三井住友銀行からこんなメール来ていませんか?詐欺かもしれませんよ!

プロミスと同グループの三井住友銀行を装った詐欺メールが発生しています。

三井住友銀行を利用している人は、メールが来たら読んでしまいますよね。

でも、開いたメールに違和感があったり、何かに誘導するような内容であったりすると気を付けなければいけません。

実際にどういった内容が書かれていて、どんなことをしたら詐欺サイトへ行ってしまうのかみていきましょう。

またもしも詐欺サイトへ飛んでしまった場合の対処法も紹介します。

「プロミス」

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪ 
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分

どんなものが詐欺メールか紹介

SMBC詐欺メール

まず初めに詐欺メール(フィッシングメール)とはどんなものか説明します。

実物は見出し直下の画像になりますので、このようなメールが来たときは無視をしてください。

三井住友銀行からメールにて問い合わせが来ることはありません。詐欺メールにはどのようなことが記載されていることが多いのか例を挙げてみました。

詐欺メールに書かれている内容

詐欺メールの記載内容に、IDやパスワード、個人情報を聞き出すものや入力を促すものがあります。

何かしらのトラブルや更新が必要などといった内容で、個人情報やIDを聞き出してくるのです。

一見すると三井住友銀行からのメールかもしれないと思ってしまうほど、丁寧で巧妙に作られています。

しかし、三井住友銀行は暗証カード上のすべての数字の入力を促すようなメールはしません。

数字を入力するような内容であった場合は注意しましょう。

メール内にボタンがあるときは要注意

詐欺メールの目的は、暗証番号などの聞き出しや、不正サイトへの誘導です。誘導するためのボタンがついていることがあります。

メールの内容にボタンあれば、どこかへアクセスしてもらおうということですから不用意にボタンを押すことはやめましょう。

プロミスおすすめPOINT

arrow_rightWEB完結で即日融資可能
arrow_right実質年率17.8%
arrow_right女性専用のレディースコールも設置!
arrow_right初回借入翌日から30日間利息無料
(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)

プロミスの「WEB申込」「自動契約機」なら土日・祝日問わず21時まで審査受付!

プロミスの申込みはこちら

申込に必要なもの
【本人確認書類】
 ・運転免許証
 ※運転免許証を持っていない場合は、「パスポート」または「健康保険証」+「住民票など1点」
 ※外国籍の人は、「在留カード」または「特別永住者証明書」も必要
【収入証明書】下記に該当する場合は、収入証明書(1点)の提出が必要
 ① 希望借入額が50万円超
 ② 希望借入額と、他社分も含めた借入残高が100万円超

〇 下記書類のいずれか1点を提出
 ・源泉徴収票(最新)
 ・確定申告書(最新)
 ・税額通知書・所得(課税)証明書(最新)
 ・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
 ※賞与がない場合は、直近2ヶ月の給与明細書

詐欺メールとの見分け方

メールを開く前に詐欺メールと分かれば開けずに済むので安心ですよね。

詐欺メールと三井住友銀行からのメールを見分ける方法を紹介します。

三井住友銀行からのメールには電子署名付き

平成18年5月22日より、詐欺メールと区別できるように電子署名付きのメールとなっています。

電子署名を付けることにより、発信者が三井住友銀行であること、電子メールが途中で改ざんされていないことを証明できます。

  • メールの送信元が『xxxxx@xxx.smbc.co.jp』であることを確かめること
  • 電子証明書の発行元が『Cybertrust Japan Public CA G3』または『Cybertrust Japan SureMail CA G4』であること

ただし、銀行職員名での発信と携帯電話向けのメールには電子署名は付いていません。

不審なメールの受信・もしボタンを押したときの対処法

「知らずに押してしまった」「間違えて押した」など、詐欺メールのボタンを押した、リンク先へ飛んでしまった場合、とても心配になって慌ててしまいますよね。

でも、対処方法があるので、落ち着いて一つずつ作業を進めていきましょう。

三井住友銀行へ連絡する

不審なメールを受け取った場合は、三井住友銀行へ連絡しましょう。

状況受付時間問い合わせ番号
情報を入力した場合毎日24時間0120-56-3143(無料)
自動音声9#のみ
その他の照会毎日9:00~21:00
(1月1日~3日、5月3日~5日を除く)
0120-56-3143(無料)
身に覚えのない出金があった場合
(不正出金ホットライン)
平日 9:00~17:00
(12月31日~1月3日を除く)
0120-322-775(無料)
上記以外の時間帯0120-956-999(無料)
フリーダイヤルが使えないとき東京03-5745-5051(有料)
大阪06-6258-0012(有料)
自動音声メニューは5#

暗証番号を入力した場合

暗証番号を入力してしまった場合には、第一暗証(インターネットバンキングのSMBCダイレクトへログインするときに使用する4桁の数字)を変更してください。

インターネット専用第一暗証の変更

PCやスマホ、三井住友銀行アプリからログインする第一暗証を変更するには、「インターネットバンキング」にログイン後、「インターネット専用の第一暗証を設定」から変更します。

また、第一暗証を変更後、三井住友銀区アプリを利王する際には、生体認証を利用してログインしている人は、初回ログイン時に生体認証を利用せずに手入力でログインしましょう。

生体認証でログインしようとすると、「エラーコードA6902」とエラーが表示されるので、「はい」を選択して手入力します。

店番号・口座番号または契約者番号のどちらかと第一暗証を使ってご変更いただけます。

引用元:三井住友銀行https://qa.smbc.co.jp/faq/show/203?site_domain=default

[PCからの場合]

店番号・口座番号または契約者番号のどちらかと第一暗証を入力してインターネットバンキングへログイン
メニューの「セキュリティ設定」>「インターネットバンキングのセキュリティ設定」をクリック
「インターネットバンキングの暗証番号変更」>「第一暗証を変更」をクリック
「現在の第一暗証」を入力して、「変更後の第一暗証」と「再入力」の欄に、新しく設定する第一暗証を4桁で入力
「変更実行」ボタンをクリック
[スマートフォンからの場合]

店番号・口座番号または契約者番号のどちらかと第一暗証を入力してインターネットバンキングへログイン
「各種お手続」をタップ
「セキュリティ設定」>「インターネットバンキングの暗証番号変更」をタップ
「第一暗証を変更」をタップ
「現在の第一暗証」を入力して、「変更後の第一暗証」と「再入力」の欄に、新しく設定する第一暗証を4桁で入力
「変更実行」ボタンをタップ

また、インターネットバンキング・テレホンバンキング共通の場合、「第一暗証を変更」から変更してください。

プロミスおすすめPOINT

arrow_rightWEB完結で即日融資可能
arrow_right実質年率17.8%
arrow_right女性専用のレディースコールも設置!
arrow_right初回借入翌日から30日間利息無料
(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)

プロミスの「WEB申込」「自動契約機」なら土日・祝日問わず21時まで審査受付!

プロミスの申込みはこちら

申込に必要なもの
【本人確認書類】
 ・運転免許証
 ※運転免許証を持っていない場合は、「パスポート」または「健康保険証」+「住民票など1点」
 ※外国籍の人は、「在留カード」または「特別永住者証明書」も必要
【収入証明書】下記に該当する場合は、収入証明書(1点)の提出が必要
 ① 希望借入額が50万円超
 ② 希望借入額と、他社分も含めた借入残高が100万円超

〇 下記書類のいずれか1点を提出
 ・源泉徴収票(最新)
 ・確定申告書(最新)
 ・税額通知書・所得(課税)証明書(最新)
 ・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
 ※賞与がない場合は、直近2ヶ月の給与明細書

自分でできるセキュリティ対策【メール編】

不審なメールを受信してしまった場合、二度と同じような経験はしたくありません。

そのためには自分でもしっかりセキュリティ対策をしておく必要があります。

自分でもできるセキュリティ対策についてまとめてみました。

不審メールかどうかを見極める9つのポイント

  • 不審なメッセージを開かない
  • セキュリティソフトを導入する
  • パスワードを強度のあるものにする
  • システムを常に最新にしておく
  • 無料Wi-Fiを利用しない
  • HTMLメールの画像に書かれたアドレスと、実際にリンクをクリックしてアクセスするアドレスが違うことに注意する
  • 電子メールでIDやパスワードの直接入力を促すものは、偽のメールと認識する
  • アドレスバーを確認する
  • 鍵マークを確認し、三井住友銀行の電子証明書であることを確認

まとめ

今回はフィッシングメールの被害後の対応と対策について紹介してきました。

万が一不審なメールを開いたり、アクセスしてしまったりしても慌てずに一つずつ対処すれば大きな被害リスクを下げられます。

まずは、三井住友銀行に問い合わせましょう。なかなか電話をしづらい状況では第一暗証を変更しておくと安心です。

しかし、一時的に対処はできてもまた同じメールがくることも考えられるので、事前にセキュリティを強化しておくことをおすすめします。