左手に財布と右手に電卓を持って困った表情を浮かべる女性

突然の病気で入院、冠婚葬祭のお付き合い、どうしても断れない飲み会など、急な出費に対処できる手持ちのお金がないとき、どうしますか?

日ごろ不測の事態に備えて貯金をしておいたとしても、立て続けに出費が続くと大変ですよね。

そもそも、「毎日の生活だけで精一杯、貯金なんてないよ」という人も多いかもしれません。

今回は、「急なお金が必要になったのに、手元に使えるお金がない!」といった場合にできる、さまざまな対策法をご紹介します。

いざというときのために、ぜひ参考にしてください。

「プロミス」

最短3分で融資可能
error 365日24時間申込OK!最短3分融資♪
error 初めての方は30日間無利息(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)
※新規契約の融資上限は、本審査により決定

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短3分(回答)*1

※申込み時間や審査によって希望に添えない場合があります。

急な出費・忘れがちな出費とは

お金をモチーフにした丸形や長方形型の薄いブロック

それでは「急な出費」とは、具体的にはどんなものがあるでしょうか?

いわゆる「急な出費」でよくある例と、それにかかる目安の金額を下記にまとめました。

出費例おおよその金額
家電の故障10,000円~100,000円
車の故障50,000円~3,000,000円
病気やケガによる入院200,000円~600,000円
葬式の香典5,000円~100,000円
結婚式のご祝儀30,000円~100,000円
水回りトラブルなどの修繕費5,000円~50,000円
車検代30,000円~150,000円
各種税金(自動車税、住民税など)20,000円~

頻繁ではないものの、突然発生しやすいのが家電製品の故障です。洗濯機や冷蔵庫などの家電は、購入時期がばらばらだったとして同時期に壊れた!という経験をした人も意外に多いのではないでしょうか。

なくても困らないかもしれませんが、ないと不便で仕方ないのが家電製品ですよね。

また、突然のケガや病気での入院は、保険に入っているから大丈夫!と思っていても、保険金が振り込まれるのは先のこと。今すぐ必要な物品を購入したりサービスを利用したりするにはお金がかかります。

普段から貯金などで備えていないと、上記のような突然の出費が発生すれば途端に困ってしまうでしょう。

備えがない場合はどのような方法でお金を調達すればいいのか、次の項目で紹介していきます。

急な出費が出たときの今すぐできる対処法

対処法と書かれた文字

急な出費が出たとき、すぐに現金を手に入れるにはどうしたら良いのでしょうか?
ここでは、すぐできる対処法をいくつか紹介します。

不要なものを売る

手っ取り早く現金を作る方法として、手元にある不用品を売って現金化する、というものがあります。

リサイクルショップで、ブランド品の他、古い毛皮や着物、記念コインや記念切手など、値段が高くつきそうな物を持ち込んでみましょう。

本やCD、洋服や子どものおもちゃなどは、専門のリサイクルショップに持ち込むよりも、メルカリなどのネットフリマを利用した方が高く売れる可能性があります。

ただし、ネットフリマは「すぐに売れるか分からない」「売上分をすぐに現金化しようとすると手数料がかかる」といったデメリットもあるため、急ぎで必要なときには注意が必要です。

質屋を利用する

ブランド品や宝飾品などがある場合は、質屋を利用するという方法もあります。

貴重品や愛着のある物を完全に手放してしまうのに抵抗がある方も、質屋なら、後から買い戻すことも可能です。

ただし、現金化を急ぐと足元を見られて、言い値を下げられたり、高い金利をふっかけられたりするリスクがあります。

できるだけ実績がある、信頼できる業者を選んで相談しましょう。

単発バイトをする

今の仕事に差支えのない範囲で、単発の副業やバイト先を探してみるのもひとつの手です。

インターネット上やアプリで、短期バイトを探せるサイトも登場しています。

例えば、株式会社ツナググループ・イノベーションズが運営しているshotworks(ショットワークス)は、専用アプリを使用して、「1日だけ」「日払い」「時給1,000円以上」など条件を絞り込んで情報を探すことができます。

アプリはiOS・Androidの両方に対応しているので、気になる人はチェックしてみてください。

shotworks(ショットワークス)公式サイトを見る
※スマートフォン専用サイト

クレジットカードのキャッシングを利用する

クレジットカードにキャッシング枠が設定されているのであれば、すぐにキャッシングを利用することができます。

一般的なクレジットカードは、新規申し込みをするときに、キャッシング枠の設定を選択する項目があります。手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が設定してないかどうか確認してみましょう。

クレジットカードのキャッシングは、コンビニや金融機関などの提携ATMでお金を借りることができるので大変便利です。

もしキャッシング枠が設定されなくても、申請することでキャッシングができるようになります。ただし、審査を受ける必要があり日数もかかるため、急な出費には対応できない可能性があります。

余裕があるうちに確認・対応しておくことをおすすめします。

そのほか、クレジットカードのキャッシングには以下のようなデメリットもあります。

  • キャッシング枠とショッピング利用枠は合算して管理されるので、キャッシングによってショッピングの利用額が制限される
  • 金利が高めに設定されている
  • キャッシング枠の設定には審査を受ける必要があり、審査の結果によっては利用できない場合もある

キャッシング枠の限度額や利率については、クレジットカード会社からの案内や公式サイトに詳細が記載されていますので、よく確認してみてください。

カードローンを利用する

急な出費で手持ちのお金が足りない時、便利なのはカードローンを利用することです。

カードローンの審査は数十分から数時間で完了し、申込したその日に借入ができる即日融資を行なっている会社も多いです。

金利は、銀行のフリーローンと比べるとやや高めですが、利便性が高いという特徴があります。
「貯金はないけど早くお金が必要」という場合は、カードローンの利用を検討しましょう。

「プロミス」フリーキャッシング

最短3分で融資可能

error 365日24時間申込OK!最短3分の即日融資も可能♪
error初めての利用で30日間無利息(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)
  ※新規契約の融資上限は、本審査により決定

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短3分(回答)*1
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要

*1 申込み時間や審査によって希望に添えない場合があります。

急な出費でやってはいけないことは?

NGサインを出している女性

急な出費でお金が足りないときでも、絶対にやってはいけないこともあります。突然の事態に焦る気持ちは分かりますが、後から後悔しないよう、どんなに困っても手を出してはいけないことについて確認していきましょう。

闇金から借りる

すぐにお金が借りられるからと言って、闇金から借りるのは絶対にやってはいけません。
闇金とは、貸金業法に基づく登録をしていない違法な貸金業者のことです。

一見ソフトに見せかけて、ダイレクトメールや電話などで勧誘してきますが、一旦借りると、法外な利息を要求したり悪質な取り立てを行なってきます。

一度手を出すと抜け出せないようにあの手この手を使って来る危険もあります。

どんなに困っても、闇金から借りるのは絶対にやめましょう

個人間融資で借りる

業者ではなく、個人名義で借りるなら大丈夫、と思うかもしれませんが、個人間融資も避けてください。

最近では、闇金業者が個人名を騙って近づき、契約をした後で、法外な金利や悪質な取り立てを行なってくる、という被害が増えています。
紹介やパーティーなどで知り合ってから友人となったフリをして油断させ、弱みにつけこんで違法な個人間融資を申し出る、というケースも。

逆に、信頼できる友人や親族であれば、お金の貸し借りをすることで関係が悪くなってしまうリスクもありますので、その点も注意しましょう。

クレジットカードの現金化をする

「クレジットカードを現金化する」という業者がいますが、これもやってはいけないことです。

クレジットカード会社は規約で、クレジットカードの現金化を禁止しており、違反すると使用を禁じられたり、信用情報に傷がついたりするリスクがあります。

また、犯罪や詐欺に巻き込まれる恐れもあります。

手軽にお金が手に入りそうだからと言って、クレジットカードの現金化に手を出すことは絶対に避けてください。

急な出費で慌てないために事前対策

対策と書かれた木製のブロック

急な出費で慌てないための事前対策として、どんなことが考えられるでしょうか。

日ごろから準備しておくべき事前の対策をまとめてみました。

月々の収支を把握しておく

まずは月々の収支を把握しておきましょう。

自分の経済状況が分からなければ、貯蓄をすることもできませんし、必要な時にいくらお金が準備できるかを見積もることもできません。

月々の出費については、家計簿をつけるとどんな出費が多いのかが分かって、対策が立てやすくなります。

最近では、スマホのアプリでレシートを読み取ったり、数字を入力するだけで自動計算してくれたりする便利なものがたくさんありますので利用してみましょう。

固定費を見直して余計な出費を減らしておく

固定費を見直して、余計な出費を減らしておくのも大事なことです。

家賃や携帯電話の料金など、家計の負担割合が大きいものは、もっと減らせる余地がないか検討してみましょう。

また、最近では便利なサブスクサービスが充実していますが、積み重なると家計を圧迫する原因となりますので、本当に必要なものか今一度見直してみましょう。

さらに、月々の支払いは目につきやすいですが、年払いの固定費は忘れがちなものです。

各種税金や保険料、年払い契約の習い事などの固定費も、もっと減らせる余地がないか、検討してみてください。

年間貯蓄をする

月々の収支がギリギリで、毎月貯金をするのが難しい時には、年間貯蓄ができないか検討してみましょう。

ボーナスから貯蓄する、長期休暇などを利用して副業やバイトをして臨時収入を稼ぐ、といった方法も考えられます。

また、行事費や光熱費がかからない春秋の特定月だけ、生活費から貯蓄に回すことができるかもしれません。

年間でどれほどの貯蓄ができそうか検討して、あらかじめ目標金額を決めておくことが重要です。

カードローンを契約しておく

まとまった金額をすぐに準備するのが難しい場合には、いざというときのために、カードローンなどを契約しておくと良いでしょう。

カードローンは手軽に借りられるイメージがありますが、実際に借入ができるかは申込みをして審査を受けてみないと分かりません。

慌ててカードローン会社を調べて申込んでみたは良いけれど、審査で長く待たされた挙句に審査落ちをしてしまうと、途端に窮地に立たされてしまいます。今すぐに必要ではなくても、あらかじめカードローン会社を選んで契約しておくと安心です

「プロミス」フリーキャッシング

最短3分で融資可能

error 365日24時間申込OK!最短3分の即日融資も可能♪
error初めての利用で30日間無利息(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)
  ※新規契約の融資上限は、本審査により決定

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短3分(回答)*1
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要

*1 申込み時間や審査によって希望に添えない場合があります。

急な出費のためにカードローンを利用する場合の注意点

ノートに書かれた注意という文字

急な出費のためにカードローンを利用する場合、どのような点に気をつけたら良いでしょうか。

カードローン会社を調べると、たくさん会社が出てきてどれを選んでよいか分からないという方のために、カードローン会社の選び方と注意点について解説します。

即日に借りたいなら消費者金融を選ぼう

カードローンの種類には、主に銀行カードローン、消費者金融、信販会社などがあります。
できるだけ早くお金を借りたいという場合は、即日融資が可能な消費者金融のカードローンを選びましょう。

銀行カードローンは、借入できるのは最低でも翌営業日、時には数日間かかることもあります。

消費者金融のカードローンは、即日融資可能なところが多く、審査結果も最短1時間以内とすぐに結果が分かるので、とにかく早く借りたい方にはおすすめです。

また、新規契約から30日間の無利息期間を設定している消費者金融も多いため、うまく活用すれば支払利息を減らすことができます。

利用前にしっかりと返済計画を立てよう

カードローンは手軽に借入ができてしまうので、つい借入し過ぎてしまうリスクがあります。

借りた金額は利息をプラスして必ず返済しなければなりません。

たいていのカードローン会社のHPでは、借入する前に、返済金額のシミュレーションができます。

毎月の返済額が無理のない金額に収まっているか確認し、利用前にしっかりと返済計画を立てるようにしましょう。

カードローンを契約するならプロミスがおすすめ

コルクボードの上に配置されたおすすめという文字

急ぎでお金が必要なら、最短3分融資も可能なプロミスがおすすめです。

ここでは、プロミスのおすすめポイントを紹介します。

上限金利が低め

プロミスの上限金利は、大手消費者金融の中では低めです。
主な大手消費者金融の金利は下記のとおりです。

ローン会社名金利
プロミス4.5~ 17.8%
アコム3.0%~18.0%
アイフル3.0%~18.0%
モビット3.0~ 18.0%
レイク4.5%~18.0%

プロミス以外の大手4社は上限金利が18%ですが、プロミスは17.8%です。

わずか0.2%の差でも、借入金額や返済期間によって変わってきますし、少しでも金利が低い方が返済の額は少なくて済みます。

金利の表示に幅があって悩むかもしれませんが、新規で申込みをする際に「4.5%」など下限の金利が適用されることはほぼありません。

カードローン会社を選ぶ際の金利は、下限ではなく上限金利を目安に選ぶようにしましょう。

最短3分融資も可能

プロミスは最短で申し込みから3分で融資が可能と、かなりのスピードで借入できる可能性がある消費者金融です。です。

銀行カードローンは、審査結果が出るのが最短で翌営業日以降です。
また信販系でも、例えば三菱UFJニコスやJCBカードローンは、やはり審査時間が1日以上かかってしまいます。

消費者金融は審査時間が短いことが大きなメリットとなっており、特にプロミスは最短3分で融資も可能なため、とにかく急いでいるときには助かる存在だといえるでしょう。

ただし、あくまで「最短」で3分なため、申し込み時間や混雑状況によってはもっと時間がかかる可能性もあることを認識しておきましょう。

30日間の無利息期間が利用できる

プロミスでは、初めての契約の方なら30日間無利息サービスが利用できます。
プロミス以外の大手消費者金融にも無利息期間がありますが、他社では「契約日の翌日から適用」となっていますが、プロミスの場合は「初回借入日の翌日から」30日間無利息です。
他社のように「契約日の翌日から」となると、契約してすぐに借入をする場合は良いのですが、借入までにタイムラグがあると、その期間の無利息のメリットは無駄になってしまいます。

その点、プロミスは無利息期間を、契約した日ではなく、初めて借入した日から起算して30日間のため、時間に余裕がある時に審査や契約だけ済ませておいて、いざとなって借入をする、というケースでも、無利息期間の適用を受けることができます。

プロミスの無利息期間は、借りる側にとって大変便利な設定になっているのです。

「プロミス」フリーキャッシング

最短3分で融資可能

error 365日24時間申込OK!最短3分の即日融資も可能♪
error初めての利用で30日間無利息(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)
  ※新規契約の融資上限は、本審査により決定

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短3分(回答)*1
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要

*1 申込み時間や審査によって希望に添えない場合があります。

まとめ

急な出費はある日突然やってきます。いざという時に慌てずに済むよう、以下のようなことが大切です。

  • 急な出費の可能性や金額をあらかじめリストアップしておく
  • 毎月の収支や固定費を管理して、貯金しておく
  • 貯金が足りない場合には、どんな方法で現金を調達できるか考えておく
  • すぐにお金が必要な場合には、カードローンなどの安全で確実な方法を検討する

あらかじめ予測するのが難しいからこそ、日ごろからしっかり準備をしておきましょう。

また、プロミスなら即日融資も可能なため、急な出費で困ったときにはぜひ活用してください。