プロミスの審査結果が来るまでの時間は?審査結果が遅い理由を解説

プロミスは審査回答最短30分と謳っていますが、実際は申し込んでから審査結果が来るまでに30分以上かかることもあります。

プロミスを検討している人の中には、「最短1時間で融資可能」という広告があるにもかかわらず、なぜ審査結果が来るのに時間がかかってしまうのか、気になる人もいるのではないでしょうか。

プロミスの審査に時間がかかる理由を、申込方法とあわせて詳しく紹介します。

また、忙しい人のために、できるだけ早く審査結果が来る申込方法も解説するので、一緒に確認しましょう。

プロミスおすすめPOINT

arrow_rightWEB完結で即日融資可能
arrow_right実質年率17.8%
arrow_right女性専用のレディースコールも設置!
arrow_right初回借入翌日から30日間利息無料
(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)

プロミスの「WEB申込」「自動契約機」なら土日・祝日問わず21時まで審査受付!

プロミスの審査にかかる時間と審査受付時間を確認

プロミスの申し込みをしてから審査結果が来るまでの時間を知っておくと、計画的にお金を借りることができますね。

また、プロミスへの申し込み受付時間によっては、審査結果の連絡が翌日になってしまうこともあります。

受付時間を知っておくと、うまく時間を使ってプロミスからお金を借りることができますよね。

では、プロミスの審査にかかる時間と、審査受付時間について紹介します。

審査にかかる時間は申し込み方法によって変わる

プロミスの申し込み方法は、Web申込、店舗窓口や自動契約機、郵送、コールセンターへの電話、アプリを使った申し込みの6つがあります。

申し込み方法申込先受付時間
電話(プロミスコール)プロミスコール
0120-24-0365
レディースコール
0120-86-2634
9:00~22:00(土日祝を含む)
自動契約機プロミスの自動契約機9:00~22:00(土日祝を含む)
※店舗によって営業時間が異なる場合があるので注意
WEB申し込みプロミスサイトの申し込みフォーム24時間365日申し込み可
郵送プロミスから申込用紙を取り寄せるいつでも可
※郵送に時間がかかるので注意
店頭窓口プロミスの有人店舗平日9:00~18:00
※店舗によって営業時間が異なる場合があるので注意
プロミス専用アプリプロミス専用アプリをダウンロード24時間365日申し込み可

利用する人に合った申し込み方法が選べて便利ですが、それぞれ審査にかかる時間が異なります

早く審査結果を知りたい人、じっくり検討したいので審査結果を急いでない人など、自分が希望する申し込み方法の、審査にかかる時間を知っておくとよいでしょう。

Webからの申し込みを例にすると、申し込み完了後、最短30分で審査結果が届きます

インターネット環境さえあればパソコンやスマートフォンで簡単に申し込みができ、プロミスの店舗や自動契約機を探す手間もないので便利ですね。

WEB申し込みは、公式サイトの申し込みフォームに個人情報の入力や、必要書類の提出を行います。

店舗や自動契約機で申し込むときは、申し込みや審査で混雑しているときは、時間がかかるので注意しましょう。

郵送で申し込むときは、必要書類などがプロミスに到着してからの審査後に契約となるので、借り入れには時間がかかります。

誰にも合わずに契約したい人や、急いでお金を借りる必要がない人であれば、パソコンや契約機の操作をせずに借りられるので、考えてみてもいいですね。

プロミスの申込みはこちら

審査中にプロミスから電話が来ることがある

プロミスの審査で必要な確認事項や書類の不備があると、申込書に記入した自宅の電話か携帯電話に連絡があります

また、申し込み後は必ず本人確認の電話が来るので注意しましょう。

電話に出られない場合も、折り返し連絡してください。

最短即日融資が可能なタイムリミット

プロミスから、その日のうちに回答が欲しいときは、自動契約機からの申し込みは、閉店1時間前には申し込みを完了させましょう。

Webから申し込むときには、20:00までに申し込みを完了することが大切です。

この時間を過ぎてしまうと申し込みは完了しても審査の回答は翌日になってしまい、最短即日融資は難しくなります。

この記事を読んでいる人の中には、どうしても急ぎで融資が必要という人もいるのではないでしょうか。

融資を短時間で受けるためには、申し込みの準備や審査の時間を考えて申し込みましょう。

土日に審査を受けるときのポイント

平日ではなく、週末や土日にお金が急に必要になりプロミスに申し込みをする人が多いのではないでしょうか。

プロミスは、土日もカードローンの審査を行っています。

土日に融資を受けるための、注意すべきポイントに「在籍確認」があります。

土日でも、審査のうえで在籍確認は行われます。

しかし、会社が休みで職場に誰も電話応対する人がいない場合は、在籍確認を受けられませんので、審査が進まずに結果がなかなか分かりません。

その場合は、申し込む前にプロミスに相談し、早急な融資を希望していることを相談してみましょう。

増額審査の場合はどのぐらい時間がかかる?

新規契約ではなく増額審査の場合も、その日のうちに審査結果が分かる可能性があります。

申し込む時間などによるため確実ではないですが、早めに申し込みをしておけば即日に増額することも可能です。

また、土日の増額審査は自動契約機からの増額申し込みに限り、その場で待てば結果が分かります。

電話やインターネットでの申し込みの場合は、平日9:00~21:00に申し込みを行えば最短即日で審査が完了することがあります。

審査結果メールがくるのが遅いときの原因は?

プロミスへの申し込みは既に完了しているのに、審査結果の連絡がなかなかこないときは、審査落ちしているのかもと心配になってしまいますよね。

どんなときに、審査結果の連絡が遅れてしまうのか、その場合の対処法を紹介していきます。

申し込みが多く混んでいる

プロミスへの申し込みが多くなり審査が混んでくると、結果の連絡が届くまでの時間が長くなります。

申し込みが混み合う時期は、プロミスの期間限定キャンペーン中だけでなく、ゴールデンウィークや年末などの大型連休のときです。

買い物にいったり、旅行に行ったりするのにお金が必要となり、プロミスに申し込む人が増えます。

「でも、申し込みのタイミングをずらすのは難しいよ」

うんうん。たしかに、ゴールデンウィークは混雑するから、カードローンの申し込みを遅らせようとは、なかなかなりませんよね。

このような場合には、申込前にプロミスに急ぎで審査を行ってほしい旨を伝えてください

事前に連絡しておくことで、優先的に審査を行ってもらえるため、審査結果が早く来る可能性が高くなります。

申し込み内容の確認に時間がかかっている

申し込みした内容は、審査の担当者が個人信用情報機関へ照会して確認をするので、結果がくるまでの時間が長くなる場合があります。

また、申し込み内容が間違っていると、虚偽申告したつもりがなくても信用が得られず審査に落ちてしまうこともあるのです。

申し込みをするときは、必要書類を不備なく提出し、入力ミスや虚偽申告がないように慎重に行いましょう。

職場への在籍確認が取れない

プロミスの審査では必ず申告した勤務先へ在籍確認の電話がかかります。

在籍確認の電話自体は簡単に終わるものなのですが、職場によってはこの在籍確認がうまく取れない場合があります。

在籍確認は申込者の返済能力を確認するものなので、在籍確認に失敗すると審査がそこで止まってしまいます。

特に勤務先が休みの日に申し込みをすると在籍確認が取れない可能性が高いので、心配な場合は申し込み時にプロミスコールに電話をして、在籍確認について相談することをおすすめします。

審査結果がいくら待ってもこないときは?

審査結果が遅くなる原因について確認してきましたが、いつまで待っても審査結果がこないと心配になってしまいますよね。

どれだけ待ってもなかなか審査結果がこないときの対処法について確認しておきましょう。

審査の状況をプロミスに問い合わせてみよう

審査の結果連絡が余りにも遅いときには、プロミスコールに電話して審査の状況を確認することをオススメします。

審査自体に時間がかかっている可能性もありますが、プロミスの手違いで、審査が途中で止まっている可能性もないとは言い切れません。

特に急ぎで融資を受けたいという人は、念のために電話で確認をしてみましょう。

プロミスコール
プロミスコールご質問・ご相談 ⇒ 0120-24-0365
女性専用問合せ ⇒ 0120-86-2634

受付時間:9時~22時
※土日祝日問わず

審査時間を短縮するポイントを確認しておこう

これまで、審査時間や、審査結果の連絡が遅くなってしまう理由についてご紹介してきました。

次は、審査時間を短縮するためのポイントを確認していきましょう。

WEB申し込みを選ぶ

プロミスから一番スムーズに借り入れできるのが、WEBから申し込むことです。

審査に必要なすべての項目を専用フォームに入力して申し込み、本人確認後は結果の連絡を待つことになります。

入力する手間はありますが、自分のペースで審査をスムーズに受けられ、簡単に申し込みが完了するのでオススメです。

以前は、申し込み方法に「かんたん入力」と「フル入力」がありました。

「カンタン入力」は入力項目が少なくて済みますが、入力した後にプロミスから電話があり、審査に必要な残りの項目を答える必要があったのです。

プロミスの担当者から電話でヒアリングを受けるので、審査に時間がかかっていました。

2020年6月には、2つの申し込み方法はすでに公式サイトから無くなっています。

あらかじめ書類を用意しておく

プロミスに申し込みをするときには、あらかじめ提出書類の準備や撮影の状況を整えておくことが大切です。

審査で提出書類の不備があると、プロミスから確認の電話がきたり、審査に時間がかかったりします。

Webや、アプリローンで契約するときには本人確認書類である免許証などの画像データを送信するための、書類提出依頼メールがプロミスから届きます。

このときに提出する画像データが不鮮明で、文字が見えにくかったりすると、再提出を求められる可能性があり、借入が遅れる原因となります。

画像データは、提出前に鮮明できちんと読み取れるか確認しておきましょう。

また、プロミスに申し込みをする前に、必要書類を揃えておくと、提出書類の不備で契約が遅れることを避けられますね。

在籍確認が受けられる時間帯に申し込む

プロミスのカードローン審査は、在籍確認は避けられません。

このため、在籍確認が受けられる時間帯や日程で申し込みすることが重要です。

申し込みが完了して、プロミスからの審査で在籍確認が受けられなかったときは、審査落ちとなってしまいます。

在籍確認が受けられる、勤め先の会社が電話応対している時間帯を考えて申し込みを完了させてください。

プロミスの審査に通過するための5つのポイント

ここまでプロミスの審査結果がでる時間について解説してきましたが、そもそも審査に通過するためにはどのような点に気を付ければいいのか、5つの点に絞って紹介していきます。

審査通過率を上げたい人は、参考にしてみてください。

借入希望額は少なめに

プロミス申し込み時には必ず借入希望額を聞かれますが、審査に通過するためにはできるだけ少なめの金額を申告しておきましょう。

というのも、消費者金融は年収の3分の1までしか借りられないという法律があるため、年収が低い人が借入希望額を多く書いてしまうと審査に通らない可能性がでてきます。

できれば10万円程度のかなり少ない希望額にしておくと審査に通過しやすくなります。

ただし、少なめに希望しても他の要素が原因で審査に落ちる場合があることを覚えておきましょう。

他社借入はできるだけないことが望ましい

先にも紹介したように、消費者金融には年収の3分の1以上借りられないという「総量規制」という法律が適用されます。

そのため、他社借入がある場合はその分プロミスで借りられる金額が少なくなってしまいます。

特に、年収の3分の1近くまですでに他社で借りている人は審査落ちしやすくなります。

プロミスの審査に通過するためには、できるだけ他社借入はない状態が望ましいと言えますね。

ただし、住宅ローンや自動車ローンは総量規制の対象外なので他社借入に含まれないため、その点は安心してください。

他社の支払いを延滞してはいけない

プロミスが重要視するのは、申込者に返済能力があるのかという点です。

そのため、他社の支払いを延滞している人は、支払いができない=返済能力がない状態だとみられてしまいます。

プロミスも返済してもらえない人に貸したくないと考えるのは当然ですよね。

そのため、他社の支払いは絶対に延滞しないようにしましょう。

過去に金融事故を起こしていると審査落ち

プロミスは審査で必ず個人信用情報を確認していますが、過去に金融事故を起こしていると審査落ちする可能性が高いです。

金融事故とは、下記のようなことを指します。

  • 長期間の延滞(61日以上)
  • 強制解約
  • 債務整理

これらは5年から最大10年記録が残ります。

「昔のことでよく覚えていない…」という人は、信用情報機関で「開示請求」手続きをすると、自分の記録を確認することができます。

気になる場合は、一度開示請求手続きをしてみることをおすすめします。

複数のカードローンに短期間に続けて申し込みをしない

カードローン申し込み時に、一度に複数社に短期間に続けて申し込みをする人がいますが、これは審査落ちする原因になるのでやめておきましょう。

というのも、連続して申し込みをするとその情報は個人信用情報に記録されます。

プロミスが個人信用情報を確認したときに、すでに複数社で申し込みをしていることが分かると、返済能力を疑われて審査落ちしてしまう可能性があるためです。

面倒でも1社ずつ、一定期間あけて申し込みをするようにしましょう。

プロミスの審査についてよくある質問

プロミスの審査についてよくある質問をまとめてみました。

申し込み前に参考に確認してみてくださいね。

プロミスは学生でも審査に通るの?

プロミスの申し込み条件は、20歳以上で継続安定した収入がある人となっています。

そのため、20歳以上でアルバイトなどで収入がある人であれば、学生でも審査に通過することができます。

ただし、短期アルバイトではなく長期のアルバイトをしていなければ審査落ちする可能性があります。

また、正社員として確実な収入があるとしても未成年者は申込みできないため、注意が必要です。

プロミスの借入診断はあてになるの?

プロミスの公式HPでは、自分が審査に通るかどうかを簡単に確認するための「借入シミュレーション」を利用することができます。

生年月日、年収、他社借入額の3つを入力するだけの簡単なもので、簡易的な診断ができます。

ただし、この診断はあくまでシミュレーションなので、確実なものではありません。

参考程度に診断してみることをおすすめします。

レディースキャッシングも審査内容は同じ?

プロミスには女性のための「レディースキャッシング」というサービスを提供しています。

このサービスは、コールセンターに女性が必ず対応してくれるというもので、それ以外のサービスは通常のキャッシングとなんら変わりはありません。

そのため、レディースキャッシングだと審査に通りやすい、通りにくいなどの差はなく、通常のキャッシング申し込みと同じ審査が行われています。

プロミスの審査を受けた体験談は参考になる?

ネットにはプロミスの審査を受けた詳しい体験談や、審査にかかった時間を紹介する口コミがたくさんあります。

しかし、すべての体験談や口コミ通りに審査結果がでるわけではありません。

人によって収入や他社借入状況が全く違うため、人によって審査時間が変わってくるのは当然と言えますよね。

ネットの口コミはあくまで「参考程度に」確認しておくことをおすすめします。

まとめ

プロミスは、審査回答までの時間が最短30分となっていますが、申し込み方法や受付時間によっては審査に時間がかかってしまいます

また、プロミスが混雑している時期に申し込みしたというのも審査に時間がかかる原因になります。

審査にかかる時間を短くし、結果が早くくると、申し込みした後に短時間で融資が受けられます。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要