緑色の背景に白い文字で書かれたUsernameとPasswordの文字

プロミスで借入れをしている人の中には、完済が近い人もいるのではないでしょうか。

完済後、プロミスのカードローンをどうしようと考えていますか?

「完済したら、すっきり解約しようと思ってる」

「解約を考えてるけど、でももしかしたら、また使うかもしれないし・・・。」

など、「解約する」「解約しない」で悩んでいるかもしれませんね。

今回は、プロミスの解約手続きを紹介しつつ、解約しなかった場合どうなるのか?といった疑問についても解説していきます。

「プロミス」

最短3分で融資可能
error 365日24時間申込OK!最短3分融資♪
error 初めての方は30日間無利息(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)
※新規契約の融資上限は、本審査により決定

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短3分(回答)*1

※申込み時間や審査によって希望に添えない場合があります。

プロミスを解約するために最初にすることは?

財布から出した小銭を数えている人の手元

プロミスを解約するために、まず最初にしなければいけないことは、借入残高の完済をすることです。

借入残高が残っている状態では、当然解約はできませんよね。

まずはしっかり完済してから、解約手続きへ進みましょう。

ただし、コンビニ提携ATMなどで毎月返済をしている人の中には、1,000円未満の残高が無利息残高として最終的に残る場合があります。

無利息残高は、そのままにしていても利息がかからず完済扱いにはなりますが、プロミスを解約するには無利息残高も0円にしなければなりません。

そこで、この無利息残高を返済する方法をご紹介します。

無利息残高を返済する方法

無利息残高を返済する方法を表にまとめると次のようになります。

返済方法
方法利用時間手数料
インターネット返済24時間365日0円
スマホATM24時間365日取引額が1万円以下110円
1万円超:220円
銀行振込※銀行営業時間で異なる※所定の振込手数料必要

無利息残高を、銀行からプロミス返済口座に振込みで返済する場合は、先にプロミスコールに電話をして、借入残高を確認しておきましょう。

なお、銀行振込で返済する場合は振込手数料は自己負担となります。

また、2020年3月31日の23:00にローソンやミニストップ設置のLoppi(ロッピー)、2022年3月31日23:59にファミリーマートのFamiポートでのカードローンやキャッシングの返済サービスが終了しているので気を付けましょう。

表を見てわかるように、インターネット振込であれば24時間利用可能で便利ですよね。

そんなインターネット振込の手順についてまとめましたので、参考にしてください。

インターネット振込の手順

  1. プロミス公式サイトから「会員サービス」にログインする
  2. 会員サービスで「インターネット返済」を選択する
  3. 借入残高確認後、「一括返済」を選択する
  4. 返済用口座の金融機関にアクセスし、振込する

以上で手続きは完了となります。

また、スマホATMはセブン銀行とローソン銀行のATMで利用することができます。ただし、ローソン銀行ATMの一部ではスマホATMが利用できないものもあるので注意しましょう。

プロミスから解約する2つの方法

スマホで電話している女性

無利息残高も完済し、借入額が0円になったら、いよいよプロミスを解約しましょう。

プロミスを解約する方法は2つあります。

  1. プロミスコールに電話して解約する方法
  2. 自動契約機に行き、その場で解約する方法

以前は、店頭窓口でも手続きの対応をしていましたが、2023年3月31日で店頭窓口営業が終了となったため、現在は上記2つの方法のいずれかで解約手続きを行いましょう。

それでは、具体的なプロミスの解約手続きの手順や受付時間、解約時必要書類などを説明します。

1.電話による解約の手順と必要なもの

プロミスを電話で解約する際に必要なものは、

  • プロミスカードに記載されている「会員番号」

です。プロミスコールを利用した電話での解約手順を説明します。

  1. プロミスコール(0120-24-0365)に電話する
  2. オペレーターに名前と解約の旨を伝える
  3. オペレーターから本人確認を受け、解約処理となる

以上で解約手続きは終了です。

プロミスコールを利用した解約手続きは、受付時間が平日9時~21時と決まっているので時間に注意してください。

なお、ローンカードを利用していた場合、プロミスを解約しても返却する必要はありません。解約後は自身で破棄しましょう。

2.自動契約機で解約する手順と必要なもの

プロミスを自動契約機で解約する際に必要なものは、

  • 運転免許証や健康保険証などの本人確認書類とプロミスカードに記載されている「会員番号」

です。プロミスの自動契約機で解約手続きする手順と、手続きをすすめる上で必要な書類は次のとおりです。

  1. 自動契約機に行き、タッチパネルを操作する
  2. オペレーターとの通話が指示されるので、解約手続きをしたいことを伝える
  3. 本人確認書類の提示をし、会員番号を申告する
  4. 解約証明書の申請後、契約によっては解約証明書がその場で発行さる

以上で手続きは終了となります。

自動契約機でプロミスの解約手続きをするときの受付時間は、平日9時~21時ですが、手続きは長ければ30分かかる場合もあります。そのため、余裕を持って20時までには来店し、受付を済ませるようにしてください。

解約後に発行される解約証明書は保管しておこう

リングノートの上に置かれたペンと4枚のクリアファイル

プロミスを解約した後に申請すると、解約証明書が発行されます。

この解約証明書は重要な書類ですので、むやみに破棄せず大切に保管しておきましょう。

解約証明書は、住宅ローンや事業用融資などの大きなローンを利用する場合に提出を求められることがあります。

解約したことは信用情報にも登録されるため、信用情報を照会すれば分かることですが、情報が反映されるまでに時間がかかる場合があります。

解約証明書があれば、提示することで解約済みだと分かるので、プロミス解約後に大きな融資を受ける予定があるのであれば、忘れずに解約証明書の発行申請をしておきましょう。

完済後そのまま放置することのデメリットとは?

クエスチョンマークが印字された3つのブロック

プロミスは完済しても自動的に解約とはなりません

解約する場合は電話や自動契約機を使って手続きをする必要があります。

そのため、手続きが面倒だからと、プロミスを完済した後に解約せずにいたとしても、特に問題はありません。また、急にお金が必要になった時、審査を受けることなくプロミスからお金を借りることができるので、
保険という意味で契約したままにしておく人もいます。

ただ、解約せずにいると次のような点でデメリットとなってしまうこともあります。

信用情報に借入枠が残った状態になる

プロミスを解約せずに残しておくと、信用情報にはそのまま与信枠が残ります。いわゆる、お金を借りている状態が継続していると見なされるわけです。

もし、他の金融機関でローン審査を受けようとした場合、審査の過程で信用情報を照会したときに借入れがあると判断され、審査に不利となってしまう可能性があります。

また、銀行以外の貸金業者は、貸金業法の総量規制のより、年収に対して3分の1までしか貸付できません。

プロミスを解約しないまま他のカードローンへ申込みをしたときに、既にプロミスで借入れできるカードローンがあることが信用情報から分かり、プロミスの利用限度額が加味されることになるため、希望限度額まで借入れできなかったり、最悪の場合は審査に通らないということもあるのです。

そのため、完済後に再度利用しないのであれば、解約の手続きを行う方がよいでしょう。

プロミスを解約することのデメリットは?

0表示の計算機

完済後にプロミスを解約しないままでいると、信用情報は借り入れた状態のままになり、他のローン審査に影響する可能性があります。

一方で、プロミスを解約してしまうデメリットとして、次のようなことが考えられます。

  • 急な出費に対応できない
  • 再申込みのときは再審査となる

プロミスを解約してしまうと、急な出費にスピーディに対応できなくなります。

もう一度プロミスに申込みをしたとしても、改めて審査を受ける必要があり、再申込み時点の年収や借入状況次第では、以前に比べて利用限度額が下げられてしまうこともあるということです。

最悪のケースは、他社のキャッシング利用額が大幅に増加していることや他社のローンの返済が滞っていることが判明した場合は、審査に落ちてしまう可能性もあります。

したがって、近々大きな買い物をする予定がある人で貯蓄が少ない人などは、解約するタイミングについてもう一度、検討することをおすすめします。

まとめ

完済したら、プロミスを解約して信用情報をすっきりきれいにするのもよいでしょう。

ただし、今後も急な出費が想定されるのであれば、万が一の保険として持ち続けるのもひとつの手です。

しかし、他のカードローンや住宅ローンなどの利用を検討している場合は、プロミスの契約が審査に影響してしまう可能性もあるので、どの選択がベストなのか、今一度、自身の状況を確認して、最善の選択をするようにしましょう。

「プロミス」フリーキャッシング

最短3分で融資可能

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error初めての利用は30日間無利息
  (メールアドレス登録・Web明細利用の場合)
  ※新規契約の融資上限は、本審査により決定

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短3分(回答時間)
*1
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要

*1 申込み時間や審査によって希望に添えない場合があります。