プロミスの在籍確認

「お金がほしいなぁ」と思ったとき、ふと思い浮かぶ「カードローン」や「キャッシング」。

そんなときにテレビCMや電車の中吊り広告などで銀行のほか、アイフルやアコム、そしてプロミスなど大手消費者金融の広告を目にして気になっている人もいるのではないでしょうか。

お金を借りるとなると、「申込方法」や「必要書類」「審査」「即日融資」などいろいろ気になるポイントがありますが、その中でも今回は「在籍確認」に注目してみましょう。

もちろん、プロミスでも在籍確認は行われています。

Web申込みで申し込みをしても、勤務先へ在籍確認の電話がかかってくるんです。

どうして在籍確認が行われるのか、避ける方法はないのか、気になる「プロミスの在籍確認」を解説します。

この記事の監修者

滝口誠(3級ファイナンシャル・プランニング技能士,日本証券外務員一種,日本証券外務員内部管理責任者)

在籍確認が行われる理由

プロミスをはじめとする貸金業者がなぜ在籍確認をするかというと、単純に、申込みで申告した勤め先で本当に働いているかどうかを確認するためです。

銀行カードローンの審査においても、在籍確認は行われます。

それはどうしてかというと、例えばプロミスの申込条件のひとつには「安定した収入があること」があります。

この条件を満たしているかどうかを判断するには、申込書に書かれた勤務先に電話をかけて、在籍しているかどうかを確認するのが一番手っ取り早く簡単です。

安定した収入がある」ということは、イコール「返済能力の有無」となるので、在籍確認は必ず行われるのです。

そして、また同時に、申込者本人が「信頼できる人」かどうかについても、在籍確認をすることで判断することができます。

もし、申込書に「嘘の勤務先」を書いていれば、在籍確認をすることでその嘘が発覚してしまいますよね。

貸金業者が扱っているカードローンは、担保を取らずにお金を貸す無担保商品です。

相手が「信用」できるからお金を貸すわけで、信用できない相手に貸してくれるわけがありません。

「在籍確認ができた」ということは、申込者は「信用でき、安定した収入がある人」という2つのことを一度に確認することができるわけです。

在籍確認は法律で定められたものではない

プロミスをはじめとする貸金業者、いわゆる「消費者金融」は、国が定めた法律を遵守して営業活動を行っています。

キャッシングの取り扱いや申込み方法などは法律に定められているため、申し込みから審査、お金を借りるまでの手続き方法や流れはどこもほぼ同じなのです。

ところが「在籍確認」は特に法律で定められているわけではなく、保全(虚偽の申告を防ぐ)の目的で各消費者金融会社で実施されています。

そのため、カードローンの中には、在籍確認を電話ではなく別の方法で対応してくれる商品もあるわけです。

Web申込が利用できれば、なおさら周囲にバレる心配はありませんね。

架空の勤務先を申告するのは訴えられる可能性あり

無職の人が架空の勤務先を申告したり、あるいは勤務先の会社の規模が小さく不安だからと、架空のアリバイ会社を使って申し込みをしようとする人がいます。

しかしこれは犯罪になりますので絶対に行わないでください。

仮に審査に通過したとしても、後日アリバイ会社であることがバレると、一括返済を求められるばかりか、詐欺罪として訴えられる可能性が大きく、詐欺罪は10年以下の懲役に処される場合もあるとても重い罪となりますので、絶対にやめましょう。

在籍確認の電話はいつ来る?どんな感じ?

では必ず行われる在籍確認は、どのようなタイミングで行われるのでしょうか。

また在籍確認の電話はどのような内容なのか、電話の応対は本人でなければならないのか、などプロミスの在籍確認の基本について見ていきましょう。

申込み後最短30分でかかってくる

プロミスへ申込みをし必要書類の提出をすると、申込み確認の電話、またはメールが届きます。

在籍確認は、この確認の電話やメールが届いた後にかかってきます。

また、公式サイトでは「最短30分で審査の回答がもらえる」となっていますので、早い人なら30分以内に電話がくるということになりますね。

しかし、申込みが夜だったり休日だったりすると、在籍確認の電話は当日ではなく、翌営業日にかかってくる場合もあります。

もし「申し込みから1日以上経っているのに、在籍確認の電話がかかってこない」というときは、プロミスコール(0120-24-0365)に問い合わせてみるとよいでしょう。

より詳しく、プロミスの審査が遅いときの対処法について知りたい人は、「プロミスの審査が遅いと感じたら│連絡がこない理由と対処法」で解説していますので参考にしてください。

電話は「非通知」「担当者個人名」でかかってくる

在籍確認の電話は、非通知で、審査担当者の個人名でかかってくるので安心してください。

また応対に出た人に、カードローンの申込みについて尋ねることもありません。

一般的な在籍確認の電話パターンは下記のようになります。

電話に本人が出た場合

オペレータオペレータ

私、○○(オペレーターの個人名)と申しますが、△△様(利用者)はいらっしゃいますか?

申込者申込者

△△は私です

オペレータオペレータ

この度はお申込みいただき、ありがとうございます。
今回はお勤め先の確認でご連絡いたしました。引き続きよろしくお願いいたします。

申込者申込者

よろしくお願いします。

以上で会話は終了です。

このほかにも、申込内容についていくつか質問をされることもありますが、しかしそれでも5~10分程度で終わる内容ですので、なにも難しくはないですよね。

申し込み者本人が不在でも問題なし

在籍確認の電話だからといって、本人が電話に出なければならない、ということはありません。

例えば営業職として日中のほとんどを外出しているような人でも、事務所にいる誰かが代わりに電話に出て、「〇〇は現在外出中です」というような対応をしてくれればいいわけです。

電話に本人以外が出た場合

オペレータオペレータ

私、○○(オペレーターの個人名)と申しますが、△△様(利用者)はいらっしゃいますか?

同僚同僚

△△は席を外しておりますが…

オペレータオペレータ

さようでございますか。それではまた改めます。失礼いたします。

同僚の「席を外している」のような回答で「会社に所属している」という証明になりますので、プロミスとしては在籍確認の目的を果たしたことになります。

同じ理由で「本日は休みです」と答えても在籍確認は終了します

電話に対応した人が「△△という者は弊社にはおりません」など、本人が会社に席を置いていないと思われる発言をしない限り、在籍確認は完了となります。

ただし、長期間休職していたり育休産休中である場合は、プロミスから在籍とみなされない可能性があるので注意してください。

普通は在籍確認だと気づかれない

在籍確認の電話を同僚が対応したら、カードローンの申込がバレてしまう!と心配になる人もいるでしょう。

しかし、本人が電話に出ないパターンからも分かるように、多くの場合、在籍確認の電話だと知られることなく終わります。

日常的に私用電話がかかってきたり、外部から個人名で電話がかかってくることが珍しくない職場であればなおさらでしょう。

万が一、勘の良い人に気づかれそう!という場合でも、変に動揺せず、堂々と言い訳ができれば、怪しまれることはまずありません。

プロミス在籍確認Q&A

プロミスの在籍確認は、申し込み後最短30分以内に行われます。

また本人不在でも問題なく、とにかく勤務先への在籍が確認できれば良いわけです。

では「プロミスの在籍確認」について、これら以外でよく耳にする疑問についてみていきましょう。

「うちの会社は私用電話禁止。在籍確認はどうなるの?」

私用電話が禁止されている会社も珍しくありません。

また、個人情報保護の観点から、外部からの電話を取り次いでくれない会社も増えてきました。

外部からの電話を取り次いでくれないとなると、「在籍確認ができないのでは?」と思いますよね。

もちろんプロミスでも、電話を取り次いでもらえず在籍確認ができない会社があるということをしっかりと把握しています。

そしてこの場合、「在籍確認ができない」という理由だけで審査に落ちることはありません。

もし、勤め先が外部からの電話を取り次がないのであれば、プロミスへあらかじめ相談してみるとよいでしょう。

「外部からの電話は取り次がないので、在籍確認は難しい」とプロミスに伝えておけば、在籍確認時に電話がつながらなくても不審に思われることはありません。

「在籍確認ができなかった」からといって、それを理由に審査に落ちることはありませんが、「電話を取り次がない」と前もってわかっているのであれば、事前にプロミスへそのことを相談しておくと、その後の審査もスムーズに進むでしょう。

「派遣社員として働いているんだけど、在籍確認はどこに来る?」

正社員であれば、普通に勤務先の電話番号を申込書に記入すればよいですが、では派遣社員やアルバイト・パートの人の場合は、連絡先をどこにすると良いのでしょうか。

指定した電話番号によっては、在籍確認ができないこともあります。

そこで正社員以外の人の電話連絡先はどこにすればいいのかまとめましたので、参考にしてみてください。

派遣社員「派遣元」(登録した派遣会社)
※ただし、個人情報保護の観点により電話応対してくれない場合は、派遣先の会社でもOK(事前に連絡要)
アルバイト・パート勤務している店舗などの電話番号
※大手チェーンで本社を指定すると各店舗のバイトを把握していない可能性があるため、勤務先の店舗が望ましい
自営業自宅または事務所の固定電話
※固定電話がない場合は、別途書類の提出を求められる場合あり

「テレワークになったんだけど、在籍確認はどうなる?」

現在、新しい働き方として認知度が上がった在宅勤務(テレワーク)ですが、この場合も在籍確認は勤務先への電話となります。

ただし、テレワークは通常の勤務とは異なるため在籍確認が難しく、あらかじめプロミスへ事情を説明し相談しておくとよいでしょう。

詳しくはプロミスの在籍確認はテレワークや在宅ワーカーにもある?で解説していますので参考にしてください。

「在籍確認って時間や名乗る個人名の希望とか、相談することはできないの?」

在籍確認の電話を自分で取りたいから時間を指定したい、そんな希望を持つ人もいますよね。

あるいは友だちの名前を使ってほしい、なんて希望もあるでしょう。

プロミスでは、在籍確認についての希望をある程度考慮してくれますが、厳密な時間の指定や別人を名乗ったり、違う会社名を言ったりすることはできません。

それ以外の、例えば勤務先は日中誰もいないとか、営業が夜から始まるためプロミスの営業時間内では在籍確認の電話に対応することができないなど、そういった悩みについて相談することができます。

相談するタイミングは、申込みを確認するための電話が、自分の携帯電話や固定電話にかかってきたとき、あるいはメールが届いたときです。

電話であれば電話口の担当者に、メールであれば本文中にあるお問い合わせ先「プロミスコール(0120-24-0365 8:00~22:00)」に相談しましょう。

「土日祝日や勤務先の営業時間外のとき、在籍確認はどうなる?]

プロミスでは、勤務先が休みの場合、休み明けに在籍確認が出来るまで、基本的にお金を借りることはできません。

しかし、どうしても早急にお金を借りたいという場合は、申込み後にプロミスへ電話をしましょう。

また、プロミスの「営業時間」にも注意しましょう。

申込者の勤務先が営業時間内であっても、プロミスの営業が終了していれば在籍確認の電話をかけることはできません。

申込みは365日24時間受け付けていますが、審査のことを考えれば、プロミスの営業時間内に申込みすることをおすすめします。

「在籍確認を電話以外ですることはできないの?」

一番簡単で確実な在籍確認の方法である「勤務先への電話」は、人によってやはり敬遠したいものですよね。

基本的に在籍確認は「勤務先へ電話」となっていますが、状況によっては電話以外の方法に変えてもらうことができます。

必ずしも変えてもらえるとも限りませんが、まずは相談してみると良いでしょう。

それでも、どうしても在籍確認の電話は避けたいというのであれば、「電話による在籍確認」を回避できる大手消費者金融としてSMBCモビットがあります。

SMBCモビットのWEB完結申込みなら原則、勤務先に電話はありません

ただし、いくら「電話による在籍確認なし」とうたっていても、審査の結果によっては電話がかかってくることもありますので注意してください。

「在籍確認のあとで、審査に落ちることはある?」

在籍確認を受けた場合、余程のことが無ければ審査に受かったと考えることができます。

しかし、在籍確認が行われたにも関わらず、まれに審査落ちしてしまうことがあります。

理由として考えられることは、下記のようなものです。

  • 休職中であることがばれた
  • 嘘の勤務先を申告した
  • 在籍確認の電話で「そのような人はいない」と回答された
  • 借入状況などに問題が見つかった

特に、会社の規定で私用電話を取り次がない企業の場合は、申込前にプロミスコールへ相談しましょう。

「在籍確認って、最初の申込み時以外はないの?」

プロミスの在籍確認は、初回契約時だけでなく、増額審査のときにも行われます。

増額審査は、増額申込時点での個人信用情報や現在の返済能力を確認する必要があるため、在籍確認はより慎重に行われます。

なお、増額時はこれまでのプロミスでの利用実績や返済履歴に限らず、他社ローンの利用実績も併せて審査されるため、利用実績や返済履歴が優良な顧客には利用限度額の増額に加え、金利の引き下げのチャンスもあります。

反対に、利用実績が少なかったり、返済遅延を重ねたりした人には、増額どころか減額審査の可能性もありますので、申込むときは注意してください。

さらに、転職時も在籍確認が行われそうと思いますが、しかし、キャッシング契約後に転職した場合、在籍確認は行われません。

ただ、勤務先の変更届を14日以内にプロミスへ届け出る必要がありますので、会員ページかコールセンターに電話をして、忘れず手続きをしましょう。

「在籍確認以外でプロミスから電話がかかってくることがあるってホント?」

「知らない電話番号から電話がかかってきたので、ネットでその電話番号を検索してみたらプロミスだった」という話を耳にしたことはありませんか。

プロミスのカードローン利用者であっても、延滞や返済に問題がなく、普通に利用しているのであれば「どうしてプロミスから電話がかかってくるの?」と驚いてしましますよね。

プロミスから電話がかかってくるタイミングは、申し込み後の本人確認や在籍確認のほか、返済に関することはもちろん、利用枠の増額案内といったサービスのための電話連絡もあります。

そういった電話は不要だという人は、あらかじめプロミスにその旨を伝えておくと、不要な電話はかかってきません。

【おまけ】在籍確認の職場への言い訳例

プロミスの在籍確認の電話を、どんな言い訳なら相手が納得しやすいか、言い訳として良く使われる例をいくつか紹介します。

「クレジットカードの在籍確認」クレジットカードを作ったときにも在籍確認は行われるため、怪しまれる可能性は低い。
ただし、「どこのクレジットカードを作ったの?」と尋ねられる可能性があり、適当なクレジットカードを応えられるよう考えおくとなおよい。
「教育ローンの在籍確認」子供がある程度の年齢であるならば有効。
ただし、同じく子育て世代の同僚や、上司に申し込んだ教育ローンの詳細を尋ねられる可能性あり。
実際に教育ローンも検討している人におすすめ。
「学生時代の同窓会のお知らせだった」大学や高校の同窓会のお知らせだったというのもアリです。
会社にかかってきた理由として、「昼間は携帯に出られないから」などとごまかせる。
「親戚や知人から」「携帯電話の番号を知らない親戚や知人が、急用で会社に電話してきた」というような言い訳もあり。
後日ツッコまれても答えられるようにしておくとベター。
「万が一に備えて、カードローンを作ったんだよ」いっそのこと、正直にカードローンやキャッシングの申し込みをしたことを、堂々と公表する。
作った理由として「急な出費や緊急時にすぐ対応できるように」というような説明をすれば、日常的に無駄遣いをしていなければ、深く追及されることはないはず。

まとめ

プロミスでも、他の金融機関と同じようにカードローン審査の中で在籍確認が行われます。

誰にも利用していることがバレたくない人にとって在籍確認は申し込みの中でも特に大きな心配事のひとつだと思われますが、オぺレーター個人の名前で掛かってくることからプロミスからの電話だとバレることは少ないので安心してください。

在籍確認は、勤務先を正しく申告すれば何も困ることはありませんので、嘘偽りなく申告して審査に通過し計画的に利用しましょう。

監修者コメント
監修者滝口

監修者:滝口誠
3級ファイナンシャル・プランニング技能士,日本証券外務員一種,日本証券外務員内部管理責任者

在籍確認と聞くと「カードローンに申し込みしたのが周りにバレそうで怖い」と感じる人も多いのですが、基本的に在籍確認によって周囲にカードローンの申し込みがバレるということはありません。
在籍確認の電話では、消費者金融からの電話とは分からないように配慮をしていますし、なによりもカードローンに申し込みをした事実は本人しか分からないことです。電話がかかってきても、何食わぬ顔をすることが一番大事になります。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要