旅行で財布を忘れた時の対処法!電子マネー・クレカがあれば安心!

旅行先で、財布を家に忘れてしまったことに気づいて、慌てた経験がある人は多いのではないでしょうか。

「いつも使っているバッグから移し替えるのを忘れた!」

「荷物を準備する時に、テーブルに置いてそのままにしてしまった」

など、旅行の時に意外と忘れやすいのが財布です。

せっかく楽しみにしていた旅行も、財布がないと何もできないかもしれないと不安になるかもしれませんが、キャッシュレス化が進む今は、電子マネーやクレジットカードで乗り切れることもあります。

この記事では、電子マネーでの支払いや消費者金融での一時的な借り入れなど、旅行で財布を忘れてしまった時の対処法をご紹介します。

それでは、さっそく見ていきましょう。

旅行で財布を忘れた時の対処法を紹介

旅行で財布を忘れてしまった時、多くの人は「せっかくの旅行だから、楽しむのを諦めたくない!」と思うことでしょう。

そんなときに活用できる対処法を4つご紹介します。

同行者に借りる

一番簡単な方法としては、一緒に旅行している同行者にお金を借りることです。

同行者が家族や仲の良い友達など、親しく、すでに信頼関係がある場合は、事情を話し、旅行中に使うお金を貸してもらえないか相談してみてください。

ただし、親しい相手だからこそ、お金の貸し借りは慎重に行いたいものです。

お金を貸してもらえるとなった場合は、いつ、どうやって返済するかも話し合っておくと良いでしょう。

電子マネーを利用する

同行者の所持金に余裕がない場合や、あまり親しくなく借りるのに抵抗がある場合は、電子マネーを活用するのも1つの方法です。

アプリや電子マネーカードに予めお金をチャージしておくか、クレジットカードと紐づけておくことで、店頭ではキャッシュレスで決済をすることができます。

最近は、様々なお店でキャッシュレス決済が浸透してきており、観光地であればなおさら電子マネーを使える場所が多くなっているので、普段から、スマートフォンにキャッシュレス決済アプリを落としておくと良いでしょう。

電子マネーの一例として、LINEPayとPayPayをご紹介します。

LINEPayを利用する

LINEPayは、LINEのアカウントを持っている人なら誰でも登録が可能で、アプリの中から簡単に利用登録することができます。

現在、全国で約170万か所の加盟店があり、店頭ではバーコードやQRコードの読み取りで決済が可能です。

アプリの他、LINEPayカードを発行し、使うこともできます。

LINEPayを使って決済すると、LINEポイントと呼ばれるポイントが貯まっていきますが、このポイントは、LINEでスタンプと交換したり、現金としてLINEPayにチャージすることができ、よりお得に利用できるのでおすすめです。

PayPayを利用する

ヤフーとソフトバンクが共同で設立した「PayPay株式会社」が運営するキャッシュレス決済サービスがPayPayです。

不定期ではありますが、大々的にキャッシュバックキャンペーンを行うことも多く、使ったことがなくても聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

加盟店は現在260万か所と言われていて、あらゆるところでPayPayを使った決済が可能になってきています。

PayPayにチャージする際は、ヤフーウォレットで銀行口座を登録しそこからチャージするか、ヤフージャパンカードを使ってチャージを行うことができます。

セブン銀行のATMからもチャージが可能なので、ヤフーIDを持っていない人は、現金チャージを利用するようにしましょう。

プリペイドカードを利用する

予め現金をチャージしておくことで決済が可能になるプリペイドカードを利用するのもおすすめです。

プリペイドカードというと特殊なもののように感じるかもしれませんが、SuicaやPASMO、nanaco、楽天Edyなどもプリペイドカードの一種なので、多くの人が何かしらのプリペイドカードを持っていてもおかしくはないでしょう。

コンビニやドラッグストアなどで使えるだけでなく、電車やバスの料金、自動販売機など、旅行先で使いたいシーンの多くで活用することができます。

一時的にお金を借りる

同行者に借りられず、電子マネーやプリペイドカードの利用も難しい場合、消費者金融でお金を借りることも、解決策の1つです。

大手消費者金融の場合、申し込み時間や個人の借り入れ状況にもよりますが、即日に借りられる可能性があります。

また、会社によっては、対象期間内に返済をすれば利息が発生しない無利息期間サービスを実施している場合もあります。

無利息期間は初回契約に限定されていることが多いですが、初めて利用する人は無利息期間を利用して、利息をかけずに借り入れをすると良いでしょう。

ただし、消費者金融に申し込む場合は、本人確認ができる書類が必要です。

運転免許証などの本人確認書類がない場合は、利用できませんので、注意してください。

海外でお財布がないときの対処法

海外旅行に行く時に財布を忘れることはあまりないかもしれませんが、万が一忘れてしまった場合は、きっと不安でたまらなくなってしまうことでしょう。

言葉や現地の事情が分からない分、国内にいる時よりも心配になり、どうしたら良いか分からなくなるかもしれません。

もし財布を持たずに海外に行っていまった場合でも、対処法を知っていることで滞在中の資金を用意することが可能になります。

海外で財布がない時の対応策をご紹介します。

クレジットカードを発行する

海外でクレジットカードを紛失した場合、カード会社によっては緊急発行してもらえる場合があります。

滞在中の一時的な利用のための発行となり、滞在先のホテルなどに宛てて送付され、受け取ることが可能です。

海外でクレジットカードを緊急発行したい場合は、利用しているカード会社の問い合わせ窓口に連絡し、緊急発行を希望している旨を伝えてください。

日本の家族に送金してもらう

日本にいる家族に、海外送金をしてもらうのも良いでしょう。

海外送金をする場合、銀行やネットバンク、海外送金サービスのいずれかを使って手続きをする必要があります。

銀行やネットバンクの場合は中継銀行を介して、送金サービスの場合はその会社を介して、現地の銀行にお金が振り込まれる仕組みになっています。

海外送金サービスの代表的な例は、ワイズやペイパル、ウエスタンユニオンなどです。

銀行も含めて、各社で取り扱い手数料や送金にかかる日数が異なりますので、送金手続きをする場合は事前によく確かめることをおすすめします。

領事館や大使館へ行く

海外でお財布がなく困った場合は、領事館や大使館へ行くことをおすすめします。

基本的に、領事館や大使館がお金を貸してくれることはありません。

ただし、海外送金の方法やクレジットカードの発行など、お金を用意する方法についてアドバイスをしてくれることがあります。

事情を説明し、とるべき行動について相談してみると良いでしょう。

旅行で財布を忘れた時の不安を解消する予防策は?

ここまでは、旅行で財布を忘れた時の対処法を解説してきましたが、次は、財布を忘れても不安にならないように、予めしておける要望策を紹介します。

2つの方法を実践することで、もし財布を忘れてしまっても不安にならずに過ごすことができるので、参考にしてみてください。

カバン・服に予備のお金をいれる習慣をつける

1つ目は、うっかり財布を忘れてしまった時に備えて、財布とは別の場所に予備のお金を忍ばせておく方法です。

よく使う旅行カバンや、ジャケットの内ポケット、化粧ポーチの中などに、緊急時用のお金を入れておくと、財布を忘れてしまったり落としてしまった時でも焦らずに行動することができます。

普段から習慣づけておくと良いでしょう。

財布にクレジットカード・電子マネーカードを入れない

2つ目は、財布の中にクレジットカードや電子マネーカードを入れないことです。

現金がなくても、クレジットカードや電子マネーカードがあれば支払うことのできるお店はたくさんあります。

財布を忘れても支払いができるように、カード類はカードケースを使い、財布とは別に管理しておくと良いでしょう。

一時的に借りるのにおすすめの消費者金融

旅行中、金融機関からお金を借りるには、WEBやアプリから申し込みができて、申し込みから借り入れまでが短時間で行える大手消費者金融を利用するのがおすすめです。

特に、一時的な利用の場合は、無利息期間が設定されている会社を選ぶと、余計な利息を払わずに利用することが出来ます。

一時的に借りるのにおすすめの消費者金融として、「プロミス」「アイフル」「レイクALSA」の3社について解説していきます。

1社ずつ特徴を紹介していきますが、まずは金利や限度額、審査時間については下の表を参考にしてください。

金利限度額審査時間
プロミス4.5%~17.8%500万円
※初回契約時は上限50万円
最短30分
アイフル3.0%~18.0%800万円最短30分
レイクALSA4.5%~18.0%200万円最短60分

プロミス

プロミスは、他社に比べて金利が低いのが特徴です。

初めての契約時には最大金利が適用されることが多いですが、他社の最大金利が18.0%なのに比べて、プロミスは17.8%でわずかながら金利を抑えて借りることができます。

プロミスでおすすめなのが、アプリローンです。

カードレスで、スマホにダウンロードした公式アプリだけで借入や返済を行うことができます。

初めて契約する際にメールアドレスとWEB明細の登録を行うと、初回利用日の翌日から30日間、金利0円で利用することが可能です。

無利息期間を使って、よりお得に利用してみてください。

アイフル

消費者金融でお金を借りる際、基本的には職場への在籍を確かめるため電話での確認が行われますが、アイフルでは事前に相談をすることで、在籍確認の電話を回避できる可能性があります。

必ず在籍確認を免除してもらえるとは限りませんが、在籍確認で職場に借金がバレるのが心配な人は、電話で相談してみると良いでしょう。

アイフルでも、初めて契約する人には、30日間の無利息サービスを実施しています。

ただし、プロミスが「初回利用日(初めて借入をする日)」の翌日から30日間であるのに対し、アイフルの無利息期間は「契約日」の翌日から30日間となっているので、契約をするときは注意するようにしてください。

レイクALSA

レイクALSAには、多数の無利息期間がありますが、特におすすめなのが「60日間無利息」タイプです。

始めて契約する人のうち、WEB申し込みをした人だけが、「60日間無利息」タイプを利用することができます。

借り入れ金額が大きくて返済が複数回になりそうな人は、レイクALSAの「60日間無利息」を利用すると、金利を抑えることが可能です。

その他にも、WEB以外で申し込んだ人が利用できる「30日間無利息」タイプや、「借入額のうち5万円まで無利息」タイプなどがあります。

申し込み方法や借入金額によって利用できるタイプが異なりますので、詳細は公式サイトで確認してみてください。

旅行で財布を忘れた時に消費者金融を使う注意点

上手に利用すれば強い味方の消費者金融ですが、利用にあたっては注意したい点もいくつかあります。

旅行で財布を忘れて一時的に利用する際に知っておいてほしいことをご紹介します。

一時的な利用で後々困ることがないように参考にしてください。

支払いが長引くと利息が増える

会社によっては無利息期間が設けられているところもありますが、その期間が過ぎると、残高に応じた利息が発生します。

利息は返済の都度、元金分とあわせて支払うことになるので、支払回数が長引くと、その分利息の支払い金額も高くなってしまうことになるのです。

借り入れの際は、すぐに返済ができて、必要な金額だけを借りるように注意してください。

また、繰り上げ返済や一括返済ができる会社の場合は、早めに返済を終え、利息を抑えることができるので、利用すると良いでしょう。

他社ローン審査に影響がある場合も

消費者金融から借り入れがある場合や、借り入れがなくても契約が続いている場合は、新たに他社でローン契約をする際に影響が出る可能性があります。

ローン契約をする時は、返済が滞る可能性がないか審査が行われますが、すでに契約している会社がある場合は、返済が行われないリスクがあるとされ、審査が厳しくなることが考えられます。

また、これは、消費者金融での契約だけでなく、クレジットカードの新規申し込みや、住宅ローンなどにおいても、同様のことが言えるのです。

他社ローンの利用を考えている人は、完済後はすぐに解約することをおすすめします。

まとめ

旅行先で財布を忘れたときの対処法として、電子マネーや消費者金融の利用を中心に解説しました。

もちろん、財布を忘れないことが最善ですが、忘れたとしてもせっかくの旅行を楽しみたいものですよね。

財布を忘れたことに気づいても慌てずに、記事を参考に楽しい旅行を過ごしてください。