プロミスアプリがバージョンアップ!追加認証や生体認証を行って安心安全に利用しよう!!

プロミスでは不正ログイン不正出金の被害を防ぐため、2021年3月22日から追加認証の仕様を変更し本人確認の強化に努めています。

追加認証の作業が増えることで、これまでよりも少し手間がかかるという面もありますが、安心安全にプロミスを利用するためにも、しっかりと変更内容を把握しておきましょう。

今回はプロミスアプリバージョンアップで何が変わったのか紹介するとともに、注意点なども解説します。

「プロミス」

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪ 
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分

プロミスアプリがバージョンアップ

プロミスアプリ利用の際のSMS(ショートメッセージサービス)による追加認証の仕様が、一部変更になりました。

追加認証が必要な取引では、手続き前にSMSまたはメールアドレスへ4桁の認証コードが送信されますので、その番号を入力して操作を行ってください。

なお、3月22日にリリースされたのはプロミスアプリのバージョン13.0.0です。

バージョン12.0.0以下の場合は各種取引や手続きができなくなっていますので、先にアップデートを完了させてから、新しいプロミスアプリを利用しましょう。

生体認証サービス機能が変わった

従来android端末だけであった生体認証サービスが、iOS版でも利用できるようになりました。

生体認証サービスは、指紋、顔、声といった生体情報を登録することによって、カード番号やWeb-IDの入力を行わなくても、ログインが簡単にできるようになります。

入力の手間が省けるうえに、これまでよりセキュリティ強化がされますので、プロミスアプリを利用する際は生体認証サービスの手続きを行っておきましょう。

なお、生体情報の登録、変更、削除する際は本人確認のための追加認証が必要になります。

何となく登録に抵抗感がある人でも追加認証することで、安心して生体認証サービスの利用ができますね。

生体認証の手続き方法は?

プロミスアプリにログイン後、「生体情報の登録」から手続きを進められます。

登録の際には追加認証が行われますので、SMSが受信できるように正しい携帯電話番号を登録しておかなければなりません。

スマホATM取引で追加認証が毎回必要になった

スマホATM取引において、これまでは初回利用時のみの追加認証だったのが、3月22日以降は利用のたびに求められるようになりました。

SMSで4桁の認証コードが送られてきますので、それを画面に入力しスマホATM取引を行ってください。

現在スマホATMでの出金は利用停止中

現在スマホATM取引は「入金」のみ利用可能となっています。

スマホATM取引を使った現金の引き出しはできませんので注意してください。

プロミスではスマホATM取引を使わなくても、振込キャッシングプロミスカードで融資を受けることが可能です。

再びスマホATM取引で出金ができるようになるまでは、それらの方法を利用してください。

こんな場合は追加認証ができないため注意

070、080、090」以外からはじまる携帯電話番号をプロミスに登録している場合は、SMSが受信できず、追加認証ができない可能性があります。

この場合、携帯電話番号の変更が必要になりますので、プロミスへ問い合わせるか、会員ページで変更するなどして対応しましょう。

プロミスアプリを安心安全に利用しよう

プロミスに似せた不正サイトへの誘導やプロミス社員を装った電話によりログイン情報や認証コードを聞き出す事例が発生しています。

プロミスでは、電話で認証コードを聞き出すことは行いませんので、絶対に答えないようにしてください。

ちなみに認証コードの入力画面は下記のいずれかです。

  • プロミス公式アプリ内の画面
  • URLが「https://cyber.promise.co.jp」からはじまる画面

これ以外のサイトは不正サイトですので注意してください。

フィッシング詐欺などに巻き込まれないために自分自身でもパスワードや認証コードなどの管理を徹底し、プロミスを安心安全に利用してください。

プロミスおすすめPOINT

arrow_rightWEB完結で即日融資可能
arrow_right実質年率17.8%
arrow_right女性専用のレディースコールも設置!
arrow_right初回借入翌日から30日間利息無料
(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)

プロミスの「WEB申込」「自動契約機」なら土日・祝日問わず21時まで審査受付!