スマホでアプリを使う

プロミスは、アプリローンのCMを流しています。

テレビで見て、カードがいらないアプリローンが気になっている人も多いのではないでしょうか。

カードレスで24時間利用できるなど、魅力的なサービスが満載なアプリローンですが、何か注意すべきことはあるのでしょうか。

この記事では、プロミスのアプリローンの特徴や新規申し込み方法、利用時の注意点を分かりやすく解説します。

プロミスのアプリローンって何?利用するメリットはあるの?

プロミスのアプリローンとは、その名のとおりプロミスのスマホアプリを使って借入や申し込みができるものです。

もろちん、新規申し込みも可能です!

プロミスのアプリローンをあえて利用するメリットはあるのか、確認していきましょう!

アプリローンを利用する3つのメリット

プロミスのアプリローンを利用するメリットは下記のとおりです!

  • 来店不要、カード発行なし、郵送物なしでの契約が可能
  • プロミスカードを持たずにセブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMで借入・返済ができる
  • アプリ限定のお得なクーポンを利用できる

アプリローンの最大の特徴は、カードを発行することなく契約が可能なことです。

また、通常はカードが必要なセブン銀行ATMでの借り入れや返済がスマホ1つで手続きが可能です!

さらに、アプリを入れている人限定のクーポンも利用できるので、プロミスを利用中の人もアプリをいれておくことをおすすめします!

アプリローンのデメリットは?

アプリローンにはメリットもありますが、下記のようなデメリットもあります。

  • 利用できるATMはセブン銀行ATMかローソン銀行ATMのみ
  • セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMでの借入・返済どちらも手数料がかかる

アプリローンの大きなデメリットは、ATMを利用する場合はセブン銀行ATMとローソン銀行ATMでしか借入・返済ができないことです。

そのため、近くにセブン銀行ATMかローソン銀行ATMがない場合は、振込キャッシングにするか、プロミスカードを利用して他の提携ATMに行く必要があります。

また、セブン銀行ATMやローソン銀行ATMでの借入・返済はどちらも手数料がかかるので、注意が必要です。

プロミスおすすめPOINT

arrow_rightWEB完結で即日融資可能
arrow_right実質年率17.8%
arrow_right女性専用のレディースコールも設置!
arrow_right初回借入翌日から30日間利息無料
(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)

プロミスの「WEB申込」「自動契約機」なら土日・祝日問わず21時まで審査受付!

アプリローンの審査は優しいわけではない

プロミスのアプリローンのCMを見る限りでは、誰でも気軽に利用できそうだと感じるかもしれません。

しかし、審査に通過できるのは、審査基準を満たしている人だけです。

利益を得るために貸金業を行っているプロミスですので、返済できる見込みがない人には融資を行ってくれません。

この記事で紹介した、審査に通過できない人の特徴をしっかりと確認した上で対策を立ててから申し込むとよいでしょう。

プロミスのアプリローンの審査で気を付けるポイント

さて、アプリローンの利用方法について紹介してきましたが、便利なアプリローンを使うためには審査に通過する必要があります。

審査で注意すべきポイントを紹介しますので、申し込み前にしっかりと確認しておきましょう。

審査基準

プロミスの審査基準は公表されていませんが、カードローンの審査で重要なことは、信用返済能力です。

まず、信用についてですが、簡単に言うと間違いなく返済してくれる人かどうかと言えるでしょう。

実は、クレジットカードや各種ローンの利用状況は、個人信用情報に詳しく登録されています。

頻繁に返済期日に遅れている人や、返済が滞っている人を信用しろと言っても難しいでしょう。

過去の金融商品をどのように使ってきたかで判断されるので、ふだんから返済期日に注意して利用しましょう。

次に返済能力ですが、単純に年収が高ければ返済能力も高いというわけではありません。

例えば、同じ年収でも独身の人と、結婚していて子供がいる人では支出が違います。

また、家賃の支払いや住宅ローンの支払いがあるかどうかでも自由に使えるお金は大きく異なるでしょう。

すぐに返済能力を高めることは難しいですが、年収が多ければいいわけではないことを覚えておきましょう。

在籍確認

在籍確認とは、申込時に申告した勤務先に電話をして、本当に勤務しているかを確認するための作業です。

仕事をしていなければ収入がないわけですので、貸したお金が返ってこない可能性が格段に高まります。

在籍確認はプロミスにとって、欠かすことのできない作業です。

しかし、在籍確認の電話で、職場の同僚に借金をしていることがバレたらどうしようと不安になる人も多いでしょう。

担当者が電話口でプロミスの名前を出すことはありませんが、どうしても不安なときは職場で言い訳を考えておくと安心です。

在籍確認言い訳

それでは、在籍確認の電話の後で、職場の同僚に何の電話だったのかなど疑われたときはどうしたらよいのでしょうか。

おすすめの言い訳は、クレジットカードを新しく作ったという言い訳です。

インターネットが普及し、ネットショッピングを利用する機会が多くなっています。

ネットで買い物をするときは、クレジットカードで決済するのが便利ですから、クレジットカードを新規で作っても不審に思われることはないでしょう。

「クレジットカードなんて持っているでしょ」と言われるかもしれませんが、利用する店舗によってお得なカードは変わります。

ポイントが溜まりやすいカードに変えたなどの言い訳をできるようにしておくと安心です。

プロミスのアプリローンの申し込み方法

審査に通過するために十分な対策をしたら、実際にプロミスに申し込みましょう。

アプリローンの新規申し込みからお金を借りて、返済するまでの流れを紹介します。

特に難しい操作はありませんので、落ち着いて対応しましょう。

申し込み方法

プロミスのアプリローンの申し込みは、まずはスマホにアプリをインストールするところから始まります。

プロミスのホームページにQRコードが貼ってありますのでそちらを読み取るか、スマホのアプリ検索で「プロミスアプリローン」と検索して探すという方法もあります。

スマホにアプリを入れたらアプリを立ち上げて「新規申し込み」をタップします。

「免許証・名刺を利用してお申込み」を利用すると、自動入力機能が使えるので簡単に入力できます。

申し込みが終わったらプロミスからメールが届きますので、メールをタップしてアプリを立ち上げ、必要書類をカメラで撮影したものを送信します。

必要書類

必要書類としては、本人確認書類として免許証やパスポート、健康保険証と住民票が必要になります。

また、借入希望額が50万円を超える場合や、他社からの借入とでの利用残高が合わせて100万円を超える場合に、直近2か月分の給料明細書などの収入証明書を提出しなければなりません。

書類の提出が終わると審査が開始されます。

無事に審査に通過すると、振込キャッシングがスマホATM(セブン銀行ATMまたはローソン銀行ATM)で借り入れが可能になります。

自宅にいながら24時間申し込み可能で、無人契約機へ行く必要もなく、郵送物が家に届くこともありません

申込時の注意点は、自動入力でも、申し込みフォームに入力した内容に間違いがないかをしっかり確認することです。

入力ミスのせいで虚偽申告と判断されてしまうと、即審査落ちとなります。

入力後は十分に確認しておきましょう。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要

プロミスアプリローンの借り入れ方法

申し込み方法が分かったところで、次は借り入れ方法の確認をしていきましょう!

プロミスのアプリローンは2つの借入方法に対応しているので、シーンに合わせて借入方法を選択するとよいでしょう。

振込融資

振込融資ならアプリ操作をすることで、指定した口座に入金してくれます。

また、クレジットカードの支払いや、公共料金の引き落としのためにお金を借りるのであれば、現金を口座から引き出す必要はありません。

振込融資は手数料がかかりませんので、振込融資を上手に利用しましょう。

スマホATM

スマホATMは、セブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMからカードレスで現金の借り入れと返済ができるサービスです。

セブン銀行のATMやローソン銀行ATMに表示されるQRコードをアプリで読み込み、スマホに表示されるワンタイム暗証番号や企業番号の入力操作を行って、入出金をします。

詳しい借り入れ方法については下記の記事も参考にしてみてください!

スマホATM以外の返済方法

プロミスは豊富な返済方法を用意しています。

返済日をうっかり忘れてしまいそうな人は口座振替がおすすめです。

その他には、24時間いつでも返済可能なインターネット返済や、手数料無料で返済できるプロミスATMやコンビニマルチメディア端末、店頭窓口での返済があります。

なお、返済期日は「5日」「15日」「25日」「末日」の4つから選ぶことができますので、給料日の直後を選ぶなど返済しやすい日を選ぶとよいでしょう。

しかし、口座振替の場合は返済期日を選べるのは、返済用口座を三井住友銀行かジャパンネット銀行に指定した場合のみです。

他の金融機関を選択した場合には返済日が5日に固定されるので注意してください。

最短で借りるためのアプリローンのタイムリミット

最短30分で審査結果が分かって、最短即日融資も可能なアプリローンですが、いつ申し込んでも即日融資ができるわけではありません。

申し込みをした時間によっては、翌営業日の融資になってしまいます。

申し込みをするときは時間にある程度の時間に余裕を持って手続きを行いましょう。

プロミスの申込みはこちら

アプリローンの審査にとおらない人とは

プロミスのアプリローンのCMで画面の端にも書いてありますが、ローンを利用するためには審査に通過しなければなりません。

ここでは審査に落ちてしまう人の特徴を紹介するので、自分が該当していないか確認してから申し込むようにしてください。

借りすぎている

消費者金融のプロミスは総量規制の対象となるため、利用者に年収の3分の1を超える金額を融資できません

既に他社からの借り入れが、もう少しで年収の3分の1を超えてしまうという場合には審査に落ちてしまうので注意してください。

また、金額だけでなく借り入れ件数の多さも重要になります。

何社から借りていたら絶対に審査にとおらないなどの明確な基準はありませんが、3社以上の借り入れがある場合にはプロミスへの返済能力を疑われ、審査に通過しにくくなるでしょう。

複数社からの借り入れがある場合には、1社だけでも完済してから申し込むことをおすすめします。

個人信用情報に問題がある

個人信用情報とは、金融機関の利用状況が登録されているものです。

ローンの借入残高だけでなく、返済日に遅れることなく返済を続けているかなども登録されています。

プロミスのアプリローンに新規申し込みしたときは個人信用情報を確認されるので、他社の返済を滞納しているなどの問題が見つかると、審査に通過できません。

自己破産や任意整理など、債務整理を行った場合にも最長10年間は、審査に通過できなくなるので注意してください。

なお、自分の個人信用情報は、日本に3つある信用情報機関に開示請求することで確認することができます。

審査で問題になるような情報が登録されていないか、確認してみるとよいでしょう。

もし間違った情報が登録されている場合には、金融機関に問い合わせをすることで訂正や削除をしてもらえます。

めったにあることではありませんが、間違った情報のせいで審査に落ちるのが嫌な人は開示請求してください。

噓の申告をした

バレないだろうと考えてプロミスへの申込時に虚偽申告をする人がいますが、噓は提出書類や個人信用情報の照会ですぐにバレてしまうので正直に申告してください。

例えば、年収を多く申告したり、有名な企業に勤務していたりすると、申告しても収入証明書の提出や勤務先に電話が来る在籍確認であっという間にバレてしまうのです。

金融機関からお金を借りることができるのは、返済能力があると判断されて、信用を得られた人だけです。

噓を吐くような信用ができない人にお金を貸しても、しっかり返してくれるとは判断されません。

噓の申告は絶対にやめましょう

短期間に複数申し込んだ

お金を借りられるならどこでもいいと考えて、短期間に何社にも申し込みを行う人がいるようです。

しかし、同時に複数社に申し込むなどの行為は、申し込みブラックと言われる状態になる可能性があるので避けるべきでしょう。

申し込みブラックは、全ての金融機関の審査に通過した場合に、返済不能になるリスクや総量規制の抵触、多重債務になる可能性が大きいと判断されて、審査に通過することが難しいです。

なお、新規申し込みをしたという情報が信用情報に登録されている期間は6か月です。

申し込みブラックにならないようにするためには、6か月以上の期間を空けてから次の申し込みを行うようにしてください。

プロミスの商品スペックとアプリローンの特徴

それでは最後にプロミスのアプリローンについてより詳しく解説していきます。

簡潔に表にまとめておきますので、参考にしてください。

アプリローンでできること

アプリローンでできることは下記のようなことです。

新規申し込み申し込みフォームに住所などを自動入力できる・必要書類もスマホで撮影して提出できる
スマホATMセブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMでカードなしの借入と返済ができる
原則24時間いつでも借り入れが可能
三井住友VISAプリペイドにチャージ振込キャッシングで三井住友VISAプリペイドカードにチャージ可能(別途申し込み必要)
クーポンの獲得アプリのクーポン画面を見せるだけでクーポンを利用可能(「アプリdeクーポン!」)

他にも、自宅への郵送物をなくせるので家族にバレにくいことや、android端末はアプリのログインに便利な生体認証が使えることが挙げられます。

商品スペック

プロミスの借入限度額や金利については下記のとおりです。

限度額最大500万円
金利年4.5%~17.8%
審査にかかる時間最短30分
申込時間Webから24時間365日

申込時間はWebやスマホアプリなら24時間可能ですが、審査は24時間行っていないので、夜間の申込時には注意が必要です。

アプリが使えないときは?

プロミスのアプリを、最新バージョンにアップデートしたときに、起動しないことや、ログインできないなどの問題が起きる場合があるようです。

アプリが使えなければ、返済や借り入れができず、非常に不便ですよね。

アプリが使えないときの対処法を解説します。

アプリのアンインストールやスマホを再起動する

アプリが使えないときは、一度アンインストールをしてから再びインストールをしてみましょう。

アプリの「詳細」から自分のスマホに対応しているか、確認することも大切です。

また、スマホの再起動を行い、再びアプリの起動を試すこともおすすめします。

プロミスに連絡する

アプリの不具合は、プロミスのサーバーに障害が起きている可能性もあるので、コールセンターに電話して相談しましょう。

急ぎのときは、電話で相談した方が早い場合もあります。

まとめ

プロミスにはカードの発行をせずに利用できる、セブン銀行またはローソン銀行のATMから借入や返済ができるアプリローンがあります。

とても魅力的な商品ですが、プロミスの審査は甘いわけではないので、審査の注意点を参考にしっかりと対策を立てることをおすすめします。

なお、審査は24時間申し込めますが、最短即日融資を受けるためにはタイムリミットがあります。

最短即日融資を希望する場合は、時間に余裕を持って申し込みましょう