電車賃が足りない時はどうする?困った時に頼れる対処法を紹介!

電車を利用した通勤や通学、そして外出する際は、運行ダイヤに合わせて家を出発しなければいけません。

寝坊し慌てて家を出た結果、財布を忘れた、財布を落とした、お金が入ってないという苦い経験をした人もいるのではないでしょうか?

更にICカードまで落としてしまったら、もうどうしていいのか分かりませんよね。

そこで今回は、電車賃が足りない時の対処法についてまとめていますので、ぜひ最後までご覧になってください。

「プロミス」

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪ 
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分

電車賃が足りない時に頼れる便利な制度とは?

電車賃が足りないと気づいた時は、ほとんどの人が焦ってしまいます。

お金がないことによる困惑、そして急がないと遅刻するというダブルパンチだからです。

しかし、鉄道会社ではこういったことは日常茶飯事なのかもしれません。

様々な救済制度を用意していますし、状況によっては交番も助けてくれます。

駅で着駅精算してもらう

電車賃が足りない時は、目的の駅で清算してもらう着駅清算という後払い制度が利用できます。

目的の駅に到着したら、すぐ窓口に行きお金がないことを正直に申しでましょう。

駅員さんが「支払い猶予願い書」を出してくれるので、記入すれば後日清算することが許されます。

ただし、後払い制度は一駅分のお金があった場合に使える方法です。

そもそも切符がない状態では乗車できません。

出発駅の改札を通った後、お金がないことに気づいた時はこの対処法を思い出してください。

乗り過ごした場合は誤乗扱いになる

本来、降りるべき駅が過ぎてしまった時は、誤乗車扱いにしてくれます。

この制度が適用されると、目的の駅に無賃で戻ることが可能です。

最近は、電子マネーなどの普及で、現金を持ち歩かないというケースも珍しくはありません。

ギリギリのお金しか持っていないのにも関わらず電車内で寝過ごした時や、スマホに夢中で乗り過ごした時は相談して誤乗車扱いしてもらうようにしましょう。

交番で公衆接遇弁償費を払ってもらう

もし、駅の近くに交番がある時は、お金を借りることができます。

なぜ交番が?と不思議に思うかもしれませんが、公衆接遇弁償費という限度額1,000円の交通費を貸してくれる制度があるのです。

ただし、誰でも無条件で貸してくれるほど交番も甘くはありません。

財布を落とした、盗難にあったなど理由がある人のみで、借りる時は借受願書という書類に記入します。

また、この制度は全国の交番で実施しているわけではありません。

自治体によっては利用できないこともあるので絶対に利用できるとは限らない方法です。

電車賃が足りない時にできる対処法

乗車前、電車賃が足りないことに気づいたら、無理やり乗ることを考えてはいけません。

電車賃を補う方法はいくつかあるので、補える方向で考えていきましょう。

もちろん、全ての方法がその場で解決できる方法ではありません。

すぐ解決できる方法と時間がかかる方法があるので、状況に応じて最適な対処法を選ぶようにしましょう。

Suicaのデポジットを解除する

Suicaを使って払い戻しの手続きをすればデポジットを解除することができます。

あまり聞きなれない言葉だと思いますが、デポジットとはSuicaを作る際に支払った500円の預かり金です。

ほとんどの人が覚えていないかもしれませんね。

Suicaのデポジット解除は、身分を証明する書類さえ持っていれば可能、その場で500円が手に入ります。

万が一電車賃が足りない時は、払い戻しによる500円は心強い味方になるのでぜひ覚えておきましょう。

ただし、Suicaに残金があった場合は要注意です。

220円以下なら500円の払い戻しを受けられますが、220円以上の残金があった場合は、残金から220円引いた金額しか戻ってきません。
残金が800円だった時は、「800円-220円=580円+500円」となってしまいます。

家族・友人に助けてもらう

もし、乗車前に家族や友人が一緒にいる時は、その場でお金を借りれば不足している電車賃を一時的に支払うことができます。

金額的に少ない場合は、ほとんどの人が快く貸してくれると思いますので、正直に電車賃が不足していることを伝えて助けてもらいましょう。

ただし、個人的なお金の貸し借りは金銭トラブルに発展する可能性もありますので、たとえ少額でも忘れずに返すようにしてください。
また、高額な電車賃の時は貸してももらえるかどうかわかりません。

もし家族や友人が嫌な顔をせず貸してくれた時は、丁寧にお礼を伝えておきましょう。

タクシーを使う

電車賃が足りないなら、無理電車に乗ろうとせず、タクシーを使うのも対処法の一つです。

タクシーはご存じの通り後払いですから、目的地に到着して払えば問題はありません。

家にお金がある、到着すれば親がいる、クレジットカードを持っているといった時はタクシーも有効な対処法です。

注意するとすれば、両親に支払ってもらう時の目的地までの距離と料金です。

あまりにも遠い時は、高額なタクシー代になりますから、事前に連絡しておきましょう。

タクシーで無事着いても、手持ちのお金がなかったら意味がありません。

クレジットカードを使う

電車賃はないけど、クレジットカードを持っているということなら、そのクレジットカードで切符を購入することが可能です。

新幹線などの高額な切符だけではなく、普通運賃の切符もクレジットカードで購入することができます。

クレジットカードを使えば、100円単位でも購入できるので、クレジットカードで不足している電車賃分を補うことを検討してみましょう。

JRの場合は、みどりの窓口やみどりの券売機などでクレジットカードが使用できます。

その他、私鉄や地下鉄については、定期券売り場や自動定期券販売機、そして有人定期券販売所と対応場所が異なりますし、使えないところもあるので要注意です。

電子マネーを使う

乗る前に電車賃不足に気づいた時は、スマホなどで利用できる電子マネーを使うという対処法もあります。

全ての電子マネーが対応しているわけではありませんが、一部の電子マネーではSuicaへのチャージが可能です。

しかも、電子マネーならではのポイントも貯まるのでお得です。

楽天ペイを使う

Suicaと楽天ペイを使っている人は、連携すればSuicaにチャージすることができます。

楽天ペイのSuicaは、おサイフケイタイ機能搭載のandroid端末で連携することが可能です。楽天ペイと連携すれば、200円チャージで1ポイントつきますからかなりお得な使い方といえるでしょう。

楽天ペイではなく、楽天カードからもチャージできます。

しかし、ポイントが付与されるのは楽天ペイからのチャージのみになっているのでお得に利用するなら楽天ペイの方がいいでしょう。

一時的に消費者金融で借りる

電車賃が足りない場合は、消費者金融の利用も対処法の一つです。

ここまでにご紹介してきた対処法で解決できない時は、一時的な方法として消費者金融を検討してもよいでしょう。

特に消費者金融は融資までのスピードが早いため、今お金が欲しい時や高額なお金を急ぎ用意する際には適したサービスです。

また、消費者金融の場合は駅に近いところに店舗を構えていることも多いですし、ネットからすぐ入金されるシステムもあるので、電車賃が足りないといった緊急時は大いに役立ちます。

ただし注意すべき点もあります。

たとえば、財布を落としたという理由で電車賃が足りない場合は、財布と一緒に免許証や保険証も紛失してしまっている可能性があります。

基本的に身分証明書がなければ、消費者金融で契約することはできません。

もし身分を証明するものがない時は、スマホにどこかで使用した身分証明の画像が残っていないかを確かめてみましょう。

また、借りる以上返済には金利が上乗せになることを忘れないようにしてください。

小さな金利も長期で借りれば、小さな金利も大きな金額になってしまうので要注意です。

在宅確認で電話がかからないところ、即日融資できるところなど、個々で重要視するポイントは違うと思いますが、金利が気になる場合は無利息期間があるところなどを選ぶようにしましょう。

電車賃が足りない時におすすめの消費者金融

「電車賃がないから今日は乗らない」と、諦められればよいのですが、目的によってはそう簡単に諦めるわけにはいきませんよね。

もう対処法が見つからないといった時は、プロミス、SMBCモビット、アイフル、アコム、レイクなどの大手消費者金融の利用も考えてみましょう。

消費者金融の借り入れなら、高額な運賃でも問題なく支払うことができます。

ただし、消費者金融ごとに金利や限度額などが異なるので、各カードローンの特徴を調べた上で契約してください。

以下の表は、電車賃が足りない時におすすめできる消費者金融の特徴です。

金利(実質年率)借入限度額
プロミス4.5%~17.8500万円
SMBCモビット3.0%~18.0800万円
アイフル3.0%~18.0800万円
アコム3.0%~18.0800万円
レイク4.5%~18.0500万円

上記消費者金融以外に、銀行カードローンを利用するという方法もあります。

大手消費者金融と比べても遜色ないサービスを提供しているのですが、即日融資に対応していません。

新規申し込みして即日融資を受けたい時は、消費者金融の方が適しています。

そこで、次項では電車賃が足りない時におすすめの消費者金融をご紹介します。

プロミス

プロミスは、大手消費者金融の中で一番低い4.5%~17.8%という金利設定にしています。

借入限度額は最大で500万円、高額な電車賃はもちろんのこと、様々な場面で使用可能です。

インターネットで申し込みから契約ができるWEB完結や即日融資にも対応しており、WEB完結の場合は、運転免許証、健康保険証、パスポート、マイナンバーカードや通知証といった本人を確認できる書類が必要です。

申し込み後に行われる審査は最短で30分、WEB完結ならカードレスも選択可能です。

また、初回借入の場合は、30日間の無利息もあります。

プロミスの30日間無利息は、初回借り入れ翌日からなので、30日以内に返済すれば利息を支払う必要はなしです。

「プロミス」フリーキャッシング

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要

SMBCモビット

SMBCモビットは、即日融資に対応しているので今お金が欲しいという時に役立ちます。

借り入れする時は、振込キャッシングか提携ATMによるキャッシングを選ぶことが可能です。

提携ATMは町にある銀行やコンビニだけでなく、JR東日本の「VIEW ALTTE」、阪急電鉄などのステーションATM「PatSat」も含まれています。

この二つは駅に設置しているATMなので、駅の外や自宅に戻ってお金を用意する必要がありません。

また、SMBCモビットのWEB完結は電話による在籍確認もなしがなく、カードレスが選択できます。

いざという時のためのカードローンを作りたいけど家族や会社にバレるのは嫌だという人には最適です。

ただし、他の消費者金融で提供している一定期間無利息のサービスはありません。

「一時的に借りるだけだから利息は払いたくない」という人は、プロミスなどの方がいいかもしれませんね。

アイフル

最短即日の融資に対応している大手消費者金融です。

アイフルは、即日融資のほかにもWEB完結や最大30日の利息0円サービスも提供しています。

WEB完結を選択した場合は、カードレスとカード発行の2つから選ぶことが可能、カードレスなら口座振込もできるようになります。

また、アイフルでは原則電話による在宅確認をしていません。

アイフルの名前を使って電話することはありませんが、会社へ電話がかかることに不安やストレスを感じる人もいます。

こういった人には、適した消費者金融といえるでしょう。

他の消費者金融と同じく、アイフルは駅周辺に自動契約機や提携ATMを設置しています。

即日融資に対応しているので、電車賃が足りない時は役立つ消費者金融です。

また、ご紹介した30日間利息0円サービスの適用時期は、プロミスと違い契約日翌日からとなっています。

30日間はあくまで最大日数なので気をつけてください。

アコム

即日融資と30日間金利0円サービスが特徴的な消費者金融です。

申し込み後の審査は最短で30分、短時間の即日融資ができますから、急ぎお金が必要の場合は便利な消費者金融です。

他の消費者金融と同じく、駅周辺では必ずといってよいほど見かけるので、駅で電車賃が足りないと気づいた時は選択肢の一つになるでしょう。

注意点としては、30日間金利0円が適用される日です。

30日間金利0円サービスは、借り入れした日ではなく契約日翌日からの適用となっています。

契約後、しばらくしてから借り入れした時は契約日翌日から経過した日数分、金利0円期間が減るので注意してください。

レイクALSA

レイクALSAは新生銀行グループの大手消費者金融で、即日融資やWEB完結にも対応しています。

スマホを持っていれば申し込み可能になっており、審査結果は最短15秒でスマホ画面に表示されます。

また、WEBから申し込んだ場合は、WEB限定の60日間無利息サービスも選択可能です。

さらに借入額を1~200万円で契約し5万円までの借り入れなら180日間も金利が0円になります。

レイクの場合、無利息の適用は契約日の翌日からとなっていますが金利がかからない期間が長いので、一時的な利用には適しています。

電車賃が足りない時に踏み倒してしまったときのペナルティ

電車賃が足りないことが分かっていたにも関わらず乗車し、そのまま踏み倒してしまうと不正乗車とみなされてしまいます。

悪質と判断されれば、警察が介入してくる可能性も出てきますし、指定席券の未購入などは詐欺罪で訴えられる恐れも出てきます。

警察を相手に「急いでいたから」といった理由は、絶対に認められません。

何度も電車に乗ってれば、一度くらいは「電車賃が足りない」という事態に遭遇するかもしれません。

このような時は、目の前の用事を最優先に考えず、電車賃の支払いを第一に考えるようにしてください。

まとめ

今回は、電車賃が足りない時の対処法についてまとめてみました。

電車賃が足りない時は、慌てず適切な対処法で乗り切ることが大切です。

乗車前であれば、Suicaのデポジットや家族へのヘルプ、そしてタクシーを使うなど多くの対処法が残されています。

万が一、どうにもならない時でも消費者金融という対処法も残されているので慌てる必要はありません。

電車賃が足りないことが発覚した状況に合わせた対処法を取り、決して不正乗車にならないようにしましょう。