プロミスと銀行の関係とカードローンの内容を紹介!審査は厳しい?

インターネットで「プロミス」と検索すると、SMBCコンシューマーファイナンスという名称がよくでてきます。

プロミスとSMBCコンシューマーファイナンスにどんな関係があるのか分からず、戸惑った人も多いのではないでしょうか?

実はプロミスSMBCコンシューマーファイナンスには大きなつながりがあり、そこには三井住友銀行も関係しています。

今回はプロミスと三井住友銀行、SMBCコンシューマーファイナンスの関係カードローンの内容を、比較しながら検証してみました。

プロミスおすすめPOINT

arrow_rightWEB完結で即日融資可能
arrow_right実質年率17.8%
arrow_right女性専用のレディースコールも設置!
arrow_right初回借入翌日から30日間利息無料
(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)

プロミスの「WEB申込」「自動契約機」なら土日・祝日問わず21時まで審査受付!

銀行ATMでできるプロミスの取引内容を紹介

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのサービスブランド名で、三井住友銀行グループです。

そのためプロミスは三井住友銀行は深いつながりがあり、三井住友銀行ATMでプロミスを利用できることがそれを表しています。

ここでは三井住友銀行や提携銀行ATMからできる、プロミスの取引内容を見ていきましょう。

提携銀行のATMでカードを使用して借り入れと返済が可能

プロミスは、提携先の銀行が豊富にあります。

そのためプロミスカードを使って借り入れを返済が可能なのがうれしいですね。

提携先銀行は以下の通りです。

銀行名借り入れ返済営業時間
三井住友銀行店舗ごとに違い、随時変更されるので公式サイトで確認しましょう
三菱UFJ銀行
福岡銀行
西日本シティ銀行
熊本銀行
セブン銀行
ゆうちょ銀行
イオン銀行
親和銀行×
横浜銀行
広島銀行×
東京スター銀行
八十二銀行×

多くの銀行で借り入れ・返済ともに可能ですが、一部銀行では借入のみの取扱いとなっております。

提携している銀行によって異なりますが、ATM手数料がかかるので注意しましょう。

提携ATMは三井住友銀行のATMを使った場合のみ、無料です。

また、ゆうちょ銀行での借り入れ・返済にはプロミス会員サイトでWeb明細の登録が必要です。

Web明細の登録方法

  1. プロミスマイページへログイン
  2. メニュー画面より「書面受取方法登録・変更」を選択
  3. 「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択し、完了

Web明細は、 会員ページの「PDFファイルをダウンロード」より確認可能となります。

三井住友銀行のローン契約機で借り入れが可能

ATMではありませんが、三井住友銀行に設置されているSMBCローン契約機でも、プロミスのフリーキャッシングの手続きができます。

ただし、SMBCローン契約機は、既にプロミスと手続き中の人や会員が利用対象で、初めての申し込みは出来ないことに注意してください。

SMBCローン契約機でできることは、以下の2つです。

  • ローンカードの発行
  • 借り入れ手続き
  • 各種手続き

プロミスの無人契約機は約1000台設置されていますが、基本的に1店舗に一人しか入れません。

そのためプロミスの無人契約機は、待ち時間が長くなったり、入るところを見られないように気を配ったりする必要がありました。

しかし、三井住友銀行内のローン契約機は、利用者がプロミスの申込者だけではないので、カードローンの借り入れ目的だと分かりにくいことがうれしいですね。

三井住友銀行なら手数料が無料

提携先にたくさんの銀行があるプロミスですが、利用時には手数料が気になるところです。

そこで、提携先の銀行ATMの手数料を見てみましょう。

銀行名手数料
三井住友銀行無料
その他金融機関1万円以下1万円超
110円220円

三井住友銀行を利用すれば、手数料はなんと無料で利用可能です。

その他の金融機関では、取引金額によって数百円程度かかってしまいます。

1回の利用であればそこまで大きな出費ではないかも知れませんが、返済や借り入れが毎月にわたり何年も続くと、高額になります。

ちなみにプロミスで50万円の返済を58回(最長)で返済した場合、手数料は12,000円です。

手数料だけで1回分の返済額になってしまいますね。

そのため、手数料があまりかからない方法で返済を続けるのがおすすめです。

銀行振込ならカードなしで取引できる

銀行振込で返済をする場合、プロミスカードは必要ありません

方法は2通りあるため、自分の利用しやすい方法を選びましょう。

  1. インターネットバンキングで返済する
  2. 銀行ATMからプロミスに振り込む

振込返済で注意したいのが振込先の口座です。

プロミスでは、顧客ごとに異なる返済用口座を用意しています。

そのため、まずはプロミスコールに連絡し、自身の口座を教えてもらうことを忘れずに行いましょう。

返済用口座は会員ページからも確認できます。

ネットバンキングに返済用口座として銀行の口座番号を登録しておけば、返済のときに入力する手間がありません。

また、口座振替にすれば、毎月の返済日に返済額が自動で引き落とされるのでおすすめです。

「返済だけではなく、借り入れもカードなしで行う方法ってあるの?」

そうですよね。せっかくなら借り入れもカードレスにして、ローンカードを持ち歩かずに生活したいところです。

カードレスでプロミスの借り入れをしたいときは、Webで申込みをして対象の金融機関の口座に振り込んでもらえる、「振り込みキャッシング」が便利です。

24時間・365日夜間でも振り込み依頼ができ、最短10秒で融資を受けられます

振込キャッシングは、融資を受ける手数料はかかりませんが、口座から出金するときに金融機関所定の手数料がかかります。

プロミスと銀行カードローンはどちらがおすすめ?

プロミスと三井住友銀行カードローンは、同じ三井住友フィナンシャルグループとはいえ、利用条件や内容は大きく異なります

次は、プロミスと三井住友銀行カードローンの2つのスペックについて、詳しく解説するので比較してみてください。

プロミスと三井住友銀行カードローンのスペックを比較

プロミスと三井住友銀行のカードローンのスペックは似ているようで、違う部分がたくさんあります。

契約する前に内容をよく吟味し、必要に応じて借り入れを選ぶとよいでしょう。

プロミス三井住友銀行カードローン
申し込み条件年齢20歳以上、69歳以下。本人に安定した収入のあること

パート・アルバイトの収入があれば、学生や主婦でもOK。

    • 申込時満20歳以上満69歳以下(本人に限る)
    • 原則安定した収入があること
    三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられること
利用限度額1~500万円まで10万円~800万円(1万円単位)
資金用途原則自由(個人事業主であれば、事業資金への利用OK)原則自由(事業資金不可)
金利(年利)4.5%~17.8%(実質年率)4.0%~14.5%
融資速度最短即日融資可能翌日~1週間程度
入会特典新規契約に限りWeb明細とメールアドレス登録で30日間利息0円なし
女性向けカードローンレディースキャッシングサービスなし

プロミスと三井住友銀行カードローンの大きな違いは、資金用途にあります。

どちらも資金用途は自由ですが、三井住友銀行カードローンは借りたお金を事業資金に使うことはできません。

しかしプロミスでは個人事業主に限り、事業資金への利用を認めています。

一時的なつなぎのために、カードローンへの申し込みを考えている場合は、無利息期間のあるプロミスがお得です。

プロミスにはレディース専用カードローンや無利息サービスがある

初めてカードローンに申し込むときは、不安がたくさんあります。

男性スタッフよりも、できれば優しい雰囲気のある女性スタッフに相談したいと考える人もいるでしょう。

残念ながら、三井住友銀行カードローンにはレディースローンや女性専用の窓口がありません。

しかし、プロミスにはレディースキャッシングがあり、レディースコールで対応してくれるオペレーターは全て女性です。

プロミスは、消費者目線に立った、きめ細やかなサービスを行っているといえるでしょう。

他にもプロミスには、初回利用者に限り、Web明細利用とメールアドレス登録をすれば、30日間利息0円のサービスが受けられます。

初回出金の翌日から30日間は利息がかかりません。

そのため30日以内に返済できるような、短期の借入の場合は利息を払わずに資金を調達することが可能です。

また、このサービスを利用するためには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

利用前に、条件を確認しましょう。

「利息0円はありがたいけど、長期借入となると、利息が気になるよね。」

たしかに、1年単位で借入をする場合には、利息の負担額もばかになりませんよね。

プロミスと三井住友銀行カードローンを比較すると、三井住友銀行カードローンは利息が低く設定されています。

利息の安さは、銀行カードローンの大きな魅力ですね。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要

プロミスと三井住友銀行の審査基準は異なる

プロミスと三井住友銀行は、同じSMBCコンシューマーファイナンスが審査を行っていますが、その基準は大きく異なります。

そのため、プロミスでは審査に通ったのに、三井住友銀行カードローンでは落ちる可能性も十分に考えられるのです。

なぜこのような差がでてしまうのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

プロミスは三井住友銀行カードローンの審査も行う

プロミスか三井住友銀行のカードローン、どちらで借入するか迷っている人もいるのではないでしょうか。

カードローンには審査がありますが、どちらもSMBCコンシューマーファイナンスが行っています。

「審査をする会社が同じでれば、どちらに申し込んでも審査結果は同じなのでは?」と考えるかも知れませんね。

しかし、実は根本的な部分が違います。

プロミスの審査は保証会社でもあるSMBCコンシューマーファイナンスの「保証部」が行い、三井住友銀行は「融資部」が行うためです。

担当する部署が違うため、審査内容は全く異なると考えるのがよいでしょう。

また、審査の難易度も違います

銀行の審査の通過率が消費者金融よりも低いのは、審査基準が消費者金融と異なっているためです。

そのため、プロミスよりも若干厳しくなっているのです。

銀行は審査結果がでるまでに時間がかかる

プロミスと三井住友銀行カードローンは、審査にかかる時間にも大きな差があります。

プロミスは最短30分で即日融資可能ですが、三井住友銀行カードローンは数日~一週間程度かかります。

銀行の場合、反社会的勢力に融資することを防ぐために、警察庁のデータベースに接続しチェックをしています。

銀行が警察庁のデータベースから顧客の情報が照会できるのは、早くとも翌営業日になってしまいます。

そのため、銀行では即日融資が難しいのです。

プロミスは、顧客の個人信用情報を見て判断しますが、警察庁にデータベースには照会しませんので、銀行ほど時間はかかりません。

プロミスと銀行の融資までの大きな時間の差は、そこにあったのですね。

プロミスは三井住友銀行と同じグループの消費者金融?

プロミスはSMBCグループ傘下の企業であり、銀行系の消費者金融と考える人も多いようです。

しかし、厳密にいうとプロミスは消費者金融の会社名ではありません

プロミスの概要について詳しく解説するので、一緒に確認しましょう。

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランド名

プロミスは実は社名ではなく、ブランド名であることを知っていますか?

1962年に関西金融株式会社として誕生したプロミスは、1963年にプロミスと商号変更をしたことをきっかけに消費者金融業を開始し、常に新しい試みを続け急成長しました。

平成24年に社名を「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」と変更し、SMBCグループの一員となりました。

その際にプロミスという名前は社名ではなく、金融サービスを行う「ブランド」として残ることになったのです。

SMBCグループ傘下となったあとは、同グループの三井住友銀行に金融の豊富なノウハウを提供し、潤沢な資金を受けることとなりました。

現在では、消費者金融界で1位の座(2019年3月営業収益:2,818億円)を獲得しています。

プロミスと三井住友銀行の違いを紹介

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスと、三井住友銀行は大きく異なります。

プロミスを経営しているSMBCコンシューマファイナンスと同じSMBCグループには、メガバンクの三井住友銀行があります。

プロミスは銀行系とはいうものの、銀行ではなく消費者金融に部類されているのです。

その証拠に、プロミスは貸金法に基づいて営業されており、融資可能額の合計を他社と合わせて年収の3分の1以下の融資に収める総量規制が適用されます。

三井住友銀行は銀行法によって営業されているため、総量規制は関係ありません。

同じグループでも、適用される法律が全く異なることを覚えておきましょう。

ここでは、両者を様々な面から比較してみましょう。

会社名株式会社三井住友銀行SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
資本金17,709億円140,737百万円
従業員数29,061人2,211人
代表取締役髙島 誠金子 良平
株主株式会社三井住友フィナンシャルグループ (100%)
事業内容銀行業貸金業・保証業
住所東京都千代田区丸の内一丁目1番2号東京都中央区銀座四丁目12番15号
創業2001年1962年

2つを比較すると従業員の数や代表取締役、住所なども全く違い、ぱっと見は別の会社にしか見えませんね。

しかしプロミスと三井住友銀行の株主をよく見ると、100%株式会社三井住友フィナンシャルグループが出資しており、同じグループ会社であることは一目瞭然です。

2017年に金融庁が発表したデータによると、金融業界は2002年と比べ、業者は16分の1にまで減っています。

プロミスは、金融業界で始めとなる取り組みやSMBCグループ傘下となることで生き残り、50年以上の歴史があるのです。

まとめ

プロミスがSMBCコンシューマーファイナンスのサービスブランド名であることに驚いた人もいたのではないでしょうか。

金融機関は一見、無関係と思われるところでつながっていたりするのです。

ちなみにジャパンネット銀行カードローンの審査も、SMBCコンシューマーファイナンスが行っています。

しかし、消費者金融と銀行では融資条件に大きな差があるので、よく確認し、選ぶ必要がありますね。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要