新車よりも購入費用が安く抑えられる中古車ですが、手元に資金がない、資金を残しておきたいなどの理由で自動車ローンを検討する人は多いはず。

この記事では、中古車ローンには必ず頭金が必要なのか、そして頭金の相場や支払い時期、頭金ゼロで中古車を購入する方法や注意点など、さまざまな疑問を解決していきます。

「プロミス」

error 365日24時間申込OK!最短25分融資♪
error 最短15秒でお借入ができるかスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短25分

中古車のローンは頭金なしでも利用できるのか

中古車のローンは頭金なしでも利用できるのか
中古車ローンは、必ずしも頭金が必要というわけではなく、頭金ゼロのいわゆる「フルローン」を組むことも可能です。

ただし、頭金がゼロということは、その分月々の借入額が大きくなるため、頭金を用意する場合と比較して審査のハードルは高くなる傾向にあります。

そのため、借入者の年齢や収入などの条件によっては、頭金なしでの中古車ローンは利用できない場合もあります。

また、ローンを申し込む金融機関や車を買おうとする販売店によっては、一定額の頭金を準備しないと、ローンの申し込みができないところもあります。そのため、ローンを考えている人は、頭金なしでもローンが組めるか前もって確認してください。

頭金の相場はどのくらいか

頭金の相場はどのくらいか
中古車ローンを利用する際に、頭金をどのくらい支払うかは明確な決まりはありません。しかし、一般的には購入金額の2~3割ほどが目安と言われています。例えば、100万円台の中古車であれば20~30万円程度、200万円の中古車であれば、40~60万円程度の頭金が必要になる計算です。

ただし、金融機関の中古車ローンを組む場合には、頭金の下限を設定しているところもあります。銀行によっては、本体価格の1割に満たない頭金は不可としているところもあるため、注意が必要です。

また、費用の端数の部分を頭金にする、あるいは借入額を先に決定し、購入したい中古車の価格との差額分を頭金にするなど、頭金の設定の仕方にはさまざまなパターンがあります。
なお、購入時には頭金以外にも諸経費がかかるので、まとまった金額を用意しなければなりませんね。

頭金ありで中古車を購入するメリットとデメリット

頭金ありで中古車を購入するメリットとデメリット
頭金を用意しての中古車購入には、メリットがある一方でデメリットも存在します。

メリットとデメリットの両方を理解し、自分により合っている購入方法を選びましょう。

メリット1.審査で有利になりやすい

頭金として、ある程度のまとまった金額を支払う場合、お金を貯蓄できたことにより返済能力があるとみなされるため、中古車ローンの審査が通る可能性が高くなります。さらに、適用される金利が優遇されるケースもあります。

メリット2.借入額を少なくできる

購入したい中古車の本体価格と、頭金の差額がローンの借入額となります。必然的に頭金をたくさん支払うほど、中古車ローンの借入額を少なくすることが可能です。

したがって、毎月の返済にかかる費用負担を抑えられ、さらに借入額にかかる利息も減らせるため、頭金を多く支払った方がお得と言えます。

メリット3.グレードアップやオプションを追加できる

頭金を入れたとしても、中古車ローンの借入可能額は変わりません。頭金なしの場合と月々の支払額はほぼ同じだとすると、頭金の分だけよりハイグレードな車に乗ることも可能になります。

頭金の金額にもよりますが、本来は手の届かないオプションを追加することもできるでしょう。

デメリット1.まとまった金額が必要

頭金を準備して中古車を購入するデメリットとしては、何と言っても手元の資金が減ってしまうことです。

車を購入する際は、本体価格の他にも税金や自賠責保険料、手数料などの各種諸費用が発生します。さらに頭金がのしかかるため、それだけの費用を本当に全部支払うことができるのか、慎重に判断するようにしましょう。

デメリット2.手続きが煩雑になる

頭金が必要な時には、中古車ローンの申し込み以外に、当然ながら頭金を支払う手続きをしなければいけませんも。

頭金の支払は、銀行振込が一般的です。ATMで振込をする場合は、振込の限度額を超過してしまう可能性もありますので、数回に分けて支払わないとならないケースも出てくるでしょう。

頭金を支払うタイミングと支払い方法

頭金を支払うタイミングと支払い方法

頭金には数十万円というお金が必要となるため、支払うタイミングが気になりますよね。実は頭金をいつ支払わなければいけない、という明確な決まりはありません。

中古車の購入先によって頭金を支払うタイミングはそれぞれ異なり、契約時に必要となるケースもあるため、事前に販売店に確認しておきましょう。

一般的には、以下の3パターンのいずれかで支払うことが多いようです。

  • 契約時に頭金の一部、納車日までに残りの金額を支払う
  • 契約後に、納車日までに支払う
  • 納車日当日に支払う

頭金を早く貯めたいなら

頭金は、100万円の中古車でも20~30万円程度、200万円の中古車では40~60万程度を用意しなければならないので、用意する頭金の目標金額が決まったら、計画的に貯蓄をしていきましょう。
なお、より効率的に頭金を貯める方法として、以下のような例があげられます。

  • 家計の収支を見直し無駄な出費を減らす
  • ボーナスなど臨時収入を頭金に利用する
  • 自動積立などを利用し、強制的に貯蓄する仕組みをつくる
  • iDeCoやつみたてNISAなどの所得控除制度を活用する
  • 車を乗り換える場合はディーラーの下取りよりも高く査定してくれる先を探す

中古車を購入後の維持費について

中古車を購入後の維持費について
車は購入して終わりではなく、購入後も安心して乗り続けるためには、ローン返済や保険料、ガソリン代、メンテナンス費用などさまざまな維持費を支払い続けていく必要があります。

購入した中古車の維持費の負担を少しでも軽くするために、どんな工夫ができるかを紹介します。

頭金を多めに支払う

中古車を購入する時に、頭金として多めにお金を入れれば、必然的に購入後の返済額は少なくなります。
ただし、頭金を多めに支払うという方法は、購入時にまとまった金額を支払っても家計に支障をきたさない場合に限ります。月々の返済が厳しくならないように、家計の状況を把握するとともに、しっかりとローンの返済額をシュミレーションして、最適な頭金の額を決定しましょう。

あくまでも無理は禁物です。

自動車保険を見直し安くする

保険料は車にかかる維持費の中でも、大きなウェイトを占めます。そのため、自動車保険料を見直すことは、車の維持費全体のコスト削減につながります。

自動車保険にかかる費用を安くする方法として、以下のような例があげられます。

  • 保険料の安い軽自動車を選ぶ
  • ダイレクト自動車保険を利用する
  • 補償内容や車両保険の条件を見直す
  • インターネット割引や証券不発行割引などの割引制度を活用する

燃費の良い車を選ぶ、燃費を改善する

近年、価格が高騰しているガソリンは、車の維持費を圧迫するコストの一つですよね。ほかの自動車よりも燃費のよいハイブリッド車や軽自動車を選ぶことで、ガソリンの消費量を抑えられ、毎月のガソリン代が安く済みます。

購入した車がハイブリッド車や軽自動車ではない場合にも、車の燃費を低下させない乗り方に気を付けることで、燃費を向上できます。

  • 不要な荷物を車に載せない
  • 急発進・急停止をしない
  • 早めにアクセルを離してエンジンブレーキを活用
  • 駐停車時に不要なアイドリングをしない
  • エンジンオイルが汚れる前に交換する
  • タイヤの空気圧をチェックし低下させない

頭金の差による利息や返済額の比較

頭金の差による利息や返済額の比較
頭金の額によって、利息や返済額にどのくらいの差が出るのか比較してみましょう。

以下は、200万円の中古車を購入し、それぞれ0円、50万円、100万円の頭金を支払う3パターンを比較しています。

■金利が4%の場合

頭金購入予定額借入額金利月々
返済額
利息総支払額
0円200万円200万円4.0%36,833円209,980円2,209,980円
50万円200万円150万円4.0%27,624円157,440円1,657,440円
100万円200万円100万円4.0%18,416円104,960円1,104,960円

■金利が8%の場合

頭金購入予定額借入額金利月々
返済額
利息総支払額
0円200万円200万円8.0%40,552円433,120円2,433,120円
50万円200万円150万円8.0%30,414円324,840円1,824,840円
100万円200万円100万円8.0%20,276円216,500円1,216,560円

■金利が18%の場合

頭金購入予定額借入額金利月々
返済額
利息総支払額
0円200万円200万円18.0%52,090円1,073,228円3,073,228円
50万円200万円150万円18.0%39,067円804,920円2,304,920円
100万円200万円100万円18.0%26,045円536,563円1,536,563円

※元利金等方式で60回均等払い、ボーナス返済を行なわないという条件で試算

200万円以下でローンを楽にしよう

200万円以下でローンを楽にしよう
中古車ローンで、無理のない返済計画を立てる上で、目安の一つとされているのが「200万円以下」という金額です。

また、新車ではなく中古車を選ぶメリットを享受できるのが、200万円までとも言われています。200万円以下でも、十分質のよい中古車を選ぶことができますよ。

100万円以下の中古車

予算100万円以下でも、豊富なバリエーションの中から欲しい車を探すことが可能です。新しさにこだわりたいなら、軽自動車やコンパクトカーを狙うと1年落ちでも100万円で買える車種も。

やや古いものの、新車では手が出せない高級モデルを選ぶことも可能になります。

一方、予算100万円以下になると、走行距離が延びていたり、年式が古かったりと、条件が悪い商品が増えていく傾向にあります。

200万円台の中古車

200万円台まで予算を増やせば、さらに選択肢は広がります。今や大人気のコンパクトSUVやミニバンなども購入できます。

また中古車であれば、憧れの国産車や、フォルクスワーゲンやBMWなど新車ではとても高額で購入できないような輸入車も検討できます。

中古車購入で利用できる主なローンの種類

中古車購入で利用できる主なローンの種類
中古車を購入する際に利用できるローンはいろいろありますが、ここでは代表的な4つのローンを紹介していきます。

1.ディーラーローン

ディーラーローンは審査にかかる時間がほかのローンに比べて短く、30分~1時間程度で完了します。

銀行系カードローンの場合は1週間ほど待たされることもあるため、車の購入を急いでいる人には嬉しいポイントですね。また銀行に行かなくて済むのもメリットの一つです。
審査自体も、通りやすい傾向にあります。

ディーラーで中古車購入とローン契約の両方を同時に利用する場合、車両価格を値引きしてくれる場合もあります。
一方で、ローンの返済が完了するまでは車の所有権はディーラーに帰属する、銀行系カーローンに比べて金利が高い、返済期間が短いといったデメリットがあります。

2.銀行系カーローン

銀行系カードローンの特徴の一つに、相場で「2%〜4%」という金利の低さがあります。
銀行によっては、電気自動車などのエコカーを対象にリーズナブルなプランを設定している場合もあります。
銀行系カードローンは、車の所有者は購入者本人になります。そのため車の売却や買い替え、ローンの借り換えなども自由に行える点も魅力です。
一方、銀行に出向く必要があり、保証料や事務手数料などの費用がかかるというデメリットがあります。

3.自社ローン

自社ローンは、銀行やディーラーのローンよりも審査基準が緩く、金融機関が関わっていないため、審査に通るか不安の方でもローンが組みやすいことが大きな特徴です。
また、中古車販売店は貸金業にはあたらないため、金利がかからず借入ができますが、その分、車両価格に金利相当の金額が上乗せされてしまいます。

さらに、保証金や保証人を用意する必要があります。借入可能額も少ないため、ある程度の自己資金がある人でないと利用しづらいかもしれません。

4.消費者金融カードローン

一部、例外もありますが、中古車ローンの多くは車の購入や関連費用だけが借入の対象となります。しかし、車の購入や関連費用以外にもお金が必要で、その分もお金を借りたいという人もいますよね。

消費者金融カードローンは使用用途を問わないため、中古車ローンでは賄えない費用についても利用することができます。即日融資可能というスピーディーさも大きな魅力ですよね。

ただ、融資額によって金利は異なりますが、一般的には年15%~18%程度と、その他のローンよりも高い傾向にあることは否めません。

ローンの種類金利審査のハードル審査の所要時間利用可能な返済期間100万円の中古車購入の場合の月々返済額100万円の中古車購入の場合の総支払額
ディーラーローン4%〜8%普通30分~1時間程度6~8年まで17,533円
(金利8%・6年での返済を想定)
1,262,376円
銀行系カーローン2%〜4%高め1週間前後7~10年15,645円
(金利4%・6年での返済を想定)
1,126,440円
自社ローンなし低め即日2~3年程度27,777円
(3年での返済を想定)
1,000,000円
消費者金融カードローン15%~18%低め即日80か月(6年8ヶ月間)など23,332円
(18%・6年での返済を想定)
1,656,470円

消費者金融のカードローンは金利は高いものの、初めて利用する人は1か月間、30日間などは金利手数料が無料になるところが多いです。

頭金を一時的に立て替えたいときや、まとまった金額を一括で返済する予定がある人は、手続きの煩雑さをなくすために消費者金融のカードローンを使うのもいいでしょう。

なお、100万円を借りたときに出る2%と18%の利息の差は、年間で16万円と大きな開きがあります。しかし、50万円以下の借り入れや、返済期間を短く考えている人、急いでいる人または金融機関の窓口に行く時間がない、書類をそろえるのが面倒な人は消費者金融のカードローンもひとつの選択肢として考えるのもありです。

頭金を用意できない場合の購入方法と注意点

頭金を用意できない場合の購入方法と注意点
中古車の購入時に頭金が用意できない、もしくは頭金を入れたくない…。そんな時にはどのような方法があるのか紹介します。

頭金なしでのフルローン

上で説明した通り、中古車ローンには頭金なしの「フルローン」もあります。車を購入したいものの手持ちの資金がない場合でも、ローンを組めばすぐに購入は可能です。
しかし、頭金を用意せずにローンが組めるかは確実ではありません。さらに、例えローンが組めても、融資が受けられるかは別問題です。

中古車カーリース

中古車カーリースは、頭金を用意せずに定額制で車に乗れるサービスです。さらに車を購入する際に発生する初期費用や、自動車税や車検時にかかる自賠責保険料、車検費用などの維持費も定額料金に含まれているため、まとまったお金を準備しなくて済みます。

車検や税金支払いなど、面倒な手続きもリース会社が行ってくれる点も大きなメリットですね。毎月のリース料だけでマイカーのように車に乗り続けることができます。

頭金・内金・手付金の違い

頭金・内金・手付金の違い
中古車を購入する際は、多くの場合、頭金・内金・手付金のいずれかの支払いを求められます。頭金・内金・手付金は、よく混同されがちですが厳密には違うものです。

頭金とは

頭金は、カーローンを利用する際に最初に支払うまとまったお金を指します。上で説明した通り、頭金は必ず準備しなければいけないものではありません。審査が通るのであれば、頭金を用意せずにフルローンで車を購入することができます。

内金とは

内金は、購入する車の代金の一部を、前もって支払うことを指します。したがって残りの支払い額は、中古車の購入総額と内金との差額になります。
内金を支払うことで、購入契約が成立します。支払い後に別の車を購入したくなった場合でも、契約はキャンセルできないのが一般的です。内金は車を購入する意思が固まった段階で、先に支払うものと覚えておきましょう。

手付金とは

手付金は、車を購入する意思を示すために支払うものです。例えば目的の車が見つかったものの「もう少し他の車も探したい」「今すぐは資金を準備できない」という場合もありますよね。手付金はこうした場合に適用されます。

手付金を支払うことで、自分が欲しい車を店側が他の人に販売するのを防ぎ、一定期間は自分が欲しい車をキープすることができます。
内金との違いは、手付金は車の購入金額とは別に支払いが発生するという点です。また手付金は、原則的にはキャンセル時にお金がかかることがありません。

頭金・内金・手付金は、販売店や営業担当者によって、本来の意味合いとは違う使い方をしている場合もあるので注意が必要です。お金を支払う際は、何に対してのお金なのか、またキャンセル時に発生する費用の有無などをきちんと確認した上で支払うようにしましょう。

手間を考えて消費者金融を使う人も多い

手間を考えて消費者金融を使う人も多い
上で紹介したように、中古車購入で利用できるローンにはいくつかの種類があります。

消費者金融カードローンは、他のローンに比べて審査項目が少なく、審査もスピーディーに完了するため、手間を考えて消費者金融カードローンを利用して中古車を購入する人も増えているんですよ。
皆さんも中古車を購入する際には、選択肢の一つとして消費者金融カードローンを検討してみてくださいね。

プロミスなら365日24時間いつでも借りられる

銀行ローンもディーラーローンも手続きが面倒、いっそのこと消費者金融で資金を調達しようと考えるのなら、大手消費者金融の中でも土日祝日でもを気にせず借りられるプロミスがおすすめです。

18歳から74歳までで、安定した収入があれば申込みでき、最短25分で審査結果が分かります。

初めての利用なら30日間利息もかからず、フリーキャッシングプランは借入利率4.5%~17.8%(実質年率)は、他社よりも0.2%低く借入が可能です。

夜間や休日であっても、振込手数料は無料だから、余計なコストもかかりません。

また、専用アプリを使えば申込から借入まで完結でき、さらにスマホATMでカードレスで近くのセブン銀行ATMやローソン銀行ATMが利用できます。

そのほか自宅にいながら返済できるインターネット返済やLINE公式アカウントとの連携による契約内容の確認など、プロミスなら申込も借入れも返済も、便利に利用できます。

申込から最短15秒で借入可能額が分かるので、今いくら借りられるか確認してから、お気に入りの車を探してみてはいかがでしょうか。

プロミスのお申込みはこちら

無利息期間を活用すれば銀行カードローンよりもお得になるケースも!

消費者金融のフリーローンでは珍しくない、初回限定の無利息期間ですが、この無利息期間でどのくらいお得になるのか見てみましょう。

例えば、100万円を25日間借り入れたとして、実質年率17.8%の場合は、利息は以下のようになります。

■ 借入額100万円 × 実質年率17.8% ÷ 365日 × 借入期間25日 = 12,191円

本来100万円を借りて25日後に返済した場合かかる利息12,192円ですが、無利息期間が設定されていると支払う必要がないわけです。

つまり、銀行カードローンよりも無利息期間がある消費者金融のフリーローンの方がお得になるケースもあるので、「低金利だからお得」が必ず成り立つとは思わないようにしましょう。

まとめ

今回は中古車の頭金に関する、さまざまな疑問について解説しました。

ご自分のライフプランに基づいて、無理のない返済計画を立てることが大切です。ぜひ、自分にぴったりな中古車ローンを見つけ、憧れのマイカーライフを楽しんでくださいね。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短25分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要