プロミスのキャッシングの4つのメリットとは?即日融資を受けるコツも紹介!

キャッシングをする必要がでてきたとき、プロミスを真っ先に頭に思い浮かべる人もいますが、他社にもキャッシングはありますよね。

そこで気になるのが、「プロミスのキャッシングにはどんなメリットがあるのか?」ということです。

「他社との違いなんてあるの?どこも同じような感じなんじゃないの?」

いえいえ!そんなことはないんですよ!
プロミスには大きなメリットが4つあるんです!

ここでは、プロミスのメリットについて詳しく紹介するとともに、即日融資が受けられる時間や注意点などについて解説していきます。

これを読めば、プロミスが選ばれている理由がわかりますよ!

プロミス

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分

● 初回借入翌日から30日間利息無料(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)
● 365日24時間申し込み可能
※ 申込の曜日や時間帯によって、翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミスのキャッシングサービスの種類は?

プロミスで利用できるキャッシングサービスは、は主に次のものがあります。

  • フリーキャッシング
  • レディースキャッシング
  • おまとめローン
  • 自営者カードローン
  • 目的ローン

商品によってサービス内容や金利が異なりますので、自分の状況やニーズに合わせて選択することができます。

この中で最もメジャーに利用されているのが、フリーキャッシングです。

フリーキャッシングとは、審査によって定められた利用限度額の範囲内でいつでも出し入れ自由なカードローンです。

担保も保証人も不要で、申し込み方法も幅広く、最短即日融資が可能な、使いやすいカードローンと言えます。

「カードローンってことは、カードを発行しなきゃ使えないの?」

いえいえ、プロミスはカードレスでお金を借りることができるんですよ!

もちろんローンカードを発行することもできますが、カードレスを選ぶこともできます。

例えば指定の口座へ振り込んでもらったり(振込キャッシング)、専用のスマホアプリでコンビニATMから即日借入することが可能です。

銀行カードローンと比較して金利面では劣るものの、利便性ではプロミスに軍配が上がると言えます。

プロミスを利用する4つのメリット

プロミスのキャッシングを利用するメリットには、主に次の4つが挙げられます。

  1. 他社と比較すると上限金利が低い
  2. 無利息サービス
  3. プロミスポイントサービス
  4. 返済方法の選択肢が多い

ではそれぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

【メリットその1】他社と比較すると上限金利が低い

現在、消費者金融の上限金利は、18.0%になっているところがほとんどですが、プロミスの上限金利は17.8%で、ほかの消費者金融より0.2%金利が低いんです。

0.2%というとわずかな感じがしますが、金利は少しでも低い方が支払い利息を減らすことができます。

【メリットその2】無利息サービス

初めてプロミスと契約する人は「無利息期間サービス」を利用することができます。

無利息期間サービスとは、借り入れた翌日から30日間利息が0円となるサービスです。

無利息期間中であれば利息は掛かりませんので、30日以内に返済できる目途がある人にとっては、銀行カードローンよりもお得に借り入れをすることができます。

「でも、他の消費者金融でも無利息期間サービスはやってるよね?」

そうですね!無利息期間サービスは他の大手消費者金融でも行っているサービスです。

しかし他社とプロミスの大きく異なる点は、無利息期間がスタートするタイミングです。

他社の場合「契約日の翌日」からが無利息期間のスタートとなりますが、プロミスは借り入れを行った翌日から無利息期間が始まります。

もし、契約日と実際借り入れを行った日が異なるのであれば、プロミスの無利息期間サービスを利用した方が、余すことなく利息0円というメリットを受けることができるのです。

ただし、プロミスの無利息サービスを受けるためには、メールアドレスの登録とWeb明細の利用をする必要があるので気を付けてください。

【メリットその3】プロミスポイントサービス

プロミスのインターネット会員サービスを利用すれば、「プロミスポイントサービス」を受けることができます。

プロミスポイントサービスとは、会員サービスの利用に応じて所定のポイントが貯められるサービスのことをいいます。

貯まったポイントで、提携ATMの手数料が無料になったり、一定期間無利息になったりと、非常にうれしいサービスを受けることができます。

ポイントを貯めるために特別難しいことはありませんので、コツコツ貯めて賢くプロミスを利用してください。

【メリットその4】返済方法の選択肢が多い

プロミスの大きな特徴として、たくさんの返済方法から自分にあった返済方法を選択できるという点があります。

プロミスで選べる返済方法は下記の通りです。

  • インターネット
  • 口座振替
  • プロミスATMまたは提携ATM
  • コンビニのマルチメディア端末
  • スマホATM(アプリローン)
  • 銀行振込
  • 店舗

「この中でおすすめの返済方法ってどれ?」

うーん、そうですね・・・。

この中で、インターネット、口座振替、プロミスATM、コンビニマルチメディア端末、店舗での返済なら手数料がかからないのでお得ですよ!

特に、インターネットならいつでも手続きができますし、口座振替なら支払い忘れを防ぐことができます。

マルチメディア端末を使った返済は、ファミリーマートにあるファミポートを使って行えます。
(2020年3月31日の23:00にLoppi(ロッピー)のカードローンやキャッシングの返済サービスは終了しています。)

また、提携ATM、スマホATM、銀行振込による返済には手数料がかかりますので、お得に返済するためには他の方法を選んでください。

プロミス

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分

● 初回借入翌日から30日間利息無料(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)
● 365日24時間申し込み可能
※ 申込の曜日や時間帯によって、翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミスのキャッシング5つの申込み方法

プロミスのキャッシングに申し込む方法は自動契約機だけではありません。

色々選べるのは嬉しいですが、最短即日融資の可能性を高めるためには、申し込み方法にも気を付けなければなりません。

申し込み方法は5つ

プロミスの申し込み方法についてまとめましたので、参考にしてください。

◆Web
・24時間365日いつでも申し込みが可能
・スマホひとつで、いつでもどこでも申し込み可能
本人確認方法を、銀行口座の登録、アプリでの書類送信、郵送で書類提出の3つから選べる
過去にあった「カンタン入力」と「フル入力」は選択不可。
・審査後の契約方法は「Web」または「来店」から選択
①Web完結の場合
カードなしの「Web完結」を選択すれば、振込キャッシングでの即日融資も可能。
また、プロミスアプリを使ってセブン銀行もしくはローソン銀行のスマホATM取引を利用すればカードレスで借り入れ可能。
「カードあり」を選択すれば契約書、カードが簡易書留で送付。
振込キャッシングやATMでの借り入れが可能。
②自動契約機、店頭窓口に来店の場合
必要書類を持参の上、契約手続きに来店すれば、その場でカードが発行。
振込キャッシングやATMでの即日融資も可能。
◆電話
・プロミスコール
(0120-24-0365:全日9:00~22:00)
・レディースコール
(0120-86-2634:全日9:00~22:00)
・電話にてオペレーターが審査に必要な項目をヒアリング
・審査後の契約方法は「来店」または「郵送」を選択①自動契約機、店頭窓口に来店の場合
・必要書類を持参の上、契約手続きに来店すれば、その場でカードを発行
振込キャッシングやATMで最短即日借り入れが可能。②郵送
契約書類、カードが自宅に簡易書留にて郵送されるため、契約書の必要箇所を記入し必要書類と併せて返送。
プロミスで受領確認後、振込キャッシングやATMにて借り入れ可能。
◆郵送
  • 申込書をホームページの「お申込書請求フォーム」もしくは「プロミスコール」で請求
  • 記入した申込書と必要書類のコピーをプロミスに郵送
  • 審査後は契約書類とカードを自宅に簡易書留で郵送される
  • ATMや振込キャッシングで借り入れ可能
◆自動契約機
(全日9:00~22:00店舗により営業時間が異なる)
  • 必要書類を持参の上、自動契約機に来店し、タッチパネルの指示に従い申込み
  • 申込み内容に基づいて審査開始、審査中はカード利用についての説明動画を視聴
  • 審査回答後はその場で契約手続き、カード発行にすすむ
  • 振込キャッシングやATMでの即日融資も可能
◆お客様サービスプラザ(平日10:00~18:00)
  • 必要書類を持参の上お客様サービスプラザに来店、審査項目を店頭スタッフがヒアリング
  • 審査回答後スタッフからの商品内容やサービスの説明を受ける
  • 契約手続き、カード発行
  • 振込キャッシングやATMでの即日融資も可能

申込時に必要な書類

申し込みのときには「本人確認書類」が必要です。

また希望する借入額や他社の利用状況によっては「収入証明書類」も併せて提出しなければなりません。

「この書類も必要だったの?」と慌てないためにも、あらかじめ自分がどの書類を準備しなければならないのか確認してください。

①本人確認書類(いずれか1点)

本人確認書類 ※有効期限内のもの
本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

運転免許証やパスポートのような顔写真付きの公的証明書であれば、単体で本人確認書類として利用できます。

しかし、健康保険証のような顔写真が付いていない確認書類の場合は、住民票などの補完書類を併せて提出しなければなりません。

また、現住所と本人確認書類の住所が異なる場合は、現住所が記載された発行後6か月以内の書類で、以下のもののコピーを別途提出する必要があります。

  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

なお、外国籍の人は「在留カード」「特別永住者証明書」を併せて提出します。

②収入証明書

収入証明書
収入証明書

下記の条件に該当する人は収入証明書の提出が必要です。

  • 希望の借入額が50万円を超える
  • 希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える

収入証明書は以下のうち1点を準備してください。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2か月+1年分の賞与明細書)
    ※賞与がない場合直近2か月分の給与明細書のみで可
  • 税額通知書
  • 所得(課税)証明書
    ※「収入額」と「所得額」の記載があるもの

 

※いずれも最新のもの
※個人番号(マイナンバー)が記載された本人確認書類や収入証明書類を提出する場合、個人番号が見えないように加工して提出してください。

プロミスの審査通知が遅い場合は?

プロミスの審査時間は最短30分と言われていますが、飽くまでも最短であるため審査状況や混雑具合によっては当然それ以上に長引くこともあります。

そのため、申し込むときはある程度時間に余裕を持って手続きをすることをおすすめします。

「かなり待たされてるんだけど、あとどのくらいかかるのかな?どうしても急ぐんだけど!」

うんうん、今すぐにお金を借りたときには時間がかかっているとあせりますよね!

こういったときには、次に紹介する方法で打開できるかも知れませんので試してみてください。

プロミスに電話連絡しよう

まずできる対策としては、プロミスに電話連絡し審査状況を確認することです。

そしてオペレーターに急いでいる旨を伝えることで、審査を優先的にすすめてくれる可能性があります。

審査回答待ちの時間はどうしても、もやもやしてしまいますので、審査状況を確認するだけでも少しは安心できますよね。

他のカードローンも検討しよう

最短即日融資が可能な消費者金融はプロミスだけではありません。

アコムやレイクALSA、アイフルなどプロミス同等の大手消費者金融であれば、どこも急ぎの融資に対応しています。

もし、プロミスの審査時間が長引きそうな場合は他社のカードローンを検討するのもひとつの方法です。

ただし、信用情報や返済能力に少しでも不安がある場合は注意が必要です。

収入とバランスの取れない複数社への申し込みは申し込みブラックとなり、今後の借り入れがさらに難しくなる可能性があります。

プロミスで最短即日融資が可能な時間と注意点

プロミスで最短即日融資を可能にするためには、最短即日融資が可能な申込時間や注意点があります。

今から紹介するコツを知るだけで、即日融資の可能性がアップしますよ!

審査回答時間に気を付ける

最短即日融資を受けるために最も大切なのは審査回答時間を考慮することです。

Webからは24時間365日いつでも申し込み可能ですし、自動契約機も全日9時から22時まで受け付けてはいます。

しかし、実際の審査回答時間はそれよりもさらに短く設定されていますので、審査回答時間をまず念頭に入れておかなければ、Web完結や自動契約機での方法を選んでも最短即日融資は難しくなります。

つまり、深夜の23時にWeb申し込みをしても、審査回答は確実に翌日以降となってしまうということです。

最短即日融資が可能なタイムリミット

プロミスの最短即日融資のタイムリミットは、以下のように申込方法と申し込む時間によって異なります。

申込方法審査回答のタイムリミット
自動契約機閉店1時間前には申し込み完了する
WEB申し込み20:00までに申し込みを完了

なお、審査時間は人によって違いますし、在籍確認のことも忘れてはいけません。

在籍確認とは勤務先にプロミスのオペレーターが電話を掛け、申込者がその会社に在籍しているのか確認する作業です。

この在籍確認をクリアするためには、勤務先の電話応対時間内に審査を終わらせる必要があります。

「そうか!在籍確認ができる時間帯に審査が受けられるようにしないとね!」

そうなんです!

一般的に、終業時刻の夕方ごろからプロミスも混雑しますので、できれば余裕を持って午前中に申し込みを終わらせておくことが望ましいです。

「カードレスで振込キャッシングしたいときは、タイムリミットは違ってくるの?」

うんうん、それも知っておかなくてはならないですね!

振込の場合には銀行の営業時間も関係するため、最短即日融資を希望する場合は、平日の14時50分までに契約を完了させ振り込んでもらう必要があります。

しかし振込先の金融機関によっては、24時間365日最短10秒で振込キャッシング可能な「瞬フリ」に対応しているところもありますので、プロミスのホームページから「金融機関別振込実施時間検索」をしてみてください。

◆プロミス公式サイト│「金融機関別振込時間検索」

土日の場合は在籍確認が取れるかがポイント

プロミスは土日祝日でも在籍確認が必要です。

在籍確認が取れ審査に通ることができれば、土日祝日でも最短即日融資は可能になります。

「でも、土日祝日は会社が休みだから、在籍確認ができないんだけど・・・。」

うんうん、そういう会社が多いですよね!

だれか1人でも休日出勤をしていれば在籍確認が取れるかも知れませんが、そもそも休業日は外線電話がつながらないことも考えられますしね。

勤務先が休みでも、どうしても最短即日融資が必要な場合は、プロミスコールに連絡しオペレーターに相談することをおすすめします。

プロミスを手数料無料で利用できる?

プロミスの借り入れ方法は振込キャッシングATMでの借り入れです。

お客様サービスプラザでの借り入れもできますが、店舗数も少ないため利用できる人は限られます。

振込キャッシングの場合は、手数料無料で自分の口座に振り込んでもらうことができますし、プロミスか三井住友銀行ATMを利用した場合は、手数料無料で現金を引き出せます。

しかし提携コンビニATMや提携金融機関ATM(三井住友銀行を除く)、スマホATMを利用した場合、以下の通り手数料が掛かります

取引額借入時返済時
1万円以下110円110円
1万円超110円220円

ふだんコンビニATMを利用する人にとっては手数料が当たり前という感覚かも知れませんが、借り入れして生活をしている以上、少しでも節約できるように心がけてください。

手数料無料で借り入れする方法

手数料が掛からない借り入れ方法は次の通りです。

  • 振込キャッシング(瞬フリ)
  • プロミスATM(全日7:00~24:00 ATMにより営業時間・休日が異なる)
  • 三井住友銀行ATM(店舗により異なる)
  • お客様サービスプラザ(平日10:00~18:00)
  • プロミスポイントサービスを利用する

口座に直接振り込んでほしい場合は振込キャッシングを、現金が手元に必要な場合は手数料無料のATMの利用が便利です。

もしプロミスATMの場所がわからないという人は、プロミスのホームページで最寄りのプロミスATMを検索してください。

プロミスのスマホアプリならカードレスキャッシングも可能

Web完結申し込みをした場合、カードの郵送受け取りの有無が選べます。

また、プロミスアプリを使ってスマホATM取引を利用すれば、カードレスでキャッシングができます。

スマホATM取引はセブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMでのみ利用可能です。

ここでは、セブン銀行ATMでスマホATM取引を利用する手順を紹介しておきますので参考にしてみてください。

  1. プロミスのアプリにログイン
  2. 「スマホATM取引」をクリック
  3. セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」を押下
  4. QRコードがATMの取引画面に表示される
  5. 「入金」をクリック
  6. ④で表示されたQRコードを読み取る
  7. 「企業番号」「ワンタイム暗証番号」が表示
  8. セブン銀行ATMの取引画面に⑦で表示された番号をそれぞれ入力
  9. 取引金額を入力し、後はATMの手順に沿って手続きをすすめる

手数料は必要になりますが、カードがなくてもアプリだけでキャッシングが可能となります。

「最初『カード発行なし』にしたんだけど、やっぱり発行してもらうことってできる?」

はい!もちろんできますよ!

後からいつでも自動契約機などで手数料無料でカードを発行できますので、必要な場合は手続きをしてみてください。

まとめ

プロミスは申し込み方法によって、借り入れまでに掛かる時間や借り入れ方法が異なります。

自分が最短即日融資を希望するかどうか、来店が良いのかWebで完結させたいのか、希望に応じて選択してください。

また、無事に審査に通りキャッシングができれば、今度は無理のない返済計画を立てることが大切です。

便利なプロミスのサービスを賢く活用しつつ上手に付き合っていきましょう。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要