プロミスは増額を土日も受け付けている!申請方法と注意点を紹介

プロミスのキャッシングの増額は、土日でも受け付けているためとても便利です。

平日は仕事でキャッシングの増額申請ができない人でも、土日に手続きができるので安心ですよね!

今回は、プロミスの増額申請を土日に行う上で、知っておくべきポイントを紹介します。

土日の増額申請ならではの注意点や、増額の申請方法など、詳しく解説していきますので増額申請について不安がある人は、是非この記事を読んでみてください。

土日の増額申請で注意すること

土日にプロミスに増額申請する場合の注意点を3つ紹介します。

増額申請をする前に確認しておきましょう!

土日も審査をしてくれるのは自動契約機のみ

自動契約機であれば、土日に申し込みをして早ければ即日に増額審査の結果連絡がきます。

土日に増額申請をしてその日に審査結果を知りたい場合は、できるだけ早い時間に申し込みを完了させることが大切です。

ただし、他の申し込み者が殺到していると即日に審査結果が出ない場合もあるので注意しましょう。

また、事前に増額審査に通過していれば、土日であっても自動契約機で融資が受けられます。

平日の空いた時間を利用して、増額審査を受けた上で休日に自動契約機で変更手続きをするとスムーズに増額融資が受けられます。

自動契約機からの増額申請の受付時間

土日の自動契約機からの増額審査は、借り入れを希望する日の午前中には、申し込みを完了することをオススメします。

プロミスに増額申請をする方法を3つ紹介しましたが、実際に土日に審査が受けられるのは自動契約機のみです。

増額審査の受付は、自動契約機の営業時間内なら終了時間まで行っていますが、最短でその日のうちに増額結果が知りたい場合は注意しましょう。

プロミスのコールセンターに問い合わせたところ、営業終了時間の1時間前までには申し込みを完了することをすすめられました。

近くの自動契約機の営業時間を公式サイトで確認して、時間に余裕をもって申し込みましょう。

増額審査の在籍確認

プロミスの増額申請では、基本的に在籍確認は実施されません。

借り入れ希望額によって、収入証明書を提出しての審査になります。

希望額が50万円を超える人や、希望額と他社の利用残高の合計が100万円を超える人は、収入証明書を提出しましょう。

ただし、新規申込時から職場が変わった場合などは、再度在籍確認が行われます。

したがって、職場の休日が土日である人は注意が必要です。

在籍確認が取れないと審査がすすまない可能性があるため、職場が土日休みで土日に申し込みをした人は、プロミスの担当者にその旨を相談してみましょう。

プロミスで土日に増額申請する方法を3つ紹介

まずは、土日にプロミスの増額申請をする方法を3つ紹介します。

平日に増額申請をすると順次審査が実施されますが、土日に関しては、WEBとプロミスコールは審査を実施していません。

ただし、いずれの方法も土日の増額申請の受け付けには対応しています。

1.WEBの会員ページ

プロミスの増額申請をする方法として一番おすすめなのが、WEB上の会員ページからの申請です。

24時間いつでも増額申請の申し込みができるので、ちょっとした空き時間でも手続きができるメリットがあります。

プロミスの増額申請をWEB上の会員ページか行う場合は、会員ページにログインした状態で「限度額変更のお手続き」から申請をしましょう。

増額申請の手続きが完了すると、プロミスの担当者から登録の電話番号に連絡が入ります。

なお、電話確認が行われる時間帯は、9時~21時までの間です。

できるだけ早く増額をしたい人は、電話対応の時間を参考に余裕を持って申請手続きをすることがポイントです。

プロミスの担当者からの電話は申込内容の確認などが実施されるので、正確に答えるようにしましょう。

その後、申し込み内容をもとに、増額審査が実施されます。

ただし、WEB申し込みの場合は審査は土日に行われないので注意が必要です。

2.自動契約機

自動契約機からもプロミスの増額申請ができます。

土日に増額申請をして審査回答もしてもらえるのは自動契約機だけです。

増額申請を土日にして少しでも早く審査結果を早く知りたい人や、自宅や会社などの近くに自動契約機がある人、インターネットの扱いに慣れていない人は、自動契約機からの増額申請がおすすめです。

プロミスの自動契約機の営業時間は、店舗によって違うので公式サイトで確認しましょう。

特に土日はプロミスの利用者が増える傾向があるので、自動契約機も混みやすくなります。

遅くとも営業時間終了の2時間ほど前まで、できれば午前中か夕方までには増額申込を完了することをおすすめします。

増額の申込時間が早いほど、審査を受けられる順番が早くなるので余裕を持って手続きをすることが大切です。

3.プロミスコール

WEBや自動契約機だけでなく、プロミスコール(0120-24-0365)に電話をかけて増額申請をする方法もあります。

プロミスコールであれば、担当者と直接話をしながら増額申請の手続きができるので、不安や疑問点がある人にピッタリですね。

なお、プロミスコールの増額申請の受付時間は、9:00~22:00になっているので時間内に電話するようにしましょう。

また、プロミスコールからの増額申請も土日の場合は審査が行われないので注意が必要です。

プロミスの増額申請方法一覧表

プロミスの増額申請の方法をまとめると次の通りです。

特徴必要書類
WEB
  • 24時間いつでも申し込みができる
  • 場所を選ばずに増額申請ができるので、誰かにバレない
  • 審査が実施されるのは平日
【本人確認書類】

(例:運転免許証、パスポート、健康保険証+住民票など)

【収入証明書】

(例:直近2か月分の給与明細、最新の源泉徴収票、確定申告書、税額通知書など)

※次のケースに該当する場合のみ収入証明書が必要

  • 前回プロミスに収入証明書を提出してから3年以上経過した場合
  • プロミスの利用限度額が50万円超の場合
  • プロミスの利用限度額と他社借入額の合計が100万円超の場合
自動契約機
  • パソコンやスマホを使わずに増額申請ができる
  • 来店する時間に注意が必要
  • 土日でも審査が受けられる
プロミスコール電話番号:0120-24-0365

  • 担当者と直接話ができる
  • 受付対応時間に注意が必要
  • 審査が実施されるのは平日

プロミスの増額申請で気を付けるポイント

プロミスで増額申請をする場合に気を付けたいポイントを4つ紹介します。

いずれも簡単な注意点なので、増額申請をする前に目を通しておけば大丈夫です。

増額申請をスムーズに完了させるためにも、内容をチェックしておきましょう。

増額審査は新規申込よりも時間がかかる

大手消費者金融のほとんどが初回審査は最短即日に結果が出ますが、増額審査は初回審査よりも時間がかかります。

しかし、プロミスなら増額申請の申し込みタイムリミットをクリアしていて、ある程度の信頼関係が構築されているとすぐに増額審査の結果が出るので利便性が高いです。

土日の間に増額審査の結果を知ることは難しいですが、計画的に申し込みをしておけばすぐに増額融資に対応してもらえる可能性が高いメリットがあります。

他社での借り入れをしない

プロミスに増額申請をする場合は、他社で借り入れをしない方が審査に良い影響を与えます。

なぜなら、他社借り入れがあると月々の返済額が多くなり、増額すると返済できない可能性があるので審査が厳しくなります。

すぐにお金を借り入れたい気持ちは分かりますが、プロミスの増額審査の通過率をアップさせるためにも他社からの借り入れは控えるようにしましょう。

借入残高が残りわずかな他社借入がある場合は、この機会に完済するのもおすすめです。

延滞しない

プロミスはもちろん、他社借入においても毎回の返済に遅れず延滞しないことが大切です。

1回の延滞でも審査に悪い影響を与えかねませんし、複数回延滞を繰り返している人は要注意です。

延滞に注意するのは、増額申請の審査通過率をアップさせるためだけでなく、個人信用情報にも関わる重要なポイントなので支払管理はしっかりとしましょう。

登録内容の変更は早めにする

名前や住所、勤務先など登録内容に変更がある場合は、必ず変更手続きをしなければなりません。

住所変更せずに放置していると、プロミスからのお知らせが届かないなどにより、利用が止められる可能性もあるからです。

また、プロミスの規約には住所変更の手続きは速やかにしなければならないと明記されています。

そのため、増額審査前に住所変更や勤務先の変更手続きは必ずしておきましょう。

プロミスの登録内容を変更する場合は、以下の方法のいずれかで手続きをしましょう。

  • インターネット会員ページ
  • プロミスコール
  • 自動契約機
  • 店頭窓口

プロミスは学生も増額申請が可能

最後に、学生であってもプロミスで増額申請ができるのかについて解説していきます。

結論から言えば、学生でもプロミスの所定の条件を満たせば増額申請ができます。

具体的にどのような条件をクリアすれば、学生も増額申請ができるのか見ていきましょう。

収入の3分の1まで借りられないこともある

学生に限ったことではありませんが、基本的にプロミスのなどの貸金業者は総量規制の対象なので借り入れ限度額が法的に定められています。

総量規制とは、貸金業者が契約者の年収に対して3分の1以上融資できないという法律です。

例えば、プロミスを利用する学生の年収が100万円で、利用限度額が30万円だったとします。

学生はお金が足りず、プロミスに利用限度額が50万円になるよう増額申請をします。

しかし、学生の年収は100万円で50万円を借り入れると、総量規制に引っかかるため審査に通過できないというわけです。

学生がプロミスの増額審査に通るためには、収入を上げるか総量規制の範囲内で申請を出す必要があります。

とはいえ、学生であるからプロミスの増額申請に通過できないわけではありません。

増額申請を出す前に、現在の借入額や年収を見直して、総量規制の規制対象にならない希望限度額を考えることがポイントです。

安定した収入があり利用実績を積むことが大事

増額審査に通過するためには、安定した収入とプロミスでの利用実績が大切になります。

安定した収入とは、毎月継続して同じくらいの給料を受け取り続けている状態です。

1か月分の給料が高くても、翌月はゼロという状態だと安定した収入があるとは言えません。

安定しない収入の学生は増額審査に落ちる原因になりかねないので、できるだけ毎月同じ程度の金額を得られるように工夫しましょう。

学生であればしばらくの間、バイトを掛け持ちしたり、シフトを増やしたりして収入を上げると増額審査に通過しやすくなります。

また、プロミスでの利用実績も大切です。

例えば、プロミスを利用してまだ数週間の人と1年以上利用している人を比較すると、長期間プロミスと取引をしている人の方が増額申請の審査に通りやすくなります

なぜなら、その期間中の取引実績によって、プロミスからの信頼感が得られるからです。

プロミスを利用開始してから間もない人は、少し期間を空けてから増額申請を出すことをおすすめします。

ただし、利用期間が長くても延滞や滞納をしていると逆効果になるので注意が必要です。

プロミスは利用者が返済日にきちんとお金を返しているかをチェックしています。

複数回借入をしても、返済日をしっかり守っていればそれがプロミスからの信頼につながるのです。

増額審査に通過するためにも、日頃から約定返済日を必ず守ることが大切です。

無理のない返済をするためには、計画的に借入をする必要があります。

目の前のことだけでなく、プロミスの長期的な利用を考えた上で必要な金額だけを借り入れるのがポイントです。

まとめ

プロミスは土日であっても増額申請の受付をしてもらえます。

ただし、WEBとプロミスコールの場合は、審査が実施されるのが平日になるので注意が必要です。

増額申請の結果を急ぐ場合は、自動契約機を利用することをおすすめします。

今回紹介した注意点やポイントを踏まえて、スムーズにプロミスの増額申請手続きをしてみましょう。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要