プロミスで10万円を借りた場合の返済金額とお得な返済方法を紹介

これからプロミスに申し込もうとしていて、利息がどれだけ掛かるのか気になる人もいるでしょう。

また、すでにプロミスを利用していても、金利の仕組みや計算方法がわからないという人もいるようです。

この記事では、10万円を借りた場合を例にして、プロミスの利息や返済額について解説していきます。

できるだけ返済額を低く抑えるためのコツも紹介しますので、家計になるべく負担にならないようにしたい人は参考にしてください。

「プロミス」

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪ 
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分

プロミスの金利設定を他社と比較してみよう


消費者金融や銀行などの貸金業は、利息制限法という法律に基づいて、金利を設定しています。

利息制限法とは貸金業者がむやみやたらに、高い金利を設定することのないよう、消費者を守るための法律です。

利息制限法によって元金ごとにカードローンの金利の上限が決まっており、最高でも年20.0%と決められています。

なお、利息制限法の金利上限は次の通りです。

元金(借りているお金または限度額)上限金利
10万円未満20.0%
10万円以上100万円未満18.0%
100万円以上15.0%

プロミスをはじめとする大手消費者金融でも、利息制限法の範囲内で3.0%~18.0%で金利を設定がされています。

プロミスと他社を比較した場合、最小金利を見るとプロミスが4.5%と他社よりも高い設定になっていますが、10万円を借りる場合は一番低い17.8%となっています。

プロミス4.5~17.8%
SMBCモビット3.0~18.0%
アコム3.0~18.0%
アイフル3.0~18.0%
レイクALSA4.5~18.0%


プロミスおすすめPOINT

arrow_rightWEB完結で即日融資可能
arrow_right実質年率17.8%
arrow_right女性専用のレディースコールも設置!
arrow_right初回借入翌日から30日間利息無料
(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)

プロミスの「WEB申込」「自動契約機」なら土日・祝日問わず21時まで審査受付!

プロミスの毎月の返済額はいくら?


お金を借りるとき返済の総額も気になりますが、一番は毎月の返済額がいくらになるか心配ですよね。

実際の返済額について計算例を用いて説明すると同時に、返済額がどのように決まるを解説します。

残高スライド元利定額返済方式で決まる

プロミスの毎月の返済額は、「残高スライド元利定額返済方式」によって計算されます。

残高スライド元利定額返済方式とは、借り入れの残高に応じて、返済額が毎月変動する仕組みで、返済を重ね、借入残高が減っていけば月々の返済額も減りますが、反対に追加の借り入れを行えば返済額が増加することになります。

返済額は毎月変動するため、その月の返済額はその都度確認してください。

返済金額の算出方法を、下の表にまとめました。

借り入れ後の残高返済金額返済回数
30円以下借り入れ後残高×3.61%

(1,000円未満切り上げ)
~36回
30万円超過~100万円以下借り入れ後残高×2.53%
(1,000円未満切り上げ)
~60回
100万円超過借り入れ後残高×1.99%
(1,000円未満切り上げ)
~80回

実際の返済額を計算してみよう

次に、実際の返済額を計算してみましょう。

借入残高が5万円、10万円、50万円の場合、それぞれの返済額は、下の計算式で求めることができます。

計算後は1,000円未満を切り上げし、返済額を算出します。

●借入残高が5万円の場合
5万円×3.61%=1,805円 → 返済額2,000円

●借入残高が10万円の場合
10万円×3.61%=3,610円 → 返済額4,000円

●借入残高が50万円の場合
50万円掛ける2.53%=12,650円 → 返済額13,000円

残高スライド元利定額返済方式の注意点

残高スライド元利定額返済方式のメリットは、毎月の返済額が比較的安く抑えられることです。

ただし、それは裏を返せば、返済期間が長くなりやすいとも言うことができます。

追加で借り入れを行った場合は、さらに返済が長期になってしまうので、計画的に借りるようにしましょう。

なお、10万円を最長返済回数の36回で返済する場合、プロミスの公式ホームページで計算すると、毎月の返済額が3,605円になります。

総返済額は3,605×36で計算すると、129,780円となります。

10万円を借りて、29,780円の利息を支払う計算です。

プロミスでは、毎月の返済金額以上であれば、繰り上げ返済をすることも可能です。

お金に余裕がある月は、多く返済するなどして、なるべく返済回数を少なく抑えるようにすると良いでしょう。

プロミスで1ヶ月10万円借りると利息はいくら掛かる?


プロミスの実際の利息について見ていくため、17.8%の借入利率で10万円を30日間借りた場合の利息額を計算してみましょう。

30日分の利息を出すためには、年利の17.8%を日割り計算する必要があります。

そこに利用日数の30日を掛けた金額が利息となります。

つまり、(10万円×0.178÷365日)×30日=1,463円が、金利17.8%で30日後に一括返済した場合の金利となるのです。

通常の利息の計算をすると、1,463円となりますが、実は初めてプロミスを利用する人で条件を満たしていると、30日間は利息が無料となります。

プロミスの支払いをできるだけ抑えるには


ここからは、できるだけ支払金額を抑えるためのコツを4つご紹介します。

返済をお得にしたいという人は、ぜひチェックしてください。

ただし、方法によっては、利用できない人もいるので、注意してください。

それでは、解説していきます。

初回利用なら無利息期間サービスがおすすめ

初めてプロミスを利用する人に使ってほしいのが、無利息サービスです。

なお、30日間無利息のサービスを受けるためには、初めてプロミスを利用するという条件のほかに、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

これは、初回利用の翌日から30日間は利息0円で利用できるサービスで、期間内であれば追加の利用分も無利息の対象となります。

本来、借りたお金には利息がつくため、返済期間が長くなればその分支払う金額も増えていきますが、無利息期間内に返済をした場合は、元金分のみの返済に抑えることが可能です。

下の表は、金利17.8%で10万円を借りた際、無利息期間内に返済した場合と、1年で返済した場合の利息と支払総額をまとめたものですが、約10,000円近くの差が出ることがわかります。

返済期間利息支払総額
無利息期間内に返済0円100,000円
1年掛けて返済9,894円109,894円

無利息サービスを利用できる人

利用者にとって嬉しい無利息サービスですが、誰でも、何回でも使えるわけではありません。

繰り返しになりますが無利息サービスを利用できるのは、プロミスで初めて契約をする方だけに限られています。

新規で借り入れの申込みをする人が、メールアドレスの登録とWeb明細利用の登録をした場合のみ、無利息サービスを利用することができます。

初めてプロミスで契約をする人は、お得に借りられるチャンスなので、借り入れを申し込む前に、必ずメールアドレスの登録とWeb明細利用の登録を済ませるように注意してください。

手数料無料の返済方法を選択する

プロミスの支払金額を抑えるためには、返済するとき、手数料が掛からない返済方法を選ぶと良いでしょう。

プロミスでは、利用者の都合に合わせて様々な返済方法が選べますが、そのうち、返済手数料が無料になるのは、「インターネット返済」、「口座振替」、「店頭での返済」、「プロミスATMでの返済」、「三井住友銀行ATMでの返済」、「コンビニのマルチメディア端末での返済」の6つです。

これ以外の、提携ATMでの返済や銀行振込による返済の場合、提携ATMの返済では110~220円、銀行振込では利用銀行の所定の手数料が発生してしまいます。

小さな金額でも積み重なると、返済総額が大きくなってしまうので、プロミスをお得に利用したい人は手数料無料の方法で返済するようにしましょう。


プロミスおすすめPOINT

arrow_rightWEB完結で即日融資可能
arrow_right実質年率17.8%
arrow_right女性専用のレディースコールも設置!
arrow_right初回借入翌日から30日間利息無料
(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)

プロミスの「WEB申込」「自動契約機」なら土日・祝日問わず21時まで審査受付!

プロミスポイントを上手に利用する

プロミスインターネット会員サービスでは、ログインやWeb明細の受取などのサービス利用に応じて、プロミスポイントを貯めることが可能です。

貯まったプロミスポイントは、提携ATMの手数料無料サービスや無利息サービスに利用することができます。

例えば、提携ATMの手数料無料サービスは、40ポイントで申し込むことができ、申込日から翌月末日までの期間に適用されるので、最大2ヶ月間、提携ATM手数料が無料になります。

また、プロミスポイントを使って無利息サービスに申し込んだ場合、250ポイントで7日間、400ポイントで15日間、700ポイントで30日間、借入金額に対する金利を0円にすることが可能です。

借り入れや返済のときに、プロミスポイントを上手に利用してみてください。

任意返済・一括返済をする

プロミスでは、月々の返済額よりも多く返済できる「任意返済」が可能なので、余裕のある月は積極的に任意返済すると良いでしょう。

任意返済すると借入残高が減っていき、その分、支払い回数も減っていくことになります。

つまり、支払う利息も少なくなるので、最終的に返済総額を抑えることができるというわけです。

また、同様に借入残高を一括返済することも可能です。

一括返済の場合は、利息を考慮し、返済を実行する日の借入残高を確認しておかなければいけません。

返済日の借入残高は、プロミスインターネット会員サービスで確認するか、プロミスコールに電話し確認するようにしてください。

プロミスの返済に遅れたときのペナルティを紹介


お金を借りるときは、返済日をしっかりと守るのが原則ですが、注意していても、返済に遅れてしまうことがあるかもしれません。

プロミスを利用していて、期日までに返済できなかったときにどんなペナルティが発生するか、確認してみましょう。

遅延損害金が発生する

プロミスで期日までに返済できなかった場合、返済額に加えて、遅延損害金を支払わなければなりません。

プロミスの場合、遅延損害金の利率は20.0%と決められているので、遅延損害金の額は「借入残高×20.0%÷365日×延滞日数」で計算できます。

仮に、20万円の借入残高で、返済せずに10日間経過してしまった場合は、「20万円×20.0%÷365日×10日」で計算し、端数を切り捨てて1,095円が遅延損害金となり、元々の返済額に追加で支払う必要があります。

遅延損害金は一種の損害賠償のようなもので、一般的に金利は高く設定されていることがほとんどです。

延滞日数が長くなるほど、遅延損害金も高くなっていくので、返済が遅れてしまったときは早めに返済するように注意してください。

延滞履歴がついてしまう

返済に遅れた場合、個人信用情報に延滞履歴がつき、金融事故と扱われてしまうことがあります。

個人信用情報に金融事故の記録がある場合、新たにクレジットカードをつくったりローンで借り入れをしたりすることが難しくなります。

では、どれ位の期間、延滞してしまった場合に、事故情報が掲載されるのでしょうか。

一般的に61日以上、または3ヶ月以上延滞してしまうと、延滞の履歴が掲載されてしまいます。

この期間を「意外と長い」と感じる人もいるかもしれませんが、そこで「多少の延滞は大丈夫」と考えずに、必ず返済日を意識することが大切です。

プロミスで支払い遅れとなりそうなときの対処法と延滞について解説

延滞が続くと強制解約に

延滞を何度か繰り返した場合、悪質と見なされたり、安定した収入がないと判断されたりすると、プロミスから強制的に解約されてしまう可能性があります。

強制解約された場合、仮に延滞分を返済した後でも新たな借り入れをすることはできなくなるだけでなく、あらためてプロミスで契約をしようとしても申込みができなくなることが考えられます。

継続してプロミスを利用したい人は、強制解約になることのないよう、早め早めの返済を心掛けるようにしてください。

プロミスの返済に遅れそうなときの対処法


期日までの返済を意識していても、手元にお金がなく、返済日までに返済できない可能性があることもあるでしょう。

プロミスの返済に間に合わなそうな場合は、どうしたら良いでしょうか。

対処法をご紹介します。

早めにプロミスに相談する

期日までの返済が難しそうなときは、返済日の前に、なるべく早い段階でプロミスに相談するようにしましょう。

プロミスコールに電話を掛け、オペレーターに、返済日までに入金ができなそうな旨と、いつ返済ができるか次回の返済予定日を伝えてください。

オペレーターは状況を確認の上、返済日の延期について提案してくれます。

また、返済できるお金が足りない場合は、その月に限り利息のみの支払いに免除してもらえる場合もあります。

ただし、必ず利息のみの支払いにしてもらえるとは限らないので、まずは早めに連絡の上、相談するようにしましょう。

返済日お知らせメールで返済忘れを防ごう

忙しくて返済日を忘れがちな人は、返済日お知らせメールサービスを利用すると良いでしょう。

これは、パソコンやスマートフォンのメールに返済期日を知らせるメールが届くサービスで、プロミスインターネット会員ページで簡単に設定することができます。

メールが配信される日にちや時間帯についても自由に設定が可能です。

返済日お知らせメールで、うっかり返済忘れを防ぎましょう。

まとめ

プロミスの利息や返済額の計算方法、できるだけ返済金額を抑える方法について解説しました。

利息や返済手数料、延滞損害金は、金額だけを見た場合、少なく感じる人もいるかもしれません。

しかし、回数を重ねるうちに、少額の積み重ねは、返済額に大きな差を生むことになります。

無利息サービスや手数料無料の返済方法、返済日お知らせメールなど、便利なサービスを上手に活用しながら、プロミスをお得に利用してみてくださいね。