たくさんの1万円札と15万円をすぐ借りる方法の文字

日々の暮らしのなかで、突然の車や家電の故障、家族の入院、冠婚葬祭など、15万円程度の急な出費が発生することがあります。

そのときのために、事前に貯蓄などで備えをしていない場合、お金を借りるという手段もあります。

しかし、急に言われても「15万円を即日に借りる方法がわからない」という方も多いのではないでしょうか?

「お金を借りる」ということに、抵抗を感じる人もいるでしょう。

この記事では、15万円を急いで借りる方法や、時間に余裕があるときに借りる方法、借りる以外にお金を用意する方法についてご紹介します。

いざというときに慌てなくて済むよう、15万円のお金をどのように準備するか確認しておきましょう。

「プロミス」

最短3分で融資可能
error 365日24時間申込OK!最短3分融資♪
error 初めての方は30日間無利息(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)
※新規契約の融資上限は、本審査により決定

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短3分(回答)*1

※申込み時間や審査によって希望に添えない場合があります。

とにかく急いで15万円を借りる方法

腕時計を見て慌てる女性

突然のケガや病気、うっかりクレジットカードの支払日を忘れていたなど、急に15万円が必要になった場合は、一時的にお金を借りることもひとつの手です。

そこで、「どこで借りられるのかわからない」という方向けに、「とにかく急いで15万円借りたい」場合に検討できる4つの方法をご紹介します。

消費者金融のカードローン

15万円をすぐに借入するには、消費者金融のカードローンがおすすめです。

銀行カードローンと比べると金利は若干高くなりますが、審査がスピーディで即日融資、いわゆる当日に借入れすることも可能なところも多くあります。

特に大手消費者金融と呼ばれるプロミスやアコム、アイフルなどは、申し込みから借入れまでがWEB上で行えるので、店頭に行く必要がありません。

また、カードレス契約や専用アプリの提供や、初めて利用する場合に一定期間無利息になるサービスも展開しています。

お金を借りるとなると気になる利息も、無利息期間中に返済できれば気にする必要はないでしょう。仮に無利息期間中に返済できなくても、消費者金融のカードローンの金利はそれほど変わりありません。

参考として、大手消費者金融である「プロミス」「アイフル」「アコム」について、簡単にまとめました。

プロミスアイフルアコム
金利(実質年率)4.5%~17.8%3.0%~18.0%3.0%~18.0%
借入までの時間最短3分最短20分最短30分
無利息期間サービス初回利用の翌日から30日間契約日の翌日から30日間契約日の翌日から30日間

金利は上限金利に注目しましょう。というのも、初回借入りではほとんどの場合上限金利が適用されるからです。そんな中でも、プロミスは0.2%、アイフルやアコムよりも金利が低く設定されています。

また、借入までの時間はその差約10分程度ですから、ほとんど変わりありません。

上記の表で唯一大きな違いとなるのが、無利息期間サービスの始まるタイミングです。プロミスは初回利用の翌月、つまり初めて借入れた日の翌日から30日間がカウントされることに対し、アイフルやアコムは契約した次の日から30日間が始まってしまいます。

そのため、契約後すぐに借入れするのであれば問題ありませんが、すぐ借りずに2、3日を置いてから利用するといった場合は、プロミスの方が無利息期間を最大限使用することができることになります。

このような理由から、プロミスぷろ編集部では消費者金融のカードローンに申込する場合は、プロミスをおすすめしています。

「プロミス」フリーキャッシング

最短3分で融資可能

error 365日24時間申込OK!最短3分の即日融資も可能♪
error初めての利用で30日間無利息(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)
  ※新規契約の融資上限は、本審査により決定

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短3分(回答)*1
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要

*1 申込み時間や審査によって希望に添えない場合があります。

クレジットカードのキャッシング

保有しているクレジットカードに「キャッシング枠」が付帯されている場合、提携ATMですぐにお金を借入れすることができます。

しかし、カード発行時にキャッシング枠を0円として申込みした場合は、キャッシング枠は設定されていません。別途、クレジットカード会社へキャッシング枠設定の申請を行い、審査を受ける必要があります。

そのため、これからクレジットカードを申込するのであれば、キャッシング枠を設定しておくと、いざというときに少額の借入がいつでもできるためおすすめです。

なお、クレジットカードにキャッシング枠が付帯していたとしても、借りられる金額はショッピング枠の利用状況によって変わるため注意が必要です。

例えば50万円の利用限度額が設定されているクレジットカードに、キャッシング枠として20万円が付帯されていた場合、ショッピングで40万円まで利用していると、キャッシングできるのは10万円となります。

ショッピング枠とは別にキャッシング枠があるわけではない点に注意してください。

スマホローン

スマホで借入ができるスマホローンは、携帯サービスなどを利用していると特典や優待を受けることができます。

dスマホローン

ドコモユーザーにおすすめなのが、dスマホローンです。NTTドコモの回線をはじめサービスを利用していると、利用状況に合わせて最大3.0%の金利優遇を受けることができます。

申込から契約、借入、返済までをWEBや専用アプリで手続きすることができ、郵送手続きなど一切ありません。

1,000円単位で借入することができ、スマホ決済サービスのd払いや、送金に利用可能な「d払い残高」へ直接チャージすることも可能です。

なお、ドコモユーザーでなくても、dアカウントがあれば申込みできます。

【参考】・NTTドコモ「dスマホローン」

au PAYスマートローン

auユーザーにおすすめなのが、au PAYスマートローンです。dスマホローンと同じく、auユーザー以外でも、au IDがあれば申込みできます。

au IDに登録されているお客様情報が自動で反映されるため、申込み時の手間を減らすことができ、専用アプリを使用すれば、全国のセブン銀行でカードレスで借入可能です。

また、au PAYスマートローンはau PAY残高に簡単にチャージすることができるので、コンビニやスーパーで買い物しようとしたときに、ちょっと足りないにもすぐに対応することができます。

【参考】・auPayスマートローン

LINEポケットローン

LINE上で手続きが完結できるのが、LINEポケットマネーです。

スコアリングサービス「LINEスコア」と独自のAIを活用して総合的な貸付条件を算出することを最大の特徴とし、申込者ごとに最適な貸付条件での利用を実現します。

また、すべての機能が使用可能な「スタンダードプラン」と、毎月の返済が半年後から開始する「マイペースプラン」の2種類があり、スタンダードプランなら初めての申込みの場合、最大30日間の利息がLINE Pay残高へキャッシュバックされます。

【参考】・LINEポケットマネー

質屋に入れる

「15万円を審査なしで借りる方法を知りたい」という方は、質屋に現品を持ち込んでその場で借入をする方法もあります。

質屋というと「中古品販売」のイメージがあるかもしれませんが、実際は質入れした物を担保にお金を借入できるお店のことです。

質屋では審査はありませんが、カードローンの利息のように、一定の「質料」が発生します。

そして、元金と質料を返済すれば質入れした物も返ってきます。

ただ、質屋では、質入れした物以上の金額を借りることはできません。担保査定額の70~80%程度が借入れ金額となります。

例えば、15万円を借りたい場合は、査定額が20万円以上の物を質入れすることが必要です。

もし手元に高額な貴金属や高級ブランド品などがある場合は、質屋での借入も検討してみるとよいでしょう。

生命保険の契約者貸付

現在加入している生命保険がある場合は、契約者貸付制度を利用できる可能性があります。

契約者貸付制度とは、契約している保険の解約返戻金の一部を貸付してくれる制度です。

契約者貸付では、審査がないうえに低金利で貸付してくれるところが多くあります。

審査なしで10万~20万円借りられる手段は少ないため、保険契約をしている方は活用してみましょう。

ただし契約者貸付は、返済できないと保険が失効したり、解約されたりするリスクがあります。

利息だけとられて保険も失効、という最悪の事態にならないよう計画的に利用しましょう。

総合口座当座貸越・貯金担保自動貸付

銀行やゆうちょ銀行などでは、定期預金を担保にして貸付けてくれる「総合口座当座貸越」や「貯金担保自動貸付」のサービスを提供しています。

これは、総合口座で管理している定期預金や担保定額貯金などがあれば、その約9割までを借入れすることが可能です。

総合口座で公共料金などの引き落としが行われる際に、残高不足であれば普通なら引き落としできずに滞納となってしまうわけですが、当座貸越や自動貸付が設定されていれば、残高を超えて支払いができるため、未払となってしまうのを防ぐことができます。

もちろん貸付なので利用すれば利息が発生しますが、返済も口座へ入金するだけでよく、通帳を見れば借入分はマイナスで表記されているため、借入れを管理するのも簡単です。

時間に余裕がある場合に15万円借りる方法

お茶を飲みながら腕時計を見る女性
「今すぐに15万円借りたい」というほど緊急ではない場合には、どのような借入方法があるのでしょうか。

数週間から1カ月程度の余裕があるときに、15万円を借りる方法をご紹介します。

銀行カードローン

銀行カードローンのメリットは、消費者金融や信販系のカードローンと比べて金利が低いことです。

即日に借入はできませんが、早ければ翌日に借りられるところもあります。

都市銀行だけではなく、地方銀行や信用金庫などでもカードローンを取り扱っていますので、自分に合ったところや店舗が近くにあるところを探してみましょう。

ネット銀行であれば、時間を気にする必要がなく、またWEB上で手続きができるのでおすすめ忙しい人におすすめです。

銀行などの目的別ローン

車の購入費用や学費、医療費など、借入れの目的が明確である場合は、銀行の目的別ローンを利用しましょう。

銀行の目的別ローンには、下記のようなものがあります。

  • マイカーローン
  • 教育ローン
  • デンタルローン
  • メディカルローン
  • 教育ローン
  • ブライダルローン
  • 事業ローン

 

目的別ローンは、カードローンのように資金使途が自由ではない代わりに、低い金利で借りられるというメリットがあります。

ただし、審査は比較的厳しく、ローン目的をこまかく精査されるため、審査時間もカードローンと比べて長めです。

特に、メディカルローンや教育ローンは最低でも1週間かかるので、申込みをする場合はスケジュールに余裕をもって対応しましょう。

会社の従業員貸付制度

お勤めの会社に従業員貸付制度があれば、利用を検討してみましょう。

従業員貸付制度とは、会社が従業員に貸付を行う制度です。

福利厚生の一環であるため、金利が低く、審査もそれほど厳しくありません。

「お金を借りると会社からの評価に影響するのでは……」とためらう方もいるかもしれませんが、困ったときに利用できるように会社側が用意している制度のため、必要なときには遠慮せずに申請しましょう。

ただし、すべての会社が従業員貸付制度を採用しているわけではありません。

また、従業員貸付制度があったとしても、正社員や勤続年数が一定以上の社員でなければ借りられない、借入には連帯保証人が必要、といったケースもあります。

利用する場合は、事前に条件をきちんと確認しておきましょう。

公的融資制度

公的機関では、生活困窮者や事情があってお金が必要な人のための融資支援制度を設けています。

厚生労働省の生活福祉資金貸付制度や、全国社会福祉協議会の生活福祉資金など、さまざまな制度があり、支援が目的のため低金利での借入が可能です。

代表的な個人向けの公的融資制度は以下のとおりです。

制度名管轄内容
生活福祉資金貸付社会福祉協議会低所得者や障害者への生活支援
求職支援金融資ハローワーク求職中の人への貸付
母子父子寡婦福祉資金貸付厚生労働省ひとり親世帯への貸付

公的機関の融資制度は、支援が必要な生活困窮者を優先しているため、あてはまらない場合は借入できません。

また、借入までにかなり時間がかかることも認識しておきましょう。

15万円をカードローンで借りるための条件

右手で3のハンドサインをしている女性
前述したとおり、15万円を借りたい場合に、一番早くて便利なのは消費者金融のカードローンです。

しかし、いくら便利だからといって、誰でも無条件に借りられるわけではありません。

15万円をカードローンで借りたい場合、どのような条件を満たす必要があるのでしょうか。

ここでは、最低限必要な3つの条件について解説します。

15万円借りるには年収45万円以上必要

消費者金融からの借入は、総量規制の対象となります。

総量規制とは、借入する人の年収の3分の1を超える貸付を禁止するものです。

貸金業法によって定められています。

そのため、15万円を借りたい場合には、年収がその3倍となる45万円以上である必要があります。

無職や専業主婦など収入がない人は申込み自体できません。また、パートやアルバイトで収入があっても、年収が45万円以下の場合は15万円を借りることはできません。

他社借入額が年収の3分の1を超えていない

総量規制では、他社借入分も含めて、借入額が年収の3分の1以下に抑えるように規定しています。

金融機関は、審査で必ず他社の借入金額を確認しているため、他社ですでに年収の3分の1近くまで借入していると審査に通らない可能性が高いです。

他社からの借入が多い方は、いざという時に借りられないリスクがあることを覚えておきましょう。

他社で延滞などをしていない

金融機関は、他社からの借入金額だけではなく、延滞などの個人信用情報も共有しています。

そのため、他社での支払いを延滞していると、審査に通らず借入ができない場合があります。

奨学金の返済遅延や携帯電話料金の延滞なども、信用情報として登録されている可能性があるため注意しましょう。

15万円を借りたときの利息はいくら?返済シミュレーションを紹介!

電卓をこちらに提示しているスーツ姿の男性
「15万円借りたいけれど、カードローンの利息が高いのではないかと心配……」という方のために、カードローン会社のホームページでは、返済シミュレーションができるようになっています。

たとえば、大手消費者金融プロミスのHPでは、借入希望額と毎月返済額の2つを入力するだけで、総返済額と支払利息を確認できます。

試しに、15万円を借りたい場合の返済額をシミュレーションしてみましょう。

年利17.8%、借入金額15万円の場合

毎月支払額返済期間総返済額支払利息合計
6,000円32カ月188,810円38,810円
10,000円18カ月170,916円20,916円
20,000円9カ月160,193円10,193円

毎月の返済額が多いほど、返済期間が短く、利息も少なくて済むことが分かります。

ただし、毎月の返済額を増やしすぎると、日々の生活への負担が大きくなってしまうため、返済計画は無理のないように立てましょう。

「プロミス」フリーキャッシング

最短3分で融資可能

error 365日24時間申込OK!最短3分の即日融資も可能♪
error初めての利用で30日間無利息(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)
  ※新規契約の融資上限は、本審査により決定

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短3分(回答)*1
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要

*1 申込み時間や審査によって希望に添えない場合があります。

借入以外で15万円を用意する方法

テーブルの上に積まれたジーンズ
「ブラック状態なのでカードローンが使えない」「できれば借金をしたくない」という方のために、借金以外で15万円を用意する方法についても紹介します。

自分が今すぐできる方法を探してみましょう。

不用品を売る

不用品を売ってお金にすることを検討してみましょう。

ブランド品や貴金属などは、リサイクルショップで高く買い取ってもらえる可能性があります。

車や使用していないオートバイなどは、専門店で査定額だけでも出してもらうのがおすすめです。

車の維持にはお金がかかりますし、都心に住んでいる方であればタクシーやライドシェアを利用したほうがコストを抑えられるケースもあります。

今の生活に車がどうしても必要かどうか、この機会に見直しをしてみてください。

不用品を売るには、リサイクルショップや専門店に持ち込むほか、フリマアプリに出品する方法もあります。

どれくらいの値段で売れるのか、事前に相場を検索しておきましょう。

物によってはフリマアプリのほうが高い値段がつくこともあります。

最近では、発送や決済などのサービスが充実しているフリマアプリも多く、初めての方でもすぐに利用できます。

アルバイトをする

時間的に余裕がある方は、アルバイトできる先がないか探してみましょう。

本業のある方、家事・育児で忙しい方でも、自宅のすぐ近くでできる仕事や、隙間時間を利用してできる仕事が見つかる可能性があります。

今はバイト情報誌だけではなく、ネットやLINEでもアルバイト情報の検索が可能です。

短期間で稼ぐことは難しいかもしれませんが、何カ月かに分ければ15万円は稼げるでしょう。

ただし、本業がある場合は、副業を行っても問題がないかどうか、会社の就業規則を事前に確認しておくことが大切です。

家族や友人に借りる

金融機関に利息を払うことに抵抗がある場合は、家族や友人に借りられる人がいないか当たってみましょう。

ただし、親しい人とお金の貸し借りをすると、友情関係や信頼関係にゆがみが生じるおそれがあるため、慎重に対応する必要があります。

また、あまり親しくない人からむやみにお金を借りることも危険です。

さほど親しくないのにお金を貸したがる人は、闇金や闇バイトとつながっている可能性も否定できません。

リスクもあり、トラブルに巻き込まれる元となるため、安易に借りることは避けてください。

やむを得ず家族や友人にお金を借りる場合は、返済日を明確に伝えたり、借用書を作成したりするなど、誠実な対応を心がけましょう。

クラウドソーシングで稼ぐ

外にアルバイトに行けない方でも、自宅でクラウドソーシングを活用して稼ぐこともできます。

最近では、クラウドワークス、ココナラ、ランサーズなど、さまざまなクラウドソーシングサイトがあります。

本名や住所などを公開せずに仕事を受注できるサイトが多いため、副業を探している人にもぴったりです。

クラウドソーシングで取り扱っている案件は、簡単にできるものから、専門的なスキルが必要なものまでさまざまです。

ただし、誰でもできる簡単な作業は報酬単価が低く、15万円を稼ぐには多くの時間がかかります。

時間給のアルバイトのほうが、早くお金を稼げる可能性が高いでしょう。

自宅で仕事ができ、時間の融通も効きやすい点はメリットですが、スキルがないと継続することは難しいと言えます。

ライティングや動画編集、Webデザインなどの専門スキルを持っている場合は、選べる案件が多く、効率的に稼げる可能性が高いでしょう。

15万円をすぐに用意したいならプロミスがおすすめ!

グッドサインをしている笑顔の女性
カードローンの利用を検討しているのであれば、審査が早く、サービスも充実している大手消費者金融を選びましょう。

なかでもおすすめなのが、プロミスです。

プロミスは、最短3分で融資可能なため、とにかく早く借入したい方にもおすすめです。

上限金利は17.8%と、大手消費者金融の中で低い金利となっているため、少しでも支払利息を減らしたい方に向いています。

申込みからお金の受け取りまでをWebで完結できるほか、カードレスで24時間借入可能です。

また、初めてプロミスを利用する場合、30日間の無利息サービスが受けられます。

プロミスの30日間無利息サービスは、契約日ではなく初回借入日の翌日からカウントされるため、15万円を借りても30日以内に返済できれば利息はかかりません。

返済でVポイントがたまるサービスも展開しているため、利便性が高いプロミスでの借り入れを選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか?

「プロミス」フリーキャッシング

最短3分で融資可能

error 365日24時間申込OK!最短3分の即日融資も可能♪
error初めての利用で30日間無利息(メールアドレス登録・Web明細利用の場合)
  ※新規契約の融資上限は、本審査により決定

融資限度額実質年率審査時間
1万円~500万円まで4.5%~17.8%最短3分(回答)*1
返済方式遅延利率担保・保証人
残高スライド元利
定額返済方式
実質年率20.0%不要

*1 申込み時間や審査によって希望に添えない場合があります。

まとめ

15万円を借りる方法には、カードローンやクレジットカードのキャッシングなどさまざまな方法があります。

時間にある程度の余裕があれば、さまざまな選択肢があるため、日ごろから対応方法を検討しておくとよいでしょう。

いますぐに10万〜20万円程度のお金を用意しなければならない場合は、対応の早い消費者金融のカードローンがおすすめです。

特にプロミスなら最短3分融資も可能なため、とにかく急ぎで15万円用意したい方は利用してみてはいかがでしょうか。