プロミスの本社はどのような会社?企業情報や事業内容を紹介

この記事を読んでいるということは、大手消費者金融であるプロミスの本社がどのような会社なのか気になっているのだと思います。

「そうなんだよ!お金を借りる以上プロミスがどういう会社なのかを知りたいと思ってね!」

うんうん、そうですよね!
お金を借りているところがどのような会社なのかを詳しく知っておくことは大切ですよね。

そこで今回は、プロミスの企業情報や事業内容を詳しく紹介していきます。

同グループの三井住友銀行との関係も併せてチェックしていきましょう。

「プロミス」

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪ 
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分

プロミスの本社は銀座の歌舞伎座タワーにある

歌舞伎座イメージ写真

プロミスの本社は、東京銀座の歌舞伎座タワーの中にあります。

本社の所在地は次の通りです。

  • 郵便番号:104-0061
  • 住所:東京都中央区銀座四丁目12番15号
  • 電話番号:03-3543-7100

2019年12月現在のプロミスの本社は銀座の歌舞伎座タワーにありますが、以前は東京大手町に本社ビルがありました。

2011年に本社ビルを売却することが決まり、歌舞伎座タワーに移転したのです。

プロミスの会社概要と携わる事業内容を紹介

続いて、プロミスの会社概要と事業内容を紹介します。

称号SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(SMBC Consumer Finance Co,Ltd)
設立年月日1962年3月20日
資本金140,737百万円
株主株式会社三井住友フィナンシャルグループ
事業内容貸金業、保証業
従業員数2,252名
加盟団体
  • (社)日本経済団体連合会
  • (社)日本クレジット協会
  • 日本貸金業協会
店舗数・チャネル数全951店

  • お客様サービスプラザ:18
  • 自動契約機:987
  • 自動契約機店舗(無人):933
  • プロミスATM:963
  • 提携コンビニ:32,345
  • 提携ATM・CD:108,235

(2019年3月現在)

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社

先に紹介した通り、プロミスはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社によって運営されている商品ブランドです。

プロミスはSMBCグループであるため、多くの関連会社とつながりがあるのです。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が運営している会社には、次のような会社があります。

  • 三井住友銀行
  • SMBC信託銀行
  • 三井住友ファイナンス&リース
  • SMBC日興証券
  • 三井住友カード
  • セディナ
  • 日本総合研究所
  • 三井住友DSアセットマネジメント

貸金業を中心に幅広い事業を展開している

プロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンスでは、貸金業を中心に次のような事業を展開しています。

金融事業SMBCコンシューマーファイナンスが運営する金融事業のブランドがプロミスです。

プロミスでは、個人のお客様に対してキャッシングやカードローン、おまとめローンなどの商品が提供されています。

全国にお客様サービスプラザを18か所設置し、借り入れや返済だけでなく、お金に関する相談を受け付けています。

借り入れの申し込みは対面だけでなく、電話や自動契約機、インターネットでもできます。

プロミス専用のアプリも提供していて、生体認証機能や顔認証システムを導入しさらなる利便性の向上をはかっているのがプロミスの特徴です。

保証事業三井住友銀行だけでなく、全国各地の金融機関に対して保証業務を展開しています。

保証提携先は187か所におよび、金融機関に代わってローンやキャッシングに関する審査を実施しています。

保証事業は2003年から始まりましたが、2019年3月現在の保証残高は1兆2,000億円超にもおよびます。

提携金融機関からのニーズに幅広く対応するために次のようなサポートを提供しています。

  • システム提供
  • 商品開発
  • プロモーション支援
  • 保証審査
  • 受け付け業務
  • 各種事務処理
海外事業プロミスは香港やタイ、中国にも海外展開をしています。
日本で得たマーケティングや与信、債権管理などのノウハウをいかして、海外で現地法人を設立して事業を運営しているのです。
債権管理事業プロミスはもちろん、債権管理事業はSMBCコンシューマーファイナンスにとって非常に重要な業務です。

専門の管理センターや子会社のアビリオ債権回収を設置して、返済などに関する相談や案内の対応に当たっています。

また、3都市(東京、大阪、福岡)にSMBCコンシューマーファイナンスの社員に相談できる電話相談窓口を設置し、返済のサポートも手掛けています。

プロミスの本社は、様々な事業を展開し、うまく情報やノウハウを共有し合うことで最適なサービスの提供に努めていると言えます。

社会貢献活動にも積極的に取り組んでいる

金融経済教育活動イメージイラスト

プロミスは、社会貢献活動のひとつとして金融経済教育活動に取り組んでいます。

金融経済教育活動とは、多くの人にお金の正しい知識や判断を伝える活動のことです。

過去に、神奈川県の小学校でお金の大切さについて講演したり、千葉県の大学でローンやクレジットに関する講座を開催したりしました。

金融経済教育セミナーの講師の派遣は、プロミスのお客様サービスプラザに問い合わせることで誰でも利用ができます。

大人だけでなく子どももお金について知ることができる貴重な機会であるため、金融経済教育は非常に価値がある活動と言えます。

他にも、地域での催事や商店街活動を通して、地域の住人とお客様サービスプラザのスタッフが一緒に活動する機会も設けています。

消費者金融の一員として環境保全にも力を入れている

プロミスでは、環境保全にも力を入れています。

具体的な取り組みとしては、次のようなものが挙げられます。

  • LED照明の導入
  • 書面の電子化
  • エコルールの推進
  • EMS(環境マネジメントシステム)の推進

LED照明を導入して電力消費を削減することで、CO2の発生を少なくする効果があります。

また、利用明細書といった書面を電子化すると紙の使用量が減るため、森林などの環境保全につながる効果があるのです。

同じグループの、三井住友銀行との関係を紹介

先に紹介した通り、プロミスと三井住友銀行は同じグループの会社です。

そのため、三井住友銀行のローン契約機を使って、プロミスの借り入れ申し込みができたり、三井住友銀行ATMで借り入れができたりします。

プロミスのバックにメガバンクである三井住友銀行があることで、資金面や運営面において安心感があるとも言えます。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要

銀行やコンビニと提携して全国で様々なサービスを提供

提携のイメージイラスト

先に少し触れましたが、プロミスは全国各地の銀行やコンビニと提携しています。

具体的にどのような銀行やコンビニと提携しているのか、どのようなサービスを利用できるのか見ていきましょう。

提携する銀行とコンビニを紹介

プロミスの提携先は以下の通りです。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • イオン銀行
  • 横浜銀行
  • 東京スター銀行
  • 第三銀行
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 親和銀行
  • 広島銀行
  • 八十二銀行
  • ローソン銀行
  • セブン銀行
  • イーネット

銀行やコンビニと提携するサービス内容とは

プロミスと提携する銀行やコンビニに設置されているATMを利用して、借り入れや返済ができます。

ただし、先に紹介した銀行のうち、親和銀行、広島銀行、八十二銀行は借り入れしかできないので注意してください。

プロミスATMは手数料が無料ですが、提携ATMの場合は借り入れや返済の取引金額に応じた手数料を支払う必要があります。

取引金額手数料
1万円超220円
1万円以下110円

また、ファミリーマートやミニストップ、ローソンにあるマルチメディア端末を使うと手数料無料で返済ができます。

ただし、2020年3月31日の23:00にLoppi(ロッピー)のカードローンやキャッシングの返済サービスが終了するので、気を付けましょう。

マルチメディア端末を使った借り入れはできませんが、手数料をかけずに返済ができるので賢く使うことをおすすめします。

さらに、セブン銀行またはローソン銀行であればスマホを使って簡単に借り入れや返済ができるスマホATMを利用できます。

プロミスの専用アプリにログインし、スマホATM取引を選択して表示されたQRコードを使って借り入れ・返済ができるのです。

ローンカードを使用せずに24時間365日いつでも手続きができるので、非常に利便性が高いサービスです。

プロミス以外にも消費者金融はありますが、便利でお得に借り入れができる点がプロミスの魅力です。

まとめ

プロミスは、SMBCコンシューマーファイナンスという会社の商品ブランドです。

また、SMBCコンシューマーファイナンスはSMBCグループに所属しています。

そのため、プロミスには多くの関連会社が存在します。

たくさんの会社とうまく連携することで、プロミスは利用者にとって利便性が高い様々なサービスを提供できるのです。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要