プロミスの限度額ってどうやって決まるの?増額や追加融資をする方法まとめ

「契約してからしばらく経つし、給料日前とかいろいろ便利だから限度額を増やしたいと思ってるんだよなぁ。」

うんうん、そうですよね。

ついつい日常的に使っちゃってると、いつか不足してしまうときがくるんですよね。

プロミスの借入限度額は最大で500万円です。

しかし、借入限度額は自分で好きな金額を決められるのではなく、審査によって決定されます。

そのため「増額したい」と思ったら、自分で申し込むかプロミスからの増額審査案内の連絡を待たなければなりません。

今回は、プロミスに限度額の増額申請をする方法や、総額申し込みのリスクについて解説します。

プロミスおすすめPOINT

arrow_rightWEB完結で即日融資可能
arrow_right実質年率17.8%
arrow_right女性専用のレディースコールも設置!
arrow_right初回借入翌日から30日間利息無料
(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)

プロミスの「WEB申込」「自動契約機」なら土日・祝日問わず21時まで審査受付!

プロミスへの増額申し込みはどこからできる?

「しまった!明日は友人の結婚パーティなのに手持ちがないし借入限度額もいっぱいいっぱいだよ。申込みに行ける時間もないし何とかならないかな。」

プロミスを利用していて、どうしてもお金が必要になることがあります。

「今の限度額では足りない…」そんな時は、プロミスに限度額引上げの相談をしてみましょう。

新しい他社カードローンの契約を考えるよりも、今手元にあるプロミスを増額すると、必要書類の提出が少なく済みます。

ただ、申込に行く時間もない場合はどのようにすればいいか、増額の申請方法は幾つかあるのでひとつずつ見ていきましょう。

プロミスの限度額増額は電話で相談しよう

限度額を増やす方法として、プロミスコールに連絡する方法があります。

電話ではプロミスから増額を希望する理由や、現在の仕事について質問されるので正しく答えましょう。

ただし、消費者金融の増額審査は簡単にできるものではないため、その場で審査結果が分かるわけではありません。

プロミスコールは、飽くまで申込みの受付とヒアリングになります。

増額には審査があり、結果が分かり次第プロミスより改めて連絡が入る流れです。

会員ページやアプリからも申請できる

プロミスの会員ページやアプリを使い、Webでの増額申し込みも可能です。

ただしアプリの場合、増額ができるのは会員ページに「増額」表示のある人のみです。

表示がされていない人は、まだ利用実績が足りないことや返済に遅れがあるなど信用がないため申請ができません。

会員ページに「増額」表示がある人は、利用実績があり返済に遅れがないといった、プロミスから優良顧客と判断された顧客に限られるようです。

◆会員ページ・アプリから増額申請を行う手順

  1. 会員ページにログイン
  2. 画面右の「メニュー一覧」→「ご増額のお申込み」を選択
  3. 申込画面が開き「希望の金額」や「現在の年収」の入力
  4. 求められた場合は、収入証明書を提出し、申請完了

◆増額申し込み時の注意点

  • 噓偽りなく正しい情報を伝える
  • 他社借入件数に、他消費者金融やクレジットカードのキャッシングを入力(銀行ローンは含めない)

プロミスの限度額は審査で決まる

「この間申し込んだけどダメだったよ、申し込んだら絶対にとおるわけでもないんだね。なんでだろ。」

あらら、それはお気の毒でしたね。

そうなんです、増額申請をしたからといって必ず増額されるわけではありません。

なぜならプロミスでは、現在の利用状況や個人信用情報を基に審査をし判断するからです。

審査の結果、増額されなかったり、希望額に到達しなかったりする場合もあるのでご注意ください。

また、場合によっては限度額の減少や利用停止などの可能性もありますので、増額申込みを検討している人は現在の利用状況を確認してから申し込みましょう。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要

利用限度額は年収と大きく関係している

利用限度額の決め方の目安として総量規制があり、プロミスを含む消費者金融は総量規制に基づいて利用限度額を定めます。

総量規制とは、「年収の3分の1までしかお金を貸してはいけない」という貸金業法のルールです。

そのため、既に他社を含めた限度額が年収の3分の1近くまで設定されている場合は、その範囲内でしか増額の審査にとおることはありません。

また、転職などで年収が下がっている場合には、減額されてしまう可能性もあるのです。

借入状況によっては、常に限度額ギリギリまで借りては返すことを繰り返すと、利用停止となってしまうこともあるのでご注意ください。

また、過去の利用実績は限度額を決める上で最も重要で、過去に滞納や遅延をしたことのない人や完済している人は「信用できる」と判断されて利用限度額が上がる傾向にあります。

審査に必要な書類を紹介

増額審査時には、増額しても返済が可能かを図るために収入証明書の提出が必要です。

新規申込時に一度提出していても、最新版をもう一度求められるケースがありますが、収入証明書の提出が必要となる人は以下で説明します。

審査をスムーズに進めるためにも、忘れずに用意しておきましょう。

50万円以上の希望額は収入証明書の提出が必要

借入希望金額によっては、収入証明書の提出を求められることがあります。

  • 希望限度額が50万円を超えた場合
  • 借入残高が他社と併せて100万円を超えた場合

収入証明書として使えるものは以下のとおりです。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与証明書(直近2か月分と1年分の賞与証明書)

Web申し込みやアプリローンの場合は、書類をスマホで撮影し、でアップロードするだけなので簡単です。

ただし、途切れやピンボケなどがあると再度提出を求められる恐れがあり審査に余分な時間がかかってしまうので、撮影は慎重に行いましょう。

在籍確認が行われることもあるので注意しよう

プロミスと契約してから時間が経っている場合、増額審査で改めて在籍確認が行われる可能性もあります。

なぜならば、時間が経つほどに利用者の状況は変化している可能性が高いからです。

もしかしたら転職して収入が減っているかもしれませんし、逆に収入が増えているかもしれません。

プロミスにとって利用者の収入は限度額を決める上で大きなポイントとなります。

在籍確認されることによって、限度額が増える可能性はもちろんありますが、当然減ってしまうリスクもあるので慎重に行いましょう。

申込時に希望限度額は少ないのがいい?

「どうせ申し込むならたくさん借りられるのがいいし、100万円くらい増額しちゃおっかな。」

ちょっと待ってください!

決してダメってことはないんですけどそれは避けることがいいと思いますよ。

どうしても「いくら必要」と決まっていれば希望限度額をあえて少なくする必要はありませんが、「念のため多めに借りておこうかな」と思う程度であれば、必要最低限にしておくのがベターです。

限度額は利用者の年収や雇用形態などの属性が大きく影響し、希望額を高くすればするほど審査に時間がかかり厳しくなるのです。

今日中にでも手元に欲しいと急いでいる時に審査が長引くリスクは避けたいですよね。

増額できなかった時の対処法

プロミスの増額申し込みは、利用条件を満たしていれば誰にでもできます。

しかし審査があるため、希望通りの金額になるかは定かではないですし増額されない可能性もあります。

お金が必要なのに、増額されないのは一大事ですよね。

ここでは、増額されなかった場合の対処法を考えてみましょう。

他の大手消費者金融に申し込む

プロミス以外の大手消費者金融に申し込む方法です。

また、プロミスで増額ができなかったといって何度も申し込みを行うのはますます状況を悪化させる原因となりますのでやめましょう。

大手消費者金融の中には、条件を満たせば30日間無利息で融資をしている会社が多くありますので一時的にお金が必要なのであれば、他社を利用してみる価値はあるでしょう。

ただし、

プロミスで滞納や遅延を起こしている場合

は、他社の審査にもとおるのが厳しくなるのでご注意ください。

クレジットカードのキャッシングを使う

キャッシングとは、クレジットカードについている機能のひとつです。

クレジットカードを使ってキャッシュレスの買い物ができますが、キャッシング枠があるクレジットカードは借入ができ、コンビニや銀行のATMからお金を引き出せます。

クレジットカードは、申込時にキャッシング機能の附帯が選べます。

手持ちのクレジットカードを確認してみましょう。

カードによってはキャッシング機能を申し込んでおらず、「限度額が0」に設定されており、利用できないこともありますので、そのような場合はクレジットカード会社に相談してみましょう。

ただし、キャッシングは消費者金融よりも金利が高くつく可能性があります。

また、返済方法をリボ払いにすると返済額が定額であることから、気付かないうちに借金が膨らんでしまう恐れもあるので、慎重な利用を心がけましょう。

利用限度額が0円の時は増額を検討しよう

「この間使おうと思ったら限度額いっぱいで使えなかったよ。」

あらら、ついつい借りてたらいつの間にか限度額がいっぱいになってしまいましたか。

限度額が0円になってしまう原因はいろいろありますが、一番多いのが枠を使い切ってしまった場合です。

しかし、これはただの使い過ぎに限ったことではなく、0円になってしまった人の中には、返済能力はあるのにもともと限度額が低い人もいます。

プロミスで始めて契約した場合は、どうしても限度額を低めに設定されてしまうためです。

そのため収入に比べて明らかに限度額が低いなと思う人は、増額を検討するとよいでしょう。

土日でも無人契約機なら増額申請が可能

「平日は日中仕事だから時間が取れないけど、土日なら時間が作れるよ。でも、土日も受付してるの?」

もちろん大丈夫ですよ!

土日に限度額の増額申請をしたいと思ったら、無人契約機を利用しましょう。

無人契約機の営業時間は、随時変更され店舗によって異なるので、公式サイトで確認しましょう。

増額審査には時間がかかってしまう恐れがあるため、遅くとも

閉店時間の1時間前には入店する

ようにしましょう。

無人契約機の場所は、当サイト内で検索できますよ。

プロミスは電話で増額案内が来ることもある

「今までの説明だと自分から増額申込みしなきゃいけないみたいだけど、たしかプロミスから案内が来ることもあるんだよね?」

そうですね、利用状況によってはプロミスから増額審査の案内が届くことがあるんですよ!

増額案内の電話がかかってくるのは、返済能力がある優良顧客だと思われている証拠です。

プロミスは、継続的に借り入れをして、遅延・滞納のない利用者とは安心して取引ができると考えます。

ただ、プロミスから増額審査の案内があったからといって、100%増額の審査に通過できる保証はなく、現在の収入状況や信用情報を基に審査が行われます。

自分から申請するよりは審査通過の確率が高いと思われますが、現在の収入や利用状況を振り返ってから検討しましょう。

限度額の増額を考えている人は、借り入れ・返済をしっかりと行い、6か月以上プロミスを利用して、増額審査の案内を待つのもいいでしょう。

まとめ

限度額の増額ができれば、手持ちがないときに助かるだけでなく、金利が下がるメリットもあります。

この記事では、増額審査の必要書類や申込条件、注意点などを説明しました。

しかし、増額審査は新規申し込みと比較すると若干厳しめな上、場合によっては減額の恐れもあるので慎重に検討しましょう。

現状での増額審査の通過が難しいと感じたら、クレジットカードのキャッシングや、他社への新規申し込みも検討してみましょう。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要