プロミスをWEB完結で借りる方法は?最短即日融資を受ける方法も解説

プロミスはカードレスで借り入れや返済ができるという特徴があるので、利用を検討している人も多いと思います。

プロミスのWEB完結なら、来店不要で契約が可能です。

「店舗や無人契約機に行かなくてもいいなんてすごく便利だよね!」

そうですよね!

これなら仕事が忙しくて時間が取れない人でも、好きな時間に申し込みや借り入れができます。

この記事では、便利なWEB完結の方法と、申し込みから融資までのスピードについて解説します。

プロミスおすすめPOINT

arrow_rightWEB完結で即日融資可能
arrow_right実質年率17.8%
arrow_right女性専用のレディースコールも設置!
arrow_right初回借入翌日から30日間利息無料
(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)

プロミスの「WEB申込」「自動契約機」なら土日・祝日問わず21時まで審査受付!

プロミスのWEB完結申し込みは誰でもできる?

プロミスに申し込むなら、WEB完結がおすすめです。

面倒な書類の提出もWEB完結ならスマホから簡単に行うことができるので、郵送などの手間を減らせることもメリットと言えます。

「でも、WEB完結は誰でも利用できるの?」

うんうん、気になりますよね!

ではまずは、プロミスの申込み条件から確認していきましょう。

プロミスの申し込み条件を確認

プロミスに申し込むことができるのは、満20歳以上69歳以下で、申し込み者本人に安定した収入がある人です。

毎月一定の収入があれば、パートやアルバイトでも問題ありません。

WEB完結には指定された銀行口座が必要

WEB完結で申し込むためには先ほど紹介した条件の他に、プロミスが指定している銀行の口座を所有している必要があります。

また、口座振替ができる預金種別であることと、本人確認が完了していることも条件となるので注意してください。

なお、提携ATMを無料で利用できる銀行に、三井住友銀行とジャパンネット銀行がありますが、WEB完結に対応しているのは三井住友銀行だけです。

ジャパンネット銀行の口座しか持っていない人は、WEB完結以外での契約となるので気を付けましょう。

もし、自分が所有している銀行口座がWEB完結に対応しているか確認したい場合は、公式ホームページの「ご利用可能な金融機関一覧」を参照してください。

WEB完結対応の指定された銀行口座を持っていない場合、契約書類の郵送が必要となります。

WEB完結申し込みはむずかしい?

「WEB完結ってすごく便利な申し込み方法だけど、、難しい操作が必要なの?」

こんな不安を抱える人もいると思います。

普段はインターネットをあまり利用しない人にとって、そもそもWEBから申し込むことに不安を感じるかも知れませんね。

しかし、プロミスのWEB完結はインターネット初心者でも問題なく申し込むことができるので安心してください。

WEB完結申し込みの流れを紹介

まず、プロミスの公式ホームページから申し込み手続きを行います。

申し込みフォームに必要事項を入力して、ご契約手続き方法を「WEB」にしてください。

申し込みが完了すると審査が行われ、審査結果がメールもしくは電話で伝えられます。

審査に通過すると契約の手続きに進みますので、返済方法を口座振替にして、カード不要を選択してください。

あとはWEBで契約して、すべての手続きが完了となります。

特に難しい操作を必要とする場面はありませんので、落ち着いて操作をすれば誰でも簡単に申し込むことができます。

申込み方法は1本化!

以前、プロミスにWEBから申し込む場合に、必要事項の入力に違いがある「カンタン入力」と「フル入力」がありました。

しかし2020年になってWeb申込みの種類は1本化され、氏名や住所、固定電話の有無、運転免許証の有無のほか、自宅情報、勤務先情報、契約方法やその他の情報を入力するようになっています。

入力項目は多めですが、キーボードから入力する項目は氏名や住所、勤務先情報、あとは電話番号や年収といった数字の入力ぐらいですから、操作が苦手でも落ち着いて入力すれば問題ないでしょう。

審査で提出する書類

WEB完結申し込みの場合、「書類提出依頼メール」が届きますので、内容を確認して書類の提出を行ってください。

本人確認書類 ※有効期限内のもの
本人確認書類

必ず提出しなければならない書類は「本人確認書類」で、具体的には運転免許証やパスポートなどです。

また、借入希望額が50万円を超える場合や、50万円を越えていなかったとしても他社からの借入残高の合計が100万円を超えてしまう場合には、「収入証明書」も提出しなければなりません。

収入証明書
収入証明書

必要書類をアイフルに提出するときは、スマホカメラで撮影したものを使う人が多いです。

スマホカメラで書類を撮影するときは、文字がはっきりと確認できるように注意してください。

もし、スキャンができるプリンターを持っているのであれば、カメラよりもスキャナーで取り込んだ画像の方が鮮明です。

WEB完結での借り入れ方法は瞬フリか振込キャッシングが便利

WEB完結で申し込みをしたときは、カードなしの契約を選択しています。

ローンカードを使ってATMから借り入れることはできないので、契約後にすぐ借り入れをしたいときは、「瞬フリ」や「振込キャッシング」が便利です。

なお、瞬フリとは24時間365日、最短10秒で振り込みしてくれるプロミス独自のサービスです。

瞬フリに対応している銀行の口座を持っている人には非常に便利なサービスと言えます。

プロミスの申込みはこちら

瞬フリに対応している銀行は土日も借り入れが可能

瞬フリは365日いつでも振り込みをしてくれます。

インターネットからいつでも申し込むことができるので、スマホがあればいつどこに居ても借り入れができることがメリットと言えます。

瞬フリに対応している銀行であれば、土日でも借り入れできるので、月曜日にクレジットカードの支払いがあるのに、日曜日の夜に銀行口座に残高がないと気づいても十分に間に合います。

瞬フリはいざというときに、本当に頼りになるサービスです。

振込キャッシングができる時間帯に注意

瞬フリに対応していない銀行口座を利用する場合には、通常の振込キャッシングとなります。

いつでも入金してくれるわけではないので、利用できる時間帯には十分に気を付けましょう

なお、振込実施時間はプロミス公式サイトの金融機関別振込実施時間検索から検索できます。

また、システムメンテナンスを行っているときは、振込が行われる時間がずれることを覚えておきましょう。

曜日受付時間振込される時間
土曜日23:30~24:00翌日8:45~9:30頃
日曜日0:00~4:00当日8:45~9:30頃
18:50~24:00翌日8:45~9:30頃
月曜日7:00~8:00当日8:45~9:30

なお、月曜日の0:00~7:00までは振込キャッシングの受付をしていません。

プロミスWEB完結までの5つのポイント

WEB完結でプロミスに申し込みをするときには、次の5つの注意点があります。

  1. 返済方法は口座振替に限定される
  2. 審査の在籍確認は避けられない
  3. 申し込みは入力ミスに注意する
  4. プロミスからのメールを受信できるようにしておく
  5. ローンカードは後から無料で発行してもらえる

知らずに申し込むと、困ってしまう可能性があるのでここで紹介する内容をしっかりと確認しておきましょう。

1.返済方法は口座振替に限定される

プロミスは様々な返済方法を用意していますが、WEB完結で申し込みをした場合には口座振替による返済しか選ぶことができません。

そのため、他の返済方法を利用したい人は、WEB完結での申し込みは利用できませんので注意しましょう。

なお、プロミスでは口座振替による返済のことを、「口フリ」と呼んでいます。

呼び方は特殊ですが、他社の口座振替と内容は同じです。

WEB完結は返済日が限られる

WEB完結で申し込みをした場合は、返済方法は口フリしか選ぶことができません。

口座振替返済は、三井住友銀行とジャパンネット銀行の返済日が5日、15日、25日、末日のいずれか、そのほかの金融機関は毎月5日と決まっています。

また、三井住友銀行とジャパンネット銀行以外の金融機関は、返済後の借入残高への反映が3営業日後です。

口座振替による返済は手数料無料で、毎月返済日に引き落としが自動でされるので、口座残高に注意していれば返済を忘れる心配がないということがメリットですね。

2.審査の在籍確認は避けられない

審査のうえで、勤務先に在籍確認の電話がかかってくることも忘れてはいけません。

職場にプロミスから電話がかかってることを嫌がる人も多いですが、電話内でプロミスの名前を出すことはありません。

担当者の名前を使うので、すぐに在籍確認の電話だとバレることはないので安心してください。

会社の規則で個人あての電話が受けられない場合は、プロミスコールに電話をして相談をしてみることをおすすめします。

プロミスコール
プロミスコールご質問・ご相談 ⇒ 0120-24-0365
女性専用問合せ ⇒ 0120-86-2634

受付時間:9時~22時
※土日祝日問わず

3.申し込みは入力ミスに注意する

WEB完結で申し込むときは、申し込みフォームへの入力ミスに十分に注意してください。

手書きと違って、漢字の変換ミスや数字の入力ミスなどが起こりやすいので、しっかりと確認しながら入力を行う必要があります。

もし、入力した内容と提出した必要書類の内容が異なっていると、審査が長引いてしまいます。

急いでいるときは融資が間に合わない可能性もあるので、ミスがないように十分に注意してください。

4.プロミスからのメールを受信できるようにしておく

本人確認書類などの必要書類を提出するためにプロミスからメールが届きます。

メールがフィルターの設定で受信できないと、確認できずに契約ができなくなってしまうので、メールは確実に受け取れるように設定しておきましょう。

5.ローンカードは後から無料で発行してもらえる

WEB完結の場合はカードなしで契約することができますが、契約後にローンカードが欲しいとなった場合でも、自動契約機でカードを発行することができます。

後から発行した場合も、カード発行料を請求されることはないので気軽に発行してください。

なお、プロミスはアプリを使えば、カードがなくてもATMで借り入れや返済ができますが、セブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMに限定されます。

いつも利用しているコンビニがセブン銀行やローソン銀行ではない人は、カードを発行しておいた方が便利です。

最短即日融資を受けたいときは自動契約機での契約もあり

WEB完結でその日のうちに融資を希望するときは、午後8時までに申し込みを完了してください。

つまり、午後8時までに申し込みフォームの入力を終えて送信していなければならないということです。

午後8時から入力を始めると、融資が間に合わない可能性があるので注意してください。

なお、最短で融資を受けるなら、自動契約機を利用する方法もおすすめです。

自動契約機で申し込みをした場合は約30分~40分で契約が完了し、併設のプロミスATMからカードを使って借り入れができます。

自動契約機で申し込みをするときは、営業終了の1時間前には申し込みを完了しましょう。

また、WEBで申し込みをしてから自動契約機で契約とカード発行をすると時間を短縮することもできるので、少しでも早くお金を借りたいときにおすすめです。

まとめ

プロミスのWEB完結は特に難しい操作を必要ないので、インターネットに不馴れな人でも申し込みができます。

しかし、返済方法は口座振替(口フリ)しか選べないなどのデメリットもあるので注意してください。

なお、少しでも早く融資を受けたい場合は、WEB完結ではなく自動契約機で契約するという手段もあります。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要