プロミスの審査が遅いとなにかあるの?連絡がこない理由と対処法を解説!

WEB申し込みの場合は、審査が最短30分という驚きの早さは、プロミスの魅力のひとつです。

融資までが早いと、急にお金が必要になったときに心強さを感じますよね。

しかし、いつでも30分でプロミスのカードローン審査結果が判るわけではないんです。

「えっ!急いでいるときに審査が遅れると不安になっちゃうんだけど・・・!」

うんうん、その焦る気持ち分かりますよ!

結果が遅いと「もしかして審査に落ちたのかな?」と考えてしまいますよね。

プロミスの審査が遅いときには自分から問い合わせるなどの対応が必要になります。

この記事では審査結果が遅いときの具体的な対処法と、遅くなる理由を詳しく紹介します。

プロミスおすすめPOINT

arrow_rightWEB完結で即日融資可能
arrow_right実質年率17.8%
arrow_right女性専用のレディースコールも設置!
arrow_right初回借入翌日から30日間利息無料
(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)

プロミスの「WEB申込」「自動契約機」なら土日・祝日問わず21時まで審査受付!

プロミスから審査結果が来ないときは?

審査がスピーディだと定評があるからプロミスに申し込みをしたのに、いつになっても連絡が来ないと、不安になってしまいますよね。

「お金が借りられるか早めに知りたい!」「融資が間に合うのか不安だ・・・。」など、不安になる理由は様々でしょう。

それでは、審査結果の連絡が遅いときに自分でできる対処法を紹介します。

なかなか連絡が来ないときは問い合わせてみよう

人によって連絡を待っていられる時間は違うと思いますが、プロミスからの連絡が遅いと感じたときはプロミスコールに電話をしてみてください。

プロミスコール
プロミスコールご質問・ご相談 ⇒ 0120-24-0365
女性専用問合せ ⇒ 0120-86-2634

受付時間:9時~22時
※土日祝日問わず

電話をすれば、混雑していて審査に時間がかかっているといった、現在の状況を知ることができます。

少なくとも審査に落ちていないことが確認できれば、少しは気持ちが落ち着きますよね。

急ぎの場合は他社を考えよう

電話で審査状況を確認してみた結果、まだまだ時間がかかるようであれば、プロミス以外を検討することもおすすめです。

銀行のカードローンは即日融資に対応していませんので、アコムなどの大手消費者金融が候補に挙がります。

また、中小消費者金融の中にも即日融資に対応している金融機関はあります。

プロミスが混雑しているのであれば、その他の大手消費者金融も混雑しているかもしれません。

その場合でも、中小消費者金融ならばスムーズに審査がすすむと考えられるので、候補のひとつとして覚えておいてください。

プロミスの審査は時間がかかる?

実際にかかる、プロミスの審査時間はどれくらいなのでしょうか。

あくまでも目安としてですが、把握しておくといざと言うときに役立つので確認しておいてください。

WEB申し込みの審査時間は最短で30分

プロミスへの申し込み方法は複数ありますが、最も早く審査結果がわかるのはWEBから申し込みをした場合で、最短30分と大変スピーディです。

また、プロミスの無人契約機で申し込みをした場合も、その場で審査を行ってもらえるので、素早く契約が可能です。

ローンカードの契約までしたい人は、無人契約機での契約もおすすめします。

審査結果はプロミスの営業時間内に来る

WEBからは24時間いつでも申し込むことができますが、審査結果の回答は24時間ではありません。

プロミスの審査結果回答時間は、営業時間である9:00~22:00となっています。

「そっか!申込みできる時間と審査回答時間は違うんだね!」

そうなんです!

営業時間外に申し込みを行った場合には審査は翌日となってしまうので、早めの融資を希望する人はできるだけ午前中に申し込みを行いましょう

申し込みの時間帯が22時に近いと、審査途中で営業時間が終了してしまう可能性もあります。

したがって、申し込み時間によっては回答が翌日になる可能性を考えておいてください。

プロミスの審査の流れを把握しよう

ここでプロミスの審査の流れを簡単に紹介しておきます。

まず、申し込みがあると、申し込みフォームに登録された内容を元に、個人信用情報の確認を行います。

また、勤務先への在籍確認も行われます。

特に問題がなければ審査通過となり、必要書類の提出を行って契約を結んで終了です。

プロミスの審査が長引く理由とは?

最後にプロミスの審査が長引いてしまう原因に触れておきます。

「原因がわかっていれば、自分で対処することができるね!」

そうですよね!

実は、審査が長引く原因には、プロミスだけでなく申し込み者にあるケースが考えられるので注意しましょう。

申し込みが多く混み合っている

最初に考えられる原因は、プロミスへの新規申し込みが通常よりも多く混雑している可能性があるということです。

申し込みが混み合うタイミングは、連休前だけでなく、年末年始や春の新生活が始まる時期が多いです。

また、通年して昼休みの時間帯や、金曜日の仕事終わりと土日も審査申込者が多いです。

混み合っているせいで審査が遅れている場合は、審査を急いでもらうことは難しいでしょう。

時間がないときは、他社への申し込みなどを検討する必要があります。

申し込み内容の確認に時間がかかっている

次に考えられる理由としては、申し込み内容を確認するために時間がかかっているということです。

審査では、申し込みフォームに入力した内容と、個人信用情報に登録されている内容に違いがないかどうかを確認する作業が行われます。

このとき、申し込み者の状況や記入内容によっては審査時間が通常の人よりも長くなってしまう可能性があります。

どのような人が確認に時間がかかってしまうか紹介するので、確認してみてください。

他社借入が多い

他社からの借入が多い人は、審査が長時間になる可能性が高いです。

他社借入の金額は、審査を通過させるか判断する重要な指標であるので、プロミスも丁寧に確認してきます。

また、借入件数が多い場合は、1社ごとの借入状況を確認しなければいけないので、借入がない人と比較するとどうしても審査時間が長くなってしまうのです。

他の条件によって変動しますが、他社借入が多い人は審査時間を長めに見ておいてください。

虚偽申告が確認された

借入残高などに大きな違いがあると、虚偽申告ではないかと疑われることになり、審査に時間がかかってしまうのです。

どれくらいの借金があるかを1円単位で正確に把握している必要はありませんが、数十万円も違いが生じているようだと、わざと借金を少なく見せていると判断される可能性も十分にあります。

このように嘘をついている可能性があるときは、普段よりも審査に時間がかかってしまうので、申し込み内容に間違いがないか十分に気を付けてください。

なお、虚偽申告と判断された場合は、審査に落ちてしまいます

審査結果メールが迷惑フォルダに入っていて気づかない

意外と見落としがちな原因が、審査結果はすでに届いているのにメールボックスの迷惑フォルダに入っているために気づかずにいるというケースです。

迷惑メールに振り分けられてしまった場合、通知が表示されないので知らずにいる可能性が高くなります。

プロミスのWEB申し込みは最短30分で審査結果がわかるので、30分経過しても通知がないときは迷惑フォルダを確認してみてください。

また、迷惑フォルダを確認してもメールが届いていないときは、プロミスコールに電話して確認することをおすすめします。

郵送での申し込みは時間がかかる

郵送で申し込みをした場合には、書類がプロミスに届くまでに時間がかかってしまうため、すぐに融資して欲しいという状況のときは向いていません。

また、電話で申し込みを行った場合も、書類のやり取りを郵送で行うときは同じように審査時間が長引きます。

急いでいるときは郵送で申し込むことは避けてください

審査時間を少しでも短くする方法

時間に余裕がないときほど、少しでも早く審査に通過したいと考えるはずです。

「そうそう!支払いの締め切りが迫ってるから、審査が早く終わってほしいんだ!」

そうですよね!
審査待ちの時間は時間が過ぎるのが遅く感じてしまいますよね!

実は、審査時間を短縮するためには、次のような点に注意すると審査がスムーズに受けられるんです。

  • 申し込み内容の入力ミスをしないこと
  • WEB申し込みはフル入力にする
  • 必要書類をそろえておく
  • 在籍確認を受けられるようにする

具体的に紹介していきますので、プロミスに申し込むときに実践してみてください。

申し込み内容の入力ミスをしないこと

申込用紙に記入するときや、WEBの申し込みフォームに入力するときはミスをしないように十分に注意してください。

特に、キーボードの操作に不慣れな人は入力ミスをしやすいと考えられますし、スマホで入力する場合は画面が小さいので押し間違えをしやすいです。

入力ミスがあると、本当の情報の確認を行うために時間がかかってしまいます。

また、大きな入力ミスがあった場合は、虚偽の事実を申告をしたと判断されるので、十分に注意して入力してください。

また、データを送信する前に、ミスがないかを確認する作業も忘れてはいけません。

急いでいるときほどミスはしやすいので、焦らずゆっくり入力することを心がけましょう。

WEB申し込みはフル入力にする

プロミスにWEBから申し込むときは、簡単入力とフル入力のふたつから選ぶことができます。

簡単入力を選ぶと自分で入力する項目を減らすことができますが、残りの項目はオペレーターからかかってきた電話で質問に答えなければなりません。

フル入力を選ぶと自分で入力する手間がかかってしまいますが、審査結果が分かるまでの時間を短くすることができるというメリットがあります。

急いでいるときは、面倒でもフル入力がおすすめです。

必要書類をそろえておく

プロミスを利用するためには、本人確認書類が必要です。

また、50万円以上の借り入れを希望する場合や、50万円を越えなくても他社からの借り入れと合わせて100万円を超える場合には収入証明書の提出が必要になります。

本人確認書類は免許証やパスポートなどが利用できるので、用意に手間取ることはあまりないでしょう。

しかし、給与明細や確定申告書などの収入証明書は、どこに保管していたかわからないといった理由から用意が難しい人もいると思います。

必要書類の提出が遅くなれば、それだけ融資実行までに時間がかかってしまうので、事前に準備しておくことをおすすめします。

本人確認書類 ※有効期限内のもの
本人確認書類
収入証明書
収入証明書

在籍確認を受けられるようにする

カードローン審査に通過するためには、在籍確認は避けられません。

在籍確認とは本当に会社に勤務していて返済能力があるかを確かめる審査項目で、プロミスは勤務先に電話をすることで確認しています。

ちなみに、在籍確認の電話がかかってきたときに出勤している必要はありません。

しかし、職場の誰かが電話で応対して、申込者が在籍していることを確認できなければ、審査通過は難しくなります。

同僚に「電話がかかってくるかもしれないから不在だと伝えて欲しい」など、在籍確認ができる状況を整えておいてください

在籍確認が取りにくい勤務先の対処法

プロミスは原則として電話による在籍確認を行っていますが、個人情報保護のために個人への電話を取り次がないという会社も増えてきています。

特別な理由があって電話での在籍確認が難しい場合には、申し込み前にプロミスコールに電話をして相談をしてみてください。

事情によっては対応策を考えてもらえる場合があります。

最短即日融資を受けるための申込時間一覧表

確かにプロミスは最短で即日の融資に対応していますが、24時間いつ申し込んでも即日融資が受けられるわけではありません

あまりに遅い時間に申し込みを行うと、翌日以降でなければ融資を受けることはできません。

ここでは、スピード融資を受けるためのタイムリミットを紹介していきます。

プロミスのコールセンターに問い合わせた情報を元にまとめていますが、以下の時間は飽くまでも目安なので、必ずその日のうちに融資が受けられるわけではありません。

申し込み方法即日融資が可能なタイムリミット
自動契約機閉店1時間前
WEB申し込み20:00
プロミスコール午前中
店舗窓口店舗ごとに違うので電話で問い合わせ

なお、電話から申し込みをする場合は、オペレーターの質問に答えるだけでも最低でも20分ほどかかるので、時間には余裕を持って申し込みをしてください。

また、店舗窓口で申し込みをしたときは、その場で結果が分かる人もいます。

しかし、契約とカード発行の説明に1時間かかるケースもあるので、すぐに借り入れができるわけではありません。

窓口で申し込みを行う場合は、来店する前にこれから行こうと思っている店舗に電話で聞いてみることをおすすめします。

電話をせずに来店すると混み合っているなどの理由で、審査に時間がかかる場合もあるので注意してください。

プロミスの申込みはこちら

まとめ

プロミスは最短30分で審査結果がわかりますが、混雑しているときなどは審査に時間がかかってしまいます。

少しでも審査を早くするためには、フル入力で入力ミスをしないことや、必要書類を不備なく準備することが重要です。

また、最短即日融資にはタイムリミットがあるので、できるだけ午前中に申し込むことをおすすめします。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要