プロミスコールと自動契約機の営業時間が変更に!ネットでできるサービスも紹介

2020年10月5日より、プロミスコール新規申込受付時間自動契約機の営業時間が変更するようです。

プロミスコールや自動契約機では、何かわからなければオペレーターに相談して手続きを進められるので、利用していた人も多いのではないでしょうか。

営業時間はどのように変わったのか、営業時間外に新規申し込み手続きをするにはどうすればいいのかなど紹介していきますので、参考にしてみてください。

プロミスコールと自動契約機の新規申し込み可能時間が変更

プロミスコールはサービス内容によって対応時間が異なりますが、今回のお知らせは、新規申込のみ受付時間が変更となっています。

またプロミスコールで申し込むときの注意点もあるのであわせてみていきましょう。

プロミスコールの新規申込が可能な時間は?

プロミスコールの新規申込受付時間は下記の表のとおり、1時間短くなっています

プロミスコールのサービスごとの問い合わせ時間を表にしましたので参考にしてください。

変更前変更後
新規申込9:00~22:009:00~21:00
各種問合せ
オペレーター対応
9:00~18:009:00~18:00
各種問合せ
自動音声対応
24時間対応24時間対応
カード紛失・盗難届24時間対応24時間対応

プロミスコールの問い合わせ番号は以下の番号となっています。

  • プロミスコール(0120-24-0365)

自動契約機の新規申込受付時間

10月5日より自動契約機も営業時間が1時間短くなりました

それに伴い、自動契約機はプロミスATMとお客様サービスプラザと併設していることも多いので、プロミスATMやお客様サービスプラザの利用時間にも注意が必要です。

変更前変更後
自動契約機9:00~22:009:00~21:00
プロミスATM7:00~24:007:00~24:00
お客様サービスプラザ
(店頭窓口)
10:00~18:0010:00~18:00

Webやアプリなら24時間気にせずに申し込みができる

Webやプロミスアプリでは新規申込を24時間受け付けているので、夜間遅い時間帯でも申し込みできます。

ただし、時間帯によって申し込みはできても、申し込み後に行われる審査は24時間行っていないので、翌日の審査となることも考えられます

即日融資を希望するのであれば、できれば18:00までには申し込みを完了しておくことをおすすめします。

また審査では在籍確認も行われるので、申し込んだ時間や曜日によっては、会社の営業時間外で在籍確認が取れず、審査が長引く可能性について考慮しなければなりません。

プロミスに新規で申し込むときに必要なもの

フリーキャッシングだけではありませんが、プロミスのカードローンに申し込むときには、「本人確認書類」「収入証明書類」の2種類の書類を提出する必要があります。

本人確認書類は申込者全員が、そして収入証明書類は該当する人が提出するものです。

それぞれの書類について詳しくみていきましょう。

本人確認書類

プロミスが本人確認書類として認めているものには「運転免許証」「パスポート」「個人番号通知書(マイナンバーカード)」「健康保険証+住民票」があります。

運転免許証やパスポート、マイナンバーカードはそれだけでの提出でいいのですが、健康保険証に関しては住民票などと併せて提出しなければなりません。

住民票が手元にないときは、公共料金の領収書で代用できます。

また、本人確認書類に記載されている内容に変更があった場合に必要な書類もあるので、事前に確認して用意しておきましょう。

外国籍の人は他に在留カード特別永住者証明書の提出が必要です。

収入証明書類

収入証明書類の提出が必要な人とは、「借入希望金額が50万円を超える人」「他社と併せて借入額が100万円を超える人」プロミスが必要と思われる人です。

収入証明書としとは次のうちのいずれかとなっています。

源泉徴収票最新のもの
確定申告書最新のもの
税額通知書最新のもの
所得証明書(課税証明書)最新のもの
収入額と所得の分かるもの
給与明細書直近2か月分
とあれば賞与明細書(1年分)