プロミスの契約までの手順と最短で借り入れできる方法を紹介

プロミスは審査から融資までスピーディーな消費者金融として人気です。

申込方法や時間帯によっては、最短即日融資も可能なので「今日どうしてもお金が必要になった」なんてときも、とても便利ですね。

しかし、どの時間帯でも最短即日融資が可能というわけではなく、方法や時間帯を考えて申し込みをしなければ「思ったより時間が掛かってしまった!」なんてこともあるんです。

今回はプロミスの契約までの手順と最短で借り入れできる方法やコツを紹介しますので、是非参考にしてください。

プロミスおすすめPOINT

arrow_rightWEB完結で即日融資可能
arrow_right実質年率17.8%
arrow_right女性専用のレディースコールも設置!
arrow_right初回借入翌日から30日間利息無料
(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)

プロミスの「WEB申込」「自動契約機」なら土日・祝日問わず21時まで審査受付!

プロミスの審査に必要な書類を用意しておこう

申し込む前に必要書類を準備しておきましょう。

書類によってはあらかじめ取り寄せておく必要があるものもあります。

【本人確認書類】
下記のうちいずれかひとつが必要です。

本人確認書類 ※有効期限内のもの
本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

本人確認書類とは公的機関が発行した顔写真付きの書類です。

そのため運転免許証が推奨されていますが、持っていない場合はパスポートなどでも対応してもらえます。

「運転免許証もパスポートもない!」という人は健康保険証と共に住民票を提出してください。

健康保険証は顔写真が付いていないため、単体では本人確認書類にはなりません。

必ず住民票などの補足書類が必要になります。

また、本人確認書類と現住所が異なる場合は、現住所が記載された発行日から6か月以内の以下の書類、いずれか1点のコピーを併せて提出します。

  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

外国籍の人は「在留カード」または「特別永住者証明書」を併せて提出します。

【収入証明書類】

  • 希望の借入額が50万円を超える
  • 希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える

上記のいずれかの条件に該当する場合は、次のような収入証明書の提出が必要です。

収入証明書
収入証明書

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2か月+1年分の賞与明細書)

※賞与がない場合は直近2か月の給与明細書の提出で可

なお、書類の中に個人番号(マイナンバー)が記載されている場合は、その箇所を見えないように加工する必要があります。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要

プロミスはWEB契約なら自分の都合のいいときに申し込み可能

プロミスの申し込み方法のひとつにWEB契約があります。

WEB契約であれば、インターネットから、いつでもどこでも自分の都合の良いときに申し込むことができます。

またWEB完結で申し込み、口座振替で返済をすれば郵送物もなく家族にバレる可能性も低くなります。

ただしWEB完結でカード不要の契約の場合、プロミスカードは発行されません。

そのため、借り入れ方法は振込キャッシングかスマホATMとなり、返済方法は口座振替のみというように、利用方法が限られてしまいます。

ただ、もし「やっぱりカードを発行したいな」という場合は、後から手数料無料で発行してもらえます。

急いでいるときは、取りあえずWEB完結で手続きし、後から自動契約機で発行するなどの方法もおすすめですよ。

WEBからの申し込み方法

スマホやパソコンから申し込みは24時間いつでも可能です。

早ければ最短30分での回答となりますが、混雑具合によっては連絡までに時間が掛かりますので注意してください。

プロミスは契約可能額を決定し、審査結果を電話かメールで知らせてくれます。

以前は申し込みのときに「カンタン入力」と「フル入力」と選択できましたが、「カンタン入力」の場合、後でオペレーターから審査で必要な確認事項について電話がありました。

2020年6月には、すでに「カンタン入力」と「フル入力」の申し込み方法は無くなっています。

プロミスの申込みはこちら

WEB契約の流れ

無事審査に通れば、プロミスとの契約手続きへと移ります。

契約方法はWEBと自動契約機だけでなく、店頭窓口や郵送の4つがあるので、自分に合うものを選ぶことができます。

カードも不要でWEBで完結させたい場合は、「金融機関口座でかんたん本人確認」か「アプリでかんたん本人確認」を選び、「カード発行希望なし」を選択すれば、カードレスで郵便物なしのWEB完結となります。

「郵送で本人確認」が選択できますが、その場合は契約書類やカードが郵送されるので注意してください。

郵送なしでカードを手に入れたい場合は、プロミスへの連絡後に必要書類を持参のうえ、自動契約機での手続きをおすすめします。

自動契約機での手続きはその場でカードが発行されますので、隣接したATMがあればすぐに借り入れが可能です。

なおWEB完結の口座振替による返済を希望する場合、金融機関での本人確認が完了していることが前提となります。

自分の選択した金融機関が、口座振替の対象になっているかはプロミスの公式ホームページの、「ご利用可能金融機関検索(口座振替)」で確認できます。

また、対象外の金融機関で口座振替返済をしたいときは、プロミスに連絡して預金口座振替依頼書を請求してください。

預金口座振替依頼書をプロミスが受領後、口座振替による返済の登録ができます。

プロミスの店舗・自動契約機での申し込みは営業時間に注意しよう

プロミスは、直接店舗や自動契約機での申し込みも可能ですが、営業時間に注意してください。

「せっかく行ったのに開いてなかった!」なんてことになると無駄足になってしまいますからね。

店舗や自動契約機の営業時間は以下の通りです。

店舗(お客さまサービスプラザ)平日10:00~18:00(店舗により異なる)
自動契約機全日9:00~22:00(自動契約機によって異なる)

店舗や自動契約機の営業時間は随時変更されるので、契約前にプロミス公式サイトで確認しましょう。

お客さまサービスプラザは店舗数も営業時間もかなり限られているため、自動契約機を選択する人も多いと思います。

多くの自動契約機は毎日9時~22時と長時間営業していますが、最短即日融資を受けたい場合は、22時ギリギリに滑り込むのではなく、審査時間や在籍確認も考えて閉店1時間前には申し込まなければなりません。

店舗・自動契約機からの申し込み方法

必要書類を持参のうえ、プロミスの店舗や自動契約機に出向きます。

店舗の場合は対面で、自動契約機の場合は自動契約機内の電話で説明してくれるので安心です。

申し込み内容を基にプロミスからの審査を受けるので、その間はプロミスの利用方法のビデオを視聴することになります。

店舗・自動契約機での契約の流れ

無事審査に通ったら、そのまま契約手続きに移ります。

契約手続きが完了すれば、その場でプロミスカードが発行されるため、郵便物もないので便利です。

借り入れはATMの他にも、振込キャッシングも選択できます。

店舗や自動契約機が自宅の近くにある場合はカード発行のことを考えると、来店でプロミスと契約する方法が一番便利かもしれませんね。


プロミスコールは相談しながら申し込みできる

初めての利用で不安なことや不明点は全て解決したうえで申し込みたい場合は、プロミスコールでの申し込みをおすすめします。

特に女性の場合は、消費者金融でお金を借りることに不安に感じる人も多いかもしれません。

プロミスは女性スタッフが常駐している女性専用ダイヤルを設けています。

女性スタッフに相談したい人はこちらに電話を掛けると良いでしょう。

  • プロミスコール0120-24-0365
    (新規申し込みは全日9:00~22:00)
  • プロミスレディースコール(女性専用ダイヤル)0120-86-2634
    (新規申し込みは全日9:00~22:00)

 

ただ電話での申し込みは、かなりの時間が掛かることもあります

時間に余裕があるときに申し込み手続きを行いましょう。

自分のタイミングで申し込みたい場合は相談だけ先にプロミスコールで行い、手続きはWEBや自動契約機など自分の都合の良いときに行うのがおすすめです。

プロミスコールからの申し込み方法

プロミスコールは、電話で審査に必要な項目を全てヒアリングされます。

スマホで入力したり、書類に記載したりするなどの手間はありませんが、かなり時間が掛かることもあるため、日中仕事をしている人は注意してください。

審査結果は早ければ30分から1時間で通知されますが、混雑具合によってそれ以上時間が掛かる場合もあります。

プロミスコールの契約の流れ

審査回答後の契約手続きは、必要書類持参のうえ来店するか、郵送契約となります。

来店はお客さまサービスプラザか自動契約機か自分の便利な方を選択しましょう。

自動契約機の場合は端末の指示に従いながらタッチパネルで操作すると、契約手続きは完了になります。

その場でカードが発行されますのですぐに借り入れすることもできますよ。

郵送契約の場合は契約書類とカードが簡易書留郵便(転送不要)で郵送されます。

契約書類の必要項目を記入し必要書類のコピーを同封のうえ返送します。

プロミスが書類の受領を確認後、借り入れが可能になるので急いでいる場合はおすすめできない方法です。

ゆっくり考えてから申し込みたいときは郵送がおすすめ

「他社とも比較検討したい」「電話で相談する時間はあまり取れない」という場合は郵送申し込みがおすすめです。

郵送申し込みは、自動契約機に行く必要もなく誰とも会わずに申し込むことができます。

デメリットとしては自宅に郵便物が何度か届くこと、スピーディーな審査、借り入れができないことが挙げられます。

飽くまでじっくり検討したい人におすすめの方法になります。

郵送を使った申し込み方法

郵送での申し込み方法はまず申込書を取り寄せるところから始まります。

申込書はインターネットやプロミスコールから取り寄せが可能です。近所にお客さまサービスプラザがある場合はそちらでも手に入りますよ。

取り寄せた申込書に必要項目を記入のうえ、必要書類のコピーと共に郵送します。

申し込み情報を基にプロミスは審査を行い、指定した連絡先に審査結果を通知します。

郵送後の契約の流れ

申込書の郵送後に審査に通ると、契約書類・カードが簡易書留郵便(転送不要)で自宅に郵送されますのでそれを受け取り次第、手続き完了となります。

簡易書留郵便は差出人が「事務センター」という名前で届きます。

簡易書留郵便になりますので、不在の場合は必ず再配達の指定を行い確実に受け取りましょう。

プロミスの審査の審査基準と在籍確認を紹介

当たり前ですが、プロミスでお金を借りるには審査が必要です。

プロミスには明確な審査基準が存在しますが公開されていないので、まず自分の属性や、金銭状態を考えてみてください。

そして、審査では、電話での職場連絡が行われる在籍確認があります。

在籍確認は申し込み内容の事実確認うえでも非常に大切な項目になりますので避けて通れません。

プロミスの審査基準を把握しておこう

プロミスの公式ホームページにもあるように、プロミスの主な申し込み対象者は「年齢20歳以上69歳以下の本人に安定した収入がある人」です。

主婦や学生でもパートやアルバイトによる安定した収入がある場合は、申し込みが可能です。

重要なのは本人に安定した収入があることですので、どんなに配偶者が稼いでいても本人に収入がなければ申し込みはできません。

審査は、本人の返済能力や個人信用情報が基になります。

返済能力を証明するためにも安定した収入は大切ですので、特にパートやアルバイトの人はシフトなどで収入にバラつきを起こさないように心がけましょう。

ただ融資額に関してプロミスは貸金業法で定められた総量規制を遵守する必要がありますので、「年収の3分の1」を超えて貸し出すことはありません。

収入が低い人は融資額もおのずと低くなりますので、そのことは念頭に入れておきましょう。

また、どんな人でも初めての借り入れの契約は、返済実績がありません。

プロミスも貸倒れのリスクを考え、最初は低い額での融資額決定となる場合が多々あります。

限度額を上げたい場合は、長い目で見て良い返済実績を積み重ねるようにしましょう。

どの申込方法でも在籍確認が必ずある

審査の最終段階で在籍確認があります。

在籍確認までクリアできれば審査通過は目の前ですので、必ず確認が取れるようにしましょう。

本人が電話にでなくても「今日はお休みを頂いています」や「ただいま席を外しています」といった返答で在籍確認はOKです。

どの申し込み方法でも必ず在籍確認は行いますので、職場が在籍確認を取りにくい環境にある場合は、申し込む前にプロミスのスタッフに相談しておくことをおすすめします。

本人確認の連絡は避けられない

プロミスへの審査申込後の、本人確認の電話は避けられません。

自動契約機で申し込んだ場合でも、入力した携帯電話あてに連絡が来ます。

以前はWEB申し込みの場合、「カンタン入力」か「フル入力」を選択できました。

「カンタン入力」の場合は残りの項目を確認するためにプロミスから、申込者に電話が掛かってきますが、「フル入力」は必要項目を全て入力しているため確認は無かったのです

しかし、2020年6月には「カンタン入力」と「フル入力」の申し込み方法は、無くなってしまいました。

プロミスから最短で借りる方法はWEB申し込みがおすすめ

ここまでそれぞれの申し込み方法について解説しました。

「いろいろな方法があるのはうれしいけど、どれが一番いいのか迷っちゃうよね!」

うんうん、そうですよね!

どの方法でもメリット・デメリットがありますが、早くお金を借りたい場合はWEBでの申し込みが一番おすすめです。

WEBからの申し込みのメリットは次のふたつです。

  • 契約までの時間を短縮できる
  • 瞬フリを利用すれば最短10秒で借り入れ可能

 

インターネットでの操作に慣れている人は是非この方法で申し込みをしてみてください。

プロミスからの借り入れがバレることは少ない

プロミスで借り入れをしている事実を家族や職場に隠したい人も多いですよね。

プロミスを利用していることがバレる原因としては在籍確認、カードや契約書、利用明細書などの郵便物、延滞を起こしたときの督促の連絡です。

そのため、これらに対する対策を立てればプロミスを利用していることがバレる可能性は低いのです。

カードや契約書の送付を避けたい場合は、カード発行なしで口座振替返済のWEB完結を選択しましょう。

カードがなくてもスマホATMや振込キャッシングでお金を借りることができますし、自動契約機でいつでも発行することもできます。

また在籍確認に関してもプロミスオペレーターの個人名で掛かってくるため、プロミスという単語はでてきません。

念のため「クレジットカードの在籍確認が掛かってくるかも」と周りの同僚に伝えておけばより一層安心ですね。

審査に通りプロミスを利用するようになれば、WEB明細の登録を必ず行ってください

借り入れなどの利用を行えばプロミスは必ず明細書を発行しなければなりません。

しかしWEB明細の登録を行っておくことで郵送ではなく、全てWEB上で明細を受け取るようになります。

督促の通知に関しては家族に絶対にバレないとは言い切れません。

ただ自宅に督促の封書が郵送される前に、契約者の携帯電話に来るので必ず応対するようにしましょう。

まとめ

プロミスは申し込み方法や借り入れ方法が多岐にわたりますので、自分の都合に合わせて選択することができます。

特に急いでいる、家族にバレたくないという事情がある人はWEB完結がおすすめですよ。

しかし契約ができたからといってそこで安心してはいけません。

計画的に申し込んだ次は計画的な返済が大切です。

無理のない返済プランを立てて賢くプロミスを活用してくださいね。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要