子供の保険はいつから入るのがベスト?保険料を節約するコツも知りたい!

この記事を読んでいるということは、子供の保険に入りたいけど、いつから加入するのがベストなのかを知りたいのだと思います。

子供の保険というと、真っ先に思いつくのが「学資保険」ではないでしょうか。

「子供が生まれたんだけど、学資保険っていつから入ればいいのかな?保険料は節約したいんだけど・・・。」

そうですよね、学資保険に入る時期っていつからがいいのか悩みますよね。

それと同時に、保険料はできるだけ節約したいという気持ちもありますしね。

そこでここでは、子供の保険「学資保険」にはいつから加入するのがベストなのか、加入するメリットやデメリット、保険料の節約に役立つ加入のコツなどを紹介していきます。

大切な子供ための保険ですので、ぜひ参考にしてください。

子供の保険に入るのはいつからがベスト?

子供の学費は、中学校入学時、高校入学時、大学生期間中の18歳~22歳頃が特に多くかかります。

その時期の学費に充当するために、子供が小さいうちから学資保険に加入して資金を貯める方法があります。

では、その学資保険は、いつから加入するのがベストなのでしょうか。

学資保険への加入は早ければ早いほどいい

結論から言うと、子供の学資保険への加入時期は早ければ早いほどいいと言えます。

というのも、加入時期が早いほど払込期間が長くとれるため、1回あたりの保険料が安くできるからです。

そのため、子供が生まれたらすぐに加入することで、保険料の負担を少なくすることができます。

また、最近は妊娠中に加入できるタイプの商品も販売されていますので、そういったタイプのものに加入すれば、払込期間をさらに長くとることができて節約につながります。

学資保険のメリット・デメリット

ではここで、学資保険に加入するメリットとデメリットについて見ていきましょう。

学資保険のメリット

学資保険に加入すると、次のようなメリットがあります。

  • 学費を自動的に貯めることができる
  • 貯金よりもお金が増える可能性がある
  • 「生命保険料控除」の対象になる
  • 契約者が万が一のときは保険料の払込みが免除になる

保険料を支払うことで、将来の学費が自動的に貯めることができるので、「貯金が苦手」という人でもためやすくなります。

また、現在の貯金利率ではお金を増やすことは難しいですが、学資保険の商品によっては貯金として預けておくよりも利回りがよくお金を増やすことが期待できます。

ほかにも、学資保険の払込保険料は、年末調整の「生命保険料控除」の対象となっているため、税金面において有利になっています。

さらに、解約者が死亡したり高度障害状態になったりした場合、それ以降の保険料の払込みが免除されます。もちろん、保険金は当初の予定通りに受け取ることができます。

学資保険のデメリット

では次にデメリットも確認しておきましょう。

  • 途中解約すると損してしまう
  • 満期まで待っても元本割れする商品がある
  • インフレになると学費が足りなくなる可能性がある

学資保険のような貯蓄型の保険は、途中解約をした場合、支払った保険料がすべて戻ってくるわけではないので、損をしてしまうことになります。

契約期間が短いほど元本割れする可能性が高くなりますので、契約時には「今後この保険料を払い続けることができるのか」をしっかりと見極める必要があります。

また、学資保険の中には、学費の貯蓄よりも保障に重点を置いた商品もあり、その場合は満期まで待っても元本割れする可能性があります。

しかし、満期まで子供の保障をしてもらっていたことを考えれば、まるっきり損してしまうわけではないと言えますね。

ほかにも、学資保険は契約時の利率で将来もらえる金額が決まるため、今後物価が上昇した場合でも受け取る金額は同じなので、学費が足りなくなることもあります。

その場合、他の方法でお金をまかなわらなくてはならないため、資金計画を見直さなくてはならなくなります。

子供の保険で節約するコツ

子供の保険に加入すれば保険料を払い込まなくてはなりませんが、できるなら安く抑えたいというのが本音ですよね。

子供の保険料を節約するには、次の4つのコツを抑えると節約できる可能性がありますよ。

  • 他の保険と組み合わせて割引をねらう
  • 保険料をできるだけまとめて払う
  • 契約者の年齢が若いうちに加入する
  • 特約を限定する

ではそれぞれのコツについて詳しく見ていきましょう。

他の保険と組み合わせて割引をねらう

すでに加入している生命保険などがある場合、同じ保険会社の学資保険に加入すると割引が適用されることがあります。

そのため、どこ保険会社にしようか迷っているのであれば、すでに契約している保険会社を選ぶというのもひとつの方法です。

もしまだ保険に加入していないのであれば、学資保険と同時に新規で加入すれば、保険料が割引される可能性があります。

さらに学資保険によっては「兄弟割引制度」がある商品もありますので、兄弟がいる家庭なら検討する価値がありますね。

保険料をできるだけまとめて払う

学資保険の保険料は高額になることが多いので、月払いで支払う人が多いです。

しかし、保険料の支払いを節約するには「一括払い」や「前期前納払い」が最も効果的です。

保険料はまとめて支払うほど割引率が高くなるので保険料が安くなり、結果として返戻率が高くなります。

とは言え、一括払いはまとまった金額が必要になるので、あまり現実的ではないかも知れませんね。

その場合は、月払いではなく「半年払い」や「年払い」にすることで、支払う保険料を節約することができますよ。

月払いは毎月同じ金額を支払うという点においては管理しやすいですが、節約を考えるなら少しでもまとめて支払うことをおすすめします。

契約者は夫婦で年齢が若い方で加入する

学資保険では一般的に、契約者の年齢が若いほど保険料が安く設定されています。

というのも、学資保険に契約者にもしものことがあった場合、その後の保険料が免除されるという補償があるためです。

年齢が若い方が死亡などのリスクが低いと判断され、保険料が安くなっているのです。

年齢と保険料は比例関係にありますので、一歳でも若いときに加入する方がお得になります。

契約者を夫と妻のどちらにするかで迷ったら、年齢の若い方にすると保険料の節約効果が期待できます。

特約を限定する

保険は、主契約(メインの保障)と特約(オプションとして付ける保障)のふたつに分けられます。

ひとつの保険に主契約はひとつですが、特約は付けたいと思うものをいくつでも付けられるので、自分の希望に近い保障作りができます。

しかし、特約をひとつ付けるごとに保険料がアップしていきますので、特約の数が多いほど保険料が高くなってしまいます。

「子供のために、あれもこれも保障をつけておきたい!」という気持ちもあるかと思いますが、保険料の節約のためには、必要最小限の特約に抑えることがポイントになります。

まとめ

子供の学資保険に加入するときは、子供・親ともに1歳でも若い方が保険料が安くなるため、できるだけ早い段階での加入がおすすめです。

ただし、様々な商品が販売されていますので、それぞれの保険の特徴を比較し、自分たちのニーズにより近いものを選ぶことが大切です。