プロミスの審査時間は?土日でも最短即日融資を受ける方法を解説

プロミスは最短即日融資が受けられる、非常に便利な消費者金融です。

今日突然お金が必要になったというときでも安心して申し込みができますね。

しかし、土日に申し込みした場合でも、最短即日融資は受けられるのでしょうか。

実はプロミスでは平日同様、土日でも最短即日融資を受けることができるのです。

ただし、即日借入を行うには一定の条件を満たさなければいけません。

そこで今回はプロミスの審査時間や土日でも最短即日融資受けるための方法を紹介します。

土日の審査回答時間は何時まで?

プロミスは土日でも24時間申し込みを受け付けていますが、審査が行われる時間は決まっているので、いつでも借入ができるわけではありません

即日で借入を行いたい場合は、審査回答時間を把握しておく必要があります。

ここでは、プロミスの土日の審査回答時間を解説しますので確認してください。

申し込み方法によって回答時間は異なる

プロミスは土日であっても、申込時間や審査回答時間は基本的に変わりません。(一部自動契約機の営業時間は曜日によって変わってきます)

ただし、審査回答時間は申込方法によって変わってきますので、自分が利用する手段ごとに何時までか確認しておくことが大切です。

WEBからの申し込みの場合

WEBからの申し込みをする場合は、審査回答時間は9時から20時までです。

ただし、終了時間はあくまで目安であるため、多少前後する可能性があります。

確実に即日借入を行いたい場合は、19時よりも前に申込を完了させておいた方が良いでしょう。

自動契約機からの申し込みの場合

自動契約機から申し込みを行う場合は、審査回答時間は9時から21時までです。(営業時間が22時までの店舗の場合)

WEBからの申し込みよりも審査回答時間が少し長いので、最寄りにプロミスの店舗がある人は、自動契約機に向かうことをおすすめします。

また、自動契約機の営業時間が審査回答時間よりも長い店舗が多いですが、実際には回答時間内に申込を行わなければ、翌営業日まで借入ができませんので気を付けてください。

審査回答時間内でも即日借入できないことも

審査回答時間内であれば、即日で借入できる可能性がありますが、必ず借入ができるわけではありません

たとえ申し込み完了が審査回答時間内であったとしても、審査に時間がかかった場合は、回答が翌日に回されることもあります。

審査が長引く理由や審査結果が来ない理由については、後ほど詳しく解説するので併せて確認してみてください。

審査結果が来ないときに考えられること

混雑時期でもないのになかなか審査結果が来ないと、不安に感じることもあるかもしれません。

消費者金融は審査が甘いとイメージを持っている人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

何か疑問点や不審点があれば時間を掛けて審査を行っているのです。

混雑時を除いて審査の回答が遅い場合、何かしらの原因があることもあります。

その考えられる原因を紹介します。

申し込み内容に不備があった

申し込み内容に不備や虚偽があった場合、審査の回答に時間が掛かることがあります。

プロミスでは申し込み内容とその事実確認を行いますが、申し込み内容に不審な点があればより時間を掛けて審査を行います。

虚偽の申告はもってのほかですが、不備がないように申し込み内容や提出書類の確認を徹底しましょう。

個人信用情報に問題があった

個人信用情報に問題があった場合、信用度や返済能力に疑問を持たれ審査が長引く可能性があります。

個人信用情報とは金融機関のクレジットカードやローンの申し込みや利用履歴だけでなく、毎月の携帯料金などに関する申し込み内容や契約内容、支払い内容を記載したものです。

この個人信用情報に、長期延滞や債務整理などの金融事故の記録があると、プロミスの審査通過は厳しいです。

過去に遅延などを起こした心当たりがある人は申し込む前に自分の個人信用情報を確認しておくことをおすすめします。

借入金額が大きかった

プロミスの審査のうち、申込者は収入と借入額のバランスも見られます。

申込者が返済できない可能性がある借入額を希望した場合は、融資を減額して行う場合があり、審査結果の通知に時間が掛かるので注意しましょう。

また、プロミスの借り入れ限度額の決定は、審査のうち個人信用情報だけでなく、総量規制に近い融資にならないかも重視されます。

総量規制とは貸金業法で定められた法律で「貸金業者は年収の3分の1を超えて貸してはならない」というものです。

総量規制は他社の借り入れ可能枠も含んで計算されます。

審査結果が遅いときはプロミスに確認しよう

審査結果が遅いときには、プロミスコールに連絡して確認してみましょう。

プロミスから「混雑していて時間が掛かっている」などの回答を得られれば安心して待つことができますよね。

もし急いでいる場合はプロミススタッフにその旨を相談してみましょう。

一時的に借入限度額を制限して、融資をしてくれる可能性があります。

土日の審査で気を付けたいことは?

土日でもプロミスは審査を受けることが可能です。

また、平日と土日祝日とで審査内容が異なることはありません。

しかし、土日だからこそ気を付けておきたい点も存在するため、それぞれ解説していきます。

土日の申し込み方法はWEBか自動契約機

プロミスには、WEBや自動契約機の他にも、電話や郵送、お客様サービスプラザ(有人店舗)での申し込みも可能です。

しかし、残念ながらWEBと自動契約機以外の申込方法では、土日に審査を行ってもらえないので、平日まで借入ができません。

もしも、即日で借入を行いたい場合は、WEBか自動契約機での借入を行うようにしてください。

特にWEBの場合は申し込みから契約までスマホで完了するため、忙しい人でも非常に便利です。

家の近所に自動契約機があり、自動契約機での手続きを検討している人も、申し込みだけはWEBで行った方が良いでしょう。

万が一審査に落ちた場合でも、自動契約機までの無駄足が防げます。

在籍確認についてプロミスに相談する

土日の審査でもプロミスは在籍確認を行っています。

在籍確認というのは申し込みに記載した勤務先で実際働いているのか、プロミスのスタッフが電話を掛けて確認するというものです。

在籍確認は審査において欠かせないものであり、在籍確認が取れなければ審査落ちとなってしまいます。

しかし土日が仕事休みの場合はどうすれば良いのでしょうか。

誰かが休日出勤をしておりプロミスからの電話を受け取れるのであれば問題ないのですが、誰も出勤しない、土日は電話がつながらないとなれば、在籍確認は取れません。

ほかにもアルバイトや派遣社員の人の場合は、うまく在籍確認が取れないケースが少なくありません。

勤務先の事情で在籍確認が不安な場合は、必ず申し込む前にコールセンターに電話して、プロミススタッフに在籍確認について相談することをおすすめします。

審査が混み合う場合は時間が掛かる

審査は人の手によっても行われますので、混雑している時期や時間帯は思いのほか審査結果の回答が遅くなる場合があります。

主な混雑時期としては、昼休みの時間帯、夕方、休日前、給料日前などが挙げられます。

最短30分での審査結果回答は、飽くまでもスムーズに審査がすすんだ場合です。

最短での融資を希望するのであればできるだけ早い時間帯に申し込みを終わらせておきましょう。

必要書類は必ず準備しておく

プロミスに申込をするときには、本人確認書類の提出が必要となります

本人確認書類としては以下の書類が使えるので、事前に準備しておきましょう。

運転免許証
パスポート
マイナンバーカード
健康保険証と住民票

また、借入金額が50万円を超える場合は、源泉徴収票や給与明細などの収入証明書も併せて必要です。

プロミスから土日に借り入れる方法は?

プロミスは、平日土日問わず審査を行っています。

審査が通れば休日でも手軽に借り入れができるので、非常に便利ですね。

店頭窓口である「お客さまサービスプラザ」は平日しか営業していないので、借り入れ方法としては主にATMか振り込み融資になります。

借り入れに手数料が掛からない方法もありますので、賢く利用しましょう。

カードがあればプロミスATMや提携ATMから借入できる

ローンカードを持っていれば、プロミスATMや提携ATMから借り入れができます。

プロミスATMの営業時間は店舗によって違いますが、営業している時間が長いため土日に仕事がある人でも借り入れに困ることはありませんね。

またプロミスATMであれば、借り入れも返済も手数料が掛からないので、お得に利用できます。

営業時間や休業日は店舗により異なりますので、プロミス公式サイトのATM検索であらかじめ営業時間を確認しておきましょう。

またプロミスでは複数の金融機関と提携を結んでいます。

主な提携先の例は以下の通りです。

  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • E-net
  • ローソン銀行
  • セブン銀行

このうちの三井住友銀行であれば手数料が不要ですが、それ以外の提携ATMでは1万円以下の借り入れで110円1万円を超える借り入れで220円の利用手数料が掛かりますので注意してください。

瞬フリは指定銀行の口座が必要

振り込みキャッシングを利用すればわざわざATMに行かなくてもスマホを使って自宅から借り入れが可能です。

「明日公共料金の引き落としだった」というときでも口座に入金してもらえるので便利ですね。

また金融機関によっては、申し込みから振り込みまで最短10秒で完了する「瞬フリ」が利用できます。

瞬フリを利用するためには指定銀行の口座が必要ですが、かなりの数の金融機関が対応可能となっています。

自分の銀行口座が瞬フリに対応しているのか調べたい場合は、プロミス公式サイトの「金融機関別振込実施時間検索」で確認してみてください。

◆プロミス|金融機関別振込実施時間検索

もちろんこれらの振り込みキャッシングや瞬フリは手数料無料で利用できます。

手元に現金が必要であるという場合を除いて、振り込みキャッシングで対応することをおすすめします。

プロミスの店頭窓口で借入できる

プロミスの店頭窓口であるお客さまサービスプラザであれば、その場で借り入れが可能です。

店頭窓口の方が安心できる人も多いかもしれませんが、残念ながら店舗数がそこまで多くない点と混み合う可能性が高い点があるため、あまりおすすめの借入方法ではありません。

また、先ほども紹介しましたが営業時間は平日10~18時までと決まっているため、利用する時間帯には気を付けてください。

まとめ

土日のプロミスの審査時間や最短即日融資を受けるためのコツや注意点について解説しました。

在籍確認や申し込み方法、申込時間を考慮すれば最短即日融資に可能性があるということがお分かりいただけたと思います。

土日も借り入れができるプロミスであれば、急な出費に対して強い味方になってくれるでしょう。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要