駐車場代が足りない時の対処法を紹介!クレカ・電子マネーがおすすめ

車を駐車場から出そうとしたとき、財布に「お金がない!」となったら、誰でも焦りますよね。

そんないざというときの対処法や、お金がない状況を作らないためのコツを紹介します。

万が一、駐車場代が払えなかった場合のペナルティについても解説していきます。

「プロミス」

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪ 
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分

駐車場代が足りない時の対処法

それでは早速、駐車場代が足りない場合に有効な対処方法を紹介します。

いろいろな対処方法があるので、焦らずに確認していきましょう。

クレジットカード・電子マネーが使える駐車場を選ぶ

最近の駐車場の中には、現金以外で支払いができるところも増えています。

まずは、駐車場の支払い方法が、クレジットカードや電子マネーに対応していないか確認しましょう。

もし現金支払いのみであれば、次へ進んでください。

家に帰ればなんとかなるならとりあえず帰る

駐車場から自宅に帰れるなら、一度家に行ってお金を持ってくる方法もあります。

しかし、遠出した先で駐車場代が足りない場合は、この方法は使えないので、次へ項目へ進みましょう。

コンビニでお金をおろす

金融機関の口座にお金があるのなら、駐車場の近くにコンビニはないでしょうか。

手数料が掛かってしまうかもしれませんが、現金を引き出して駐車場代を支払うことができるはずです。

もし、金融機関の支店やATMが近くにあるのなら、コンビニではなく金融機関のATMを利用すると良いでしょう。

管理会社に電話して助けを求める

コンビニや金融機関が近くに無い場合は、駐車場を管理している会社に連絡して、助けを求めるのも1つの方法です。

管理会社の連絡先は、駐車場に設置された料金掲示板や支払い場所に記載されていることが多いので、確認してみましょう。

管理会社にもよりますが、支払いを後日にしてくれる可能性があります。

ただし、管理会社は土日祝日が定休日になっていることが多く、駐車場を利用したのが平日以外の場合は、連絡が取れないケースも考えられます。

駐車券をなくした場合も連絡

駐車券が発行される駐車場では、券を失くしてしまうと出庫できなくなります。

駐車券を紛失した場合も、管理会社に電話をかけて相談するようにしましょう。

交番・警察署に相談して助けを求める

地域によっては、交番や警察署に相談すると助けてくれることがあります。

運転免許証などの本人確認書類を提示し、きちんと事情を説明すれば、一時的に1,000円以内のお金を貸してもらえるかもしれません。

もちろん、交番・警察署から借りたお金はきちんと返しましょう。

足りないお金を一時的に借りる

プロミスなどの消費者金融から一時的にお金を借りて駐車場代を支払うのも1つの方法です。

消費者金融の多くは無利息期間を設定しているため、お金を借りてもすぐ返せば利息が発生しません。

審査も最短30分で結果回答が来ますので、それほど時間をかけずに駐車場代を用意できる可能性があります。

駐車場代が足りない時に慌てないための対策

駐車場代が足りないと誰でも慌ててしまうものです。

そこでこの章では、駐車料金を支払うお金がないときに慌てないための対策を説明します。

車に駐車場代をおいてから出かける

出掛ける前に車内に駐車場代を置いておけば、財布を忘れたり、お金を使いすぎたりしても問題なく駐車料金を支払えます。

1,000円~2,000円ほど置いておくと安心でしょう。

「車に長期間現金を置くのは不安」という場合は、車を駐車場に停めたときにお金を車内に残すなど工夫をすると良いでしょう。

カバン・服に緊急用のお金を用意しておく

カバンや服などに駐車場代として現金を確保しておくのも1つの方法です。

内ポケットに折りたたんで入れるなどすると良いでしょう。

ただし、いずれの方法もお金を入れていることを忘れないようにしなければいけません。

特に服に現金を入れていることを忘れると、洗濯でくちゃくちゃになる可能性があるので注意が必要です。

駐車場代を延滞したときのペナルティ

駐車場代が足りない状態で延滞を考える人もいるでしょう。

しかし、支払い期限がすぎるとペナルティが課されるので注意が必要です。

コインパーキングの場合

コインパーキングの場合は、料金が加算されます。

延滞期間が長くなるにつれて、当然、支払額は増えていきますので、迅速に対処することをおすすめします。

【参考】もし月極駐車場で駐車場代を支払わなかったらどうなる?

コインパーキングではなく、毎月契約して利用している月極駐車場で、駐車場代を支払わない場合は、電話や封書で支払いを催促されます。

それでも延滞し続けると内容証明郵便で督促状が郵送され、これを無視すると契約の解約通知が来る流れです。

解約通知が来たにもかかわらず、駐車場に車を停め続けると業務妨害罪や建造物侵入罪などに問われる可能性があるので注意が必要です。

さらに、延滞期間が長引くと、裁判所から支払督促が来ることになるため早急な対処が大切になります。

駐車場代が足りない時に踏み倒すとどうなるの?

「駐車場代を支払わずに踏み倒せば良いのではないか」と考える人がいるかもしれませんが、基本的に駐車場には監視カメラが設置されているので絶対にバレます。

踏み倒した額が少額であっても、犯罪に該当するので駐車料金はきちんと支払いましょう。

不正出庫分を後日請求される

駐車場代を支払わずに不正出庫すると、後日、管理会社から請求されます。

このとき、未払いの料金だけでなく、違約金等も請求されるので注意が必要です。

違約金の額は管理会社によって異なりますが、数十万円になることも少なくありません。

民事訴訟又は逮捕される

意図して駐車場から不正出庫したり、管理会社からの請求を無視し続けたりすると、民事訴訟逮捕につながります。

民事訴訟で裁判にかけられると高額な料金を請求されますし、逮捕されれば前科がつくので大きな事態に発展する前に対応することが大切です。

駐車場代が足りない時のために消費者金融で備えておくのもアリ

駐車場代が足りないときは、スピーディにお金を準備できる消費者金融を利用するのも1つの方法です。

もし、クレジットカードにキャッシング枠を設定しているのであれば、そちらを利用することも可能でしょう。
しかし、キャッシング枠の設定をしておらず、一時的にお金を借りる先がないのであれば、消費者金融を利用してみても良いでしょう。

「金額が小さいのに消費者金融を利用するなんて」とためらうかもしれませが、万が一に備えて借りられるようにだけしておけば、いざというときに慌てなくて済みますね。

プロミスなら、最短30分で審査結果の回答が得られますので、そう時間をかけることなく駐車場代を手にすることができるでしょう。

駐車場代が足りない時に消費者金融で借りる注意点

駐車場が足りない時だけでなく、旅行先や出張先でお財布を忘れた場合などにも、プロミスと契約し、スマートホンにアプリを入れておけば、コンビニATMでお金を引き出すことが可能です。

賢く使えば便利である一方、利用前にいくつか注意点を押さえておくことで、より安心して利用することができるでしょう。

そこで最後に、3つの注意ポイントを紹介します。

支払期間が長くなると総返済額が高くなる

消費者金融だけでなく、お金を借りれば借りた期間が長くなるほど、利息を払うことになり、最終的な総返済額が高くなります。

少しでも利息額を抑えるためには無利息期間をうまく活用したり、余裕があるときに最低返済額以上の繰り上げ返済をすることが大切です。

他社のローン審査に影響がある

消費者金融のカードローンは、総量規制の対象となっているため、完済するまでは他社のローン審査を受けた時に影響がでる場合があります。

というのも、総量規制では、申込者が必要以上に借金をしないように、借りられる額が他社借入分も含めて年収の3分の1まで定められているからです。

そのため、もし他社のローン審査を受ける予定があるなら、完済後は解約すると良いでしょう。

借り癖がついてしまう

消費者金融の借り入れはとても便利なので、「ついお金を借りてしまう」という人もいます。

借り癖がつかないようにするためにも、完済後に利用予定がないならすぐに解約した方が良いでしょう。

まとめ

駐車場代が足りない場合は、現金以外の支払い方法に対応しているか確認し、現金のみであれば銀行口座からお金を引き出すなどで対応しましょう。

どうしても難しい場合は、消費者金融から短期間の借り入れをするのも1つの方法です。

なお、消費者金融の借り入れには審査があります。

審査に落ちてしまうと駐車場代を用意できないので注意してください。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要