プロミスは学生も借り入れ可能!家族にバレずに借りる方法を紹介

この記事を読んでいるのは、学生でもプロミスでお金が借りられるのか気になっている人だと思います。

学生でも、いろいろな理由でお金が必要になりますよね。

「そうなんだよ!サークルのイベントや飲み会とか、もう幾らあっても足りないんだ!」

うんうん、よくわかります!
バイト代だけじゃ全てをまかないきれませんよね!

「あとさ、お金を借りること、親にバレないかどうかも知りたいんだよね。」

そうですよね!
親にバレたらお小言必至ですからね!

結論を言うと、学生でも安定した収入があって、審査に通れば借りることができますよ。

プロミスはカードレス・郵送物なしで借り入れできるので親にバレる心配がありません。

ここでは、学生が親にバレずにプロミスを利用する方法や、審査に通るためのポイントなどを中心に説明していきます。

プロミスの申込みを考えている学生さん必見の内容ですので、是非参考にしてください。

プロミスおすすめPOINT

arrow_rightWEB完結で即日融資可能
arrow_right実質年率17.8%
arrow_right女性専用のレディースコールも設置!
arrow_right初回借入翌日から30日間利息無料
(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)

プロミスの「WEB申込」「自動契約機」なら土日・祝日問わず21時まで審査受付!

プロミスは学生も借り入れできる

プロミスでは、安定した収入があって審査に通れば、学生も借り入れ可能です。

「取りあえず安心したよ!安定した収入ってバイト代とかでも大丈夫なの?」

うんうん、そこ気になりますよね!

アルバイトをしていて毎月定期的にお給料をもらっているのであれば、「安定した収入」として認めてもらえることが多いです。

ただし、申込条件には、収入のほかにも様々な基準があるんです。

では、プロミスで学生が借りるための条件と、親バレしない秘策を説明していきます。

申し込み条件を確認しよう

プロミスに申し込むための条件は、次のように決められています。

年齢20~69歳まで。本人に安定した収入のあること。

シンプルですが、条件は本当にこれだけです。

主婦や学生でも、パートやアルバイトで毎月の安定した収入があれば、審査のうえ利用することができます。

「でも、学生が借りる場合は保証人とか必要なんじゃないの?」

いえいえ、大丈夫ですよ!
保証人や担保も必要ありません。

ただし融資対象が年齢20~69歳とあるように、未成年は利用できません

つまり、学生で安定した収入があっても、18歳や19歳ではプロミスに申し込みできませんので注意してください。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要

ローンを親バレせずに利用する方法を紹介

アイフルを親に内緒で利用するためには、次のふたつのポイントが大切になります。

1.WEB完結にする
2.郵便物の送付先や電話連絡を自宅にしない

「WEB完結と、郵便物や連絡先を自宅にしない、と。なるほどね。」
はい!このふたつに気を付けてくださいね。

普通に申し込みを行うと、郵便物や電話でバレてしまう恐れがあります。

1.WEB完結にする

プロミスには「Web完結」という申し込み方法があります。

申し込みから借り入れまでを全てWeb上で行う方法ですが、次のようなメリットがあります。

  • 最短即日融資も可能
  • カードレスで利用ができる
  • 契約のときに郵便物が送られてこない

 

Web完結の一番の魅力は、契約のときに郵便物が送られてこない点にあります。

実家暮らしの場合、消費者金融のカードや契約書の入った郵便物を家族に発見されては、たちまち借り入れがバレてしまいますよね。

プロミスのWeb完結は、パソコンやスマホから申し込むときに、公式サイトの新規申し込みボタンを選択すればできます。

またカードレスの取引を希望する場合は、「口座振替による返済」の選択も忘れないようにしてください。

このとき、口座振替で利用する口座は、利用可能な預金種別であり、金融機関で本人確認が完了していることが前提です。

Web完結で利用できる金融機関は限られているため、自分がプロミスに対応している金融機関の口座を持っているか否かも大きなポイントとなります。

条件がやや多いですが、Web完結を利用して申し込むことで、カードレスと郵送物なしの取引を選べます。

このように、プロミスに申し込むときから気を付ければ、家族バレを防ぐことができます。

2.郵便物の送付に気を付けて電話連絡を自宅にしない

プロミスに申し込んだ後、融資可能か否かの連絡が電話にかかってくることがあります。

また、申込方法や利用状況によっては、カードや郵便物が自宅に郵送されることもあります。

電話の場合、プロミスは社名を名乗りませんが、家族からすれば、子供に知らない相手から電話があれば、不審に思うかも知れません。

そうならないよう、連絡先は携帯電話にする、書類の送付に気を付けるなどの工夫が必要です。

ちなみに郵便物を受け取ることは本人確認も兼ねているため、郵便局留めにすることはできません。

郵便物が不安な場合は、Web完結申し込みがおすすめです。

郵便物が送られてくるケースもある

プロミスのカードローンは、Web完結なら電話や郵送物はありません。

しかし場合によっては郵便が送られてくる可能性も考えられます。

  • 提携ATMを利用したときの明細

プロミスは様々な金融機関のATMと提携していますが、利用したときに書類が送られてくる場合があります。

明細書がないと利用状況がわからず、後々のトラブルにつながる恐れがあります。

  • 遅延した場合の督促状

返済がなかった場合、プロミスでは電話やメールで督促を行います。

すぐに支払えば問題ありませんが、電話連絡を無視し続けた場合に、書面で督促状が届くことになります。

督促状はハガキや封書で届きますが、内容を見れば滞納が一発でバレてしまいます。

契約について大切なことにも関わらず、電話連絡が取れない場合に最終手段として手紙が届くのです。

  • 連絡で書類送付を希望した場合

プロミスとのやり取りに、書類送付を希望した場合は、郵送物が届きます。

  • 振り込みキャッシングを利用したとき

プロミスは、パソコンやスマホから申し込むと指定した口座にお金を振り込んでくれる、振り込みキャッシングも利用できます。

振り込みキャッシングはその場で明細書が発行できないため、後日郵送されてきます。

これは借入・返済で明細書を発行するよう、法律で定められているためです。

では次からは、プロミスの審査に通るためのポイントについて確認していきましょう。

学生がプロミスの審査に通るためのポイントを紹介

学生がプロミスの審査を通過するためには次の5つのポイントがあります。

  1. クレカや携帯の延滞がないこと
  2. 他社での借入金額や件数
  3. 複数の申し込みを同時にしない
  4. 虚偽申告をしない
  5. 在籍確認が取れるようにする

 

できれば審査を突破してスムーズにお金を借りたいですよね。

では審査に通るためのそれぞれのポイントについて解説します。

1.クレカや携帯の延滞がないこと

クレジットカードを利用している場合、返済の滞納がないことが条件のひとつになります。

「うん、クレジットカードの延滞はしてないから大丈夫だな!」

それなら安心ですね!
でも、ひとつ気を付けてもらいたいことがあります!

実は、携帯の分割購入の返済を滞納していると、個人信用情報機関を見ればバレてしまうので、未払があるなら早めに支払うようにしてください。

61日以上の延滞があると、長期延滞として個人信用情報に登録されてしまいます。

2.他社での借入金額や件数

プロミスの審査のときに、他社の借入件数も影響します。

というのも、借り入れが多い=月々の返済が多いと考えられるからです。

そのためプロミスとしては、「こんなに返済があるのに、うちにも返せるの?」と機械的に判断するのです。

もし返済が難しそうと判断されれば、審査には通りません。

ちなみに一般的に借入件数が3件を超えてくると、かなり厳しくなります。

月のアルバイト代が6万円の人が、既にA社とB社から借り入れをしているとします。

既にその2社への返済が数千円から数万円ある場合、残りの収入からプロミスへの返済ができるかどうかを厳しく審査されるのです。

したがって、借入は完済後に解約して、2件までにとどめておくのがベストです。

またプロミスは総量規制で「利用者に貸付できるのは年収の3分の1まで」と決まっています。

これは貸金業法の総量規制で定められているため、他社の借入可能額の総額が既に年収の3分の1近く借りている場合は審査に通る可能性は低いです。

3.複数の申し込みを短期間でしない

審査に通るか不安で、複数の金融機関に短期間で申し込みをするのは避けてください

短期間で複数の金融機関に申し込みをしたことは、個人信用情報を見ればわかってしまいます。

この状態を「申し込みブラック」と言います。

申し込みブラックになってしまうと、全ての金融機関の審査に通った場合に、返済不能や、総量規制オーバー、多重債務者になる可能性があると判断され、プロミス以外でも審査に通るのが難しくなります。

履歴が消える6か月後を待って、改めて申し込んでください。

4.虚偽申告をしない

審査に有利になると考え、虚偽の申告をするのはやめましょう

虚偽申告で多いのが、年収やアルバイトなどの勤務先です。

また身分証明書や収入証明書を偽装するなどし、提出するのは厳禁です。

審査に通らないだけでなく、プロミスからの信用がなくなり、要注意人物と判断されます。

プロミスは膨大な顧客データを持っています。

そのため「この年齢でこの収入はおかしい」など、虚偽はすぐに見抜かれてしまいます。

5.在籍確認が取れるようにする

審査のひとつに在籍確認があります。

プロミスが申込者のアルバイト先に連絡し、本当に働いているのか確認するのです。

もちろん、これは、プロミスの申し込み条件である、「安定した収入」の証明にもなります。

在籍確認は審査の最終段階なので、審査通過は目の前です。

在籍確認は確実に行われるよう、勤務先の情報は正しく伝えましょう。

もしアルバイト先がフランチャイズやチェーン店である場合は、本社ではなく自分の働く店舗の連絡先を書きます。

大きな会社の場合、本社ではアルバイトまで把握していない可能性があるためです。

自分が勤めている店舗の連絡先を申告し、連絡を取りやすくしてください。

ただし、アルバイト先に電話がかかると怒られるなどの事情がある場合は、事前にプロミスコールに相談してみるようにしましょう。

以上が審査に通過するためのポイントになります。

続いては、借入限度額がどのように決められるのかについてご説明していきます。

プロミスの申込みはこちら

プロミスの審査結果で借入限度額が幾らになるのか決まる

申込時に希望の金額を書いたとしても、必ずしもその金額が借りられるとは限りません。

飽くまでも審査に従って融資金額は決められます

学生であればどの程度借りられるのか、見ていきましょう。

学生は利用限度額が少なめ

学生の場合、プロミスは借入限度額を低く設定する傾向があります。

そのため初回限度額は思ったよりも少ないと感じる人もいると思います。

「安定した収入があってもダメなの?」

うんうん、そうですよね!
アルバイトをしてしっかり返す意気込みがあってもダメなのでしょうか?

残念ながら、やはり学生であるため、返済能力は低いと考えられてしまいます。

しかし毎月返済をしきちんと行って「返済能力がある」と判断されれば、限度額が上がる可能性はあります。

「もっと借りたい」という人は、半年ほどプロミスの利用実績を作り、増額申請を検討する方法もあります。

総量規制が関係している

貸金業法では、貸金業者は利用者に年収の3分の1までしか融資できない、いわゆる総量規制のルールがあります。

そのため、もともと収入の低い学生は、融資可能額が低く設定されがちなのです。

例えばアルバイトで年収100万円程度の場合、総量規制では30万円まで融資可能額が与えられる計算になりますが、初回から希望が通る可能性は低いです。

申込時の借入希望額は低くするといい

プロミスへの希望借入額は、限度額以内であれば、好きな金額を記入できます。

しかし、申し込みは低めの金額にしておくほうが、審査に通る可能性が高いです。

借入限度額が大きいほど金利が下がるため、たくさん借りたほうがお得な気もしますね。

しかし、プロミスとしては実績が乏しい学生に、高額な貸付けをするのはリスクがあるのです。

まずは審査に通り、少額でも借り入れすることを最優先に考えましょう。

大きな借入希望額を申し込んで審査に落ちてしまったのでは、元も子もありませんからね。

学生ローンとプロミスの違いを確認しよう

学生が融資を受けられる金融機関には、「学生ローン」を提供しているところもあります。

学生ローンとは、その名の通り、大学生や専門学生だけが利用できるローンです。

最近では、学生ローン専門で事業を行っている貸金業者も増えてきています。

学生ローンとプロミスの大きな違いは次のふたつです。

  • 申込の受付時間や営業日が違う
  • 電話連絡方法が異なる

それぞれの違いについて具体的に見ていきましょう。

申込の受付時間や営業日が違う

プロミスと学生ローンの違いですが、まずは、借り入れまでの時間が違います。

プロミスはネットからも申し込みができ、審査は土日を含め21時までです。

審査結果後すぐに手続きに入れば、最短即日の融資も可能となります。

学生ローンも最短即日の融資は行っているものの、プロミスに比べると営業時間が短く平日18:00までで、土曜日は午前中で営業を終了してしまう会社も多いです。

「学生ローンは土曜日は半日だけか~。ちょっと不安だよね~。」

うんうん、そうですよね!
土曜日にお金が必要になるパターンって多いですもんね!

また、学生ローンは無人契約機もありません。

日曜日や祝日は、多くの学生ローンが休業日であるため、急いでいる場合がプロミスをおすすめです。

どちらも最短即日融資は行っていますが、申込時間や営業日に注意することが大切です。

電話連絡方法が異なる

プロミスと学生ローンでは電話連絡で大きく異なる点があります。

まず、プロミスと違い、学生ローンは在籍確認を実施していないところが多いです。

学生の場合、アルバイト先が複数あったり、深夜業務の居酒屋などで働いていたりする人も多くいます。

そのため連絡が取りづらいと考えられ、学生の「周りのバレたくない」心情も察していることから、身元確認だけをしている業者がほとんどです。

「あっ!これはうれしいね!やっぱり在籍確認はハードルが高いもん!」

そうですよね!
身元確認だけで済むのは気が楽ですよね。

身元確認は、本人宛に電話をすることで行います。

ただし学生ローンによっては、在籍確認を行うこともあるため、注意が必要です。

さて、消費者金融はプロミスだけではありませんね。

ほかにも大手消費者金融が幾つかありますし、名前があまり知られていない中小消費者金融もあります。

次では、学生が借りられる消費者金融について紹介していきます。

学生でも借りられる消費者金融を紹介

学生が借りられる消費者金融は、プロミスだけではありません。

ここでは、学生も申し込みできる消費者金融をまとめてみました。

全て20歳以上でアルバイトなどをし、安定した収入があることが前提条件です。

業者名限度額年利最短即日融資自動契約機
アコム1万円~800万円3.0%~18.0%
審査最短30分
あり
SMBCモビット1万円~800万円3.0%~18.0%
審査最短30分
あり
レイクALSA1万円~500万円4.5%~18.0%
最短60分融資可能
あり
ダイレクトワン1万円~300万円4.9%~20.0%
カード発行最短30分
なし
ユニーファイナンス1万円~300万円12.00~17.95%×
新規は不可
なし
フタバ10万円~50万円14.959%~17.950%なし

まとめ

学生も安定した収入があれば、プロミスの申し込みができます。

初回借り入れに限り、メールアドレスとWeb明細の利用登録をすると、30日間の無利息サービスが受けられます。

無利息サービスは、短期間の急な出費であれば、利息を払わずに利用可能なのはうれしいですね。

申し込みから審査結果の連絡までが早いので、「今すぐお金が必要」という危機的状況でもスピーディーな対応が期待できます。

計画的なキャッシングは、自分の金銭感覚を磨くメリットもあります。

プロミスの審査に通った後も、「簡単に借りられる」と気を抜かず、お金との付き合い方はしっかりと考えましょう。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要