キャッシュレス決裁で使い過ぎを防ぐ方法6選!注意点を知って賢く買い物をしよう

広く普及し始めたキャッシュレス決裁ですが、手軽に決裁できるがゆえに使いすぎてしまう人が増えているようです。

キャッシュレス決裁で無駄遣いをしないためにはどうすればいいのか、キャッシュレス決裁の使い過ぎを防止する方法について詳しく解説していきます。

また、実際に使いすぎてしまった場合の対処法も合わせて紹介しますので、参考にしてみてください。

「プロミス」

error 365日24時間申込OK!即日融資も可能♪ 
error 「3秒診断」なら借入できるかがスグわかる!

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短30分

キャッシュレス決裁でお金を使いすぎてしまう原因とは?

キャッシュレス決裁とは、現金を使わないで支払いをする方法です。
例えば、下記のようなものがあります。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 電子マネー
  • スマホ決済
    などなど…

キャッシュレス決裁を利用すれば手軽にさっと買物ができる上にポイントが貯まる場合も多いので、現金ではなくキャッシュレス決裁を利用する人がとても増えています。

しかし、キャッシュレス決裁に頼っていると、現金払いよりも使いすぎてしまうという人がとても多いんです。

なぜキャッシュレス決裁は使いすぎてしまうのか、その原因を確認していきましょう!

決済手続きが簡単すぎる

キャッシュレス決裁で使いすぎてしまう大きな原因は、やはりその手軽さです。

現金であれば財布からお札や小銭を出すというアクションがあるので「自分のお金を払っている」という感覚が芽生えやすいですよね。

でも、キャッシュレス決裁はカードを渡すだけ、スマホをピッとするだけで支払いが完了してしまいます。

そのため「自分のお金を払っている」という感覚がどうしても薄れてしまいます。

ポイント還元につられる

キャッシュレス決裁を利用する人の中には、ポイントを貯めたいという人も多いのでは?

ポイント還元率の高いクレジットカードであれば、あっという間にたくさんポイントが貯まるので、ついカードで支払ってしまうという人も増えています。

ポイントが多く貯まるのは現金払いにはない魅力ですが、ポイントのために使い過ぎてしまうことがないように気を付けましょう。

支出管理ができていない

キャッシュレス決裁ばかり利用していると、どうしてもお金が減っていくという現実が把握しづらくなります。

そのため、気づけば翌月の請求額がびっくりするような金額になっていることも!

キャッシュレス決裁は手元に現金がなくても利用できるメリットはありますが、今どのぐらい使っているかの管理がしづらいというデメリットがあります。

キャッシュレス決裁で使いすぎないための6つのコツ

キャッシュレス決裁は便利な反面、現状使っている金額の把握がしにくいため、使い過ぎてしまう危険性がとても高いです。

キャッシュレス決裁を利用する上で、使い過ぎを防ぐための6つのコツについて紹介します。

キャッシュレス決裁を使う頻度が高い人は、参考にしてみてください!

キャッシュレス決裁で使う種類を2つほどに絞る

キャッシュレス決裁の手段は色々とありますが、ポイントのためにあれやこれやと、色んなカードや電子マネーなどを併用して使っていると、今いくら使っているのか把握することがますます難しくなります。

ポイントを効率よく貯めるためにも、クレジットカードはできれば1枚に絞り、他のキャッシュレス決裁も1つだけに絞るなど、合計で2種類ほどに絞って使うようにしましょう。

ポイントに踊らされない

キャッシュレス決裁の魅力にはポイントサービスがありますが「今ならポイント〇倍!」などお得なキャンペーンをしていることがありますよね。

そんな時には「今使わないと損をする!」という気持ちになってしまい、今特に不要なものまで無理に買ってしまうという経験がありませんか?

確かにポイントが早く貯まると嬉しいですが、ポイントのために無駄なものを買って、そのあとまったく使わないということになるとかえって損をしてしまう結果に。。

ポイントが多く貯まるキャンペーン中は無理して買い物をしないように、本当に必要なものかをよく考えて購入するようにしましょう。

使った金額を管理する

キャッシュレス決裁は、利用枠内であればいくらでも買い物ができてしまうため、翌月の請求額を見て驚いたという経験もあるのではないでしょうか。

しかし、翌月の請求額を知らずにキャッシュレス決裁を利用することはとても危険なことです。

使い方によっては、翌月の支払いが自力ではできない金額になる可能性も!

キャッシュレス決裁は、アプリやWEBなどで今の利用額が簡単に把握できるようになっているものがほとんどです。

今の時点でいくら使っているのか、翌月にはいくら請求がくるのかという状況を常に確認するようにしましょう。

キャッシュレス決裁の毎月の予算を決める

キャッシュレス決裁の現状での利用額を把握するとともに、毎月使う予算を決めておくことも大切です。

翌月に自分ならいくら支払えるのかということを把握し、毎月の予算をおおよそ決めておきましょう。

予算を決めておけば、自然と使い過ぎを防止することができますし、翌月の支払いの予測をすることができるので収支の管理がしやすくなります。

ただし高めの予算を組んでいると一向に使い過ぎが減らないので、低めの予算にしておくようにしましょう。

衝動買いをしない

お金を使いすぎてしまうという人の多くは、誘惑に弱い人ではないでしょうか。

「限定品!」「今だけ激安!」という言葉につられて、つい深く考えずに買ってしまうという人も多いのでは?

前から欲しかったというものなら別ですが、特に普段から欲しいと思っていないものを衝動的に購入する癖がつくと、無駄遣いがどんどん増える原因になってしまいますよ。

特にネットは簡単に買えてしまうため、今本当にその商品が必要なのか、購入する前に今一度よく考える癖をつけるようにしましょう。

オートチャージは交通系だけに限定する

特に交通系のICカードを使っている人に多いオートチャージ機能ですが、オートチャージ機能も使い過ぎにつながるため、注意が必要です。

オートチャージ機能は、一定金額以下になると自動的に数千円単位でチャージされるというものですが、オートチャージで毎月いくら使っているか把握できていない人も多いのではないでしょうか。

オートチャージ機能は交通系だけに限定をして、普段の買い物で使うキャッシュレス決裁にオートチャージ機能をつけないことをおすすめします。

キャッシュレス決裁でつい使いすぎてしまった場合の対策

キャッシュレス決裁をつい使いすぎた結果、翌月の請求額の多さにびっくりしたという経験がある人も多いのでは?

請求額が多すぎて、とても払えないほどだった場合にできる対処法について紹介します。

分割払いに変更する

翌月の請求額がとても自分の収入では一括で払えない金額だった場合に、まずできるのは、分割払いに変更するという方法です。

クレジットカードではほとんどの会社が「あとから分割払い」に対応しているので、支払方法の変更期限が来る前に早めに手続きをしてしまいましょう。

このときにリボ払いではなく必ず分割払いにすることが大切です。

リボ払いは毎月の請求額がいくら使っても数千円しかこないので毎月の支払いは楽ですが、追加で買物をした分もすべてリボ払いになってしまうため、今いくらリボ残高があるのかまったく把握できなくなってしまいます。

リボ払いは残高が増えすぎて払えなくなってしまうトラブルも続出しているので、できる限りリボ払いは避けて、分割払いにすることをおすすめします。

翌月請求に備えて支出を控える

翌月の請求額を確認して支払いが厳しい金額だった場合、翌月の支払いに備えて今から節約生活を心がけましょう!

コンビニでの買物、会社帰りの寄り道などを避けるだけでも、数千円単位で節約することができますよ!

また、会社の飲み会などもできるだけ控えて、徹底して支出を減らすようにしてください。

請求月までにお金を作る

分割払いなどもできず、どうしても次月に支払いをしなければならない場合もあります。

しかし、どうしても手元にお金かなく、翌月の支払いが困難な場合は、翌月までにお金を作ることを考えましょう。

すぐにお金を作る方法には下記のようなものがあります。

  • 家にある不用品を売る
  • アルバイトをする
  • 在宅でできる副業をする
  • ハンドメイド作品を売る

一番手っ取り早いのは、家にあるものを売るという方法です。

リサイクルショップなどに行けばその日にうちに現金にすることができますよ。

しかし、高値で売れるものが家にないという場合は、副業などで稼ぐという方法もあります。

副業として一番簡単なのはアルバイトをして稼ぐという方法ですが、会社員の場合は副業が禁止されている場合もあるので注意が必要です。

また、在宅であればクラウドソーシングサービスを利用して、データ入力、Web記事のライティングなどの仕事で稼ぐことも可能です。

ハンドメイドの技術がある人は、フリマアプリで物を作って売るということもできますね。

最終手段としては借りるという方法もある

どうしてもお金を作ることができない場合は、最終的にはお金を借りるという方法も選択できます。

親に話して簡単に借りられるという人は、まずは親に相談をしてみましょう。

しかし、親にはどうしても話したくないという場合は、カードローンなどでお金を借りるという方法もあります。

プロミスのような消費者金融では最短で即日にお金を借りることができるので、支払いに困っているときには頼りになるでしょう。

しかし、特に必要ではないのに継続してお金を借り続けてしまうと、今度は消費者金融への返済に困ってしまうという事態になりかねません。

カードローンでは本当に必要な金額だけ借りるようにして、借り癖をつけないようにすることをおすすめします。

まとめ

キャッシュレス決裁は手軽でとても便利ですが、使いすぎてしまう危険性もあります。

キャッシュレス決裁に頼る場合は、今の時点でいくら使っているのか、常に把握しておくことが大切です。

また、毎月いくらまでにするか予算を決めておくと無駄遣いをせずにすみますよ!

キャッシュレス決裁はポイントを利用すればお得に買い物ができるので、無駄遣いに気を付けて計画的に利用することをおすすめします。