プロミスの営業時間は何時まで?審査受付や振り込み可能な時間も紹介

プロミスの窓口にはネットや無人契約機・店舗などがあり、それぞれの営業時間も違います。

そのため早く申込をしたいときほど、営業時間に注意しましょう。

今回は、プロミスの営業時間審査受付時間振込可能時間など、様々な「時間」をチェックしてみます。

プロミスおすすめPOINT

arrow_rightWEB完結で即日融資可能
arrow_right実質年率17.8%
arrow_right女性専用のレディースコールも設置!
arrow_right初回借入翌日から30日間利息無料
(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)

プロミスの「WEB申込」「自動契約機」なら土日・祝日問わず21時まで審査受付!

プロミスの営業時間を紹介

プロミスの無人契約機の営業時間は9:00~21:00のところが多くあり、店舗によって時間が異なります。

店舗によって利用できる時間が違うので、プロミスの公式サイトで確認することをオススメします。

各申込方法の受付時間もチェックしてみましょう。

借入営業時間
ネット申込24時間
自動契約機店舗によって異なる
プロミスATM店舗によって異なる
審査可能時間申込方法によって異なる
振り込み融資原則24時間

また、プロミスの振り込み融資は「瞬フリ」と言い、最短10秒で借り入れが可能です。

365日24時間・土日夜間問わずいつでも申込可能なので、急な出費にも即座に対応してもらえます。

プロミスの申し込み方法は、店舗窓口やネットのほかに、電話連絡や無人契約機があります。

店舗にはスタッフがいるため、相談しながら契約も可能ですが、最近はネットの普及もあり、店舗を利用する人も減りつつあります。

店舗や自動契約機・ATMの営業時間は随時変更されるため、最新情報はプロミスの公式ホームページで確認しましょう。

プロミスの審査回答時間帯を確認してから申し込もう

プロミスの申込は24時間受け付けていますが、審査は24時間しているわけではありません

そのため、申込時は審査回答時間を考慮しましょう。

急いでいるのであれば、なおさらです。

プロミスの審査回答時間は、インターネット申し込みの場合は9:00~21時で、これは土日でも変わりません。

最短であったとしても1時間程度は審査に時間がかかるため、最短即日融資を希望するのであれば、遅くとも20時までに申込を終わらせ、審査に入ってもらわなければなりません。

審査回答時間外の申込は翌営業日の扱いとなる

最短即日融資を受けようと思うなら、遅くとも20:00までには申込を完了させる必要があります。

もし間に合わなかった場合、審査は翌営業日扱いとなるため、注意が必要です。

プロミスの審査回答時間を紹介

プロミスのカードローンは、審査時間が最短30分で、最短即時融資も可能です。

ただし申し込んだ時間帯によって、回答時間に差がでるため、最短即日融資を希望する人は午前中の申込がおすすめです。

プロミスの審査開始時間が9:00からなので、ネット申し込みの場合は、前日の20:00以降に申込があった分は全て翌営業日に回される可能性が高いです。

基本的に申込があった順に審査を行うため、翌日の朝一番の審査を希望する場合は、前日夜に申込を済ませておくのもよいでしょう。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要

プロミスでコンビニ利用時に手数料のかからない時間はある?

プロミスではコンビニATMを使っての借り入れや返済ができますが、気にあるのは手数料ですね。

毎回のことですから、できるだけ抑えたいところでしょう。

ここではコンビニを利用したときの手数料について解説します。

借り入れは手数料がかかる

コンビニATMで借り入れをした場合、利用する時間帯にかかわらず毎回取引のたびに手数料がかかります

利用できるコンビニATMと手数用を一覧にしましたので、参考にしてください。

コンビニ名取引金額借入時返済時
ローソン銀行
セブン銀行
イーネット
1万円以下110円
1万円以上220円

毎回手数料がかかるとはいえ、全国にあり24時間利用できる利便性を考えれば、活用したいところですよね。

実は、返済であればコンビニのATMを使って手数料無料で取引できる方法があるのです。

早速見ていきましょう。

返済はマルチメディア端末を使えば手数料0円

返済にかかる手数料は、コンビニに設置されているマルチメディア端末を利用することで0円になります。

ただし、全てのコンビニに設置されているわけではないので、注意してくださいね。

また、2020年3月31日の23:00に、ローソンにあるLoppi(ロッピー)が提供するカードローンやキャッシングの返済サービスが終了してしまうので、気を付けましょう。

マルチメディア端末が利用できるコンビニは以下の通りです。

コンビニ名メディア端末営業時間手数料
ローソン
ミニストップ
ロッピー24時間
月0:00~7:00はメンテナンスのため利用不可
※2020年3月31日以降はロッピーは利用不可
無料
ファミリーマートファミポート

マルチメディア端末はメンテナンス時間を除き、24時間利用可能です。

またATMと違い、利用手数料もかかりません

「マルチメディア端末ってあんまり使ったことないけど、どうやって利用するの?」

たしかに、ロッピーやファミポートってチケットの発券くらいでしか使わないですよね。

返済するときのマルチメディア端末の操作方法についても、チェックしておきましょう。

利用の際には、プロミスカードが必要となりますので、忘れずに持参してくださいね。

ロッピーの操作方法

  1. 【各種代金・インターネット受付・スマートピット(Smart Pit)/クレジット等のお支払い/Amazon等受け取り】
  2. 【クレジット・ショッピングのお支払い】
  3. 【プロミス】ロゴ
  4. 画面で注意事項を確認後、プロミスカードを挿入します。
  5. 暗証番号を入力し、【次へ】を選択
  6. 返済金額を入力します。一度に返済可能な金額は30万円までなので注意しましょう。
  7. 確認画面に問題なければ、【了解】ボタンを押して完了です。
  8. メディア端末からレシートがでてきますので、30分以内にレジで清算しましょう。

ファミポートの操作方法

  1. 【金融サービス】
  2. 【プロミス】
  3. 返済金額を入力します。
  4. 申込券がレシートででてくるので、レジで精算します。お客様控えの受け取りも忘れずに行いましょう。

プロミスの振込キャッシングの申込方法から借り入れまで

プロミスでは店舗やATM、無人契約機に行かなくてもWeb申込で口座にお金を振り込んでもらえる、「振り込みキャッシング」が可能です。

申込の方法は3種類から、自分にぴったりの方法を選べます。

申込方法は3種類

振り込みキャッシングへの申込方法は3種類あります。

どれも手数料はかからず、手続き終了から最短10秒で振込融資が受けられます

ATMまで行く必要がなく、24時間利用可能です。

申込方法概要手数料利用時間
スマホ・パソコンスマホやパソコンを使い、プロミスの会員ページより申込。
最短10秒で振り込みます。
無料24時間(メンテナンス期間を除く)
アプリプロミスのアプリローン(スマホアプリ)を利用し、カード不要で借り入れができます。無料24時間(メンテナンス期間を除く)
プロミスコールプロミスコール(0120-24-0365)からでも借り入れが可能。
24時間通話料無料で利用できます。
無料24時間
(毎週 0:00~7:00の間・元旦を除く)

プロミスの申込みはこちら

必要書類は本人確認書類と収入証明書類

プロミスでお金を借りる際、必ず必要となる書類は、本人確認書類です。

しかし希望金額によっては収入証明書も求められますので、前もって準備しておくとスムーズでしょう。

利用できる本人確認書類

本人確認書類は運転免許証があればOKです。持っていない人は、以下の中からひとつを用意します。

  • パスポート
  • 保険証+住民票

保険証と住民票が必要となるのは、来店による申込をする場合です。

また、外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」を併せて用意しましょう。

本人確認証と現在の住所が違う場合は、上記に併せて、以下のものが必要です。

  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力会社・水道局・ガス会社・NHK・固定電話のもの。携帯は不可)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明

※全て発行から6か月以内のものを用意すること。

さらに、希望条件金額が50万円を超える場合や他社との借入残高と希望額の合計が100万円を超える人は、収入証明書が必要です。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2か月+1年分の賞与明細書)

※賞与がない場合は、直近2か月の給与明細書を用意します。

審査項目は把握しておこう

プロミスで借り入れをするためには、審査があります

審査基準はブラックボックスであり、公開されていませんが、主に以下の項目をもとに審査を行っています。

  • 年齢
  • 年収
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 家族構成
  • 住居形態/住居年数
  • 固定電話の有無

などです。

中でも、特に重視するのが年収と勤続年数雇用形態です。

プロミスの融資条件に「安定収入のある人」とあるように、働いていることは第一条件となります。

働いて収入がある=返済能力ありとみなされるためです。

「先ほどの項目以外にも、他社借入が重要になるって聞いたことあるけど」

そうなんです。プロミス以外の借入があると審査に大きな影響をあたえます。

また、他社借入を考慮するときには総量規制という法律が重要です。

総量規制とは「貸金業者は年収の3分の1までしか融資ができない」というルールです。

例えば、年収300万円の人であれば、100万円ちかくまでしか借り入れできません。

総量規制は、利用者の限度額の目安になります。

そのため、プロミスとしても、利用者の年収が分からなければ融資ができないのです。

もうひとつ、個人信用情報も大きく関係してきます。

利用者の情報は「個人信用情報機関」に記録されています。

個人信用情報は、金融機関で共有してる金融商品の取引に関する情報です。

利用者の借り入れ額の情報や返済情報・滞納遅延まで、お金に関することはほぼ全て記録されています。

そのため他社の滞納や、過去の遅延全てプロミスにバレると言えるでしょう。

プロミスは返済できない可能性のある人は貸せませんので、個人信用情報に金融事故の記録がある人は審査に通らない可能性があります。

プロミスでは、審査基準は公表されていませんし、落ちた場合に原因について教えてくれることもないです。

しかし、ほとんどの場合、収入の安定性個人信用情報が影響していると考えられます。

プロミスの振込キャッシングが受けられる時間は?

最短10秒で指定口座に振り込みがなされる、プロミスの「瞬フリ」ですが、これはプロミスが提供するオリジナルの融資方法のひとつです。

24時間いつでもWebで申し込むだけで、手数料無料で口座に振り込まれるのは大きなメリットですよね。

瞬フリについて、くわしく解説していきます。

振込キャッシング対応時間は金融機関で変わる

プロミスが早いのは、今や審査結果が来るまでの時間だけではありません。

瞬フリは、消費者金融のうち、最も早い融資方法と言っても過言ではないでしょう。

インターネットを利用した口座振込のサービスは、今まで銀行の営業時間内に手続きをしなければ、当日振り込みに間に合いませんでした。

しかし、プロミスの瞬フリであれば、24時間即時に振り込みをしてくれるうえ、手数料も無料です。

申請が深夜であろうと早朝であろうと、瞬フリの対応は年中無休なので、土日祝も関係ありません

「でも、対応してくれる銀行は少ないんでしょ?」

たしかに、最初は対応している銀行は少なかったのですが、2018年より対応銀行を拡大したため、さらに便利に利用できるようになりました。

利用可能な主な銀行は以下の通りです。

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

など、約200の対応銀行がありますが、口座を持っていることが絶対条件です。

「近くにプロミスのATMがない」「コンビニATMは手数料が高い」そう考えている人におすすめです。

10秒という短時間で振り込まれるのが魅力ですが、金融機関によっては、誤差がでる場合があるので余裕を持って申込みましょう。

プロミスのアプリを使えば対象のコンビニで24時間借り入れ可能

プロミスの公式アプリ「アプリローン」を使えば、カードなしで24時間、セブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMで借り入れと返済ができます。

アプリを使ってATMに表示されるQRコードを読み込ませて、指示に従うだけで簡単に取引が出来ますよ。

ローンカードを普段から持ち歩きたくないという人にぴったりのサービスです。

ただし、所定の手数料がかかること、メンテナンス時間は利用できないため注意が必要です。

まとめ

プロミスの営業時間は、窓口によって大きく異なります。

あらかじめ確認しておくと、安心ですね。

またコンビニATMを利用する場合は、手数料のほかに利用できないメンテナンス時間も確認しましょう。

返済時の手数料を気にするのであれば、マルチメディア端末もしくはインターネット返済の利用がおすすめです。

インターネット振込の「瞬フリ」であれば、最短10秒で振込融資が行われます

ただし申込時間によって、タイムラグが発生する恐れがあるので注意しましょう。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要