左手で4万円を持っている人の手元

「たまたま、いくつかの支払いが重なって、お金が足りない」なんて経験がある人は、意外に多いのではないでしょうか。

今月、あと4万円ほどあれば足りるのに。
貯蓄があればいいですが、なければ別の方法でお金を用意するしかありません。

そこで今回は、今すぐ4万円が欲しい人のために、審査なし・ありでお金を用意する方法や、自力でお金を稼ぐ方法をご紹介します。

「プロミス」

最短3分で融資可能
error 365日24時間申込OK!最短3分融資♪
error 初めての方は30日間無利息(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)
※新規契約の融資上限は、本審査により決定

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短3分(回答)*1

※申込み時間や審査によって希望に添えない場合があります。

今すぐ4万円を借りる方法【審査あり】

頭を抱えているデッサン人形の前に置かれているHELP!と印字されたブロック

今すぐ4万円を借りたいというとき、まずは審査ありで借りる方法を見ていきましょう。

消費者金融のカードローン

「今すぐ4万円欲しい」なら、消費者金融のカードローンがおすすめです。

消費者金融カードローンは融資スピードが早く、急いでお金を用意したい場合に適しています。銀行カードローンと比較して上限金利は少し高めですが、その代わりに審査基準は銀行ほど厳しくありません。

アルバイトやパートで働く人でも利用できるなど、安定した収入があれば収入額が少ない人でも申込みできます。会社によって融資スピードは異なりますが、最短3分で即日融資可能な消費者金融もあるので、とにかく急いでお金を準備したい場合は検討してみましょう。

信販会社のカードローン

信販系カードローンからの借入れを検討するのもいいでしょう。

金利は信販会社によって大きく異なりますが、中には銀行カードローンなみの低金利でお金を借りることが可能です。

信販系カードローンは即日融資が難しい信販会社もあるため、今すぐお金が必要な人は融資スピードの早い信販会社を選ぶことが大切です。

例えば、三井住友カードローンは、融資スピードの早さと、銀行カードローン並みの金利の低さが特徴のカードローンです。また、即日融資にも対応しています。
消費者金融カードローンよりも低い金利でお金を借りたい人は、信販会社のカードローンを検討してみましょう。

スマホアプリローン

消費者金融や信販会社からお金を借りるのはハードルが高いという人は、スマホアプリローンを検討してみましょう。

スマホアプリローンとは携帯会社が提供するカードローンのことで、ドコモの「dスマートローン」やauの「auPayスマートローン」などがあります。

日頃から利用している携帯会社のカードローンなら、申込みのハードルが低く感じる人も多いのではないでしょうか。

手軽に利用しやすいカードローンといえますが、アプリによっては即日融資ができないものやアプリに直接チャージされるものもあり、現金を手に入れるまでに時間がかかる場合があるので注意が必要です。

今すぐ4万円借りる方法【審査なし】

スマホと通帳を見比べている女性の手元

ローン審査に自信がない人は、審査なしでお金を借りる方法を検討してみましょう。

質屋

ブランド品や貴金属、ゲーム機やスマートフォンなどの高額な電子機器を持っているのなら、質屋を検討してみましょう。

質屋は、所有する物品を担保に預けることで、査定額内の融資を受けられる仕組みです。4万円程度であれば質屋で借入れすることは十分可能でしょう。
また、即日融資にも対応しています。

ただし、実際に質屋で借りられる金額は、品物の査定額の7割~8割程度であるため、4万円借りるためには、5万円以上の価値がある品物を担保に入れる必要があります。

また、質屋で預けた物品はお金を借りた担保になっているので、返済期限までに借りたお金と利息を返さないと返ってきません。
大切な物を質屋に預ける場合は、返済期限をしっかり確認することが大切です。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードを所有している人は、カードにキャッシング枠が付帯しているか確認してみましょう。

キャッシング枠とは、借入れを目的とした与信枠のことで、カード申込み時にキャッシング枠を希望すると、ショッピング枠と同時に審査が行われ、審査に通ればキャッシングができるようになります。
そのため、所有するカードにキャッシング枠が付帯していれば、キャッシング枠を使って即日借入れが可能です。
「カードに付帯している=すでにキャッシングの審査に通過」している状態なので、新たにキャッシングの審査を受ける必要もありません。

もし、カード申込み時にキャッシング枠を希望しなかった人や、審査の結果ショッピング枠しか付帯されなかった場合、後からキャッシング枠は申請することもできるので、カード会社へ確認してみましょう。

ただし、キャッシング枠の申請は改めて審査が必要になるほか、時間もかかるため、前もって確認しておくとよいでしょう。

生命保険の契約者貸付制度

生命保険に加入しているのであれば、契約者貸付制度を利用することもできます。

保険会社には生命保険の契約者を対象とした貸付制度があり、生命保険の「解約返戻金」を担保に借入れをすることができます。
対象となるのは「解約返戻金」と呼ばれるお金が返ってくる積み立てタイプの保険商品のみなので、掛け捨てタイプの保険商品は契約者貸付制度を利用できません
解約返戻金という担保があるので、審査なしで借入れできるのが最大のメリットと言えます。

また、契約者貸付制度は生命保険を解約しなくても利用できるため、安心して借入れを検討できます。
契約者貸付制度は金利が低いのも特徴で、金利相場は年2.0%〜6.0%程度です。

一般的なカードローンと比べてお得に借入れできるだけでなく、契約者貸付制度なら最短で即日融資も可能です。
急ぎでお金が必要な人は、生命保険の担当者に契約者貸付制度について問い合わせしてみましょう。

ゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付・総合口座の当座貸越を利用する

ゆうちょ銀行には貯金担保自動貸付というサービスがあり、このサービスを利用すれば審査なしで即日融資が可能になります。
貯金担保自動貸付とは、通常貯金の残高を超える払い戻しの請求があったときに、不足分を自動的に貸付してもらえるサービスのことです。

利用するには、総合口座で管理する「担保定額貯金」や「担保定期貯金」を担保にする必要があり、定期貯金か定額貯金がなければ利用できません。
また、貸付金額の上限は預入金額の90%以内と決められており、総合口座1口座につき最大300万円までとなっています。
ただし、事前に手続きをしていない場合は窓口での手続きが必要になるため、営業時間内に窓口に行けない場合は即日借入れできないので注意が必要です。

また、銀行の総合口座にも同様に当座貸越サービスがあります。残高以上の払い出しがあった場合に、総合口座の定期預金を担保に自動的に融資してくれる機能です。

普段利用している銀行口座に定期預金をしているのであれば、当座貸越が利用できないか確認してみましょう。

親や知人から借りる

親や知人など親しい人からお金を借りるのは、審査なしでお金を借りる方法として最も手っ取り早い方法と言えます。

親兄弟なら利息なしでお金を貸してくれる可能性が高いので、頼れる人がいれば相談してみましょう。

ただし、知人からお金を借りる場合は、トラブルになる可能性があるため注意が必要です。
相手がどんなにいい人だとしても、4万円ものお金を返せなかったり返すのが遅れたりすれば信用を失い、関係性が悪くなるだけでなく、最悪の場合は訴訟や刑事事件に発展する可能性もあります。

知人からお金を借りるのは「他に解決策が見つからなかったときだけ」にしましょう。

時間に余裕を持って4万円借りる方法

窓際に置かれた洋書と瓶に生けられた四つ葉のクローバー

ここまでは今すぐ4万円を手に入れる方法を解説してきましたが、お金を借りる方法の中には、融資までに時間がかかる方法もあります。

ここでは、時間に余裕がある場合に利用可能な4万円借りる方法を紹介します。

銀行カードローンで借りる

時間に余裕を持って4万円を借りるなら、銀行カードローンがおすすめです。

銀行カードローンは消費者金融よりも低い金利で借入れできるので、利息を抑えてお金を借りたい人には魅力的なカードローンです。
また、ATM手数料が無料のところが多いため、なるべく手数料にお金をかけず借入れしたい人にもメリットがあります。

ただし、一般的に銀行カードローンは消費者金融よりも融資までに時間がかかるため、即日融資はできません。中には最短当日の審査回答を行っている銀行もありますが、申込みのタイミングなどによって時間がかかってしまう可能性があります。

ローンカードが届くまで1週間程度かかることもあるので、融資まで急がない人向きのカードローンと言えます。

今すぐ4万円欲しい人は、消費者金融や信販系の即日融資可能なカードローンがおすすめです。

従業員貸付を利用する

勤めている会社の従業員貸付制度を利用して、4万円借りる方法もあります。
従業員貸付制度とは、企業が自社の従業員に対して福利厚生の一環としてお金を貸し付ける制度です。
多くの場合、利用できるのは正社員に限られていますが、金利も年1.6%~4.0%と一般的なカードローンよりも低利でお金を借りることができます。

また、従業員貸付制度は総量規制の対象外になるため、審査の際にカードローンのように信用情報を確認されることはありません。
メリットの多い従業員貸付制度ですが、デメリットとして融資までに時間がかかることが挙げられます。

申込みから融資を受けるまでに2週間〜3週間程度、企業によっては1ヶ月以上かかることもあるので、すぐにお金を用意したい人にはおすすめできません。
また、そもそも従業員貸付制度がない会社もありますので、事前に確認しましょう。

公的融資制度を利用する

利用するには条件がありますが、公的融資制度を利用して4万円借りることもできます。
公的融資制度とは、国や自治体を通してお金を借りることです。無利子、またはかなりの低金利で借入れできるのが特徴で、制度によっては無職や収入が少ない人でも利用できます。

公的融資制度にはさまざまな制度がありますが、低所得者や高齢者、障がい者世帯など利用できる人が限定されます。
対象者にとっては便利な制度ですが、対象に入らない人は他の借入れ方法を考えましょう。

<代表的な公的融資制度>
生活福祉資金貸付制度低所得世帯や障がい者、高齢者がいる世帯が対象
求職者支援資金融資制度職業訓練中の人が対象
教育一般貸付学費や入学費用などの教育費が対象
年金担保貸付年金を受給している高齢者が対象

4万円を自力で稼ぐ方法

テーブルの上でニットを畳んでいる女性の手元
できるだけお金を借りずに4万円用意したい人もいるでしょう。
ここからは、お金を借りずに自力で4万円稼ぐ方法を紹介します。

不用品を売る

4万円を自力で稼ぐ方法として、まず考えたいのが不用品を売ることです。自宅に高額で売れる物があれば、即日に4万円入手できる可能性もあります。
不用品を見つけたら、できるだけ高額で売却できるところを探すことが大切です。

主な売却先としてはリサイクルショップ・ブランドショップ・フリマアプリ・オークションサイトなどが挙げられます。
フリマアプリやオークションサイトは高値で売れる可能性が高くなりますが、出品から売却までに手間や時間がかかるのが特徴です。
すぐにお金が欲しい人は、即日お金が入るリサイクルショップやブランドショップなどの買取店で売却しましょう。

意外な物が高値で売れることもあるので、気になる品物があれば査定してもらいましょう。

アルバイトをする

お金を借りずに自力で4万円稼ぐには、アルバイトをするのも現実的な方法です。
アルバイトによっては日払いや週払いで給料がもらえるので、すぐにお金が必要な人でもお金を工面することが可能です。

ただし、アルバイトで4万円を稼ぐには、ある程度期間が必要になります。
短期間で稼げるアルバイトには、それ相応のリスクがあることを頭に入れておきましょう。
特に注意したいのが、SNSや掲示板などで見かける「短期間で稼げる高額バイトの募集」です。

これらは「闇バイト」と呼ばれる危険なアルバイトなので、犯罪やトラブルに巻き込まれないためにも絶対に応募してはいけません。
リスクを負わずに即日4万円が欲しい人は、アルバイト以外でお金を用意する方法を考えましょう。

クラウドソーシングサービスで稼ぐ

誰でも気軽に始められる「クラウドソーシングサービス」でお金を稼ぐ方法もあります。
クラウドソーシングサービスとは、企業や企業や個人がネットを通じて不特定多数の人に業務をアウトソーシングできるサービスのことです。

仕事内容はデータ入力・ライティング・動画編集・Webサイト制作・プログラミング・翻訳などさまざまで、幅広いジャンルで募集されています。
初心者でも仕事を見つけることは可能ですが、スキルが高い仕事ほど報酬が高くなるため、誰でもできる単純作業だとなかなか稼げないのが難点です。

また、実際に仕事をはじめて収入が入るまでに時間がかかるため、すぐに4万円欲しい人にはおすすめできません。

すぐに4万円が欲しいといっても絶対にやってはいけないこと

NGサインを出しているデッサン人形とNGの文字
急ぎでお金が必要だからといって、手を出すと危険なこともあります。すぐに4万円が欲しくても「絶対にやってはいけないこと」を見ていきましょう。

闇金でお金を借りる

すぐに4万円欲しい人が絶対にしてはいけないのが、闇金でお金を借りることです。闇金とは、国や都道府県に貸金業の登録を行っていないか、登録していても法令に反する高金利で貸付を行っている金融業者のことです。

「急ぎでお金を用意しなければならない」という焦りから、闇金に手を出してしまうケースは実際に珍しくありません。

お金が必要な人を言葉巧みに騙すのが闇金の手口なので、くれぐれも「審査なしで即日融資」「他店で断られた方もOK」「ブラックでもOK」などの甘い言葉を信用しないことです。闇金でお金を借りてしまった場合、違法な高金利の利息を短期間で返済請求されるため、少額融資でもすぐにお金が返せなくなってしまいます。

そして最も恐ろしいのが、返済が遅れてしまったときの取り立て行為です。
違法業者は少しでも返済が遅れると、脅迫まがいの電話を本人や家族、職場などにしつこくかけてくるなど、お金を貸した相手を精神的に追い詰めて返済を迫ります。

たった1万円借りただけでも大変なことになるので、どんなにお金に困っても闇金にだけは絶対に手を出してはいけません。

クレジットカードの現金化

すぐに4万円が欲しい人が絶対にしてはいけないことに、クレジットカードの現金化があります。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードに設定されているお買い物限度額を換金目的で利用する行為です。クレジットカードで金券などの換金率の高い商品を購入・転売することで現金を手にれる方法や、現金化業者のキャッシュバックで現金を得る方法などがあります。現時点ではクレジットカードの現金化は違法行為ではないとされていますが、極めて問題のある方法と言えます。

そもそも換金目的の利用はカード会社の利用規約違反になるため、万が一現金化がバレた場合はカードの強制解約や一括請求されるリスクがあります。
また、現金化業者を利用することで、詐欺被害やトラブルに巻き込まれる可能性も高くなります。

カード番号や個人情報を悪用されるケースも多いので、お金に困っていてもクレジットカードの現金化は絶対に避けましょう。

個人間融資を利用する

すぐに4万円欲しい人の中には、銀行や消費者金融でお金を借りることができず、個人からお金を借りる方法を考える人もいるでしょう。
身内や知人であればそれも1つの手段ですが、気をつけたいのはSNSでよく見かける個人間融資の投稿です。

ハッシュタグで「#個人間融資」「#即日融資」「#低金利」などと投稿されていますが、それを真に受けて連絡すると、犯罪被害やトラブルに巻き込まれる可能性があります。
個人とうたいながら違法業者が連絡してくることも多く、個人の場合でも違法な金利での貸付や、女性の場合は見返りに性的な関係を求められるといった事例も報告されています。

生活資金に困っていて、民間の融資が利用できない場合は、公的融資制度の利用を検討しましょう。

銀行口座を売却する

SNSで「銀行口座を売ってください」「口座買取します」といった書き込みを目にすることがありますが、どんなにお金に困っていても銀行口座の売却は絶対にやってはいけません。
他人への銀行口座の売却は立派な犯罪行為です。

詐欺罪などで警察に逮捕される可能性や、銀行口座の凍結・新たな口座開設ができなくなるリスクがあります。
売却した銀行口座は振り込め詐欺などの犯罪に利用されることも多く、口座を売却することで自身も罪に問われかねません。銀行口座を売却してお金を手に入れる方法は、売る側にとってデメリットだらけという現実を理解しましょう。

ギャンブルで増やそうとする

すぐに4万円欲しい人の中には、手っ取り早くギャンブルで増やそうとする人もいるでしょう。ギャンブル自体は違法ではありませんが、ギャンブルは1,000円すら必ず増やせる保証はありません

胴元にとってギャンブルはビジネスであり、ギャンブルは胴元が必ず儲かる仕組みになっています。
運が良ければ少ない資金でお金が増える可能性はありますが、増やそうとしてかえって減ってしまうリスクの方が高いので、余裕がないときには避ける方が無難です。

お金がなくて切羽詰まった状態のときはとくに、ギャンブルで負けたときのことを考えましょう。
現実的に今すべきことは、確実に4万円を用意できる方法を考えることです。

即日で4万円欲しいならプロミスがおすすめ!

最短3分で融資可能

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短3分(回答)*1

*1 申込み時間や審査によって希望に添えない場合があります。

※プロミスの公式サイトへ移動します。

即日で4万円欲しい人は、融資スピードの速いプロミスがおすすめです。
プロミスは申込みも簡単で、はじめてカードローンを利用する人でも安心して利用できます。

  • 最短3分のスピード融資
  • はじめての方は30日間無利息
  • 申込みから借入れまでアプリで完結

1.最短3分のスピード融資

プロミスはすぐに借りたい人にとって嬉しい「最短3分のスピード融資」が可能です。

申込みは24時間振込対応しているので、土日祝日や夜間など都合に合わせたタイミングで手続きすることができます。ただし、即日融資を受けたい場合は審査が行われている時間内に申込みする必要があり、審査時間は平日9時~21時までです。

時間ギリギリの申込みは審査が翌営業日へ回されてしまう可能性があるため、遅くとも平日20時までに申込みするようにしてください。

2.はじめての方は30日間無利息

プロミスをはじめて契約する人は、メールアドレスの登録とWeb明細登録するだけで30日間利息0円で借入れできます。
無利息期間中に返済すれば利息なしで借入れできるため、お得にカードローンを利用することが可能です。

プロミスは実際に借入れした翌日から無利息期間が開始されるので、契約後すぐにお金を借りない場合も損をしません。

3.申込みから借入れまでWeb完結

プロミスは申込みから借入れまでWebで完結できます。
カードを発行せずにWebとアプリのみで利用できるので、郵送物の受け取りも必要ありません。

アプリを利用すれば借入れ状況や登録情報の変更などもできるので、返済管理がしやすいのもおすすめポイントです。

まとめ

今すぐ4万円が欲しい人がお金を用意するのは、決して難しいことではありません。
ただし、お金を用意する方法が色々あるからこそ、自身にとってベストな方法を見極めましょう。

犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性がある方法には手を出さず、安全性を重視することも大切です。
すぐにお金が必要な場合は、信頼できて融資スピードの早い大手の消費者金融カードローンをおすすめします。

「プロミス」フリーキャッシング

最短3分で融資可能

error 365日24時間申込OK!最短3分の即日融資も可能♪
error初めての利用で30日間無利息(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)
  ※新規契約の融資上限は、本審査により決定

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短3分(回答)*1
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要

*1 申込み時間や審査によって希望に添えない場合があります。