プロミスの審査通った理由は?審査基準と申し込み時に気を付けること

お金が必要となり、プロミスを利用しようと思ったときに、審査に簡単に通るのか気になりますよね。

プロミスの利用者が審査に通った理由は何なのでしょうか?

審査に通った理由だけでなく、落ちた理由も知っておくと便利です。

これから申し込みをしようとしている人は、理由を知っておくことで安心感が得られるかもしれません。

プロミスの審査基準や、申し込みをするときに気を付けることはどのようなことがあるのか詳しく紹介します。

「プロミス」

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪ 
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分

プロミスのフリーキャッシングの審査は厳しい?

プロミスはテレビのCMや広告をよく見かけるので、審査は簡単に通るのではないかと感じる人も多いのではないでしょうか。

では、プロミスの審査は厳しいのでしょうか。プロミスの審査基準など紹介していきます。

プロミスの審査基準は低いわけではない

プロミスは、テレビのCMや広告を見ていると、簡単に審査に通ってお金が借りられる感じがしますが、プロミスの審査は決して甘くないです。

プロミスのような大きな消費者金融は申込者数に対しての契約数の割合である、成約率が載っているIR情報を公表しています。

2018年45.5%
2017年42.9%
2016年43.5%

※SMBCコンシューマーファイナンス決算補足資料を参考

このように、プロミスの成約率を見ると、50%を下回っているため、審査が甘くないことがわかります。

審査基準は決して低いわけではなく、厳しく審査しているからでしょう。

無職や専業主婦は審査にとおらない

無職の人や専業主婦は本人に安定した収入が無く、返済能力がないとみなされて審査には通りません。

プロミスの公式サイトでは、申し込みできる条件として「年齢20歳~69歳のご本人に安定した収入のある方」となっています。

安定した収入があることで、借り入れ後にきちんと返済ができるとみられるからでしょう。

この条件をクリア出来ない人は申し込みをしても審査で落ちてしまいます。

「じゃあ、主婦や学生はプロミスを利用できないの?」

いえ、決してそういうわけではありません。

主婦や学生であっても、アルバイトやパートの収入がある人は、プロミスの申し込み条件を満たすことができます。

1次審査通過後に2次審査がある

プロミスの審査は段階が決まっており、1次審査通過後に2次審査が行われます。

ネット申し込みの場合、1次審査通過後にメールが届くので、記載されているURLをクリックして書類を提出しましょう。

プロミスは必要書類を確認して、2次審査を行い結果を決定します。

2次審査で、追加の書類が必要になるケースもあるので、提出後はマメにプロミスからの連絡を確認することが大切です。

最終的な審査結果は、申込時に希望したメールか電話でプロミスから通知が来ます。

1次審査に通っても2次審査で落ちてしまったり、または希望額通りの融資が受けられなかったりすることがあるので、注意しましょう。

審査を受けた体験談を鵜呑みにしないことが大切

インターネットにある消費者金融の口コミを集めたサイトには、プロミスを申し込んだ人の審査結果や融資可能額などの体験談がたくさんあります。

審査に通った口コミや落ちた感想などの情報が手に入りますが、すべてを鵜呑みにしてはいけません。

プロミスの審査内容は公表されておらず、個人信用情報は人によって違うので、実際に審査を受けてみないと結果はわかりません。

体験談は参考程度にしておきましょう。

プロミスの審査に通るコツを5つ紹介

プロミスの審査内容は公表されていませんが、審査に通るコツを押さえておけば安心できますよね。

プロミスの審査に通りやすくなるコツを5つ紹介します。

1.他社の借り入れを避ける

お金がどうしても必要になった場合に、審査に通らなくて借りられないのは困りますが、複数の会社でカードローンの申し込みをして保険をかけてはいけません。

複数社の申込を同時に行うと、すべての審査に通ると多重債務者になり、貸し倒れリスクがあると判断されます。

その結果、審査に落ちしてしまうのです。

審査を通ったとしても、借りられる金額は少なくなります。

プロミスでカードローンの申し込みをするときは、プロミスだけにしておきましょう。

2.最低限の借入額を申し込む

借り入れできる金額は大きいほうがいいかもしれませんが、返済できる必要最低限を申し込みましょう。

プロミスは審査のときに、年収、クレジットカードや他社のカードローンの利用状況などをみて返済できるかを判断して融資額を決めます。

返済できないような金額は決して貸してはくれません。

また、貸金業法という法律で総量規制というものがあり、お金を融資できる限度額は「年収の3分の1以下」と決まっています。

この融資できる限度額は、プロミス以外の借り入れも計算するため、他社からの借り入れがある人は注意してください。

年収の3分の1以下であれば必ず借りられるということではありませんが、申し込みのときに計算してみましょう。

3.1年以上同じ会社に勤務してから申し込む

審査では、安定した収入があるということも重要になってくるため、同じ会社に長く勤務していると、1年以下の勤務よりは有利です。

同じ会社で1年間以上働き、毎月の安定した収入があれば、審査のときに返済能力があるとみてもらえる可能性があります。

4.申し込み内容は間違いなく記入する

申し込み内容をうっかり間違えてしまうことは、急いでいるとしてしまいがちです。

しかし、審査を受けるときは申し込みは間違えないように気を付けて記入しましょう。

申し込みした人は間違えただけなのに、虚偽申告となってしまい審査に落ちてしまう可能性が高いので気を付けてください。

「虚偽申告をすると審査に落ちてしまうのはどうして?」

虚偽申告をしたということは、申込者がプロミスをだましてお金を借りようとしているのではと認識されてしまいます。

したがって、年収や他社借入金額など、審査に大きな影響をあたえる情報に関しては虚偽申告がそのまま審査落ちにつながりやすいです。

5.必要書類を不備のないように用意しておく

プロミスに申し込むときは、事前に必要書類を調べて用意しておきましょう。

審査のときに本人確認書類が必要となります。

Web完結やアプリで申し込むときに、注意しなければいけないのは本人確認書類を、画像データにして送信することです。

添付した画像データが鮮明でなければ、審査担当者が本人確認することができないので書類の不備になってしまいます。

プロミスの申込みはこちら

スムーズに審査を受ける方法を確認しよう

プロミスを利用したいときには、審査落ちや審査時間がかかることのないようにスムーズに審査がすすめたいですよね。

短時間でプロミスの審査を受けるための方法を知っておきましょう。

WEB申し込みがおすすめ

プロミスを利用するときに、WEBで申し込みをするのが一番簡単な方法です。

申し込みの後に本人確認の電話連絡が来ますので、着信に気を付けましょう。

出られなかった場合も、必ず折り返すようにしてください。

プロミスは本人確認をしてから、ローンの審査に入ります。

以前は、入力を行うときに「カンタン入力」と「フル入力」がありました。

フル入力は本人確認の電話が無く、審査担当者と電話で話したくないときに便利な方法でしたが、2020年6月には無くなっています。

本人確認の連絡なしで、プロミスの審査を受けることは出来なくなりました。

在籍確認の受けられる時間に申し込む

プロミスは、審査の過程で在籍確認があります。

在籍確認が完了しないと審査に通ることはありません

しかも、在籍確認がスムーズにいかないときは、審査が後回しになってしまい時間がかかってしまいます。

申込者が直接対応しなくてもよいので、在籍確認がうけられる時間帯に申し込みましょう。

プロミスの利用と個人信用情報の関係は?

金融機関は信用情報機関に加盟しており、カードローンなどの審査を行うときに申込者の個人信用情報を照会することができます。

個人信用情報機関は3社ありますが、プロミスはCICとJICCのふたつに加盟しています。

個人信用情報には、クレジットカードやカードローンの利用履歴や返済状況などが詳しく登録されているのです。

個人信用情報は普段気にすることはありませんが、プロミスを利用することで記録されてしまうのか、リスクはあるのか気になりますよね。

プロミスの利用と個人信用情報の関係について詳しく紹介します。

申し込みしただけでも個人信用情報に登録される

プロミスの申し込みが完了した時点で、プロミスが加盟している個人信用情報機関に登録されます。

プロミスの申し込むときの同意事項の第1章第2条を見ると、申込者の個人情報(氏名、生年月日、電話番号および運転免許証等の記号番号等)、申し込み日、申し込み商品種別をプロミスが加盟しているCICとJICCという信用情報機関に提供すると書いてあります。

登録期間は、JICCは照会日から6か月以内で、CICは照会日から6か月間です。

規則違反しなければ個人信用情報に傷はつかない

プロミスを利用して個人信用情報機関に登録されただけでは、傷はつきません。

プロミスに申し込みをしても、お金を借りて返済に遅れることなく、完済すれば個人信用情報に傷がつくことはありません。

プロミスを利用して完済したと個人信用情報に登録されると、返済能力がある証拠になります。

消費者金融の利用中は住宅ローンで不利になる

消費者金融の利用は住宅ローンを組むときに、審査で不利になるとは限りません。

住宅ローンも消費者金融同様に、返済能力があるかが大事になってきます。

住宅ローンの審査は、利用する金融機関により変わってきますが、現在消費者金融で借り入れ中のときは、住宅ローンの審査に通る可能性は低くなってしまいます。

しかし、過去に消費者金融で借り入れしたことがあっても返済後に、解約している人は住宅ローンの審査に不利になりません

ただし、過去に延滞したことのある人は個人信用情報に記載されているため、住宅ローンの審査に通るのは厳しいかもしれません。

増額審査は新規申込審査とは異なる

プロミスでカードローンを利用していて、もう少しお金を借りたいので利用限度額を上げたいというときは増額審査を受ける必要がありますが、新規申込の審査と同じ感覚で申し込みすると痛い目にあう可能性があります。

利用限度額の範囲内であれば、審査を受けなくても追加融資という形でお金を借りられます。

しかし、利用限度額以上の金額であれば増額審査を受けないと借りられません。

増額審査は、新規申込のときに審査に通ったから問題ないと簡単に考えてしまいます。

しかし、増額審査では新規申込審査と異なり、以下の場合に通らないことがあります。

  • プロミスの返済状況が良くない
  • 収入が減った
  • 他社の融資可能額と希望額の合計が年収の3分の1に近い
  • 個人信用情報に傷がついた

新規の申し込みから増額申し込みまでの間に、上記のことがあると、審査に通りません。

それどころか、現在の利用限度額が減る可能性や、利用停止もありえます。

利用限度額の増額は、お金を多く借りられるというメリットだけではなくデメリットもあるので、ふ検討するときは慎重に考えましょう。

まとめ

プロミスの審査をうけるときは、審査に通る理由ではなく、落ちる原因を知っておきましょう。

基本的に、申し込み資格があり、審査で個人信用情報にキズが無く、返済能力があると判断されれば審査に通ります。

インターネットの体験談は審査結果のあてにしないことをオススメします。

申し込み書類を不備なく揃え、入力を間違えないよう確認して、スムーズな審査をしてもらえるようにしましょう。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要