プロミスからの電話確認は在籍確認と、そのほかにもあるの?

プロミスに申し込みをすると、気になるのは「審査に通るか」ということと「在籍確認の電話」など、プロミスから電話がかかることがあるのかという点ではないでしょうか。

お金を借りることを他人に知られたくないと思う人は多いはず。

在籍確認で勤務先に電話があると心配だという人もいるでしょう。

今回は、プロミスからの在籍確認の電話にうまく対応する方法や、プロミスから電話がかかるのは在籍確認以外にどのようなときかについてまとめました。

プロミスからの電話連絡が不安だという人は参考にしてみてください。

プロミスおすすめPOINT

arrow_rightWEB完結で即日融資可能
arrow_right実質年率17.8%
arrow_right女性専用のレディースコールも設置!
arrow_right初回借入翌日から30日間利息無料
(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)

プロミスの「WEB申込」「自動契約機」なら土日・祝日問わず21時まで審査受付!

プロミスからの在籍確認の電話に失敗しないためのコツ

プロミスに申し込みをすると、申込時に記入した勤務先が本当かどうかを確認するために、「勤務先へ電話確認」が行われます。

いわゆるこれが「在籍確認」と呼ばれるものですが、在籍確認は原則必ず行われるため避けることはできません。

プロミスの在籍確認で気を付けたいこと

では、プロミスへ申し込んだ後の在籍確認を、スムーズに進めるための注意点を紹介します。

  • 勤務先が休みのときは事前に担当者に伝える
  • 在籍確認の言い訳を用意しておく

それぞれの注意点について、詳しく確認していきましょう。

勤務先が休みのときは事前に担当者に伝える

勤務先が休みの期間中に在籍確認が実施されそうな場合は、プロミスの担当者にその旨を伝えておくと安心です。

申し込み方法がWebなどで担当者と直接話す機会がない場合は、申し込みの前にプロミスコール(0120-24-0365)に電話して伝えてください。

先に説明した通り、在籍確認は勤務先が休みだと実施できません。

あらかじめ、勤務先の営業日や営業時間を伝えておくと審査がスムーズにすすみます。

在籍確認の言い訳を用意しておく

プロミスの在籍確認で職場に借り入れ申し込みがバレる可能性は低いですが、念のため言い訳を考えておくと安心です。

例えば、「保険の勧誘でした」「クレジットカードの本人確認でした」「間違い電話でした」など、同僚や上司に怪しまれない言い訳を幾つか考えておきましょう。

在籍確認は、プロミスの担当者の個人名で行われます。「プロミスの○○ですが、○○さん(申込者)をお願いします。」と電話を掛けてくることはないので安心してください。

プロミスの在籍確認は、本人が電話に出る場合と出ない場合で会話の内容に違いがあります。

本人が在籍確認の電話に出た場合は、プロミスの担当者が個人名で電話を掛けてきて、確認が取れると「プロミスの在籍確認が取れました」と伝えられます。

一方、申込者本人以外が電話に出た場合、プロミスの名前は一切出されません。

申込者が勤務先に在籍していることが確認できれば30秒~1分ほどで電話は終了します。

電話確認の在籍確認でバレる心配はない

電話による在籍確認で、周囲にプロミスに申し込んだことがバレてしまうのでは?と不安に感じる人も多いようですが、実はそれほど心配しなくても大丈夫です。

電話ではプロミスの社名は名乗らず、担当者の個人名でかかってきますので、それだけで「もしかしてプロミス?」と勘づかれることはまずないでしょう。

在籍確認の電話が来ることを知っている申込者本人はどきどきしているかもしれませんが、むしろその緊張が相手に伝わって不審に思われる確率の方が高いのです。

ですから、例え在籍確認の電話がかかってくると分かっていても、平常心で対応すれば問題ないのです。

在籍確認以外でプロミスから電話が掛かってくるのはどんなとき?

プロミスから電話が掛かってくるのは、在籍確認だけではありません。

ではどんなタイミングで電話がかかってくるのかについてみていきましょう。

申込時の本人確認や在籍確認

プロミスに申し込みをすると、登録した電話番号に担当者から本人確認や在籍確認のために電話が掛かってきます。

本人確認とは文字通り、申し込みをした本人に個人情報や申し込んだ意思などの確認が行われるものです。

一方、冒頭から何度か触れている在籍確認とは、申込者がプロミスに申告した勤務先にきちんと在籍しているかを確認する作業です。

在籍確認がきちんと取れなければ、申込者の収入源と返済能力が明確になりません。

プロミスからお金を借りると、毎回の返済日に返済金額を用意する必要があります。

利用者に収入がなければ、返済能力が欠如していて未払のまま放置される可能性があるのです。

そのため、プロミスでは審査時に在籍確認を実施することになっています。

返済が遅れたとき

プロミスの返済日に間に合わず、支払いが遅れると担当者から電話確認があります。

返済日を忘れていたり、入金額が最低返済金額に足りていなかったりすると催促の電話がくるのです。

返済の催促の電話は遅くても返済日から2日以内には掛かってくるため、早急に対応してください。

最初の返済日に遅れるといつなら返済できるのかをプロミスの担当者と相談することになります。

返済日が遅くなるほど遅延損害金が日割りで加算されるので、早めに支払うことが大切です。

仮に、支払いの催促の電話を放置し続けると、登録の住所にプロミスから督促状が送付されます。

これもまた無視すると、勤務先など自分が関係する場所に電話確認が実施される可能性があるので覚えておきましょう。

最悪の場合、プロミスの利用限度額を0円にされたり、二度と借り入れができなくなったりするので、支払いには遅れないことが重要です。

返済が遅れそうなときは自分から返済日前に相談する

返済期日に遅れそうな場合は、必ず返済日の前に自分からプロミスの担当者に相談することが重要です。

返済日にお金を支払わないと担当者から連絡が入ります。

したがって、決められた返済日にきちんと支払いをすればプロミスから確認の電話がくることはないのです。

資金繰りがうまく行かず、返済の目途が立たないと分かった時点でプロミスに相談するのがポイントです。

このときに、「返すという意思」と「いつなら返せるかという日付」をはっきり伝えます。

返済日ギリギリに連絡をすると心証が悪くなり、プロミスからの信頼度が低下する危険性があるので注意してください。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要

個人情報の変更確認をするとき

初回申込時から勤務先や住所などの個人情報を変更した場合もプロミスから電話確認がくることがあります。

Webなどで手続きをした変更内容に間違いがないか、電話で確認されます。

個人情報の変更手続きを怠ると、プロミスからの重要な電話が掛かってこなくなったり、郵送物が届かなくなったりなどします。

連絡が付かない状態が続くと、勤務先などに電話確認がされることもあるので注意が必要です。

また、他社借入をしている場合、プロミスは利用者が他社で申告した内容を照会できます。

したがって、プロミスと他の金融機関・貸金業者の登録内容に違いがある場合にも、電話確認が実施されることがあります。

プロミスからできるだけ電話確認をされたくない人は、個人情報に変更が生じた時点で迅速に変更手続きをする必要があります。

増額の案内をされるとき

プロミスを継続的に利用していると、利用限度額の増額を案内されることがあります。

その場合も担当者から登録の電話番号に電話確認が行われるのです。

増額の案内でプロミスに電話を掛けてほしくない場合は、申込時などに担当者に相談すると連絡がなくなります。

ただし、増額の案内が電話で来なくなるので、利用限度額を増やしたい場合は自分で申請をすることになるため注意してください。

増額の案内は、プロミスで目立った延滞がない状態で、初回借入半年~1年ほど経つと連絡がくることが多いです。

電話で増額申請を希望すると、利用限度額を増額する審査を受けられるのです。

ただし、プロミスから増額案内があったからと言って、必ず増額審査が通るわけではないので注意しましょう。

まとめ

プロミスからの電話確認には、在籍確認のほかにもいくつか種類があります。

電話が来ると周りにバレてしまうのではと不安を感じる人も多いでしょう。

しかし、延滞やトラブルなどが起こらない限り、在籍確認以外の電話が会社に掛かってくることは基本的にありません。

不安なことがあれば、まずは気軽にプロミスへ相談してみましょう。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要