電卓と通帳とお金

この記事を読んでいるのは、プロミスの返済シミュレーションをしてみたいと思っている人だと思います。

きちんと返済計画を立てるためにも、返済シミュレーションを利用して返済額を確認しておくことが大切ですよね。

返済計画を立てずに借り入れをすると、返済に生活が圧迫されてやりくりが厳しくなったり、支払いを延滞・滞納したりする危険性があります。

「うん、そうなんだよね。でも、返済シミュレーションって難しくない?」

そうですよね!
「シミュレーション」と聞くと、ちょっと難しいイメージがありますよね!

そこで今回は、プロミスの返済シミュレーションの利用方法について詳しく紹介していきます。

実際にプロミスでお金を借り入れた場合にどのように返済していくことになるのか、具体的なルールも合わせてチェックしてください。

プロミスおすすめPOINT

arrow_rightWEB完結で即日融資可能
arrow_right実質年率17.8%
arrow_right女性専用のレディースコールも設置!
arrow_right初回借入翌日から30日間利息無料
(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)

プロミスの「WEB申込」「自動契約機」なら土日・祝日問わず21時まで審査受付!

プロミスの審査にとおるか借入診断を受けてみよう

プロミスへの申し込みを検討しているなら、まず、借入シミュレーションを受けてみましょう。

プロミスの公式サイトのお借入シミュレーションをクリックし、3項目の簡単な入力ですぐに結果が分かります。

プロミスだけでなく、金融機関や消費者金融などからお金を借り入れる場合は、審査を受ける必要があります。

審査に落ちると、どれだけお金が必要であっても借り入れはできません。

審査は申し込みをしてから実施されますが、プロミスでは正式な審査を受ける前に簡単な借入診断が受けられます。

「審査の前に借入診断ができると安心だよね!」

そうですよね!
借入診断にとおれば、申込みをする勇気が出てきますよね!

でも、借入診断の段階で落ちてしまうと、申し込み後の審査に通過する可能性は低いです。

とはいえ、実際に申し込みをすると審査にとおることもあります。

借入診断は簡易的な審査だと思って、プロミスの公式サイトから受けてみるといいでしょう。

プロミスの借入診断に必要な情報は、次のとおりです。

  • 生年月日
  • 年収
  • 他社からの借入金額

以上の3項目を入力すると、すぐに借入診断の結果が表示されます。

「融資可能」と表示された場合は、正式に申し込みをしてみましょう。

ただし、借入診断に通過したからと言って、正式な審査に必ず通過できるわけではありません

借入診断は飽くまでも、プロミスで借り入れができるかの目安だと考えて利用してください。

プロミスの申込みはこちら


カードローン返済シミュレーションで返済額を算出

プロミスのカードローンを利用した場合の返済シミュレーションを紹介します。

毎回の返済額を算出する前に、返済シミュレーションをすると何が分かるのかを押さえておきましょう。

審査通過後に追加融資をした場合に、返済金額にどのような変化があるのかも見ていきます。

シミュレーションで分かること

プロミスのシミュレーションを利用すると、大まかに返済金額返済期間借入可能額の3つが分かります。

以上の3項目について、簡単に表で説明します。

返済金額毎回支払う返済金額やその内訳、総支払利息額が分かる
返済期間と借入希望額の入力が必要
返済期間完済までに必要な返済期間をチェックできる
毎回の返済金額と借入希望額の入力が必要
借入可能額希望条件でいくらまで借りられるかを確認できる
毎回の返済金額と返済期間の入力が必要

自分で計算して返済計画を立てる方法もありますが、プロミスのシミュレーションを利用した方が簡単でスピーディです。

返済シミュレーションはプロミスの公式サイトから誰でも無料で使えるので、一度利用してみてください。

月々の返済額の求め方と算出例

プロミスでは、最終借入時の残高に応じて返済金額が決定されます。

プロミスの公式ページでは返済早見表が公開されていますが、返済金額の算出式は次のとおりです。

最終借入時の残高毎月の返済金額の算出式(1,000円未満切上げ)
30万円以下借入残高×3.61%
30万円超100万円以下借入残高×2.53%
100万円超借入残高×1.99%

「あっ、ちょっと、これだと分かりづらいかも・・・。」

そうですよね!
では、具体例で考えてみましょうね。

例えば、100万円をプロミスで借り入れた場合の毎月の返済額は、次の計算で求められます。

100万円×2.53%=25,300円→26,000円(1,000円未満切上げのため)

実際に計算してみると、それほど難しくないことが分かりますね。

では次に、初回借入残高に応じた最低返済額をまとめたので、合わせてチェックしておいてください。

最終借入時の残高毎月の返済金額
5万円2,000円
10万円4,000円
20万円8,000円
30万円11,000円
50万円13,000円
100万円26,000円
150万円30,000円

追加融資すると最低返済金額が変わる

プロミスは追加融資を受けると、毎回の最低返済金額が変更されます。

これは、プロミスの返済方式が残高スライド元利定額返済方式であるからです。

残高スライド元利定額返済方式は、出金したときの借入残高によって毎月の返済額が決定されます。

プロミスからの借り入れは、最初に契約した借入額に応じた返済金額を支払い続けます。

しかし、追加融資をした場合は、そのタイミングの借入残高に応じた返済額に変更されるのです。

例えば、最初の借入時に10万円を借りた場合の返済金額は4,000円です。

7万円返済して、借入残高が3万円になった時点で2万円の追加融資をしたとしましょう。

すると、借入残高は3万円+2万円=5万円となり、毎月の返済金額は2,000円に変更されるのです。

以上が返済額の計算方法になります。

続いては、利息の計算方法を紹介していきます。

難しいイメージがありますが、借入れするときには大事なことですので、この機会にしっかりと理解してください。

プロミスの利息の計算方法を紹介

プロミスの利息は日数計算方式で算出されるので、利用日数に応じて金利が発生する仕組みになっています。

利息金額を求める計算式は次のとおりです。

利用金額×借入利率×利用日数÷365日

「計算式キター!苦手っ!難しいっ!もっと分かりやすく説明して~!」

はいはい、そうですよね!この手の計算式には拒否反応が出てしまいますよね!

では具体的に、この式をもとにして、プロミスを利用した場合の月々の返済額を算出してみましょう。

今回は、次の条件で借り入れをしたときの返済額を見ていきます。

  • 利用金額:20万円
  • 借入利率:17.8%
  • 返済期間:12か月

20万円×17.8%×30日÷365日=2,926円

したがって、この例の場合だと30日間にかかる利息金額は2,926円になります。

返済期間ごとの利息シミュレーション

それでは続いて、返済期間ごとに利息シミュレーションをしてみます。

お金を借り入れると、借入期間が長くなるほど利息の支払い額が大きくなり、総支払額が高額になります

返済期間の長さが、利息金額にどれくらいの影響を与えるのか、チェックしていきます。

  • 利用金額:100万円
  • 借入利率:17.8%
  • 返済期間:12か月、18か月、24か月
返済期間12か月18か月24か月
毎月の返済額91,584円63,710円49,827円
利息金額99,012円146,782円195,848円
総支払額1,099,012円1,146,782円1,195,848円

上の表から、返済期間が長くなるほど、毎月の返済額が少なくなることが分かります。

12か月と24か月の毎月返済額を比較すると4万円ほどの違いがあります。

毎月の負担が少ないのは24か月の方ですが、利息金額が高くなるので注意が必要です。

毎月の返済額と同様に、12か月と24か月を比べると、利息金額は10万円ほどの違いが生まれています。

毎月の返済額の負担を軽くするためには、返済期間を長くする方法が有効ですが、返済期間が長期化するほど、支払利息の金額が増えていきます。

借入をする前に返済シミュレーションをすることで、こうした違いに気付けるのです。

この機会に、自分に合った返済プランを検討することをおすすめします。

プロミスへの返済遅れは信用度を下げるので注意

返済期日に遅れると、プロミスからの信頼を失う原因になるので注意が必要です。

「えっ!具体的にどんなふうになるの?」

うんうん、気になりますよね!
信頼を失うなんて、ちょっと怖いですもんね!

返済遅れを繰り返して信頼度が低くなると、借入が一時的にできなくなったり、追加借り入れができなくなったりします。

最悪の場合、借入契約を解除されて借入金額の一括返済を求められることになるので、徹底的に返済日の管理をすることをおすすめします。

どうしてもお金が用意できない場合は、返済日に支払いできないことが分かった時点でプロミスに連絡することが大切です。

返済に1日でも遅れると遅延損害金が発生する

返済日に1日でも遅れると、遅延した日数に応じた遅延損害金を支払うことになります。

なお、返済に遅れることを事前にプロミスに伝えていたとしても、返済日を過ぎると遅延損害金は必ず発生します。

プロミスの遅延利率は20.0%に設定されています。

「借入利率よりも高いんだね!」

そうなんです!

仮に、借入残高が20万円で延滞日数が10日間であった場合の遅延損害金は、次の計算式のとおりです。

20万円(借入元金)×20.0%(遅延利率)×10日(延滞日数)÷365日=1,095円

遅延損害金が発生するほど総支払額は上がりますし、61日以上の遅延は金融事故として個人信用情報にも記録されてしまいます。

「1日遅れても別にいいや」と安易に遅延するのは控えてください。

返済に遅れそうなときの対処法

返済に遅れそうなときは、すぐにプロミスに連絡をしましょう。

支払いの目途が付かないと分かった時点で相談することが大切です。

プロミスには、なぜ返済ができないのか、いつなら返済できるのか具体的な日付を伝えましょう。

そのとき、返済する意思があることを示すことがポイントです。

返済日に入金がないと、プロミスから支払いの督促がくるのできちんと事情を話しておきましょう。

返済プランをしっかり立てよう

先に紹介したとおり、お金を借りる前に返済プランをしっかり立てておくことが重要です。

なぜなら、借り入れ条件によって毎月の返済金額や総支払金額などに大きな違いがあるからです。

プロミスの公式サイトから誰でも簡単に返済シミュレーションができるので、事前に返済プランを立てることをおすすめします。

返済期間シミュレーション

プロミスの返済期間シミュレーションを使って、次の条件で借り入れた場合の返済期間を求めてみます。

  • 利用金額:10万円
  • 借入利率:17.8%
  • 毎月の返済金額:20,000円
毎回の返済金額借入残高
内元金内利息
1回目20,000円18,517円1,483円81,483円
2回目20,000円18,792円1,208円62,691円
3回目20,000円19,071円929円43,620円
4回目20,000円19,353円647円24,267円
5回目20,000円19,641円359円4,626円
6回目4,694円4,626円68円0円
累計104,694円100,000円4,694円

17.8%の金利で10万円を借りて、毎月2万円ずつ返済すると6回で完済できることが分かります。

5回までの返済金額は2万円ですが、最終返済額は端数調整をするため、この例の場合4,694円になっています。

ここでは毎月最低返済額での返済を紹介しましたが、手持ちのお金に余裕があるときには繰り上げ返済をすることがおすすめです。

そこで次章では、繰り上げ返済・一部返済について解説していきます。

余裕があるときには繰り上げ返済・一部返済をしよう

金銭的に余裕があるときは、積極的に繰り上げ返済一部返済をして完済までの期間を短くすることをおすすめします。

早く完済できると、プロミスへの総返済額が抑えられます。

元金が減り利息を抑えられる

繰り上げ返済や一部返済をすると、借入元金が少なくなるため利息金額を抑えられる効果があります。

プロミスの毎月の返済額は、飽くまでも最低返済金額です。

したがって、もともと設定されている返済金額よりも多く支払いをしても問題ありません。

「ボーナスとか臨時収入があったときには、返済に回すことを考えた方がいいんだね!」

そうです!
ボーナスで「あれも買おうこれも買おう」と夢が膨らみますが、まずは借入れを返済することが優先ですよね!

先に少し触れたとおり、返済期間が長期化するほど利息金額が増えるので総返済金額が大きくなります。

繰り上げ返済や一部返済をすることで借入残高が少なくなるため、お得に完済できるのです。

また、プロミスの最低返済額が変更されるのは、追加借り入れをしたときだけと覚えておきましょう。

ところで、返済をしていく上で忘れてはならないのが返済日です。

プロミスでは返済日を複数から選ぶことができますので、次章で詳しく紹介していきます。

プロミスの返済期日は4つから選択できる

プロミスの返済期日は、次の4つから選択することになっています。

  • 毎月5日
  • 毎月15日
  • 毎月25日
  • 毎月末日

ただし、三井住友銀行とジャパンネット銀行以外の金融機関からの口座振替による返済は、返済期日が毎月5日となっています。

なお、初回の返済期日はプロミスの借入日によって決められます。

「返済日、いつにしようかな~。いつがおすすめ?」

そうですね~。
やっぱり、給料日のすぐ後の日にすると、支払いを延滞したり滞納したりする危険性が少なくなります。

あらかじめプロミスの返済期日のルールを確認した上で、無理がない返済計画を立てることが大切です。

返済期日・初回返済期日・借入日の関係についてまとめた表を後ほど紹介するので、合わせてチェックしてください。

返済方法サイクル

プロミスはあらかじめ決められた約定返済の他に、追加で支払いができる任意返済があります。

任意返済をする場合は、プロミスに事前に連絡する必要はないので、金銭的な余裕があるときに自分で入金すれば問題ありません。

ただし、約定返済を口座振替で支払っている人は、任意返済は別の返済方法を利用する必要があります。

なぜなら、口座振替は原則返済期日に最低返済額が引き落とされる仕組みになっているからです。

口座振替で毎月プロミスに支払いをしている人は、振り込みATMで追加返済をすることになります。

返済日

プロミスの返済日は4つから選択できると紹介しましたが、初回の返済日は希望の返済期日と借入日によって決定されます。

返済期日借入日初回返済日
①毎月5日1日~19日借入日の翌月
20日~末日借入日の翌々月
②毎月15日1日~末日借入日の翌月
③毎月25日1日~9日借入日の同月
10日~末日借入日の翌月
④毎月末日1日~14日借入日の同月
15日~末日借入日の翌月

プロミスの返済方法

最後に、プロミスの返済方法を確認していきます。

プロミスでは、ATMや振り込みだけでなく、口座振替インターネットからの手続きなどいろいろな方法で返済ができます。

「返済方法がいろいろあるのはうれしいよね!」

そうですよね!
それぞれ特徴がありますので、自分が利用しやすい方法を選んでくださいね!

今回はおすすめの返済方法を5つ紹介します。

それぞれどのような流れで返済するのか、順番に解説していきます。

口座振替

金融機関の口座をプロミスに登録しておけば、口座振替で毎月の返済ができます。

店頭やATMに行く手間が省けるだけでなく、返済日に自動で引き落とされるので支払い忘れも防止でき、手数料がかからない点が口座振替のポイントです。

ただし、口座振替を選択すると、金融機関によっては返済期日を限定されたり、借入残高の反映に時間がかかったりします。

口座振替は便利な支払い方法ではありますが、給料日などのタイミング口座を持っている金融機関などを考慮した上で返済方法を選択することも大切です。

金融機関ごとの条件の違いをまとめてみました。

ジャパンネット銀行・三井住友銀行その他の金融機関
返済期日5日、15日、25日、末日毎月5日
返済額引き落とし後の残高反映当日3営業日後

プロミスの返済を口座振替で支払うためには、事前に申し込みが必要なので忘れないようにしてください。

会員サービスからの口座振替の申し込み方法は、次のとおりです。

  1. プロミスの会員サービスにログインする
  2. 「口フリ(口座振替)のお手続き」を選択
  3. 返済をする金融機関を選択する
  4. 金融機関のサイトにログインす
  5. 口座振替の申し込みをする
  6. 設定完了

インターネット返済

プロミスはインターネットを利用して、24時間365日いつでも返済ができます

振込手数料が無料で、スピーディに手続きが完了するのでスマホやパソコンがある人にはおすすめの返済方法です。

対応している金融機関は三菱UFJ銀行や三井住友銀行など1,100種類ほどあるので、利便性はかなり高いと言えます。

プロミスのインターネット返済の流れは、次のとおりです。

  1. プロミスの会員サービスにログインする
  2. 「インターネット返済のお手続き」を選択
  3. 返済金額を指定する
  4. 支払いをする金融機関を選択する
  5. 金融機関のサイトにログインする
  6. 振り込みを実行する
  7. 返済完了

プロミスのインターネット返済は、次の時間帯はシステムメンテナンスのため利用ができなくなるので注意しましょう。

  • 第3日曜日の0:00~6:00
  • 第3日曜日の前日土曜日の23:00~24:00
  • 毎週日曜日の23:00~翌7:00

自動契約機併設のATM

プロミスの申し込みをした自動契約機に併設されているATMからも返済ができます。

自動契約機に行かなければなりませんが、手数料は無料です。

「手数料無料はうれしいね!でも、土日も返済できるの?」

はい、もちろん大丈夫ですよ!

土日でも支払いができますが、自動契約機によって対応時間に違いがありますので気を付けてください。

自動契約機で返済をする場合は、事前にプロミスのホームページで手続きをする契約機の対応時間を確認しておくことをおすすめします。

ATM

プロミスのステッカーが貼ってある提携ATMからも毎月の支払いができます。

三井住友銀行のATMであれば、手数料はかかりません。

ゆうちょ銀行や各コンビニのATMを利用する場合は、取引額に応じた手数料を負担することになります

取引額利用手数料
1万円以下110円
1万円超220円

振込

自分の銀行口座から直接プロミスの口座に振り込んで、支払いをする方法もあります。

振込手数料は自分で負担するので注意しましょう。

なお、振込先の口座は、プロミスの会員サービスにログインするかプロミスコール(0120-24-0365)で事前に確認する必要があります。

振込先を間違えると、プロミスへの返済が完了しないので気を付けてください。

まとめ

キャッシングやカードローンを取り扱っているプロミスを利用するときは、事前に返済シミュレーションを使って返済計画を立てることが大切です。

返済シミュレーションは会員登録が不要で、誰でも簡単に利用できます。

今回紹介した返済シミュレーションを参考にして、どのようにプロミスを利用するか考えてみましょう。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要