【プロミスの調査】20~49歳の金銭感覚をチェックしよう!貯蓄額発表

友人との食事や自分の趣味のほかにも、インスタグラムといったSNS映えのためにお金を使う人は少なくありません。

また、春の新生活の準備や子供の進学だけでなく、夏はレジャー、クリスマスや年末年始など1年に渡って出費は避けられない問題です。

金銭感覚は人によって違いますが、他の人が普段どんなふうにお金を使っているか、少し気になりますよね。

2020年3月に、プロミス金銭感覚についての意識調査の結果を公開しました。

金銭感覚についての意識調査の結果をもとに、最近話題のサブスクサービスやキャッシュレス決済についても解説します。

プロミスおすすめPOINT

arrow_rightWEB完結で即日融資可能
arrow_right実質年率17.8%
arrow_right女性専用のレディースコールも設置!
arrow_right初回借入翌日から30日間利息無料
(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)

プロミスの「WEB申込」「自動契約機」なら土日・祝日問わず21時まで審査受付!

SMBCコンシューマ―ファイナンスが実施した意識調査の概要

2020年3月にSMBCコンシューマ―ファイナンス株式会社は、20代・30代・40代の金銭感覚についての意識調査2020の結果を発表しました。

2019年の12月20日~23日の3日に渡って、2,000名の20歳~49歳の男女を対象にインターネットで調査した結果です(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)。

◆SMBCコンシューマファイナンス株式会社|「20代・30代・40代の金銭感覚についての意識調査2020」

年代別の回答者の人数は20代1,000名、30代500名、40代500名です。

今回は、この結果を参考にお金の使い方や貯蓄の意識を詳しく解説します。

20歳~49歳のお小遣いと貯蓄の事情

20歳~49歳のお小遣いと貯蓄のリアルな額は、知りたくても人に尋ねるのは難しいですよね。

まずは、20歳~49歳の男女が毎月自由に使える金額を紹介します。

毎月自由に使える金額の平均

年代平均額
20代28,760 円
30代26,684 円
40代27,085 円

年代別では、20代が自由に使えるお金の額が一番多いようです。

2019年4月から施行された働き方改革によって残業時間が減ったことで、お小遣いや貯蓄に回せるお金が減ってしまった人もいるのではないでしょうか。

20歳~49歳の貯蓄の事情

年代貯蓄平均額
20代53万円
30代183万円
40代202万円

2018年の結果と比較すると、20代に変化はありませんが、30代では前回194万円→今回 183万円、40代では前回196万円→今回202万円とわずかに変化しました。

まったく貯金が無いいわゆる貯蓄0円は、20 代 18.6%、30 代 20.0%、40代 23.2%と、40代が最も高い結果です。

貯蓄0円は、金融広報中央委員会が2017年に発表した「家計の金融行動に関する世論調査」で話題になりました。

貯蓄をするには多少なりとも節約して生活水準を落とす必要がありますが、自分の生活の質を下げるのは難しいと感じる人も多いようですね。

調査結果には2019年ならではの話題もある

20代・30代・40代の金銭感覚についての意識調査には、アンケートを取った2019年ならではの話題もあります。

今回はじめて調査したサブスクサービスの利用意向は、20代38.0%、30代30.6%、40代25.6%となり、若い年代ほど高い結果になりました。

DVDやCDだけでなく服や車といった流行に流される物を持たずに、定額制の料金で最新の生活を上手に楽しむ若者が増えているのです。

他にも調査では、改元やラグビーワールドカップでお金を使った人よりも、タピオカドリンクにお金を払った人の割合がどの年代も高いことが分かります。

金銭感覚についての意識調査結果からは2019年に施行された事業や話題になったサービスと一緒に、20歳~49歳の金銭感覚が読み取れますね。

キャッシュレス決済の割合

2019年10月から消費税が増税し、キャッシュレス・ポイント還元事業がスタートしました。

現金よりもキャッシュレスで買い物をする人の割合は以下の通りです。

年代2019年2018年
20代53.9%44.1%
30代60.0%52.8%
40代59.6%53.4%

2018年の調査から比べると、キャッシュレス派はどの年代でも増加しています。

消費者還元事業の加盟店ならキャッシュレスで支払いをすると、ポイントの還元が受けられるので電子マネーQRコード決済を使い始めた人も多いのではないでしょうか。

消費税率引き上げ後の2020年6月まで、支払額に対して最高5%のポイントがもらえるので積極的にキャッシュレスで支払っている人もいますよね。

人生100年時代に対する意識

人生100年時代というワードが、メディアで頻繁に使われていますよね。

人生100年時代は人材への投資である人づくり革命をすることで、実現できるというのが厚生労働省の考えです。

日本は今後さらに健康寿命が延びることが期待されて、長い人生を豊かにするために全ての人が元気に活躍する社会を目指すことが、人づくり革命の基本となっています。

今回の調査では、人生100年時代について「楽しそう」と「大変そう」ではどちらに近いかを聞きました。

大変そう(「非常に」と「どちらかといえば」の合計)は20代 69.4%、30代 71.8%、40代 77.8%という割合です。

どの年代でも、人生100 年時代という言葉に大変そうというイメージを持つ人が多い結果が分かりますね。

子育て支援や高齢者雇用だけでなく、主な働き手である世代の技術者の人材開発であるリカレント教育や、介護の現場の処遇の更なる改善にも期待しましょう。

まとめ

2020年3月にプロミスを提供するSMBCコンシューマ―ファイナンス株式会社は、20代・30代・40代の金銭感覚についての意識調査2020を解説しました。

かなり詳しく調査しているので、20歳~49歳の金銭感覚とお金のリアルな額を知ることができますね。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要