場合には、解約しない方が急な出費があったときにお得に利用できるでしょう。

プロミスを解約する手順を紹介

では、解約方法を紹介していきます。

プロミスで解約手続きを行うことができるのは、プロミスコール自動契約機お客サービスプラザの3つのうちいずれかです。

プロミスコール(0120-24-0365)に電話して解約を伝えると、会員番号や個人情報の確認を受けるだけで簡単に手続きが終了します

電話での解約は、解約申込書の郵送やハサミで切ったプロミスカードの返送が必要という情報がネットにはありますが、正確ではありません。

自動契約機で解約する場合は、プロミスカードのほかに保険証運転免許証が必要で、営業終了時間1時間前までに入店することで、余裕を持って解約できます。

また、店舗窓口で手続きを行う場合には、本人確認書類が必要ですがプロミスカードは不要です。

近くに店舗がある場合は店舗での解約がおすすめです。

解約するときに完済証明書の発行をしてもらおう

プロミスから解約するときに、完済証明書を発行してもらいましょう。

書類の発行は、「プロミスコール」「お客様サービスプラザ」「自動契約機」のいずれかで申し込みができます。

書類の作成に時間がかかるケースもあるので、完済したらすぐに手続きを取っておきましょう。

住宅ローンといった借入額が大きいローンを利用する場合、消費者金融からの借入れを完済したのか確認するために、解約証明書の提出を求められます。

返済シミュレーションをして計画的に返済しよう

お金を借りなければならない理由は人それぞれですが、お金の悩みを抱えているときは焦っていて冷静な判断がしづらくなってしまうことがあります。

「そうだよね、『お金、お金!』ってそれだけしか考えられなくなっちゃうからね!」

そうですよね!
冷静にはいられないですよね。

しかし、借りたお金はきちんと返さなければなりませんので、返済計画をしっかりと立てることが大切です。

一括返済は約定返済よりも利息を抑えられる

返済計画の中に一括返済を入れると、利息分の支払いを減らすことができるのでおすすめです。

利息は1日ごとに発生していますので、少しでも早く返済する方が返済負担が少なくカードローンを利用できます。

消費者金融のカードローンは無利息期間があるとは言っても、銀行カードローンよりも金利は高めに設定されています。

利息分の支払い額は安くはないので、ボーナス月に一括返済することも検討しましょう。

一括返済が難しいときは繰り上げ返済がおすすめ

一括返済をすれば利息分の支払いを減らすことができますが、誰でも一括返済ができるほどの資金力があるわけではありません。

ボーナスがカットされていることや、そもそもボーナスが出ないというケースもあるでしょう。

一括返済が難しい場合は、繰り上げ返済を積極的に行うことをおすすめします。

繰り上げ返済とは、約定返済のほかに自分の好きなタイミングで好きな金額を返済できる仕組みのことです。

プロミスの利息は借入残高で決まりますので、残高が少ない方が利息も少なくなります。

毎月1,000円多く返済するだけでも返済総額を減らすことができるので、余裕があるときは繰り上げ返済を行うことをおすすめします。

まとめ

プロミスで全額返済を行うときは、正確な借入残高を確認することが重要です。

利息は1日単位で発生しているので、返済日が決まらなければ返済金額も確定しません。

また、金融機関の振込対応時間によっては、振込が翌日になる可能性もあるので注意してください。

なお、一括返済や繰り上げ返済は利息を減らせるというメリットがあります。

できるだけ早めに完済する計画を立てることがおすすめです。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要