出張先で財布を忘れた!電子マネー・キャッシングで乗り切ろう

会社の出張で前日からきちんと準備していたのに「財布を忘れてしまった」という事態に陥ることは誰でもあります。

現金やカードが手元になく、どのように支払いをすれば良いのかと頭を悩ませることもあるでしょう。

そこで本記事では、出張先で財布を忘れた場合に役立つ情報をお伝えします。

具体的な対処方法を確認すれば、出張先に財布を忘れても落ち着いて対応できます。

「プロミス」

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪ 
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分

出張先で財布を忘れた!対処法を紹介

それでは、出張先で財布を忘れた場合に有効な対処法を順番に確認していきましょう。

自分の状況や支払い先の対応可否にあわせて使い分けることが大切です。

交通費がないときは駅に相談する

出張先で財布がないことに気付いて交通費の支払いが難しい場合は、まず駅員に相談しましょう。

対応は駅員の判断によるので一概には言えませんが、切符を無料で再発行してくれたり、精算を後払いにしたりなどの対処を取ってくれることもあります。

つけ払いにする

飲食店などであれば、つけ払いに応じてくれることもあるでしょう。

ただし、必ずつけ払いの対応をしてもらえる保証はありません。

財布がないことが分かっていながら飲食などのサービスを受けることは、大きなトラブルに発展することもあります。

財布がないことに気付いた時点で、会計担当者に相談した方が無難です。

上司や同僚に相談する

出張先に上司や同僚が同行している場合は、財布を忘れたことを相談してみましょう。

多くの場合は、お金をいくらか貸してもらえるはずです。

誠心誠意、財布を忘れたという事情をきちんと話して、返済時期についても明確に話すと良いでしょう。

スマホの電子マネーを使う

電子マネーに対応しているところでお金が必要になった場合は、スマホを使ってキャッシュレス決済を利用すると良いでしょう。

一度登録すれば、以降はお会計時にさっとスマホを取り出せば支払いが完了するのでとても便利です。

LINEPayを使う

コミュニケーションツールであるLINEを利用している人なら、情報の連携がしやすくてスムーズに登録手続きが進められるLINE Payがおすすめです。

支払いは銀行口座、コンビニ、ATMから行います。

出張先で銀行口座やクレジットカードの番号が分からない場合は、セブン銀行の「スマホATM」を利用するのも1つの方法です。

スマホATMなら、スマホにダウンロードしたLINE Payのアプリと、セブン銀行を連動させてQRコードで簡単に入出金できます。

ただし、1日の出金限度額は1万円に制限されているので、出張が長期におよぶ場合は使いどころを見極める必要があるでしょう。

PayPayで支払う

PayPayは、財布がなくてもスマホに表示されるバーコードを支払い時に見せたり、QRコードを読み取ったりすることで会計ができます。

チャージ方法としては、銀行口座、PayPayフリマ・ヤフオク!の売上金、セブン銀行ATMがあります。

ワイモバイルやSoftbankのまとめて払いでもチャージできるので、普段から利用している人にとっては便利でしょう。

PayPayはコンビニやスーパー、ホテルなど多数の導入実績があるの比較的どこでも使用できます。

消費者金融を利用する

電子マネーの登録や決済方法が合わないと感じるなら、消費者金融で現金を借りるのも1つの方法です。

お金を借りてからすぐに返せば借入期間が短くすむので、借入先によっては利息が発生しないこともあります。

銀行のカードローンは、審査の一環で警察のデータ照会をするので審査に時間がかかるので、出張中に契約するのは不向きでしょう。

しかし、消費者金融は即日融資に対応しているところが多いので、出張期間に利用しやすくなっています。

出張先で財布を忘れた時にちょっと借りたい!おすすめの消費者金融4選

「出張先で財布を忘れたけど、どうしても手元に現金がほしい」ということもあるでしょう。

この場合は、消費者金融で短期間の借入れをするのも1つの方法です。

プロミスの最高金利は、大手消費者金融の中でも低い17.8%になっています。

初めて消費者金融を利用するときは、最高金利もしくはそれに近い金利が適用される可能性が高いので、プロミスなら安心して申込みやすいでしょう。

また、プロミスはメールアドレスを登録し、利用明細をインターネット上で確認する方法を選ぶと、30日間の無利息サービスを利用できます。

財布を忘れた出張期間中のお金を借りたい場合は、このサービスを利用するとお得に現金を借りられるのでおすすめです。

なお、プロミスの無利息サービスは、初回利用日の翌日から30日間になっています。

出張先で財布を忘れた時に消費者金融を頼るときの注意点

出張時に財布を忘れて消費者金融を利用する前に、いくつかの注意点を確認しておきましょう。

あらかじめ気を付けるべきポイントを理解しておくことで、トラブルを防止することができます。

銀行カードローンより金利が高い

まず、前提として、消費者金融はスピーディな融資をしてくれるものの、銀行と比べると金利が高めに設定されています。

金利が高いと総返済額が大きくなるので、借入期間が長期にわたる場合は特に注意が必要です。

少しでも早めに返す

返済方式は利用する消費者金融や商品によって異なりますが、約定返済が払い続けるのではなく、できるだけ早めに返済することをおすすめします。

約定返済だと完済までの期間が長くなるので、その分、発生する利息額が多くなります。

家計の負担を考えるなら、少しでも早めに借金を返し切ってしまうことが大切です。

出張先で財布を忘れた時に慌てないためにできること

出張先で財布を忘れると誰でも慌ててしまうものです。

そこで、財布を忘れても焦らずに済む、簡単な事前対策を紹介します。

普段より服・カバンに予備のお金を入れておく

普段からお金を財布だけでなく、スーツの内ポケットや鞄の中に忍ばせておくと安心です。

財布を忘れても少しの間なら手持ちの現金で何とか過ごせるでしょう。

ただし、大金を入れておくと盗難時・紛失時に受けるショックが大きいので、2~3日の飲食代程度に抑えるなど金額を調整することをおすすめします。

クレジットカードを財布に入れない

クレジットカードを財布に入れずに、別途保管しておくのも1つの方法です。

例えば、名刺入れの中に入れたり、スマホケースのポケットに収納したりすると良いでしょう。

クレジットカードさえあれば、財布を忘れても大抵の場所で決済できるので安心です。

ただし、財布以外の場所にクレジットカードを入れる場合は、管理に気を付ける必要があります。

まとめ

出張時に財布を忘れたことに気付くと誰でも焦ってしまいます。

しかし、電子マネーや消費者金融を利用することで、出張期間の支払いを乗り切れるのでぜひ試してみてください。

なお、消費者金融でお金を借りるためには、審査に通過する必要があります。

申込みをしたすべての人が必ず利用できるわけではないので、あらかじめ注意してください。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要