クレジットカードを持つ手元

新車は3年、その後は2年ごとに定期的に訪れる車検

車検では10万円以上もの費用がかかることも珍しくないため、「車検代を少しでも安くしたい」「車検代をクレジットカードで支払いたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

今回は、車検費用が全額クレジットカード払いできるかどうか、車検費用の内訳カード払いのメリットやデメリットについてご紹介します。

車検費用の負担を減らすおすすめの方法についてもあわせて解説するので、車検代を少しでも節約したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

「プロミス」

最短3分で融資可能
error 365日24時間申込OK!最短3分融資♪
error 初めての方は30日間無利息(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)
※新規契約の融資上限は、本審査により決定

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短3分(回答)*1

※申込み時間や審査によって希望に添えない場合があります。

車検費用は全額クレジットカード払いできる?

電卓の横に置かれた2台の車のモチーフと車検の文字
車検費用全額をカード払いできれば、分割払いも可能になるため、月々の家計への負担を少しでも減らすことができます。

そもそも、車検代を全額クレジットカード払いにできるのかについて、まずは見ていきましょう。

車検の法定費用はカード払いできないことがほとんど

車検費用は「車検基本料金」と「法定費用」で成り立っており、法定費用は国や保険会社に対して支払うもので、法律で決められています。
そのため、基本的にカード払いができるのは「車検基本料金」のみで、「法定費用」は現金払いとなるケースがほとんどです。

なぜ法定費用の部分がカード利用できないのかというと、カード払いの際、車検業者がクレジットカード会社へ加盟店手数料を納めなければならず、車検の売上から支払うので利益が減ってしまいます。

車検基本料金には部品代なども含まれているので、利益を出すことは可能です。しかし、法定費用の場合は、国や保険会社に払うお金を預かるだけで利益はでません。

そのため、カード会社への手数料で赤字になってしまうということが理由としてあげられます。

また、クレジットカードで支払われた車検費用を一時的に店舗が立て替えなければならない点も、法定費用分をカード払いできない理由のひとつです。

車検費用全額をカード払いできる車検業者もある

法定費用は、現金払いとなるケースがほとんどですが、なかには法定費用を含めた車検費用全額をクレジットカード払いできる業者もあります。

国で推進している「キャッシュレス化」の流れに伴い、最近では、車検代全額をクレジットカード払いできる店舗が増加傾向にあります。

具体的には、日産やダイハツ、ホンダなどの正規ディーラーが車検費用の全額カード決済に対応しています。

ただし、トヨタの場合は、トヨタ系列が発行するクレジットカードでないと支払いできないというケースもあるので注意してください。

また、日産では日産カードで支払うと5%の割引が適用されるなど、ディーラ―によって特典がついていることもあります。

一方、車検専門店やガソリンスタンドでは、法定費用のカード決済ができなかったり、カードで支払うための手数料が発生したりすることが大半です。

車検代全額をカード決済できない店舗がほとんどなので、事前に店舗へ確認しておくといいでしょう。

「ちょっと足りない」をカバーする

日常生活の「あとちょっとお金が足りない」に、プロミスを賢く利用してみては?
30日間無利息を利用すれば、利息を気にする必要もありません。
計画的な利用・返済で、「どうしよう」という心の負担を軽くしませんか?

最短3分で融資可能

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短3分(回答)*1

*1 申込み時間や審査によって希望に添えない場合があります。

※プロミスの公式サイトへ移動します。

車検費用に含まれるものとは?

付箋の上に置かれた車の模型と数枚の1万円札

車検費用は「車検基本料金」と「法定費用」の2種類に分けられ、それぞれ以下のような内容となっています。

車検基本料金
(業者によって異なる)
・整備費用
・点検費用
・お店への手数料
法定費用
(一律にかかるもの)
・自動車重量税
・自賠責保険料
・検査手数料(印紙代)

法定費用は国に納めなければならない税金や、保険会社へ支払う保険料のことをいいます。

車種や初年度登録からの経過年数によって金額が変わりますが、基本的にどのお店に依頼しても費用は同じです。

法定費用の消費税の課税区分は、自動車重量税と検査手数料(印紙代)を「不課税」自賠責保険料を「非課税」として扱っているため、消費税はかかりません。

このことから、お店によって車検代が異なるのは「車検基本料金」による差であることがわかります。

予想外の出費でもあわてない

突然の出費、予定外の出費で困ったことはありませんか?
「給料日前でお金がない、予定してないから貯金もない。どうしよう。」
そんな時こそ賢くカードローンを活用しませんか?
初めて利用する人なら、借入れから30日間無利息で家計に優しい。

最短3分で融資可能

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短3分(回答)*1

*1 申込み時間や審査によって希望に添えない場合があります。

※プロミスの公式サイトへ移動します。

法定費用の内訳

書類の上に置かれた電卓

法定費用とは国に納める税金や保険料のことをいい、内訳は「自動車重量税」「自賠責保険料」「検査手数料(印紙代)」の3つです。

ここでは、法定費用のそれぞれどの様なものなのかくわしくみていきましょう。

自動車重量税

自動車重量税は、車の重量に対して支払う税金のことをいい、車体重量が軽い車ほど安く、重量が重い大型車両になるほど金額が高くなります。

また、自動車重量税はエコカー減税対象車を使用している場合は免税や減税になり、重量税が少し安くなります。

重量ごとの自動車重量税(エコカー減税なし)の金額は、以下の通りです。

車体重量3年(新車購入時)2年(車検実施時)
~0.5t以下12,300円8,200円
~1t以下24,600円16,400円
~1.5t以下36,900円24,600円
~2t以下49,200円32,800円
~2.5t以下61,500円41,000円
~3t以下73,800円49,200円

参考:国土交通省 2023年5月1日からの自動車重量税の税額表

自賠責保険料

自賠責保険とは、自動車損害賠償保障法によって義務づけられた損害保険のことで、公道で車を運転するのであれば、必ず加入しなければなりません。

万が一、自賠責保険が切れている状態で一般道を走行していることが見つかると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられ、違反点数は6点減点、免許停止処分を受けることになります。

自賠責保険料は、どの保険会社で加入しても金額は同じですが、車の種類や契約期間などによって金額が異なります。

また、自賠責保険料は2023年4月契約分から、金額が引き下げられることになりました。

金額改定後の自賠責保険料は以下の通りです。

契約期間自家用乗用車軽自動車
12ヶ月11,500円11,440円
24ヶ月17,650円17,540円
36ヶ月23,690円23,520円

参考:金融庁 自賠責保険料基準料改定の届出について

検査手数料(印紙代)

検査手数料は、整備された車両が基準にきちんと適合しているかどうかを検査するときに支払う手数料のことです。

手続きには検査登録印紙と審査証紙の2つが必要になり、印紙や証紙は陸運支局併設の販売窓口で購入できます。

検査登録印紙は国へ、審査証紙は検査独立行政法人に支払う必要があるため、印紙や証紙は検査票と納付書に貼付して提出します。

軽自動車・小型車・普通車にかかる検査登録手数料(継続検査の場合)は以下のとおりです。

持込継続検査納付先・金額
国/軽検協自動車機構合計
普通自動車500円1,800円2,300円
小型自動車1,700円2,200円
軽自動車1,800円400円2,200円

参考:国土交通省 令和5年1月1日以降の手数料額

「ちょっと足りない」をカバーする

日常生活の「あとちょっとお金が足りない」に、プロミスを賢く利用してみては?
30日間無利息を利用すれば、利息を気にする必要もありません。
計画的な利用・返済で、「どうしよう」という心の負担を軽くしませんか?

最短3分で融資可能

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短3分(回答)*1

*1 申込み時間や審査によって希望に添えない場合があります。

※プロミスの公式サイトへ移動します。

車検の法定費用がクレジットカード払いできない理由

REASONと印字された木製のブロック
車検の法定費用の部分が、なぜクレジットカードで決済できないのか疑問に思っている方も多いでしょう。

ここでは、法定費用がクレジットカードで払えない理由を3つ紹介していきます。

カード会社への手数料が発生する

車検の法定費用がクレジットカードで払えない理由の一つ目は、カード会社へ手数料を支払わなければならないからです。

一般的にクレジットカードで決済すると、お店側は3〜5%ほどの手数料をカード会社へ支払う仕組みとなっています。

車検代基本料であれば、部品代やサービス料などが含まれているので、売上から手数料を引かれても利益を出すことは可能です。

しかし、法定費用の場合は国や保険会社に払うお金を預かるだけで、最終的には国や保険会社へ費用を支払わなければなりません。

さらに、法定費用に利益は含まれていないので、手数料をカード会社に払うことによってお店が赤字になってしまうことが考えられます。

車検代の建て替え費用が多額になる

法定費用をクレジットカードで決済できない理由の2つ目は、車検代を建て替える費用が高額になるためです。

基本的にクレジットカードでの売上は、決済後すぐカード会社から車検業者に支払われるわけではないので、お店側が一時的に費用を立て替えることになります。

法定費用は、車の重量や年式によっても異なりますが、1台約4〜10万円ほど。

数十台分となると、その金額は数百万ほどになってしまいます。

大きな資金力を持っている業者であれば問題ありませんが、高額の資金調達が難しい中小企業などの場合は、資金繰りが悪化してしまうことも考えられます。

これが、法定費用を現金で支払う2つ目の理由です。

法定費用を先払いするケースがある

法定費用をクレジットカードで決済できない理由の3つ目は、法定費用を先払いする場合があるためです。

例えば、小規模の認定工場の場合、車を直接陸運局に持ち込んで車検を受けることになるため、その場で法定費用の支払いが生じてしまいます。

また、車検を途中でキャンセルされることや、支払いが滞るリスクも考えられるため、お店側から先払いを求められることもあるでしょう。

大きな資金力を持つディーラーなどで車検を受ける場合でも、初めて車検を受けるときには信用の担保として、先払いが必要になることも珍しくありません。

車検を受けるときには、法定費用分が先払いになる可能性があることを覚えておいてください。

「プロミス」

最短3分で融資可能
error 365日24時間申込OK!最短3分融資♪
error 初めての方は30日間無利息(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)
※新規契約の融資上限は、本審査により決定

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短3分(回答)*1

※申込み時間や審査によって希望に添えない場合があります。

車検費用をクレジットカード払いするメリット

黒板に白い文字で書かれたメリットという文字
車検費用をクレジットカードで支払うと、現金を用意しなくても支払えることやポイントが貯まるといった、いくつかのメリットがあります。

車検費用をクレジットカード払いにするメリットについて、みていきましょう。

手元に現金がなくても支払いが可能

車検費用をクレジットカード決済できれば、手元に現金がなくてもすぐに支払えます。

車種や年式などによって車検にかかる料金は異なりますが、10万円以上になることは珍しくありません。

わざわざ銀行まで足を運んで現金を用意しなくていいことや、手元に現金を残しておきたいとき、カード決済であれば支払いを先送りできるという点はメリットといえるでしょう。

また、車検代を持ち運ぶ際に「お金が入った財布をなくした」「トラブルに巻き込まれた」といったリスクを最小限に抑えられます。

分割払いやボーナス払いができる

クレジットカードで車検代を支払うと、分割払いやボーナス払いができるという点も大きなメリットです。

車検ではまとまった費用が必要になるため、高額な費用を一括で支払うのは難しいという方もいるでしょう。

そんなときに、クレジットカードの分割払いやボーナス払い、リボ払いを利用して、費用を複数回に分けて支払うことで負担が減り、日常生活に無理のない範囲で支払うことが可能となります。

契約しているカード会社によって、分割払いの種類はさまざまです。

規約を確認して、自分のライフスタイルにあった支払い方法を選択しましょう。

ポイントが貯まる

クレジットカードで決済すると、利用した金額に応じたポイントを貯められます。

車検では高額な費用が必要になるため、その支払いをクレジットカードで決済できればたくさんのポイントが附与され、貯まったポイントは他のお買い物や商品と交換できます。

特に一括払いでカード決済するときには、分割手数料がかかることもないので、ポイント分がプラスになります。

クレジットカードで支払う際、通常よりもポイントをお得に貯めるには、誕生月やカード会社のポイントアップのイベントなど、ポイント還元率が高くなる時を狙って車検代を支払う方法がおすすめです。

また、なるべく高還元率のクレジットカードを利用することで、一般的なポイント還元率のカードで決算するよりもお得にポイントを貯められます。

予想外の出費でもあわてない

突然の出費、予定外の出費で困ったことはありませんか?
「給料日前でお金がない、予定してないから貯金もない。どうしよう。」
そんな時こそ賢くカードローンを活用しませんか?
初めて利用する人なら、借入れから30日間無利息で家計に優しい。

最短3分で融資可能

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短3分(回答)*1

*1 申込み時間や審査によって希望に添えない場合があります。

※プロミスの公式サイトへ移動します。

車検費用をクレジットカード払いするデメリット

黒板に白い文字で書かれたデメリットという文字
車検費用をクレジットカード払いするとポイントが貯まり、分割払いも可能になるなどのメリットがありますが、その反面、注意しなければならないデメリットもいくつかあります。

ここでは、車検費用をクレジットカード払いするデメリットを2つ紹介していきます。

分割払いにすると手数料が発生する

クレジットカードの分割払いやボーナス払いは、毎月の出費を抑えられる便利なサービスですが、カードの分割払い手数料が発生してしまう可能性があります。

毎月の負担を軽くしようと思い分割の回数を増やせば増やすほど、その分手数料の負担も重くなります。

分割の回数を増やし過ぎた結果、カード払いで獲得したポイントよりもマイナスになってしまうことや、次回の車検までに支払いが完了しないという可能性もあるので注意してください。

ほとんどのカード会社で、分割3回以上の場合に手数料がかかり、ボーナス払いや2回までの分割であれば手数料の負担がかからずお得です。

ただし、利用する店舗によっては、2回払いが選択できない場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

クレジットカードを使える車検会社が少ない

最近では、クレジットカードが利用できる車検会社が増えていますが、まだまだクレジットカードが利用できないところもたくさんあります。

そのため、車検費用全額をクレジットカード決済できるお店を探すとなると店舗が限られることになり、自分に合った車検業者を見つけるのに時間や手間が発生してしまいます。

特に、法定費用に関してはクレジットカード払いに対応していない業者がほとんどです。

車検費用を全額クレジットカード決済したいのであれば、資金力の大きいディーラーや、提携クレジットカードを持っている車検業者を選ぶといいでしょう。

ただし、全てのディーラーが車検代を全額決済できるとは限らないので、事前にきちんと、車検費用全額をクレジットカード決済できるか確認しておいてください。

「ちょっと足りない」をカバーする

日常生活の「あとちょっとお金が足りない」に、プロミスを賢く利用してみては?
30日間無利息を利用すれば、利息を気にする必要もありません。
計画的な利用・返済で、「どうしよう」という心の負担を軽くしませんか?

最短3分で融資可能

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短3分(回答)*1

*1 申込み時間や審査によって希望に添えない場合があります。

※プロミスの公式サイトへ移動します。

クレジットカードを使わずに車検費用の負担を減らす方法

階段状に積み上げられた木製のブロックと削減という文字
すべての車検業者がクレジットカードを利用できるとは限らないため、「クレジットカードを使わずに車検費用の負担を少しでも減らしたい」と考える方も多いでしょう。

そこで、クレジットカードを使わずに車検費用を抑えたいときにおすすめの方法を紹介します。

車検代をローンで支払う

手元にまとまった資金がないという方におすすめなのが、車検代をローンで支払う方法です。

例えば、使い道に制限のないフリーローンやカードローンを利用するのがおすすめ。

車検に必要な資金を全額借り入れてから分割で返済していくことで1回の支払い負担を軽減でき、月々の支払い金額をある程度一定の金額にすることができます。

ただし、審査に通過する必要があり、返済能力や信用情報の基準を満たせていないとローンを利用することはできません。

また、クレジットカードでの分割を利用するよりも金利が高くなることもあります。

金利はローン会社によっても異なるので、事前に確認しておきましょう。

車検基本料や整備費用を抑える

車検費用は「車検基本料金」と「法定費用」で成り立っており、国に支払う税金や保険料である「法定費用」はどこに依頼しても同じ金額と説明してきました。

しかし、点検費用や整備費用、事務手数料を含めた「車検基本料金」はお店側が設定できるので、金額は車検業者によって異なります。

つまり、法定費用以外の部分である車検基本料金や整備費用の金額を抑えることができれば、車検にかかる負担を抑えられるということです。

車検基本料が安く設定されているお店などで、何社が見積もりを依頼して金額を比較し、自分の納得のいく業者へ依頼するといいでしょう。

また、予算に応じて交換部品のグレードや整備内容を変えて、費用を抑えることができるお店もあるので、ぜひ相談してみてください。

法定費用以外をクレジットカード払いにする

法定費用がクレジットカード決済に対応していなくても、車検基本料金や整備費用はクレジットカード決済に対応していることがあります。

そんな時には、クレジットカードで決済できる部分だけをカード決済するのがおすすめです

全額ではなくてもクレジットカードで数万円の費用を決済することで、その分のポイントを貯められます。

ただし、お店によっては、カードを利用することで通常よりも車検にかかる料金が割高になる可能性もあるので、注意してください。

車検代の支払いが難しいときにはカードローンを利用する方法もあり!

電卓の液晶部分に浮かぶLOANという文字

車検代の支払いが難しいときや、クレジットカードを利用できない場合には、カードローンの利用も検討しましょう。

カードローンでは、クレジットカードの分割手数料と比較すると金利が少し割高ではありますが、まとまった資金を用意しなくて済むため、手元にお金を残しておきたい方や急な出費で金欠という方におすすめです。

金融機関のカードローンは審査に時間がかかることがありますが、消費者金融のカードローンなら審査から借入れまでがスピーディーです。

金融機関や信販などのローンに比べると比較的審査に通りやすくて、使用用途も制限されていません。

ただし、条件によっては借入れができないことや、金額が設定されていることもあるので注意してください。

「プロミス」フリーキャッシング

最短3分で融資可能

error 365日24時間申込OK!最短3分の即日融資も可能♪
error初めての利用で30日間無利息(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)
  ※新規契約の融資上限は、本審査により決定

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短3分(回答)*1
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要

*1 申込み時間や審査によって希望に添えない場合があります。

まとめ

これまで紹介したように、車検の費用の一部分である「法定費用」はクレジットカードで決済できず、現金で支払わなければならないケースがほとんどです。

そのため、車検を受けるときにはあらかじめ、まとまった資金を用意しておくことが大切です。

「急な出費で車検費用を用意できない」「車検代を支払うと日常生活が困難になる」という場合には、クレジットカードでの分割払いやカードローンの利用も検討しましょう!

ローンを組むときには、自分のライフスタイルに合った、無理のない返済計画を立てておくことをおすすめします。