「プロミスで借りたらヤバい?」を大検証!元金融機関職員の緊急座談会!

この記事を見ている人の中には、「プロミス やばい」で検索した人がいると思います。

この「やばい」には人それぞれの違いがあり、主に次の3つが挙げられるでしょう。

今回は『「今、借金をしている」、「来月から仕事がなくなる」などの理由で、自分がプロミスを利用しても大丈夫なんだろうか・・・』に絞って、これからプロミスでお金を借りようとしているけど、「今後の人生ヤバいことにならないか?」と心配している人に向けて話をします。

『プロミスを利用したいんだけど、安心して借りることができるんだろうか・・・』については、「プロミス、やばい?口コミに勝る顧客満足度調査1位が証明」の記事を参考にしてください。

また、『過払い金をプロミスに請求したいんだけど、プロミスの経営状態は大丈夫なんだろうか?過払い金を返してくれるんだろうか?』については、「プロミスに過払い金請求したら経営やばくならない?倒産しないのか検証」の記事を参考にしてください。

話は変わりますが、「お金を借りる」ということは一大決心なのに、プロミスといった消費者金融から借りることに不安を感じるかも知れませんね。

「急に仕事を辞めることになっちゃって・・・。どうしてもお金が足りないんだよ!」

うんうん、仕事を辞めたら生活費を確保するのも難しいですよね!

貯金があればいいけれど、残念ながら余裕がないということもありますし、貯金は崩したくないと考えるかも知れませんしね。

そんなときにふと頭をよぎるのが「プロミスから借りてみるか・・・。」という考えです。

「でも、借りた後にヤバいことにならないか心配なんだよね・・・。」

そうですね、返済していけるのか不安を感じてしまう気持ち、よくわかりますよ!

でも、ひとつひとつ問題をクリアにしていけば、それほどヤバいことにはならないことが分かると思うんです。

そこで、金融機関勤務経験のある当サイトスタッフ3人で、「プロミスで借りるのはヤバいのか?」について徹底討論してみましたので、ぜひ参考にしてください!

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要

プロミスから借りるのは必要最小限にとどめる

プロミスに限った話ではありませんが、金融機関からお金を借りる場合は、必要最小限の金額にとどめるというのが鉄則です。

「でもさ、必要最小限の金額って、どうやって決めればいいの?」

うんうん、言葉で言うのは簡単でも、計算するのはちょっと難しい気もしますよね!

プロミスからお金を借りるにしても、ただやみくもに「このくらい借りておけばいいだろう」と適当に借りてしまうと、返済に困り「ヤバい!」状態になることも考えられます。

そこでです!
ここでは、モデルケースを用いて「プロミスから借り入れるときの適切な金額」を導き出してみたいと思います。

しっかり計算して計画をたてれば「ヤバい状況」にはならずに済みますよ。

「プロミスから借りるのはヤバい」のか検証してみる

では、モデルケースとして相談者Aさんに登場してもらいます。

【相談者A】
どうも。都内で一人暮らしをしている20代後半の男性です。
ちょっと色々あって、急に仕事を辞めることになったんですけど、生活費が足りないんです。
来月から転職先は見つかってるので、とりあえず1か月分の生活費をプロミスから借りようと思ってます。
でも、返済とか考えると不安で・・・。
っていうか、1か月の生活費もどのくらいかかってるのか知らないんです。
そのあたりと、プロミスからの具体的な借入額と返済例を知りたいんですけど、どうでしょうかね。

なるほど。Aさんは、仕事を辞めることになってしまったんですね。

けれど、来月から再就職先が決まっているので、さしあたりそれまでの生活費を借りたいということですね。

また、1か月にかかる生活費がまずどのくらいなのかを知りたいということなので、必要な費用を洗い出してみる必要がありますね。

その後いくら借り入れればいいのかがわかりますので、具体的な返済例をシミュレーションすることになります。

検証手順

Aさんが借り入れに必要な金額を、次のような手順で検証していきます。

  1. 1か月あたりの生活費の平均額を調べる
  2. 節約できる項目がないか検討する
  3. プロミスから借り入れる金額を検討する
  4. 毎月の返済額を検討する

STEP1.1か月あたりの生活費の平均額を調べる

まずは、1か月生活するのに必要な費用を洗い出します。

と言っても、必要な費用はそれぞれ違ってくると思いますので、「家計調査報告」の結果をもとに考えていきます。

「家計調査報告(家計収支編)平成28年(2016年)Ⅲ総世帯及び単身世帯の家計収支」によると、20代単身者世帯の生活費の全国平均額は150,625円となっています。

詳しい内訳は次の通りです。

◇ 家計調査報告(家計収支編)平成28年(2016年)Ⅲ総世帯及び単身世帯の家計収支

項目月平均額構成比
消費支出150,625円100.0%
食料39,580円26.3%
住居30,737円20.4%
光熱・水道7,015円4.7%
家具・家事用品3,568円2.4%
被服及び履物7,604円5.0%
保健医療3,771円2.5%
交通・通信21,129円14.0%
教養娯楽20,016円13.3%
その他の消費支出17,205円11.4%
交際費7,618円5.1%
仕送り金191円0.1%

※平均年齢26.6歳

しかし、この結果は全国平均なので、都内で暮らしている場合は、住居費を都内の相場に変更する必要がありますね。

全国平均では、30,737円ですが、ここでは60,000円として計算していきます。

すると、支出は次のようになります。

項目月平均額
食料39,580円
住居60,000円
光熱・水道7,015円
家具・家事用品3,568円
被服及び履物7,604円
保健医療3,771円
交通・通信21,129円
教養娯楽20,016円
その他の消費支出17,205円
交際費7,618円
仕送り金191円
支出合計187,697円

したがって、都内で一人暮らしの場合、1か月の生活費はおよそ19万円必要ということが分かります。

STEP2.節約できる項目がないか検討する

19万円必要とはいえ、それは節約をせずに普通通りに生活をした場合です。

お金を借りるのですから、必要最小限の金額にするためにも、節約は欠かせませんよね。

そこで、それぞれの項目で、いくらなら節約できるのかを検討していきます。

①食料を10,000円節約 →→→→→→→→29,580円

②家具・家事用品を2,000円節約 →→→→1,568円

③被服及び履物を4,000円節約 →→→→→3,604円

④交通・通信費を10,000円節約 →→→→11,129円

⑤教育娯楽を12,000円節約 →→→→→→→8,016円

⑥その他の消費支出を10,000円節約→→→7,205円

⑦仕送り金191円→→→→→→→→→→→→→→0円

7つの項目を節約すると、46,191円の節約ができることがわかります。

節約をした結果の支出は次の通りとなります。

項目月平均額
食料29,580円
住居60,000円
光熱・水道7,015円
家具・家事用品1,568円
被服及び履物3,604円
保健医療3,771円
交通・通信11,129円
教養娯楽8,016円
その他の消費支出7,205円
交際費7,618円
仕送り金0円
支出合計139,506円

このように、無駄な支出を控えれば、1か月あたりの生活費は約14万円で済ますことができる計算になります。

STEP3.プロミスから借り入れる金額を検討する

紹介したように、都内で一人暮らしの場合、14万円ほどあれば生活できることがわかりました。

「よし!さっそくプロミスから14万円借りてこよう!」

おっと!待ってください!
もう少し考えることがありますよ!

たしかに、必要な生活費は14万円ですが、手持ちのお金がいくらあるのかなど、まだ確認することがあるんです。

たとえば今お財布に4万円入っていたら、借り入れするのは10万円でいいですよね?
また、次のことも確認してから実際の借入額を決めるようにしてください。

  • 短期のアルバイトで働けるか
  • 売れるものはないか
  • 親や兄弟に借りられるか

それぞれの方法を簡単に紹介しますので、試せるものはぜひ実行してみてください。

短期のアルバイトで働けるか

再就職するまでの間の日数にもよりますが、短期や単発のアルバイトをしてお金を稼ぐこともできます。

日払いや週払いなどの仕事もあるので、次の仕事までのつなぎに利用できますよ。

職種としては、イベントスタッフ、データ入力、チラシ・ティッシュなどの配布、軽作業、交通量調査などさまざまなものがあります。

どこでどんな仕事を募集しているのか、バイトル、ショットワークス、タウンワークなどの求人サイトで検索できます。

売れるものはないか

「いい短期バイトが見つからない」「働くにはあんまり日数がない」という場合は、不要品を売ることも考えてみましょう。

メルカリやヤフオクなら手軽に出品できますし、ちょっと不安だという人はリサイクルショップに持ち込んでみてもいいですね。

「いや、でも、うちには売れるものなんてないよ・・・。」

なんて思うかもしれませんが、よーく部屋中を見渡してみてください。

実際にどんなものが売れるかと言うと、服飾雑貨、書籍・CD・ゲーム、家電・家具、健康グッズなどです。

もう着なくなった服や遊ばなくなったゲームなど、部屋に眠らせておくのではなく少しでもお金に換えてみるといいですね。

親や兄弟に借りられるか

この方法は賛否両論分かれるところですが、親や兄弟から借りるという方法もあります。

「身内だから借りやすいかもね。」

うんうん、そう思いがちですが、意外とトラブルに発展することが少なくないんです。

身内とはいえ、お金の貸し借りで喧嘩別れしてしまうこともあるので、もし借りる場合は借用書を作成し、「きちんと返済します」という意思を伝えるようにしてください。

もちろん、意思だけでなく約束通り返済することが今後の関係性においても大切ですので、借りる場合は気軽に考えるのではなく、慎重に検討してください。

STEP4.毎月の返済額を検討する

さて、ここまで紹介してきたい節約方法で、「最低限いくら借りればいいのか」がわかると思います。

14万円から手持ち金や働いて稼ぐ金額を差し引いて、最終的に借り入れする金額を計算してください。

ここでは、例として4万円を手持ち金とアルバイト代で賄うとして、プロミスから10万円を借りる場合の毎月の返済額を検討していきます。

プロミスから10万円を年率17.8%で借り入れた場合の月々の返済額は、返済回数によって異なります。

返済回数毎月の返済額利息合計返済総額
520,898円4,492円104,492円
617,542円5,254円105,254円
715,145円6,018円106,018円
813,348円6,786円106,786円
911,951円7,558円107,558円
1010,833円8,334円108,334円

返済回数を10回にすれば、毎月の返済額は10,833円になりますので、十分返済していける金額と言えます。

なお、返済回数は最大80回まで設定することができますが、返済回数が多くなるほど負担する利息額は大きくなってしまいます。

とすると、なるべく早く返済したほうが総返済額が少なくてすみますので、10回までを目安に返済計画を立てることをおすすめします。

プロミス

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分

● 初回借入翌日から30日間利息無料(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)
● 365日24時間申し込み可能
※ 申込の曜日や時間帯によって、翌日以降の取扱となる場合があります。

金融機関経験者による緊急座談会!!

ここまで紹介してきたように、プロミスから10万円を借りても月々1万円ほど返済していけば10回で完済できることがわかりました。

「うーん。でもなんか、やっぱり不安なんだよね・・・。」

ん?どうしました?

「プロミスで借りるより親に借りた方がいいかな?」
「あと、借り癖がついちゃいそうで怖いんだよね・・・。」

なるほど、そういう不安もありますよね!
やっぱり、消費者金融からお金を借りることにどうしても抵抗がある気持ち、わかりますよ。

実は、プロミスぷろ編集部には金融機関勤務経験者が3人いるんです!

そのうち2人は実際に融資も担当していた貸付けのベテランなんですよ!

そこで、3人で「プロミスから借りるのは本当にヤバいのか」を徹底討論してみたいと思います。

討論1:親や兄弟に借りるのはダメなの?

木内:「私もやっぱり、最初は親や兄弟にお金を借りられないか相談してみる方がいいのかと思うんだよね。」

滝口:「うーん、それはあんまりおすすめできないなぁ。」

大場:「意外と、親族間でのお金のトラブルってあるからね。」

滝口:「そうなんだよ!実際に融資を担当していたとき、親や兄弟と揉めに揉めて絶縁するようなケースをたくさん見てきたからね。」

木内:「そうなんだ・・・。つい母とかに『お金貸して~』と頼んじゃいがちだけど、少額ならそれほど揉めないんじゃないの?」

滝口:「いやいや、トラブルは金額に関係なく起きるんだよ!」

大場:「なので、今回のように10万円の貸し借りでも、充分にトラブルになる可能性はあるってことなんだよね。」

滝口:「親族になら借りやすいと考えがちだけど、実は『親族だからこそ慎重にならないといけない!』ってことを知ってほしいんだ。」

討論2:借り癖がついてしまいそうで怖い

大場:「一度カードローンで借りると『借り癖がつく』という心配もあるよね。」

木内:「そうそう!実はわたし、これが一番心配だったりするんだ!」

滝口:「まぁそうだね、そういう例も見てきたよ。」

木内:「特に、一度完済した実績があると、『また借りてもきっと完済できる』っていう変な自信が付いちゃって、簡単にお金を借りるようになりそうで・・・。」

大場:「うんうん、その気持ちはなんかわかるな。借金をすることに麻痺しちゃうってことだよね?」

木内:「そうなの!これってコントロールできるのかな?って不安になるかも。」

滝口:「いやいや、『不安になる』っていうぐらいでちょうどいいんだよ!いつも『返済しなくちゃ』っていう気持ちを持ち続けられるでしょ?」

大場:「そうだよね。だって、少しずつ返済するだけだからと思って、借りたお金をついつい疎かにしちゃう人もいるくらいなわけだから・・・。」

滝口:「そうそう。少しずつ返済するとは考えずに、『借りたらいつ返すのか』、『返したら解約する』っていうくらいの気持ちでいいと思うよ。」

木内:「なるほどー。『お金を借りている』という意識を持ち続ければ、大きな問題にはならなそうだね!」

まとめ

プロミスでお金を借りることは、金額を必要最小限に抑えて、返済計画をしっかりとたてればヤバいことにはなりません。

「生活費はいくらかかるのか?」「最低限いくら借りればいいのか?」「毎月いくらなら返済していけるのか?」をしっかり把握することで、自分のすべきことが見えてきますよ!

「プロミスで借りたらヤバいの?」と不安がる前に、一度きっちりと生活を見直してみましょう!

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要