プロミスで借り入れをしたい!最短で借りる方法と注意点を解説

「どうしても今日お金が必要!」

そんなときに、プロミスで借り入れを検討する人も多いのではないでしょうか。

プロミスは自動契約機の設置数が他社と比べても多く、最短即日融資も可能な消費者金融です。

また、24時間365日いつでもスマホで申し込みが完了する「Web完結契約」もあるので、来店せずに、最短即日融資を受けることができます。

今回はプロミスから最短で借入するための方法や、その他借入時の注意点を併せてご紹介します。

プロミスおすすめPOINT

arrow_rightWEB完結で即日融資可能
arrow_right実質年率17.8%
arrow_right女性専用のレディースコールも設置!
arrow_right初回借入翌日から30日間利息無料
(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)

プロミスの「WEB申込」「自動契約機」なら土日・祝日問わず21時まで審査受付!

プロミスから最短で借りる方法

プロミスは申込時間によっては最短即日融資も可能です。

なるべく即日に融資を受けたい場合は、「Web完結契約」で申し込みをする方法がおすすめですよ!

Web完結を利用すれば、「振り込み融資」や「カードレス」での借り入れが最短でその日のうちにできます。

しかし、いつ申し込んでも最短で融資を受けられるわけではなく、当然申込時間には注意が必要です。

では、プロミスから短時間で融資を受ける手順を一つ一つ説明します。

【最短即日融資】Web完結契約の申し込みの流れ

プロミスの申し込み方法は下記の5種類あります。

  • Web
  • 自動契約機
  • 電話(プロミスコール)
  • 窓口店舗
  • 郵送

最短で融資を受けたい場合は、Webで申し込んだ後振り込みキャッシングを利用する「Web完結契約」がおすすめです!

Webの場合の申し込みの流れは次のようになっています。

①プロミスのホームページから申し込む

Web完結は、本人確認を「金融機関口座でかんたん本人確認」か「アプリでかんたん本人確認」を選べます。

「金融機関口座でかんたん本人確認」は、契約時に口座を登録する口座振替での返済です。

「アプリでかんたん本人確認」は、インターネット返済かスマホATMの支払いですが、契約後は返済方法を変更できます。

申し込みには本人確認書類や、借入額によっては収入証明書も必要なため、スムーズに手続きをすすめるためにもあらかじめ準備しておきましょう。

以前は、申し込み方法は「カンタン入力」か「フル入力」を選択できました。

「カンタン入力」はオペレーターから電話が来ますが、「フル入力」は本人確認の電話なしで審査を受けることが出来たのです。

2020年6月時点では、「カンタン入力」と「フル入力」の申し込みフォームは既にありません。

②審査後に結果が届く(メールか電話)

公式サイトでは審査回答までに掛かる時間は最短30分と紹介されていますが、受付順に審査がスタートしますし在籍確認もあるため、時間に余裕を持って申し込むことをおすすめします。

③Webか来店で契約手続き

⇒Web完結契約希望の場合はWeb契約を選択
⇒来店契約にした場合はプロミスの自動契約機で契約する

【Web契約を選択した場合のその後の流れ】

1.返済方法の選択(口座振替かATM返済)

⇒Web完結契約の場合は「口座振替」を選択する

2.口座振替にした場合はさらにカードの郵送希望ありかなしを選択

⇒Web完結契約の場合は「カードの郵送希望なし」を選択

④借り入れ

Web完結契約の場合は「瞬フリ(振込キャッシング)」で借り入れをする
※ただしWeb完結契約に対応していない銀行もあるので事前に確認をしましょう。詳しくは後述します

Web完結申し込みすると借り入れ方法は「振込キャッシング」しか選択できません

また返済方法は「口座振替」しか選択できませんし、カードも発行されません

振込ではなくATMですぐに借り入れしたい人、カードをすぐに発行してもらいたい人は、Web契約ではなくプロミスの自動契約機での契約が必要です。

プロミスの申込みはこちら


プロミスで借り入れする方法は3種類

プロミスでは、申し込み後に審査に通過すると下記の2つの借り入れ方法から選択できます。

  • 瞬フリ(振込キャッシング)
  • ATMでの借り入れ
  • プロミスのアプリローン

それぞれの借り入れ方法を確認しておきましょう!

瞬フリ(振込キャッシング)

瞬フリ(振り込みキャッシング)とはプロミスから自分の口座に借り入れしたいお金を振り込んでもらうことです。

自宅にいても簡単に借り入れ手続きができるので、銀行の口座残高が足りなくてクレジットカードの支払いができない!などというときに、現金をコンビニATMなどで借り入れしてわざわざ口座に入金するという手間も省けるので、とても便利です。

また、振込手数料も掛からないためお得です。

瞬フリでは、対応している銀行であれば24時間365日最短10秒で振込キャッシングが可能です。

2018年10月に「モアタイムシステム」と呼ばれる即時振込サービスがスタートしたことを皮切りに、これまで三井住友銀行かジャパンネット銀行のみだった即時振り込みが、他の多くの金融機関でも利用できるようになりました。

ただし、モアタイムシステムは全ての金融機関が参加しているわけではないので、金融機関によっては振込実施時間が異なります

自分の口座が24時間振り込み可能なのか、ホームページの「金融機関別振込実施時間検索」で調べておきましょう。

瞬フリに対応していない銀行の場合は、平日の9時から14時45分までしか振込キャッシングに対応していない金融機関があるので注意が必要です。

ATMでの借り入れ

新規申込時にWeb完結申し込みをするとプロミスカードが発行されないのでATMでの借り入れはできません

しかし、プロミスカードは後から無料で郵送してもらうことは可能です。

振込キャッシングだけではなくATMでも借り入れしたい!という人は、プロミスカードも作っておくと便利ですね!

また、新規申込時に契約をプロミスの自動契約機にすると、即日にカードをもらうことも可能です。

プロミスが利用できるATMは、下記のとおりです。

  • プロミスATM
  • 提携銀行ATM
  • 提携コンビニATM

この中で、プロミスATMと三井住友銀行ATMは手数料無料で借り入れができます。

プロミスカードで借り入れできる提携コンビニATM

プロミスで借り入れや返済ができるコンビニATM手数料について下記の表にまとめました。
利用時の参考にしてみてください!

提携ATM取引内容手数料営業時間
セブン銀行ATM借入・返済1万円以下:110円
1万円以上:220円
(借入、返済ともに)
全日0:10~23:50
ローソン銀行ATM借入・返済1万円以下:110円
1万円以上:220円
(借入、返済ともに)
月曜日7:00~23:50
月曜以外0:10~23:50
祝日は曜日通り
*1/1は利用不可
ファミリーマート
(E-netATM)
借入・返済1万円以下:110円
1万円以上:220円
(借入、返済ともに)
0:00~24:00
ミニストップ
(イオン銀行ATM)
借入・返済1万円以下:110円
1万円以上:220円
(借入、返済ともに)
0:05~23:45

※1 毎週日曜0:00~月曜7:00まではシステムメンテナンスのため、全ての提携ATMが利用できません

※2 ATMを利用する際、設置店舗が24時間営業でない場合は、ATMが利用可能な時間であっても、コンビニが閉店しているので利用できません

ただし、店舗によっては上記の営業時間とは違う場合もあるので、最寄りの店舗の営業時間をよく確認しておきましょう!

プロミスのアプリローンでも借り入れ可能

プロミスカードを持ち歩くのが嫌だけれどATMで借り入れしたい!という希望がある人は、プロミスのアプリローンがおすすめです!

アプリローンはスマホのアプリを利用して借り入れや返済手続きをするものです。

利用できるのはセブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMに限られますが、カードを利用せずにスマホだけで借り入れや返済ができるのはとても便利ですね!

ただし、利用するには所定の手数料が必要です。

  • 1万円以下:110円
  • 1万円超:220円

また、アプリローンの詳しい利用方法については下記の記事でも紹介しているので、参考にしてみてください!

【豆知識】プロミスでカードを利用せずに借りる方法まとめ

プロミスで借りる方法について紹介しましたが、カードなしで借りるための方法を下記にまとめました。

  • 瞬フリ(振込キャッシング)
  • プロミス「アプリローン」

プロミスでは振込キャッシングは銀行に振り込んでもらうだけなので、カードを使用する必要がありません。

また、プロミスのアプリを使用する「アプリローン」もカードを使用せずにセブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMで借入・返済が可能です。

カードをどうしても持ち歩きたくない、でもATMでの返済も利用したい!という人は、プロミスのアプリローンと瞬フリの併用がおすすめです!

また、返済だけなら、プロミスのATMではカードなしで返済できるので、ちょっと覚えておくと便利ですよ。

プロミスから最短で融資を受けるため5つのコツ

プロミスでなるべく早く融資までの手続きを終わらせるためには幾つかポイントがあります。

早く手続きを終わらせるためのコツを3つ紹介します!

申込時間はなるべく早めに!

プロミスのWeb完結申し込みは24時間受付をしています。

しかし、24時間審査をしているわけではありません!

プロミスが審査を行っているのは9:00~21:00までの間です。

ただし、できるだけ即日に融資を受けたいと考えている場合は、確実なのは午前中、遅くても20時までに申し込みを完了しましょう。

特に申込者が多くなる週末などには審査時間も長く掛かる場合が多いです。

申し込みはインターネットから行う

プロミスから最短で融資を受けたい場合は、インターネットから営業時間内に申し込みましょう。

審査通過後は、振込キャッシングなら家に居ながら、スマホアプリを利用すれば、セブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMでカードなしで借入可能です。

Web完結申し込みはカードが発行されないので、即日に他のコンビニや銀行などの提携ATMでは借入できない点に注意が必要です。(後日カードの郵送は可能)

また、プロミスの審査は早いとはいえ、不備があった場合は確認作業に時間を要します。

仕事をしている場合は、プロミスからの問い合わせなどの電話対応が難しいということもありますので、できるだけ余裕を持って申し込みを完了させましょう。

以前は、Webでの申し込みは「カンタン入力」と「フル入力」がありました。

カンタン入力は少ない項目の入力で済みましたが、残りの確認はプロミスからの電話に回答しなくてはいけないので、逆に時間が掛かったのです。

フル入力はそのまま審査に進むことが出来ましたが、2020年6月はカンタン入力もフル入力も申込方法から無くなってしまいました。

必要な書類を事前に確認しておく

申し込みの際には、本人確認書類収入証明書が必要です。

Web申し込みの場合、必要書類の提出はカメラで撮って画像ファイルにし、送信すればOKです。

次に詳しくまとめていますので、あらかじめ準備してから申し込みを行いましょう。

必要書類提出が認められている書類
本人確認書類・運転免許証
・パスポート
・健康保険証+住民票など
※Web完結の場合は健康保険証だけでも可能
(※外国籍の人は「在留カード」または「特別永住者証明書」を併せて提出してください。)
収入証明書◆下記に該当する人は収入証明書が必要
・希望の借入額が50万円を超える
・希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える◆収入証明書として認められる書類
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2か月+1年分の賞与明細書)※賞与がない人は直近2か月の給与明細のみの提出で可

もし提出する本人確認書類の住所と現住所が異なる場合は、公共料金の領収書(電気、水道、ガスなど)や住民票の写しなど別途書類が必要です。

Web完結に対応していない銀行に気を付ける

Web完結は全ての銀行が対応しているのかと言うと決してそうではありません。

自分が希望する銀行口座が未対応な場合は自動契約機での手続きに切り替えましょう。

〇Web完結に対応していない銀行の一例です。

  • ジャパンネット銀行
  • りそな銀行
  • 新生銀行
  • ソニー銀行
  • 楽天銀行
  • じぶん銀行

その他、Web完結を申し込む前提条件としては次のとおりです。

  • 口座振替が可能な預金種別であること
  • 選択した金融機関の本人確認が完了していること

金融機関によって、利用対象者の条件が決まっていますので、プロミスの公式サイトから確認しましょう。

また、スマホから申し込む場合は、金融機関利用している機種によっては申込できないケースがあるので、その場合は自動契約機やパソコンから申し込みましょう。

在籍確認ができる日に申し込みをする

プロミスは土日祝日も平日と変わらず9時から22時まで審査受付を行っているため、自分の都合のいいときに申し込むことができます。

しかし、プロミスでは審査の過程で必ず在籍確認があるため、会社が休みで誰も出社していない場合、在籍確認ができないため最短即日融資は難しくなります

この場合は後日改めて在籍確認を行うようになります。

最短即日融資を希望する場合は、なるべく会社が営業していて在籍確認ができる時間帯に申し込みましょう。

会社が営業していない日にどうしても最短即日融資を受けたいという人はプロミスコールに連絡し、相談してみることをおすすめします。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要


プロミスで契約中に借り入れできなくなる5つの原因

プロミスの審査に通過して利用を開始しているにもかかわらず、なぜか突然利用できなくなることがあります。

プロミスの契約中に借り入れできなくなる原因について確認していきましょう!

プロミスの借入限度額をオーバーしている

プロミスで借り入れができなくなる一番分かりやすい理由は、借入限度額がオーバーしていることです。

これはプロミスに限らず、どの金融機関でも同じです。

借入限度額が少なすぎて足りないとふだんから感じている人は、増額申請をすることもできます。

ただし増額には審査があるため、増額申請をしたからと言って必ず限度額が増額されるわけではないことに注意が必要です。

総量規制を超えてしまった

プロミスのような貸金業者には「総量規制」という法律が大きく影響します。

総量規制とは、年収の3分の1以上、貸金業者は契約者に貸付けをしてはいけないというものです。

そのため、他社の借金など合わせて総量規制の限度まで借りてしまっている場合は、追加借入ができなくなる可能性が高いです。

返済の延滞を繰り返している

プロミスでの返済を度々延滞している人は、信用度が下がって追加借入できなくなる可能性があります。

これはプロミスに限らず、他社で延滞を繰り返している場合も、突然プロミスでも借入できなくなることがあるので注意が必要です。

ふだんから返済日には遅れずに返済を続けていくことが大切ですよ!

住所変更などの手続きをせずに放置していた

プロミスでは、住所や勤務先を変更した場合は速やかに連絡をする必要があります

しかし、住所や勤務先が変わったのに連絡をせずに放置していると、突然利用できなくなることがあります。

住所変更などの手続きが面倒なのは分かりますが、利用できなくなる前に手続きをしておくようにしましょう。

プロミスを1年間全く利用しなかった

あまり知られていないことですが、プロミスを1年間全く利用せずに放置していると、借り入れできなくなることがあります。

もし、また利用を再開したいという場合は、プロミスコールに電話をして確認をしてみるようにしましょう。

プロミスで増額審査を受ける方法

先にも紹介しましたが、プロミスの利用を続けていると限度額が足りなくなることがあります。

特に新規借入時には限度額が少ないため、もう少しだけ限度額を上げたい!という人も多いようです。

プロミスで増額審査を受ける手順は下記のとおりです。

  1. プロミス会員ページから増額申請
  2. 担当者から電話で連絡がある
  3. 審査が行われる
  4. 電話で結果が連絡される
  5. 審査に通過すると限度額が上がる

「増額審査だから審査は簡単で済む」と考えている人がいるかも知れませんが、増額審査は新規申込時より難しいとも言われています。

その理由は、利用限度額が上がるということは、それだけプロミスの貸倒れリスクも上がるということになるからです。

そのため、新規申込時よりも借入が増えている人や、給料が下がった人、転職して1年以上たっていない人などは増額できない可能性があります。

場合によっては限度額を減らされることもあるので、増額審査は安易に申し込まないように気を付けましょう!

新規申込時の借入限度額は少なめにする

プロミスの借入限度額は審査で決まります。

審査においてその人の「返済能力」や「信用度」を見極め、無理のない返済ができる額をプロミスが決定するのです。

そのため、もちろん借入限度額が自分の希望する借入額に及ばない可能性もあります。

特に、初回利用者は借入限度額が少ない傾向にあります。

過去のプロミスとの取引実績がないため、その人の「信用度」がどれほどのものなのか未知数であるためです。

限度額を増やすためには、確実な返済や定期的な利用を積み重ねることで、良い取引実績を増やすしかありません。

プロミスの審査は厳しい?審査落ちする5つの理由

プロミスでお金を借りるためには審査が必要です。

銀行に比べると消費者金融は審査に甘いイメージがありますが決してそうではありません

プロミスの審査が甘いのか厳しいのか判断するために参考になるのが成約率です。

・過去3年のプロミスの成約率
2018年度:45.2%
2017年度:45.4%
2016年度:42.9%

これを見ても分かるように半分以上の人が審査落ちとなっています。

消費者金融なら審査が甘いという考えは捨てた方が良さそうです。

それでは、プロミスで審査に落ちやすい理由を5つ紹介していきましょう。

個人信用情報に傷がある

プロミスに限らず、金融機関の審査において最も重要なのが個人信用情報です。

個人信用情報とはクレジットカードや割賦支払い、ローンなど信用取引に関する契約内容や、取引状況などを示した情報です。

ローン会社はこの個人信用情報に基づいて審査を行い、「過去に遅延や滞納など返済トラブルはないか」「金融事故はないか」などその人の信用度と返済能力を調べます。

この返済に関する情報は他社のローン返済やクレジットカードの支払いに限ったことではありません。

携帯の月額料金や割賦支払い日本学生支援機構の奨学金の支払い情報なども含みます。

消費者金融は、貸したお金をきちんと返してくれると信用できる人にしか貸さないのです。

総量規制に引っかかる

先にも紹介しましたが、消費者金融では「総量規制」という法律によって「年収の3分の1を超えてお金を貸してはならない」という決まりがあります。

そのため、他社に借り入れがある場合は、おのずとこの規制に引っかかってしまう可能性があります。

他社借入にはクレジットカードのキャッシングも含まれるので、自分が他社でいくら借りているのか把握しておくことが大切です。

勤務状況に問題がある

基本的に年収に関しては「継続して安定した収入」があれば、アルバイトパートでも申し込むことは可能です。
(もちろん年収が低ければ総量規制の影響で限度額が少なくなりますが。)

しかし、仕事を初めて間もない場合転職を繰り返している人は注意が必要です。

どうしても「仕事をすぐ辞めるので、返済能力がないのでは」という懸念を持たれてしまうからです。

転職して間もない人はできれば1年は仕事を続けてから審査を受けるようにしましょう。

複数に借り入れや申し込みをしている

先ほど総量規制の話をしましたが、その関係上複数で借り入れしていると、審査落ちする可能性が高まります

総量規制に達していない場合でも、複数に申し込みをしている時点で月々の返済額が大きくなります

融資をしても、返済してもらえないリスクが増えるため審査は厳しくなります

また、短期間での複数社への申し込みは「申し込みブラック」になるおそれもあるため、絶対に止めましょう。

個人信用情報がスーパーホワイト

個人信用情報に傷があると審査にとおりにくいのはもちろんなのですが、反対に30歳以上で何の履歴もないいわゆる「スーパーホワイト」の場合も注意してください。

これまでの実績が何もないため、信用できるか判断が付かないからです。

また、個人信用情報に金融事故で傷が付いた後は、金融取引を利用できる可能性が低く、最低5年は情報が更新されず、履歴がない状態です。

スーパーホワイトは、金融事故で傷が付いた後の個人信用情報だと判断される可能性もあるのです。

まずはクレジットカード契約をして、個人信用情報に取引実績を残しましょう

大前提としてプロミスの申し込み条件は「年齢20歳から69歳までの本人に安定した収入がある人」です。

この条件に当てはまればアルバイトパートで稼いでいる学生主婦でも申し込み可能です。

申し込む前に是非プロミスのホームページから「3秒診断」を行いましょう。

これは「生年月日」や「年収」、「現在の他社借入金額」を入力すれば、借り入れ可能か診断できると言うものです。

飽くまで可能性なので絶対に審査にとおるというわけではありませんが、一つの目安として活用してみましょう。

プロミスの審査に通過するポイント

プロミスの審査をスムーズに通過し、できるだけ最短で融資を受けるためには幾つかポイントがあります!

申し込む前に確認をして、審査通過を目指しましょう!

申し込み内容に虚偽や誤りがないようにする

金融機関への申し込みのときに噓を吐いた場合、個人信用情報の照会により虚偽の申告はバレます

そうなるとまず審査にとおりませんので、申し込みは正直に、正確に申告するようにしましょう。

他社の借り入れを整理する

何社以上借りてはならないといった正確な基準は公表されていませんが、3社を超えると審査にとおりにくくなると言われています。

返済できるものがあれば一括返済し、難しいのであれば「おまとめローン」や「プチおまとめ」で借り入れを整理しましょう。

個人信用情報に傷を付けない

一番大切なのは個人信用情報に傷を付けないことです。

他社のカードローンやクレジットカードだけでなく、携帯料金奨学金も忘れず毎月きちんと返済をしましょう。

「携帯料金ぐらい少し遅延しても大丈夫」という考えは絶対止めましょう

プロミスのキャンペーンを利用してお得に借り入れしよう!

プロミスでは、初回契約時に限って「30日間無利息サービス」を利用することができます。

これには、メールアドレス登録Web明細登録の条件がありますが、30日間無利息で利用できれば少しでも支払利息を減らすことができますね!

大手消費者金融はどこもこのキャンペーンを実施していますが、多くの場合「借入日の翌日から」ではなく「契約日の翌日から」というように設定されています。

つまり、契約してから実際借り入れするまでに期間があく場合は、その分無利息期間をロスしてしまいますが、プロミスは借り入れを行った次の日から無利息期間がスタートするので余すことなくサービスを利用できます。

少額の借入をして30日以内に返済できれば、1円も利息を取られずに借りることもできるというお得なものなので、上手に利用することをおすすめします!

プロミスのスペックを確認

最後に、改めてプロミスのスペックを紹介しておきます!

利用を考えている人は参考にしてみてください。

融資額500万円まで
借入利率4.5%~17.8%(実質年利)
遅延利率20%(実質年利)
申込条件20歳以上69歳以下の本人に安定した収入がある人
担保・保証人不要
申し込み方法Web、自動契約機、電話、店頭、郵送
借り入れ方法Web、電話、ATM、店頭
返済方法Web、ATM、マルチメディア端末、店頭、銀行振替、銀行振り込み
無利息キャンペーン借り入れ翌日から30日間利息0円(初回利用に限る)
※メールアドレスの登録とWeb明細の登録が必要

マルチメディア端末のLoppi(ロッピー)かファミポートを使ってプロミスに返済できます。

ただし、2020年3月31日の23:00にLoppi(ロッピー)のカードローンやキャッシングの返済サービスが終了するので、気を付けましょう。

プロミスとアコムの融資を比較してみたい人には、こちらの記事もおすすめです。

まとめ

プロミスは最短即日融資も可能な消費者金融です。

申し込み方法や時間帯、借り入れ方法、審査の内容などポイントをつかめば融資を受けることは可能です。

ただし借入をしたら返済をしなければならないことに注意をして、計画的な利用をしていきましょう!

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要