洋服代を節約してもおしゃれはできる!失敗しない服選びのコツ4つを伝授

おしゃれを楽しむことで自分に自信を付けたり、やる気が出たりするという人も多いのではないでしょうか。

おしゃれを楽しむにはまず、洋服に気を使う人も多いですね。

洋服代は収入の2~3%と一般的に言われているのですが、年齢や家族構成などで変わってきますね。

あまりお金をかけられないけれど、おしゃれはしたいものです。

洋服代を節約しながらおしゃれする方法と失敗しない洋服選びを紹介します。

洋服選びのコツ4つを紹介

洋服を買いたいけれど、「買っても着なかったものがある」「無駄にしないような賢い買い物をしたい」そういう人は、洋服を購入するときによく考えることで失敗を減らせます。

1.長く使うものは長持ちのするものを選ぶ

時計やカバンなど長く使うものに対しては、少し値が張ってもいいものをと考える人も多いですよね。

ただし、ブランドものだからいいと安易に決めると、思っていたものと違うなど、買ってもしゆする頻度が少なく無駄になる可能性もあります。

長く使うものを買うポイントとして、自分のライフスタイルや使うシーンに合ったもの、飽きのこないものを選ぶといいでしょう。

またブランド品はセールで購入しても、クオリティが安定しているので安心ですね。

2.着回しのできる服・自分に合った服を選ぶ

お店で気に入った洋服があり、普段自分が着ているサイズがあったので、試着せずに買った経験がある人もいるでしょう。

家に帰って袖を通してみたら、自分には合わなかったという経験をした人もいるのではないでしょうか。

好きなものだからといっても必ずしも自分に合うとは限りません。

あるいはいつものサイズといってもメーカーによって変わります。

洋服のシルエットやパターンによっても変わってきます。

自分のサイズや体形に合ったものを選ぶことは大事ですね。

面倒でも試着してから購入することでロスをなくせます。

3.自分のおしゃれポイントを決めて購入する

自分の趣味やライフスタイルを考慮して服選びをすることで、自分らしさや着心地の良さが生まれたという声も多く聞きます。

ある程度洋服を買っていれば気づく、自分お好きな色や似合う色、パターンを気にしながら服選びをすると、「こんなはずじゃなかった」という失敗が防げます。

また洋服のテイストを合わせるためにも、自分はこう見られたいというイメージを持つことも大事です。

4.手持ちの服を確認する

よく同じ服ばかりを買ってしまうという話を聞きますよね。

好みのものを買うと自然とそうなりますが、例えば同じ色のワンピースを何着も持っているという人は、たいていそのうちの1枚ほどしか着ていないことが多いです。

それ以外はタンスの肥やしになってしまいます。

そのような服を頻繁に切るのであればいいのですが、持っていたことを忘れて買ってしまうことに問題があります。

衣替えの時など定期的に自分思っている服を確認して、着ていないものは捨てて断捨離すると持ち物の管理をしやすいでしょう。

無駄な買い物が減るので、時々洋服タンスの中を整理するといいかもしれません。

やめた方がいい節約方法

一見、節約になりそうな方法でも、実は意外な落とし穴があり、かえって支出を増やしてしまうこともあります。

もし思い当たるところがあれば、一度考えてみるといいでしょう。

ダイエットして昔の服を着ようとすること

1年、あるいは数年前より体型が変わって、着られなくなった服をもう一度着たいからとダイエットすることはあまり考えない方がいかもしれません。

ダイエットをしても、数年前の服が似合うかどうか、またダイエットが成功するとも限りません

リバウンドしてしまうことも考えられます。

もちろん、どうしてもその服を着たくてダイエットをするのはいいのですが、もったいないからと言ってダイエットをして節約する方法は、節約になるとはいいきれません。

ファストファッションばかりを買う

最近はファストファッションも品質も良く、一年中着る人も多くなりました。

本当にコスパのいいものばかりですが、やはり長く着ている間に劣化します。

短いスパンで服を買い替える必要が出てくるので、結果として高くついてしまうということにもなりかねません。

シーズンオフに買う時は注意が必要

シーズンオフに行われるセール品は、定番のものや下着などはセール品が重宝します。

こういった流行り廃りのないものはセール品でもいいのですが、毎年変わるようなトップスなどは、シーズンが到来したときには型遅れとなっていることも考えられます

ファッションに詳しく流行が分かる人以外は、少し立ち止まってから購入しましょう。

もし着ない服となってしまうともったいないですからね。

洋服代を節約する方法

洋服代も一人なら多少の贅沢はできても、家族がいる場合は少しでも金額を抑えたいものです。

洋服の選びかを紹介してきましたが、洋服代を抑える方法を知って無理なくおしゃれをできるといいですね。

どんな洋服代の節約方法があるのかみていきましょう。

購入時のマイルールを作る

大体服を買う時に、これくらいの金額以内と決めている人も多いのではないでしょうか。

店員さんに進められていくうちに、少しくらいの値段でもいいかなと気が緩んでしますので、やはり予算立てをして買い物をすることは大切です。

買い物に出掛ける際には、予算に少し幅を持たせると、選択肢が広がるので本当に買いたいものを買えます

それから、服を買う時に基準やルールがあると、余計な買い物をすることが少なくなります。

どの色にしようか迷ったときの対処法や、迷ったら買わないというルールも必要です。

ウィンドウショッピングや雑誌購読を控える

おしゃれが好きな人はウィンドウショッピングや雑誌を読むことが多いでしょう。

新しい洋服を見ているうちにだんだんと欲しくなっって、買ってしまったということもあるのでないでしょうか。

お店も雑誌も購買意欲を掻き立てるために作られているので、そういった気持になるのは当然です。

洋服を買う予定がないときは、なるべく見ないようにするといいかもしれません。

手持ちの小物を上手に使っておしゃれする

おしゃれな人は小物遣いが上手といいますが、少ない服を着回して、カバンやアクセサリーで変化を付けている人がいます。

シンプルな洋服であれば差し色や、小物テクで上手におしゃれを楽しめます。

自分が持っている小物に合わせるように服を買う方法もあります。

自分がどんな服装をしたいのか、イメージを持っていると服選びにも言えますが、余計なものを買わなくなり節約につながりますね。

フリマアプリを利用する

着なくなった服を「メルカリ」「ラクマ」などのフリマアプリで売ってから、新しいものを買う方法は、無駄が少なく洋服の管理もしやすいですね。

また少しでも新しい洋服の購入資金にもなります。

また売るばかりか、フリマアプリで購入することで節約もできます。

フリマアプリでは新品やそれに近いものも低価格で販売されているので、洋服の購入を考えている人は、フリマアプリを覗いてからお店に足を運んでもいいかもしれません

レンタルサービスを利用する

結婚式やの慶弔やフォーマルなど、普段着ない服をレンタルすることで、費用を抑えられます。

体系や流行が変わった、年齢に合わなくなったなど、出番の少ない服によくある悩みも解決できます。

また、フォーマルの他に通勤着や普段着でも、最近は一定額の料金でスタイリストが毎月コーディネートしてくれるレンタルできるサービスもあります。

なかなか自分で選ばない洋服にもチャレンジできるので人気があります。

レンタルサービスを6つ紹介しますので、参考にしてください。

  • エアークローゼット
  • SASTINA
  • MECHAKARI
  • EDIST.CLOSET
  • Rcawaii
  • Brista

まとめ

おしゃれが好きでもお金をあまりかけられない人は、服の選び方の基準を設けたり、フリマアプリを利用したりして節約しながら楽しむことができます。

お金がないからと諦めずに、少しは自分のためにもお金を上手に使って、おしゃれすると自分も周りも明るくなるのでおしゃれ好きの人は節約しながら楽しんでください。