お金が足りないことに慣れていませんか?赤字家計の改善策を紹介

「今月もお金が足りない…」

「毎月赤字家計になってしまう…」

節約していても毎月どうしても赤字となってしまい、お金の悩みが尽きない人もいるかもしれません。

お金が毎月足りないという状態は、ちょっとしたコツで改善できることもあります。

毎月赤字会計になってしまう人のための改善策を紹介していきますので、参考にしてみてください。

赤字家計となる習慣

気付いたら今月も赤字‥という人は、意識せずにいつもしていることが赤字家計を招いているケースもあります。

まずは、自分のお金の使い方やくせを把握することが大事です。

次の項目に当てはまる人は、注意が必要です。

お金を引き出す回数が多い

お金が足りなくなったらATMへ行きお金を引き出す、ということを繰り返していると、いくら引き出したのか分からなくなることもあります。

また、頻繁にATMで引き出しをする人は、ついお金を使いすぎる傾向もあります

毎月、何にお金を使っていいのか決めていない、無計画なやりくりでは欲しいものがあれば、深く考えずに買ってしまいがちです。

使うお金の予算を決めておけば、本当に必要なものや欲しいもの以外は、購入時に一度「これ買っていいのかな?」などと考え直せますよね。

収支を把握できていない

忙しさや面倒さからか、毎月の収支の内訳について把握していない人も多くいます。

ざっくりでも把握できれば「今月はお金に余裕がないからこれは買えない」など、衝動買いにセーブも効きます。

特に、毎月幾ら支出があるのか把握していないという人が赤字の場合、ますます赤字家計が膨らむ可能性もあります。

収入内でやりくりするためにも、まずは大まかでも家計簿を付けて、何にいくら使っているのか洗いだしてみましょう。

また、クレジットカードなど支出の管理がしにくいものを使う場合には特に注意が必要です。

お金に対する意識が足りない

収支を把握していない理由と共通する部分がありますが、赤字家計でも気にしないという人もいるようです。

楽観的に家計を見ていて、何とかなると思って何もしないという人です。

また、何とかやりくりはできていても、不測の事態の時には、余裕がないわけですから、一気に赤字となってしまいます。

自分のお金について、今後どうしたいのかなど将来のライフプランと併せて考えてみるといいかもしれませんね。

黒字家計にするための見直し

ここまでは赤字家計になりやすい人の特徴を紹介しました。

それでは、つぎのステップとして、赤字家計を見直して立て直すためには、具体的にどんなことをすればいいのか紹介します。

固定費の見直し

家計見直しはまずは固定費から見直しと、言われています。

固定費といってもなかなか減らすことができないものもありますが、比較的減らしやすいものもあります。

特に減らしやすいのはスマホなどの通信費です。

ドコモやAUなどといったキャリアではなく、格安スマホに買えることが数千円単位で出費を減らすことができます。

また、生命保険なども年齢が上がって更新するたびに保険料が上がっていくため、見直しをせずに放置している人はこの機会に見直しをしてみましょう。

電気代やガス代などはなかなか節約が難しいですが、プラン変更をする電力会社を変えるなどすることで、出費を減らせる場合もありますよ。

家計簿などで支出を確認する

家計簿を付けても3日でやめてしまうという声も多く聞きます。

家計簿は継続することが大切なので、無理に細かく設定せずに、初めは大まかな項目に分けてみると続けやすいですよ。

特に流動費の管理は細かくしていくととても大変なので、とてもシンプルな項目分けとしては「固定費」「食費」「日用品」「その他」といった4項目だけでもざっくり分けて管理してみてはいかがでしょうか。

参考のため、固定費、流動費に含まれるのは下記のようなものがあることを覚えておくといいですよ。

固定費に含まれるもの住居費・光熱費・通信費・保険料・教育費など
流動費に含まれるもの食費・日用品・交際娯楽費など

物を買う基準を設ける

衝動買いやお金を気にせずに買い物をしている人は、物を買う基準を設けることで、不必要な買い物を抑える効果があります。

買うかどうか迷ったものは買わない」「自分の洋服は月にいくらまで」など、今まで何も決めずに買い物をしていた人は、自分に基準を設けて厳しく管理してみましょう。

特にクレジットカードは無駄遣いをしやすくなるので、もし使うのならば1枚まで、毎月カードの予算はいくらまでなどしっかり管理することが大切です。

働き方を変えてみる

毎月しっかりやりくりしているけれど赤字になってしまう人は、思い切って働き方を見直してみることも一つの方法です。

職場で給料を上げることは困難なため、給料がなかなか上がらないなら副業をしてみるのがおすすめです。
最近では在宅でも仕事ができるクラウドソーシングサービスを利用している人が増えているため、ライターや画像編集など、自分にできることを探してみるのもおすすめですよ。
ただし正社員の場合は副業が会社で禁止されている場合もあるため、先に確認しておくようにしましょう。
専業主婦の人は、アンケートモニターやポイ活、また在宅ワークや思い切ってパートに出ることも考えてみましょう。
専業主婦の人が働きだすと収入が格段に増えますが、ずっと働くのが嫌だという人は期間を決めて、大変な時期だけ働くなどしてみるのもおすすめですよ。

お金を貯めるための工夫

家計のやりくりに慣れ、黒字が続くようになってきたら、次は貯蓄をしていくことも考える必要があります。

今まで貯金をしていなかったという人は、毎月少額でもいいのでお金を貯める努力をしてみましょう。

先取り貯蓄をする

先取り貯蓄は自分で給与方取り分けることもできますが、強制的に貯蓄する方法もあります。

会社の給料から天引きされる「財形貯蓄」や、銀行口座の「自動定期積立」などがあたり、給与が出ると同時に貯蓄分が引かれるので、貯めやすいというメリットがあります。

ただし財形貯蓄や定期預金はある一定の期間は、引き出すことができなかったり、解約しなければならなかったりします。

したがって、切り崩す必要がないように、貯蓄分を無理に大きな金額にすることは避けた方が無難です。

そして、先取り貯蓄分を差し引いたお金でやりくりするように心がけ、貯蓄分は手を出さないという気持ちでいるようにしましょう。

毎月の予算に流動費を設ける

お金が足りなく理由の一つに、「今月は交際費が多い」「大きな家電製品を買った」など流動費による支出で、家計が崩れることもあります。

そうならないようにするためにも、流動費の予算立ては毎月しっかりと行いましょう。

また、大きなものを購入したいときは、計画的に準備しておくことで後々家計が苦しくならずに済みますよ。

定期的に資産をチェックする

家計のやりくりや貯蓄方法を紹介しましたが、この他にも家計を黒字にする方法として、資産を把握することが大事です。

どこにどれくらいお金があるのか、把握することで、今後のモチベーションにもつながります。

資産とは、資産の合計から住宅ローンや車のローンなどの負債を引いた「純資産」のことです。

半年から1年に1回は純資産をチェックしてみましょう。