プロミスを口座振替(口フリ)で返済するメリットは?引き落とし時間も紹介

プロミスが提供するカードローンの返済方法は幾つかありますが、中でも口座振替(口フリ)は手数料無料で返済できます。

プロミスへの返済にコンビニなどの提携ATMを使う場合、返済のたびに手数料が数百円程度かかるので、合計すると意外と大きな金額になります。

しかし口座振替で返済するためには、あらかじめプロミスに申し込みをしなければなりません。

今回は、プロミスに口座振替で返済する方法や、申し込み方法について見ていきましょう。

プロミスおすすめPOINT

arrow_rightWEB完結で即日融資可能
arrow_right実質年率17.8%
arrow_right女性専用のレディースコールも設置!
arrow_right初回借入翌日から30日間利息無料
(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)

プロミスの「WEB申込」「自動契約機」なら土日・祝日問わず21時まで審査受付!

プロミスの返済を口座振替(口フリ)でするメリットは?

プロミスへの返済方法は幾つかありますが、中でも今回は口座振替(口フリ)について紹介していきます。

口座振替で返済するメリットはなにか、詳しく見ていきましょう。

口座振替は手数料がかからない

プロミスに返済するときに口座振替を選ぶメリットの1つとして、まず返済に手数料がかからないということがあります。

コンビニなど提携ATMからも返済できますが、コンビニATMの場合は返済時に毎回数百円程度手数料がかかってしまいます。

ただでさえ利息の高いプロミスなので、できれば返済以外で支払うお金は抑えたいですよね。

特に借入時もコンビニATMをよく利用するという人は、借入時も返済時も手数料がかかることになります。

できれば、返済時は手数料がかからない口座振替などの返済方法を選択することをおすすめします。

自分でATMなどに返済に行く必要がない

コンビニなど提携ATMでの返済をする場合、自分で返済日を確認して毎月忘れずにATMで返済を行う必要があります。

しかし、口座振替であれば返済日を忘れていても自動で返済が行われます。

ついうっかり」といったときにも確実に返済ができるので、返済日を忘れがちな人や自分で毎月ATMに行くのが面倒だという人にもおすすめですよ。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要

プロミスの返済を口座振替(口フリ)にする手順

プロミスの返済を口座振替(口フリ)にするためには必ず事前に登録をしておく必要があります。

口フリで返済をする方法について確認しておきましょう。

口フリはプロミスに登録が必要

プロミスで口フリを利用して返済するためには、自分で申し込みをする必要があります。

返済方法が、勝手に口座振替に設定されるわけではありませんので、注意しましょう。

また、プロミスの振込キャッシングに登録した口座に、口フリが勝手に設定されるわけではありません。

WEB完結契約のときに振込キャッシングで指定した銀行口座に、直接お金が融資されるため、返済用の口座登録も完了していると思いがちです。

しかし、振込キャッシングで指定した口座は、飽くまで借入時の口座であって返済の口座ではありません。

同じ口座を使って借り入れや返済を行うとしても、口座振替で返済するために別に登録をする必要があることを忘れないようにしましょう。

プロミスの返済を口座振替にする手順

口座振替(口フリ)を利用するためには、プロミスに金融機関の口座を登録しなければなりません。

登録方法はプロミスの会員ページからする方法と、郵送による方法があります。

まずは、プロミスの会員ページで登録する方法について確認しておきましょう。

①プロミスの会員ページにログインする
②「お借り入れ・返済のお手続き」タブより「口フリ(口座振替)のお手続き」を選択
③利用する金融機関を選択
④指定した金融機関にログイン後、口座振替の申し込みをする。申し込み完了画面が出れば手続き完了

申し込みのタイミングによっては、次回返済日に間に合わず、引き落としにならないことがあります。

完了画面に引き落とし開始日が表示されるので、しっかりチェックしておきましょうね。

もし会員ページ経由の申し込みで希望する金融機関がない場合は郵送での登録が便利です。

郵送で登録する場合は、プロミスから「預金口座振替依頼書」を取り寄せ、記入して郵送しましょう。

郵送の場合、プロミスに依頼書が届いてからの口座振替の手続きになるため、反映に時間がかかります。

それまでは従来の返済方法になるため、注意が必要です。

プロミスで口座振替(口フリ)を利用するときの3つの注意点

口座振替は返済し忘れの少ない方法ですが、幾つか注意点があります。

ここでは口フリをうまく利用するために、押さえておきたい5つのポイントをまとめました。

1.返済日は選べないことがある

口フリは引落日が細かく決められているため、指定した銀行によっては自分の都合のよい日に返済日が選べないことがあります。

金融機関ごとの引落日は以下のとおりです。

  • 三井住友銀行/ジャパンネット銀行…毎月 5日/15日/25日/末日のいずれか選択できる。
  • その他の機関…毎月5日

三井住友銀行ジャパンネット銀行であれば、引落日を選べますが、その他の金融機関では返済日が毎月5日と決まっています。

給料日後すぐといった自分の都合のいい日に合わせたい場合は、三井住友銀行かジャパンネット銀行以外の金融機関では不便な思いをする可能性があります。

2.借入残高への反映に時間がかかる金融機関がある

口座振替で返済した場合、三井住友銀行やジャパンネット銀行は、当日中に借入残高に反映されます。

しかしそれ以外の金融機関では返済額の借入残高への反映が3営業日後になってしまうのです。

プロミスのカードローンは、利用限度額内であれば返した分だけ枠が広がり、借りられるシステムです。

そのため借入可能額への反映に時間がかかると、実際は返済しているにも関わらず、システム上では返済されていない状態になります。

そのため、借入限度額ギリギリでプロミスを利用すると、借りたいときに、限度額が足りない恐れがあるでしょう。

返済額をすぐに反映させたい場合は、三井住友銀行やジャパンネット銀行でプロミス専用の口座をもつのもいいですね。

3.口座振替返済に遅れるときは連絡しよう

プロミス利用中に、どうしても口座にお金が用意できないときもあるかもしれません。

特に三井住友銀行やジャパンネット銀行以外の金融機関は、口座振替の引落日が毎月5日のみなので、給料を受け取るタイミングもあるでしょう。

返済できないときは、返済額が用意できないとわかった時点で、遅れる旨をプロミスに返済日前に連絡しておきましょう。

そのときに、返済に口座振替を選んでいることと、いつなら確実に返済できるか、具体的な日にちを伝えなくてはいけません。

口座振替の引落日に間に合わなくても、後日別の方法で返済することを提案してくれる可能性があります。

返済に遅れる連絡をしないと、プロミスから督促の連絡を受けてしまうかもしれません。

ただし前もって返済日遅延の連絡をしても、遅延となり遅延損害金が発生するので注意しましょう。

プロミスの返済を口フリにしている人が任意返済や一括返済をする方法

口座振替(口フリ)での返済は、毎月決められた約定返済額のみが引き落としされます。

そのため、それ以上の金額を返済したい場合は、口座振替以外の方法で返済する必要があります。

プロミスで口座振替による返済を設定していても、ATMやWEBからの振り込みや返済口座への入金で繰り上げ返済も可能です。

毎月の返済額以上に返済する「繰り上げ返済」をしたい場合でも、プロミスへの事前連絡は特に必要ないので、提携ATMやWEBを利用して、余裕のあるときは積極的に繰り上げ返済をするようにしましょう!

ただしプロミスに一括返済を行うときは注意が必要です。

なぜならば、完済金額は利息の関係で、日々増えていきます。

そのため、一括返済は事前に返済額の確認をしなければなりません。

主な完済金額の確認方法は以下のとおりです。

  • 会員ページで確認
  • プロミスコールで教えてもらう

2とおりありますが、おすすめはWEBで一括返済をする方法です。

会員ページで一括返済をする場合は以下のとおりです

①プロミス会員ページにログインする
②「インターネット返済のお手続き」をクリック
③残高を確認し、一括返済額を入力
④登録している指定口座経由で、振り込みを実行する。

会員ページを使った一括返済であれば、返済額の確認と返済の作業が一回でできるため手間がかかりません。

またプロミスコールで確認後、ATMから一括返済する場合は振込金額の上限(10万円)にひっかかって返済できない可能性があります。

金額が多い場合ほど、WEBを使って返済するほうが手数料もかからず便利です。

口座振替からほかの返済方法に変更する方法

プロミスの返済を口座振替にしていたけれど、ほかの返済方法に変えたいという人もいるのではないでしょうか。

そんなときでも、プロミスでは好きな返済方法に変更可能です。

プロミスで口座振替以外の返済方法は下記のようなものがあります。

返済方法手数料
インターネット無料
プロミスATM無料
プロミス店頭窓口無料
三井住友銀行ATM無料
提携ATM(コンビニ、銀行など)・取引金額1万円未満:110円
・取引金額1万円以上:220円★三井住友銀行ATMのみ手数料無料
コンビニマルチメディア端末無料(返済しかできない)
銀行振込振込手数料がかかる

コンビニなどの提携ATMや銀行振込による返済は手数料がかかるので、できるだけ手数料がかからない返済方法を選択するようにしましょう。

マルチメディア端末は、ローソンかミニストップ設置のLoopi(ロッピー)か、ファミリーマートにあるファミポートが利用できます。

ただし、2020年3月31日の23:00にLoppi(ロッピー)のカードローンやキャッシングの返済サービスが終了するので、気を付けてください。

実際にプロミスの返済方法を変更するには、以下の方法があります。

  • 会員ページより手続き
  • プロミスコールへ連絡
  • 店舗で変更してもらう

具体的な方法についてプロミスの公式ホームページに案内がなかったため、プロミスに問い合わせを行いました。

プロミスの回答は下記のようなものでした。

会員ページからの返済方法の変更手続きは口座によってはできない可能性もあるので、プロミスコール(0120-24-0365)に連絡するのが確実です。

このことから、手間を省くためにも、プロミスコールに一度連絡をしてみるのがよいでしょう。

まとめ

プロミスでは様々な返済方法が用意されています。

中でも、口座振替は手数料も手間もかからない方法です。

ただし利用するためには、前もってプロミスへ登録が必要なのでご注意ください。

また、指定した口座によっては返済額が借入可能額に反映されるまで、タイムラグがあるので、三井住友銀行かジャパンネット銀行を用意するのがおすすめです。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要