プロミスで再発行してもらう最短の方法を紹介!再発行の手順も解説

「気付いたら、プロミスカードがない!」

そんなトラブルに困ってこの記事を読んでいる人もいると思います。

「そうなんだよ!再発行手続きってどうやるの?難しい?」

うんうん、再発行手続きをしたことがないと、どうしていいのかわからないですよね!

でも、プロミスなら電話一本で利用が停止でき再発行も簡単です。

今回はプロミスカードを紛失したり盗難に遭ったりしたときの対処法をまとめていきます。

カードを紛失したらすぐにプロミスコールへ連絡

プロミスカードがないことに気付いたら、すぐにプロミスコールへ連絡してください。

プロミスコールはカードの紛失・盗難は24時間対応しています。

放置するほどに、不正利用のリスクは高まります。

連絡すればカードの使用を止められるので、不正利用を防ぐことにつながるのです。

プロミスコール:0120-24-0365(24時間受付)

カード紛失を放置した場合、悪用され勝手に借り入れされるかも知れません。

また、同時に最寄りの警察署もしくは交番へ届けることも忘れないでください。

届出をすれば、見つかったときに警察から連絡が入ります。

それでも見つからない場合は、プロミスカード再発行の手続きを行いましょう。

次章からは停止になったカードの詳細と、再発行手続きについて紹介します。

使用停止になったカードは利用できない

プロミスに使用停止措置をしてもらったカードは、再度復活させることはできません

紛失や盗難後に発見しても、防犯上の都合で再び利用することはできないのです。

そのため、再発行の手続きを取るしかありません。

では、カードを再発行する方法について詳しく見ていきましょう。

最短で再発行したいなら自動契約機がおすすめ

なるべく急ぎでカードを再発行したいなら、自動契約機での手続きがおすすめです。

近くにある自動契約機で営業時間内に手続きをしてください。

手順は以下の通りです。

  1. 身分証明書を持って、自動契約機へ向かう
  2. 自動契約機のメニューより「再発行」を選択する
  3. 身分証明書をスキャナーに読み込ませる
  4. カードが発行され。

自動契約機を使った場合、カードは即日その場で発行されます。

無人契約機の営業時間は、店舗によって違うので、公式ホームページで確認してください。

また、あまり閉店時間ギリギリに行くと間に合わない可能性がありますので、遅くとも閉店時間の1時間前までに手続きをしてください。

なお、プロミスATMでは再発行手続きはできません

店頭窓口でも再発行できる

カードの再発行は、お客様サービスプラザ(店頭窓口)でも可能です。

営業時間内に身分証明書を持って来店してください。

お客様サービスプラザ営業時間は平日の9:00~18:00のところが多いですが、営業時間は随時変更されるので、公式ホームページで確認しましょう。

カードの再発行に必要な書類や手数料を確認

「プロミスカードの再発行には手数料ってかかるの?」

そうですよね!有料なのかどうか気になりますよね!

というのも、磁気不良や故障以外の再発行は、手数料がかかる金融機関が多いですからね。

でも、プロミスは原則として無料で再発行してもらえます。

では、必要書類なども併せて確認していきましょう。

必要書類は本人確認書類のみ

再発行手続きに必要なものは、本人確認書類のみです。

下記のいずれかを持って無人契約機もしくは店舗へ来店します。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

カードの再発行手数料は原則はかからない

プロミスカードの再発行は、方法を問わず原則として手数料は無料です。

念のため、プロミスコールセンターに再発行について問い合わせてみました。

そこでオペレーターから「原則として、数回再発行しても手数料は必要ありません」という回答をもらいました。

ただし、会員規約の第22条にあるように、故意にカードを破損させた場合や再発行を繰り返すような場合は費用を請求されることが記載されています。

原則無料ですが、故意になくしたり壊したりしないようにしましょう。

プロミスカードを再発行するときに審査は行われない

カードの再発行をするときに「もしかして審査が必要なのかな?」と心配な人もいると思います。

でも安心してください。
プロミスカードの再発行だけでは、審査が行われることはありません

ただし、既に解約している場合は、再契約扱いとなりますので審査が行われます。

プロミスカードが届くまでの借り入れ方法はふたつ

カードを再発行するまでの間、借り入れができなくなってしまうのでしょうか?

「うーん。すぐにお金が必要なんだけど、何とかならないかな?」

そうですよね!
「借りよう」と思ったときに失くしたことに気付くことってありますからね!

でも、プロミスカードが手元にないからといって、借り入れができないわけではありません。

ここからはカードがなくても借り入れできる方法を解説します。

振込キャッシングで借り入れする方法

プロミスでは、WEBから申請することで対象の金融機関であれば最短10秒で指定口座にお金が振り込まれる「振り込みキャッシング」サービスがあります。

対象の金融機関は全国に約200あり、プロミスの「金融機関別振込実施時間検索」から確認できます。

ATMに行かなくても、手数料無料で土日や夜間に関係なく24時間振り込みしてもらえるので便利ですよね!

振り込みキャッシングの申し込み方法

振り込みキャッシングは、次のような流れで申し込みます。

  1. プロミスのマイページにログイン
  2. 「お客さま情報の照会・登録/変更」→「振込先口座登録・変更」とすすみ、振込先口座を登録
  3. 「瞬フリ(振込キャッシング)のお手続き」を選択
  4. 振り込み希望金額を入力(限度額に注意する)
  5. 最短10秒で振込が完了するので、ATMから引き出す

セブン銀行またはローソン銀行でスマホATMを使って取引する方法

プロミスの「アプリローン」を利用すれば、スマホATMとセブン銀行やローソン銀行のATMを使って借り入れができます。

カードレスでセブン銀行やローソン銀行から手続きできるので、これを機にカードの持ち歩きを控えてもいいかも知れません。

スマホATMの手順

  1. プロミスのアプリローンをダウンロードし、ログインする
  2. セブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMへ向かう
  3. アプリ→「スマホATM」・セブン銀行またはローソン銀行のATM→「スマートフォンでの取引」を選択する
  4. ATM画面にQRコードが表示されるので、アプリで撮影する
  5. アプリに表示される「企業コード」と「パスワード」をATMで入力する
  6. 借入希望額を入力する

プロミスカードがないときの返済方法3つ+α

プロミスカードがないと返済ができないと思っている人が多いようですが、実はそんなことはありません。

カードがなくても返済する方法は3つあります。

1.インターネット返済

プロミスの会員ページよりネットバンキングを利用して返済ができます。

ATMに行く手間もなく、24時間手数料無料で返済できるのがうれしいですね。

誰にも知られずにこっそり返済したいときにもおすすめです。

  1. プロミスの会員ページにログインする
  2. 「インターネット返済のお手続き」ボタンをクリックする
  3. 返済金額を指定する
  4. ペイジーで返済に使う番号が発行される
  5. 銀行のインターネットバンキングサイトへ飛ぶ
  6. ペイジー払いを選択し、さきほど発行された番号を入力する
  7. 返済完了

200円以上の返済に制限されますが、即座に残高に反映されます。

2.口座振替で返済する

毎月自動的に指定した口座から引き落とされる方法です。

支払いをうっかり忘れてしまう人におすすめですが、利用するには前もって設定が必要なので注意してください。

口座振替で返済する手順は次の通りです。

  1. 会員ページにログインする
  2. サービスメニューの「お借入れ・ご返済のお手続き」→「口フリ(口座振替)のお手続き」をクリックする
  3. 引き落としを行う金融機関を選択し登録する
  4. 金融機関のサイトへ飛ぶので、口座振替の申し込みを行う
  5. 指定口座より返済開始する

登録のタイミングによっては、引き落としが間に合わない可能性があります。

反映されるまでは従来の返済日のままなので注意してください。

なお、三井住友銀行とジャパンネット銀行以外の金融機関は残高への反映に3営業日はかかります。

金融機関ごとの引き落とし詳細

金融機関ごとの引き落とし日などは以下の通りです。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行その他の金融機関
申込方法契約後にプロミス会員ページより申し込み
返済期日5日・15日・25日・末日より選択可毎月5日
引落開始日前日までの登録で次回返済期日より引き落とし可能タイミングによっては次回の返済期日に間に合わない場合あり
引き落とし後の借入残高への反映期間当日3営業日後

3.銀行振り込みで返済する

ネットを使わずに、銀行に直接振り込みに行く方法です。

自分の都合に合わせて返済できますが、うっかり返済日を忘れてしまうことがあるので注意してください。

また、三井住友銀行は手数料無料で利用できますが、それ以外の金融機関では、手数料(1万円以下:110円、1万円超:220円)がかかってしまうので注意してください。

提携先銀行一覧ゆうちょ銀行
三菱UFJ銀行
ローソン
セブン銀行
イオン銀行
クレディセゾン
東京スター銀行
横浜銀行
第三銀行
福岡銀行
西日本シティ銀行
熊本銀行

α.店頭で返済する

プロミス店舗(お客様サービスプラザ)でも返済は可能なので、営業時間内(平日10:00~18:00)に直接来店して支払いましょう。

営業時間は随時変更されるので、プロミスの公式ホームページで確認してください。

スタッフが返済処理をしてくれるので、安心感がありますね。

また、借入や返済についての相談をついでにすることも可能です。

手数料はかからず、即日残高に反映されます。

ただし全国的にも店舗が少ないことや、営業時間が短いことが難点です。

まとめ

プロミスカードを失くしてしまったら、真っ先にプロミスコール(0120-24-0365)に連絡し利用停止の手続きをするとともに、警察に紛失届を出してください。

利用停止処理がなされたカードは、その後復活できないので注意してください。

カードの再発行は無人契約機出の手続きが一番便利ですが、店舗やプロミスコールでも可能です。

なお、プロミスカードがなくてもインターネット返済や口フリ、銀行振り込みを使えば返済できますが、紛失や盗難の場合はすぐに手続きをしましょう。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要