プロミスで延滞しそうなときの対処法は?延滞した場合のペナルティを紹介

この記事を読んでいるということは、プロミスの返済を延滞しそうなときの対処法を知りたいのだと思います。

または、延滞した場合にどのようなペナルティがあるのか心配しているのかも知れませんね。

「返済日をすっかり忘れていた」「急な支出で返済ができない」など、プロミスを利用している人の中には、延滞につながる悩みを抱えている人もいるでしょう。

返済に充てるお金がなくて本当に困っている人は、対処法をとらなければなりませんし、単なるうっかり忘れの人も、何度も繰り返してしまうと取り返しの付かないことになってしまいます。

「返済できないとどんなペナルティがあるの?」

うんうん、そこ心配ですよね!

実は延滞すると遅延損害金が発生するだけでなく、個人信用情報にも悪影響があるため、今後のライフプランが大きく崩れる可能性があります。

ここでは、返済がどうしても難しい人や、返済日をつい忘れてしまう人、それぞれの対処法を説明していきます。

プロミスで延滞するとどんなリスクがある?

プロミスの返済を延滞した場合、遅延損害金が発生します。

このことに関してはプロミスのホームページにもしっかりと記載されていますので、知っている人も多いと思います。

しかし、プロミスで延滞した場合のペナルティは遅延損害金だけではなく、住宅ローンやカーローンの審査に影響し、これからの人生設計が大きく崩れる恐れがあります。

「そうなんだ!高額なローンに影響が出ちゃうのは困るよね!」

そうですよね!
自分が困るだけでなく、家族にも心配や迷惑を掛けることになるかも知れませんので、しっかりリスクを把握して対処しましょう。

延滞すると遅延損害金が発生する

プロミスで返済を延滞した場合のリスクのひとつ目は、遅延損害金が発生することです。

プロミスの遅延損害金は20.0%です。

遅延損害金は1日でも返済が遅れたら発生するため、うっかり忘れには十分注意してください。

遅延損害金は、約定返済額に上乗せしてプロミスに支払わなくてはいけません。

遅延損害金の計算方法は次の算式で求めます。

「借入残高×0.2(遅延損害利率)÷365×延滞日数」

例えば借入残高50万円で、30日間返済が滞った場合であれば次のようになります。

50万円×0.2÷365×30=8,219円

この金額が大きいかどうかは個人の状況や考え方によりますが、借入残高が大きいほど、また延滞日数が増えれば増えるほど、間違いなく大きな負担となります。

返済に間に合えば、そもそも支払わなくてもよかったのが、この遅延損害金です。

遅延損害金は、借り入れをしながら生活をしている人にとっては楽観視できません。

うっかり返済を忘れていた人は今すぐ返済し、返済資金がどうしても捻出できない人は一刻も早くプロミスに相談してください。

個人信用情報に延滞情報が登録される

プロミスで延滞した場合のリスクとしてふたつ目に挙げられるのは、個人信用情報に延滞情報が登録されることです。

最も避けたいことが、61日以上の長期延滞です。

個人信用情報に「異動」、つまりブラックリストと判断される、金融事故として記載されます。

「異動」という金融事故の記録は、個人信用情報から5年~10年に渡って消えることはありません。

今後プロミスを利用できなくなるというレベルではなく、他社での借り入れやスマホの、分割払い、クレジットカードの更新が難しくなるなど、信用取引に関すること全てに大きな影響を及ぼすのです。

しかし、うっかり返済を忘れてしまうことは誰にでも起こる可能性があります。

返済日に入金が確認できなければ、プロミスから督促の電話がきます。

この時点ですぐに謝罪のうえ入金すれば、1回目の数日の遅延で個人信用情報に記載される心配はほとんどないでしょう。

しかし「数日程度の軽い延滞なら何回か起こしても大丈夫」ということでは決してありません。

繰り返しの延滞もプロミスに返済能力を疑われ、今後の増額申請が通りにくくなったり、プロミスカードが利用停止になったりするだけでなく、個人信用情報に記載される可能性も非常に高いのです。

また、長期延滞を起こして返済に応じないと、電話や書面での督促、一括請求、代位弁済と段階を経て最終的に裁判を起こされることもあります。

借り入れの返済の遅延は、もはや自分のことだけではありません。

家族がいる場合、住宅ローンやマイカーローンが組めない、教育ローンが組めず子供の教育資金が捻出できないなど、家族全体のライフプランに多大な影響を及ぼします。

返済の延滞を甘くみてはいけません。

「借りたからには毎月滞りなく返済する」ということを常に念頭に置いて、返済を第一に考えて利用すべきなのです。

職場や家族に借り入れがバレる可能性がある

プロミスに延滞したときのリスクの3つ目は、職場や家族に借金をしていることがバレる可能性があることです。

返済を延滞した場合、早ければ返済日の次の日にはプロミスから、携帯電話に督促の電話が来ます。

きちんと対応すればいいのですが、何度も掛かってくる督促の電話を無視して、折り返さなかった場合、今度は自宅や職場にプロミスから電話が掛かってくる可能性があります。

自宅に督促状がプロミスから郵送されるため、家族が開けてしまうと、ほぼ間違いなく借金をしていることがバレてしまいます。

周りに借り入れが知られにくい「Web完結」で申し込み、家族にバレないようにコソコソと利用していても、プロミスの督促電話から逃げることで、家族にあっけなくバレてしまいます。

プロミスのからの督促は、決して威圧的なものではありません。

電話にしっかり応対するか、出られない場合はすぐに折り返すようにしてください。

延滞し続けると場合によっては強制解約される

プロミスを延滞するリスクとして最後に挙げられるのが、強制解約です。

プロミスへの返済が滞ると、返済できるまでプロミスカードの利用が停止となります。

プロミスは明言していませんが、2、3日程度の延滞を1回や2回しただけであれば、返済後再度プロミスカードが使えるようになるかもしれません。

しかし、61日以上の長期延滞や何度も軽い延滞を繰り返す場合は、カードの利用が完全に止められ、強制解約になる可能性があります。

強制解約になると今後プロミスの利用はできませんし、個人信用情報にも悪影響を及ぼします。

また、強制解約後は一括での返済請求が来るため、ますます悪循環に陥ります。

毎月の返済が厳しくて延滞したのに、一括返済を行うのはまず不可能ではないでしょうか。

返済を延滞する前に、プロミスにしっかり相談しましょう。

返済に困ったときはすぐプロミスに相談することが大事

返済に困ったときは、なるべく早くプロミスに相談してください。

返済日が来るよりも前に、返済額を用意するのが難しいと分かった時点で連絡することが大切です。

プロミスに相談するときのポイントとしては「いつ支払えるか」をしっかり伝えることです。

支払える日をあらかじめ伝えておくことで、プロミスからの督促を防げますし、返済日を延ばすことができます。

返済日の延長後は、その期日までに必ず返済してください。

「もし、それでも返済できない場合はどうなるの?」

うんうん、そういうことも考えられますよね!

返済の見込みがない場合は、プロミスのオペレーターに正直にその旨を伝え相談しましょう。

一時的な対処にはなりますが、その月は返済額を利息分だけにしてくれる可能性があります。

その場合、利息を支払えば遅延損害金も発生しませんし、個人信用情報にも影響しません。

次の返済日までに、しっかりと家計を立て直すことに専念しましょう。

返済計画の相談をしてみる

この機会にプロミスに返済計画の相談をしてみるのもよいかも知れません。

プロミスのオペレーター対応時間は次の通りです。

プロミスコール:0120-24-0365(平日9:00~18:00)
プロミスレディースコール:0120-86-2634(平日9:00~18:00)

プロミスの利用は「信用取引」と言い、その名の通り信用のうえに成り立っているのです。

プロミスはあなたを信用してお金を貸していますので、その信用を失わないように細心の注意を払うようにしてください。

延滞とならないための対策法を紹介

プロミスを延滞しないための対策として次の3つが挙げられます。

1.「返済日お知らせメール」を利用しよう
2.返済シミュレーションを使って返済計画を立てよう
3.返済が難しいときは専門家に相談しよう

もし、毎月の返済が苦しい、返済日を忘れてしまうなんてことがよくある場合、ちょっとした対策で改善できるかも知れません。

プロミスもそのような悩みに対応できるサービスが充実しているので、利用しながら確実な返済を心がけましょう。

1.「返済日お知らせメール」を利用しよう

返済日をついつい忘れてしまうときはプロミスの「返済日お知らせメール」を利用しましょう。

これはパソコンやスマホに届くメールで、返済日を事前に知らせてくれるサービスです。

「これならうっかり返済日を忘れずに済むね!」

そうですね!
しかも、メールの配信日は自分で自由に設定できるので、返済日の2、3日前など余裕を持って設定することをおすすめします。

返済日お知らせメールの設定方法は以下の通りです。

  1. 会員サービスにログイン
    カード番号とカード暗証番号、もしくはWeb-IDとパスワードでログインできます。
  2. 配信日お知らせメールの配信設定ボタンをクリック
    カード番号とカード暗証番号、もしくはWeb-IDとパスワードでログインできます。
    会員サービス各種お申込みからすすんでいきます。
  3. 配信希望日と配信希望時間帯を入力
    設定したタイミングで、プロミスから返済日お知らせメールが配信されます。

※2008年8月18日以降2011年9月25日以前に契約した人以外は、返済日の7日前から前日までの希望日を指定できます。

プロミスの返済方法を口座振替にしていても、返済日に残高がなければ引き落としがされず、返済できません。

どの返済方法であっても、返済日お知らせメールを活用するようにしましょう。

2.返済シミュレーションを使って返済計画を立てよう

プロミスに申し込む前に利用した人も多いかも知れませんが、再度返済シミュレーションを使って毎月の返済額を見直しましょう。

どうしても毎月の返済が滞ってしまう場合は、現在の収支と返済額のバランスが合ってないのかも知れません。

毎月約定返済額を返済している人は難しいかも知れませんが、それ以上の金額を繰り上げ返済している人は、一時的に繰り上げ返済をやめることで負担を抑えられる可能性があります。

是非返済シミュレーションで確認してみましょう。

ただし、毎月の任意返済額を抑えるとそれだけ完済まで時間が掛かり、利息を多く支払うことになります。

余裕が出たら繰り上げ返済も取り入れつつ、計画性を持って返済を行いましょう

また、ひとりで返済計画を立てるのが難しい場合はプロミスコールに電話して、オペレーターに相談してみましょう。

プロミスのオペレーターに返済について相談することで、自分では思いつかなかった提案をしてくれるかも知れません。

3.返済が難しいときは専門家に相談しよう

どうしても返済が難しいときはひとりで悩まず、弁護士や司法書士などの専門家に相談することを検討してください。

一度家計が困窮してしまうと、自分ひとりの力で立て直すことは非常に困難です。

「でも、弁護士や司法書士に相談するのはちょっと勇気がいるよ・・・。」

うんうん、そうですよね!
ちょっとちゅうちょしてしまいますよね!

でも、返済に困って専門家に相談する人は案外多いのです。

ひとりで抱え込まず、プロの力を借りましょう。

自治体の中には、役所に弁護士や司法書士を招いて無料相談会を実施しているところもありますし、他にも国民生活センターなど借金の相談窓口は数多くあります。

一番してはいけないことは、返済できない対処をせず、ただ月日が流れてさらに経済や精神面で苦しくなってしまうことです。

プロミスは違法な取り立てはしない

ドラマや映画の影響で、借金の取り立てには非常に怖いイメージが付いている人も多いのではないでしょうか。

昼夜問わず電話が掛かって来たり、家や職場に押しかけてどう喝したりという取り立ては、恐怖でしかありません。

「たしかに!テレビとかではそういうシーンがよく流れてるよね!実際はどうなんだろ?」

うんうん、気になりますよね!

でも大丈夫ですよ!プロミスは、恐喝まがいの違法な取り立ては一切行っていません

貸金業者の取り立てを規制する法律に貸金業法21条があります。

この法律に基づき、プロミスはむちゃな取り立てをした場合、行政処分や刑事罰を受けることになるため、常識を逸脱した取り立てはできないのです。

そのため、入金に遅れた場合のプロミスからの督促の電話も、決して高圧的ではなく「入金が確認できておりません」という程度です。

もし、プロミスから連絡が来た場合は、怖がらずにすぐに対応してください。

まとめ

何らかの事情でプロミスへの返済が難しくなったとしても、返済を延滞し放置することはリスクしかありません。

少しでも返済で困ったことが起きた場合は、プロミスを始めしかるべき機関に相談しましょう。

また、ついつい返済を忘れてしまう人は、プロミス会員サービスのお知らせメールを利用するなど、自分なりの返済日ルールを決めることが大切です。

「返済金額を用意したのにうっかり返済を忘れる。」という非常にもったいない行為はしないように心がけたいですね。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要