プロミスの審査の口コミは信用できる?向いている人の特徴やメリットも紹介

この記事を読んでいるということは、プロミスの審査についての口コミを知りたいのだと思います。

また、プロミスはテレビCMや電車などの広告でよく見かけますが、安全に利用できるのか気になる人もいるでしょう。

「実際に審査を受けた人の口コミって、やっぱり気になるよね!」

うんうん、そうですよね!
実際に審査を受けた人の体験談を知りたいですよね!

それに、口コミや評判を参考にすれば、「プロミスの借り入れに向いている人・向いていない人」も自ずと見えてくるかも知れませんしね。

でも、口コミや評判はそのまま鵜呑みにせず、参考程度にとどめておくことが大切ですよ(理由は本文で詳しく説明します)。

「あと、審査に通るためのポイントも知っておきたいな!」

はい!もちろんそちらも紹介していきます。
審査のポイントもしっかりと押さえてから審査を受けたいですからね。

この記事では、プロミスの審査や口コミに関する評判を紹介するとともに、プロミスの利用が向いている人の特徴や、実際に提供されている商品内容も合わせて紹介していきます。

プロミスの評判や借り入れに興味がある人は必見ですよ!

プロミスおすすめPOINT

arrow_rightWEB完結で即日融資可能
arrow_right実質年率17.8%
arrow_right女性専用のレディースコールも設置!
arrow_right初回借入翌日から30日間利息無料
(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)

プロミスの「WEB申込」「自動契約機」なら土日・祝日問わず21時まで審査受付!

プロミスって怖い消費者金融じゃない?

消費者金融と聞くと、「怖い会社なのでは?」と不安を感じるかも知れません。

「法外な金利とか、厳しい取立てとか、正直怖いイメージもあるよね・・・。」

そうですね、どうしてもそういうイメージってありますよね。

でも実際にはプロミスでは、違法な取り立てをしたり不当な利息を請求したりしないので、心配する必要はないんです。

では、「プロミスは安心して利用できる消費者金融」ということを、詳しく解説していきます。

プロミスは貸金業法に基づいた運営をしている

プロミスは貸金業法に基づいた運営をしている、安心して利用できる消費者金融です。

貸金業法とは、上限金利の設定による金利の適正化や、厳しい取り立ての制限、利用者への過剰な貸付を禁止するための法律です。

プロミスを含む大手消費者金融などの貸金業者は、貸金業法に基づいた営業しなければいけません。

貸金業法の施行は、悪質な条件での貸付をなくし多重債務者を減らすことで、個人の経済を適切にすることを目的としています。

企業のイメージに傷が付かないように注意している

プロミスといった大手消費者金融は、企業イメージを特に大切にしているため、ブランドに傷が付かないように細心の注意を払っています。

TwitterをはじめとしたSNSによって、プロミスを利用している人や申し込んだ人の感想が、簡単に確認できます。

もし、ネットに悪い評判が投稿されると、あっという間に広まってしまい、炎上してしまう危険性があります。

また、プロミスはTwitterで公式アカウントを運用していますが、ツイートやリプライなどは行っておらず、プロモーションに徹しています

仮にSNSで利用者とやりとりをすれば、企業イメージをアップさせることもありますが、傷を付けてしまう可能性もあるのです。

それくらいプロミスは運用や管理に力を入れ、徹底した社員研修をして企業イメージを守ることに注意しています。

プロミスの審査の口コミはあてになる?

プロミスの審査を受けるとき、どうしても口コミをチェックしてしまいがちです。

「ネットでいろいろ見かけるけど、口コミってあてになるのかな?」

うーん、どうでしょうか・・・。
結論から言うと、プロミスの審査に関する口コミをうのみにするのはおすすめできません

その理由について詳しく解説します。

個人信用情報が一人ひとり違うので注意する

プロミスの審査で特によくチェックされる項目として、個人信用情報があります。

個人信用情報とは、プロミスに申し込みをするまでに申し込み・利用したクレジットカードやローンの取引記録のことです。

プロミスの審査では個人信用情報を元に申込者の返済能力や信用力を確認しますが、この情報は申込者によって全く異なるのです。

プロミスの審査に関する口コミを見ると、「審査が早い」「他社の審査に落ちたけど借りられた」というプラスの内容もあれば、「希望融資額が通らなかった」などのマイナスの意見もあります。

口コミに差がある原因は、個人信用情報の違いによるものが大きな原因であると考えられます。

審査の口コミは参考程度にしよう

プロミスの審査に関する口コミは、人によって異なるので参考程度にチェックすることをおすすめします。

審査内容の違いはもちろん、申込者の受け取り方によっても口コミの情報は変わってくるので「こう感じている人もいるんだ」くらいに留めておいてください。

プロミスの借り入れに向いている人は?

プロミスで借り入れをするのに向いている人の特徴には次の3つがあります。

  1. 借りたお金を30日以内に返済できる人
  2. すぐにお金が必要な人
  3. 他社のローンに落ちてしまった人

では、それぞれの特徴について紹介していきます。

1.借りたお金を30日以内に返済できる人

プロミスには30日間無利息サービスがあるので、お金を借りてからすぐに完済できる人はお得に利用できます。

30日間無利息サービスとは、プロミスの初回借入日の翌日から30日間の利息がかからないサービスのことです。

契約日から30日間ではないので、審査通過後にすぐプロミスを利用しない場合でもお得に利用できます。

「無利息サービスはだれでも利用できるの?」

いえいえ、そうではないんです!
プロミスの30日間無利息サービスを利用するためには、次の条件を満たす必要があります。

  • プロミスの新規借入れ申込者であること
  • メールアドレスをプロミスに登録すること
  • Web明細の利用登録をすること

メールアドレスやWeb明細の登録はすぐにすむので、基本的にはプロミスの初回利用者であれば30日間無利息サービスを利用できると言えます。

期間中であれば追加借入の利息も無料になるので、短期間の借り入れを考えている人はプロミスの利用がおすすめです。

2.すぐにお金が必要な人

最短即日融資を希望する人は、プロミスのスピーディな融資に向いています。

銀行などの金融機関で販売されているカードローンは、実際に融資を受けるまでに1週間~2週間ほどかかることがほとんどです。

一方、プロミスのWEB申し込みの審査時間は最短30分で、審査内容によっては最短即日融資も受けられます。

プロミスの申し込みは、店舗や自動契約機以外にも電話やwebで手続きできるので便利です。

今すぐにでもお金が欲しい人は、スマホやパソコンを使ってプロミスへの申し込みを考えてみましょう。

3.他社のローンに落ちてしまった人

審査基準は会社によって違うため、他社のローン審査に落ちた場合でもプロミスなら利用できることがあります。

もちろん、プロミスも他社と同様に審査が行われるので、必ず利用できるわけではありませんが可能性は十分にあるのです。

銀行などの金融機関と比較すると、プロミスの審査通過率は高くなっているので、他社のローンに落ちた場合は、プロミスへの申し込みを検討してみてください。

プロミスの申込みはこちら

プロミスに向いていないのはどんな人?

プロミスの利用が向いていない人の特徴は次のふたつです。

  1. 毎月の収入が安定しない人
  2. 金利を抑えて長期間借りたい

 

ではそれぞれの特徴について紹介していきます。

1.毎月の収入が安定しない人

毎月の収入金額がなかなか安定しない人はプロミスの審査に落ちる可能性があります。

プロミスの申し込み条件には、パートやアルバイトでも申し込みができると記載されていますが、安定収入がある場合に限られます。

「『安定した収入』って具体的にはどういうことなの?」

うんうん、ちょっとあいまいでわかりづらいですよね!

安定収入がある状態とは、毎月同じくらいの給料を継続して受け取っていることを意味します。

したがって、本人に収入があっても、毎月決まった額ではなく、金額が不安定な人はプロミスの利用に向いていません。

なお、専業主婦など本人に収入がない人は、そもそもプロミスの利用ができないので注意してください。

2.金利を抑えて長期間借りたい人

プロミスは短期間の借り入れに向いていますが、低金利で長期間にわたってお金を借りたい人にはおすすめできません。

なぜなら、消費者金融の金利で長期間借り入れをすると、総支払額が高額になる可能性があるからです。

借入期間が長期間になると事前に分かっている場合は、銀行や信用金庫など低金利のローンを申し込むことをおすすめします。

自分がふだんから取引をしている金融機関であれば、柔軟に対応してくれる可能性があります。

プロミスの審査で重要になるポイント5つ

プロミスの審査で特に重要なポイントは全部で5つあります。

  1. 審査にかかる時間は人によって違う
  2. プロミスの審査では在籍確認が行われる
  3. 総量規制により年収の3分の1までしか借りられない
  4. 本人に安定した収入がないと利用できない
  5. 最短即日融資にはタイムリミットがある


それぞれどのようなことなのか、内容を順番に解説していきます。

1.審査にかかる時間は人によって違う

プロミスの審査にかかる時間は最短30分ですが、それは飽くまでもWEB申し込みの場合にスムーズにすすむ場合を想定しているため、申し込みをした日に結果がでないこともあります。

審査状況や審査内容の確認によって結果がでるまでの時間が変わるので、必ずしも最短即日融資が受けられるわけではないと覚えておきましょう。

2.プロミスの審査では在籍確認が行われる

在籍確認とは、プロミスに申告した勤務先に審査担当者が電話をかけて本当に働いているかを確認する作業です。

プロミスの審査では、必ず在籍確認が実施されます。

「どうしても電話確認が難しいんだけど、どうすればいいかな・・・。」

うんうん、そういうケースもありますよね!
何らかの事情があって勤務先での在籍確認の対応が難しい場合は、申し込みをする前にプロミスコール(0120-24-0365)に電話をかけて相談してください。

また、派遣社員の人は派遣元を申告することになっていますが、派遣先に電話をして欲しい等要望がある場合も、必ずプロミスコールで連絡をしておきましょう。

3.総量規制により年収の3分の1までしか借りられない

総量規制とは、融資額を申し込み者の年収に対して3分の1までに制限する法律のことです。

プロミスの貸付けは総量規制が適用されるため、総量規制に近い借り入れ希望額で申し込みをすると審査に落ちることがあります。

「他からも借入れしているんだけど、それも総量規制に入れて考えるの?」

はい!そうなんです!

総量規制はプロミスの借り入れ希望額だけでなく、他社借入残高も計算に入るので気を付けてください。

4.本人に安定した収入がないと利用できない

プロミスは申し込み者本人に安定した収入がないと、お金を借りられません。

パートやアルバイトでも収入が安定していれば利用できる可能性がありますが、正社員や派遣社員と比較すると融資可能額は低くなります。

プロミスの審査で安定した収入がないと判断される可能性がある具体例は次の通りです。

  • ライターやイラストレーターなどのフリーランス
  • ホストクラブやキャバクラ勤務といった水商売
  • 作家や画家などのアーティスト
  • 日雇アルバイト
  • アルバイトをしていない学生

5.最短即日融資にはタイムリミットがある

プロミスは最短で即日融資を受けられる可能性がありますが、申し込み方法によってタイムリミットが設定されているので注意してください。

自動契約機は閉店時間の1時間前まで、ネットの場合は20:00までに申し込みを完了すれば最短即日融資を受けられます。

ただし、審査内容や審査状況によっては、タイムリミットを守った申し込みでも即日融資が受けられないこともあります

プロミスに申し込みしたその日に融資を受けたい人は、できるだけ午前中に手続きを完了させることをおすすめします。

プロミスの大きなメリットを紹介

プロミスは、他の大手消費者金融にはないメリットが多数あります。

  • 大手消費者金融の中では金利が低い
  • コンビニATMで借入と返済ができる
  • レディース専用のカードローンがある

 

メリットを最大限に生かすことで、お得に借り入れができたり、利便性が高いサービスを利用できたりします。

プロミスか他の消費者金融のどちらに申し込むか迷っている人は、是非内容をチェックしてみてください。

大手消費者金融の中では金利が低い

プロミスは大手消費者金融と比較すると、低金利でお金を借りられるのでとてもお得です。

他の消費者金融と銀行カードローンの金利をまとめると、次の表のようになります。

会社名適用金利
プロミス4.5%~17.8%
アコム3.0%~18.0%
アイフル3.0%~18.0%
SMBCモビット3.0%~18.0%
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」1.8%~14.6%
三井住友銀行カードローン4.0%~14.5%
みずほ銀行カードローン1.5%~14.0%

最低金利で比較するとプロミスよりもアコムやアイフルの方が低いですが、最大金利はプロミスの方がお得だと言えます。

なぜなら、初回借り入れの場合は最大金利が適用されることが多いためです。

最低金利で借りられるのは融資可能枠の上限を借りた場合で、プロミスを例にすると、500万円借りた場合に審査によっては4.5%の金利が適用されます。

また、銀行のカードローンと比較するとどうしても金利差が生じますが、柔軟な審査が実施されることを考えるとプロミスで審査を受けるメリットがあるでしょう。

コンビニATMで借入と返済ができる

プロミスはお客様サービスプラザ(店頭窓口)やプロミスATMだけでなく、コンビニATMなどの提携先で借り入れや返済ができます

プロミスの主な提携先は次の通りです。

  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ローソン銀行
  • セブン銀行
  • イーネット(ファミリーマートなど)

「コンビニとかの提携ATMが使えると便利だよね!」

うんうん、そうですよね!
買い物のついでにちょっと立ち寄ることができますからね!

でも、手数料が掛かってしまう点には注意してください。

三井住友銀行ATMでは手数料がかかりませんが、その他の提携ATMは取引額に応じた利用手数料を支払わなければいけません

コンビニATMやゆうちょ銀行でプロミスカードを利用した場合の手数料は、次の通りです。

取引額利用手数料
1万円以下110円
1万円超220円

プロミスの借り入れや返済で手数料をかけずに取引をするためには、プロミスポイントサービスを利用したり、返済はマルチメディア端末を使ったりする方法があります。

プロミスポイントサービスとは、会員サービスの利用内容に応じたポイントを受け取れるサービスのことです。

貯まったポイントを提携ATMの手数料の支払いに充てられるので、コンビニATMでお得に借り入れ・返済ができます。

ちなみに、プロミスポイントが40ポイントあると、提携ATMの手数料が最大60日間無料になります。

「プロミスポイントってどうやって貯められるの?」

ポイントは効率的に貯めたいですよね!

プロミスポイントの主な貯め方をまとめましたので、参考にしてください。

内容獲得ポイント
プロミスサービス申し込み100ポイント
プロミスインターネット会員サービスログイン10ポイント
「プロミスからのお知らせ」の確認5ポイント~20ポイント
収入証明書類の提出160ポイント
返済日お知らせメールの受信各1ポイント
取引確認メールの受信
WEB明細の受け取り

マルチメディア端末は、ファミリーマートやミニストップ、ローソンに設置されています。

ただし、ローソンのマルチメディア端末での返済は2020年3月末で終了してしまうため、ローソンを利用しようと検討している人は気を付けてください。

借り入れ手続きはできませんが、返済であれば手数料無料で支払いができます。

プロミスポイントサービスと賢く併用すれば、お得にプロミスを利用できるのでおすすめです。

レディース専用のカードローンがある

プロミスでは、女性だけが利用できるレディースキャッシングという商品を販売しています。

レディースキャッシングは通常のフリーキャッシングと違って、女性オペレーターが申し込みや取引の相談に対応してくれるのがポイントです。

ただし、キャッシングの内容や審査自体は、通常のフリーキャッシングと違いがありません。

女性に応対してもらった方が安心して利用できる人は、レディースコール(0120-86-2634)に一度電話をすることをおすすめします。

まとめ

プロミスの審査に関する口コミがネットに多数出回っていますが、審査内容や状況は人によって全く違うので参考程度にチェックすることが大切です。

今回紹介したプロミスの審査や向いている利用者の特徴を踏まえた上で、借り入れ申し込みを検討してください。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要